広がるオンラインでの確定申告。新型コロナ拡大前の今年1月のユーザー数急上昇サイトを振り返る

広がるオンラインでの確定申告。新型コロナ拡大前の今年1月のユーザー数急上昇サイトを振り返る

2020年1月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


2020年1月の急上昇サイトは?

まず、訪問ユーザー数の前月比が高い順にWebサイトをランキングしました。以下のトップ10をご覧ください。

デバイスはPCとスマートフォンの合算。ヴァリューズ保有モニタでの出現率を基に、国内ネット人口に即して推計。

確定申告関連や宝くじ当せん発表サイトが上位に

それでは早速、ランキングの1位から3位までを詳しく見ていきましょう。

1位:国税庁 確定申告書等作成コーナー

2020年1月のユーザー数増加率1位は、国税庁ホームページの確定申告書等作成のための特設ページでした。確定申告の時期と急上昇の時期が一致するので、時期的なものと考えられます。流入元を確認してみましょう。

「国税庁 確定申告書等作成コーナー」の流入元セッション数(対象デバイスはPC、「eMark+」画面より)

流入元ランキングを見てみると、サイト内からの流入が多いことがわかります。同サイトは確定申告書の作成のためステップごとにページ遷移する設計となっていることが要因でしょう。

他に外部サイトからの流入について見てみると、訪問ユーザー数前月比ランキング2位の「e-tax 国税電子申告システム」からの流入が最も多いことがわかります。また、「国税庁」のホームページからの流入も多くなっています。

「国税庁 確定申告書等作成コーナー」の流入元外部サイトランキング(対象デバイスはPC、「eMark+」画面より)

e-Taxはユーザー数急上昇サイト2位にランクインしていました。次で詳しく見ていきましょう。

2位:e-tax 国税電子申告システム

まず、2位「e-tax 国税電子申告システム」も流入元を確認してみます。

「e-tax 国税電子申告システム」の流入元(対象デバイスはPC、「eMark+」画面より)

こちらは国税庁サイト確定申告書等作成コーナーと異なり、自然検索が顕著に多くなっています。検索のキーワードを確認してみましょう。

「e-tax 国税電子申告システム」の検索キーワードランキング(対象デバイスはPC、「eMark+」画面より)

検索キーワードランキングを見ると、ほとんどのキーワードが何らかの形で「e-Tax」という単語を含んでいます。検索者がすでにe-Taxの存在を知った上で、確定申告をするために能動的にこちらのサイトを利用している様子が読み取られます。

また3位、6位のキーワードを見ると、急上昇ランキング1位の国税庁サイト「確定申告書等作成コーナー」を検索し、こちらのe-Taxのサイトにアクセスする人も多いようです。

次にどのような外部サイトからの流入が多いのか見てみましょう。

「e-tax 国税電子申告システム」の流入元サイトランキング(対象デバイスはPC、「eMark+」画面より)

1位は前出の「国税庁 確定申告書等作成コーナー」、2位も国税庁のホームページとなっています。4位は「マイナポータル」で、マイナンバーを利用して各種行政手続きがワンストップで行えるウェブサイトです。マイナポータルはマイナンバーを紐づけて利用するため、ここからe-taxのサイトに移動すると、一部の個人情報の入力を省略できるというメリットがあります。また、クラウド会計ソフト「freee」からのアクセスも見られました。

では、続いて3位以降を詳しく調べてみましょう。

3位:速報ナビ:宝くじ当せん番号案内

3位「速報ナビ:宝くじ当せん番号案内」は、その名の通り各種宝くじの当選番号を発表するサイトです。12月の「年末ジャンボ宝くじ」や、年賀はがきの当選発表など大きな発表が1月に集中していることが要因と思われます。流入元を確認してみましょう。

「速報ナビ:宝くじ当せん番号案内」の流入元(対象デバイスはPC、「eMark+」画面より)

圧倒的に自然検索が多いことがわかります。どのような検索キーワードが用いられたのでしょうか。キーワードランキングを確認していきます。

「速報ナビ:宝くじ当せん番号案内」の検索キーワードランキング(対象デバイスはPC、「eMark+」画面より)

ランキングTop10の結果を見ると、10位の「年末ジャンボミニ」を除くすべてが年賀はがきに関する検索ということがわかります。年賀はがきは、普段宝くじを購入しない人ももらう機会があり、そういった人々の検索がユーザー数の前月比増に反映されていると推測できます。

ラグビー人気定着?テニスも根強い人気

他にはどのようなサイトが人気を集めていたのでしょうか。5位の「スポーツナビ」を見てみましょう。

「スポーツナビ」は、スポーツ関連のニュースサイトです。どういったニュースが注目を集めていたのか、コンテンツランキングで確認していきましょう。

「スポーツナビ」のコンテンツランキング(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

これを見ると、ラグビーのトップリーグと大学選手権、そしてテニスの全豪オープンに注目が集まっていたことがわかります。

1位、2位をラグビー関連ページが占めているのは、日本で開催された2019年のワールドカップにより注目を集めた影響があるのでしょうか。

芸能ニュースに集まった注目

サイトキャプチャ画像は3月末のもの。新型コロナの話題がトップを占める

1月の急上昇ランキングの中でも訪問ユーザー数が多かった、10位の「週刊女性PRIME」ではどのようなコンテンツに注目が集まったのでしょうか。コンテンツランキングを見てみましょう。

