コロナ影響で休校はいつまで続く?教育アプリに子どもも大人も注目

コロナ影響で休校はいつまで続く?教育アプリに子どもも大人も注目

新型コロナウイルスの影響で全国の都道府県に緊急事態宣言が出されたことにより、学校は全国的に休校処置が取られています。そんな中、学習習慣を途絶えさせないために、学習塾などはオンライン授業を行ったり、教育関連企業が学習支援サービスを提供したりする動きが目立ちます。また、学習・教育関連スマホアプリの中には、この1ヶ月でユーザー数が急増しているアプリも。今回は、そんな情勢を受けての教育アプリの利用状況について分析します。


利用ユーザーが急増した教育アプリランキング

まずはサイト・アプリ市場調査ツールのeMark+を用いて、人気の教育アプリについて分析します。

2020年3月のユーザー数ランキング(カテゴリ:教育)から上位30アプリのうち、利用ユーザー数前月比が高いアプリは以下のとおりでした(グラフ黄色網掛け)。

◆前月比UP率TOP5
1位:N予備校(株式会社ドワンゴ)/846.8%
2位:PictureThis:撮ったら、判る-1秒植物図鑑(Glority LLC)/193.0%
3位:PEAK - 脳トレ(Peaklabs)/150.0%
4位:シンクシンク(WonderLab Inc.)/122.2%
5位:TED(TED Conferences LLC)/47.0%


ユーザー数上位30位までのアプリには特に「英語」「語学」が多く、常時人気コンテンツではあるものの、この情勢で急激にユーザー数を増やしたのは「N予備校」を代表とするトータル学習支援アプリや、「PEAK」「シンクシンク」などの子どもから大人までが楽しめる、楽しみながら学べる系のアプリでした。

教育アプリ利用ユーザーTOP30

教育アプリ利用ユーザーTOP30

2020年3月アプリ利用ユーザー数(カテゴリ:教育)
※想定ユーザーは筆者が独自に設定したもので、
各提供元が設定する「コンテンツのレーティング」とは異なります。

ユーザー数急上昇アプリの人気のヒミツを探る

政府より学校の一斉休校が要請されたのは2020年2月27日。これを受けて全国の多くの学校で3月2日から3週間程度(発表当初予定)の臨時休校が発表されました。

このことから、上記のユーザー数前月比UP率上位5アプリのユーザー数の変化を分析し、休校による影響を受けたアプリを考察します。

ユーザー数前月比UP率上位5アプリ ユーザー数推移

ユーザー数前月比UP率上位5アプリ ユーザー数推移

期間:2019年10月〜2020年3月

上のグラフによると、休校などによる社会情勢により影響を受けたと考えられるアプリは「N予備校」「シンクシンク」で、「TED」「PEAK」は2020年3月以前のユーザー数から少しずつ回復している状況であり、休校影響かどうかはこのデータだけでは読み取ることができません。

「1秒植物図鑑」についてはユーザー属性が異なるため休校影響は受けていないと考えられます(詳細は後述)。

この観点から考察すると、TOP30ランキングからは「みまもるトークアプリ」「NHKゴガク」も休校影響を受けたと考えられるユーザー推移が見られました。

いち早く無償サービス提供を発表した「N予備校」

N予備校は株式会社ドワンゴが提供するeラーニングサービスです。主にN高等学校(学校法人角川ドワンゴ学園運営)の生徒向けの学習ツールですが、一部のコースをのぞき一般向けにも有償にてサービス提供されていました。

同社は全学校の休校要請を受け、3月1日からN予備校アプリを全ての利用者に無償で提供し、かつ、全ての教材とオンライン授業を無料開放すると発表しました。
このことはニュースでも取り上げられたため、ユーザーが一気に増加したのだと考えられます。

親世代に支持された知育アプリ「シンクシンク」

シンクシンク - パズルや図形で思考力が育つ!算数や勉強が好きになる知育アプリ

次に、休校影響を受けていると考えられる「シンクシンク」についてデータを確認します。

下図の推移グラフでもわかるとおり、3月に増えたユーザーは女性、30代と40代、子どもがいると回答した、まさに“母親”が大多数と言えるでしょう。

休校で自宅にいる子どもたちに、無料で利用できる学習ツールを導入したユーザーが多いことがわかりました。

「シンクシンク - パズルや図形で思考力が育つ!算数や勉強が好きになる知育アプリ」ユーザー属性の変化(性別)

「シンクシンク - パズルや図形で思考力が育つ!算数や勉強が好きになる知育アプリ」ユーザー属性の変化(性別)

期間:期間:2019年10月〜2020年3月

「シンクシンク - パズルや図形で思考力が育つ!算数や勉強が好きになる知育アプリ」ユーザー属性の変化(年代)

「シンクシンク - パズルや図形で思考力が育つ!算数や勉強が好きになる知育アプリ」ユーザー属性の変化(年代)

期間:期間:2019年10月〜2020年3月

「シンクシンク - パズルや図形で思考力が育つ!算数や勉強が好きになる知育アプリ」ユーザー属性の変化(子どもの有無)

「シンクシンク - パズルや図形で思考力が育つ!算数や勉強が好きになる知育アプリ」ユーザー属性の変化(子どもの有無)

期間:期間:2019年10月〜2020年3月

ユーザー急増「1秒植物図鑑」は春の散歩のため?

PictureThis:撮ったら、判る-1秒植物図鑑

2020年3月でユーザー数が急増した「PictureThis:撮ったら、判る-1秒植物図鑑」ですが、ユーザー属性によると増加したのは40〜60代以上、特に60代以上だということがわかりました。

これについては、休校