「週刊女性PRIME」のコンテンツランキング(対象デバイスはPC、「eMark+」画面より)

コンテンツランキングによると、俳優の東出昌大さんと唐田えりかさんの不倫、および木下優樹菜さんの不倫騒動に関する記事が注目を集めていたことがわかります。いまや新型コロナウイルスの話題が占めるなか、1月はセンセーショナルな芸能ニュースが話題となっていました。

まとめ

最後に2020年1月の、訪問ユーザー数急上昇サイトとその増加要因をまとめます。

1.確定申告と年賀はがき

1月のユーザー数急上昇サイトは、確定申告関連やお年玉当選発表のサイトでした。どちらもこの時期に特徴的なイベントで注目度が高まることは予想できますが、確定申告関連サイトがWeb行動ログ分析上でここまで如実に結果が現れるのは、意外に思われたのではないでしょうか。

煩雑な手続きを踏まなければいけなかった確定申告をオンライン上で完結させることができるようになり、利用者は来年以降も増加すると考えられます。

2.時事ネタ

芸能ニュースや人気スポーツなどの時事ネタを扱ったサイトも、大きなイベントの追い風を受けてユーザー数を増やしていました。年明けの時期だったことも訪問ユーザー数の増加に寄与したかもしれません。

調査は競合・市場分析ツールeMark+を用いて行いました。今回の急上昇サイトランキングはeMark+の無料機能で見ることができます。この機会にぜひ登録してみてはいかがでしょうか。取り上げたトレンドや他社事例を活用し、キャンペーン施策立案などのマーケティング活動に活かしてみてください。

調査概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、2020年1月に訪問ユーザー数が前月比で急上昇したサイトを分析しました。

※対象期間:2020年1月
※ユーザー数:該当サイトを訪れたUnique User数
※ユーザー数やセッション数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

この記事のライター

ウィーン大学への留学を経て京都大学文学部卒業。
外資系大手ITコンサルティング会社に勤務後、フリーランスライターに転向。

関連する投稿


外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

コロナによる外出自粛の影響を受け、需要が増加しているYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2020年3月のデータから動画共有サービス「YouTube」について調査・分析しました。


巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、今、ホットケーキミックスや薄力粉・強力粉など小麦製品の品薄が続いています。マスクや消毒液が店頭から消えるのは理解できるにしても、なぜ、そしていつの間にホットケーキミックスが消えたの…?今回は「eMark+」を使って、”巣ごもりホットケーキミックス消費”の実態を探ります。


これぞリメイク!PS4ゲーム ファイナルファンタジーⅦ 「原作世代」への強みを発揮

これぞリメイク!PS4ゲーム ファイナルファンタジーⅦ 「原作世代」への強みを発揮

4月10日、PS4の人気シリーズ「ファイナルファンタジー」から、最新作「ファイナルファンタジーⅦリメイク(以下、FF7リメイク)」が発売されました。原作の「FF7」の発売は1997年で、23年の時を経て、圧倒的なグラフィックを持つ作品としてリメイクされました。しかし、原作発売当時の年齢によって、注目度には違いがあるようです。 本作はゲームのリメイク作品において、マーケティング戦略上参考となる部分が大いにあると考えられます。詳しく見てみましょう。


4月の急上昇サイトはシャープマスクやLINE全国調査、Uber Eatsなどコロナ影響が反映された結果に

4月の急上昇サイトはシャープマスクやLINE全国調査、Uber Eatsなどコロナ影響が反映された結果に

2020年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


ステイホームを「お取り寄せグルメ」で乗り切る人が急増!話題のお取り寄せサイト分析

ステイホームを「お取り寄せグルメ」で乗り切る人が急増!話題のお取り寄せサイト分析

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全国的にステイホームが奨励されています。飲食店も臨時休業している店舗があり、外食もままならない状況。「巣ごもり消費」という新たなトレンドも生まれる中、じわじわ盛り上がってきたのがお取り寄せグルメ市場。今回はステイホーム期間中のお取り寄せグルメ市場の動向についてまとめます。


最新の投稿


「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

人に聞きづらい脱毛事情。露出の増える夏に向け、その関心は高まるのではないでしょうか。今回はネット上での「脱毛」に関する人々の行動を調査し、人々の悩みを明らかにしました。


コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

新型コロナの影響で外出自粛が叫ばれ、多くの業界が打撃を受ける一方、一部のサービスは需要を伸ばしています。その一つとして今回着目したのが、ネットスーパー。感染予防のために店頭での買い物を控え、ネットスーパーの利用者が増えているのではないかと予想し、eMark+を使ってその実態を調査しました。


外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

コロナによる外出自粛の影響を受け、需要が増加しているYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2020年3月のデータから動画共有サービス「YouTube」について調査・分析しました。


急上昇ワードに“ファクトフルネス”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/5/17~2020/5/23)

急上昇ワードに“ファクトフルネス”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/5/17~2020/5/23)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、今、ホットケーキミックスや薄力粉・強力粉など小麦製品の品薄が続いています。マスクや消毒液が店頭から消えるのは理解できるにしても、なぜ、そしていつの間にホットケーキミックスが消えたの…?今回は「eMark+」を使って、”巣ごもりホットケーキミックス消費”の実態を探ります。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら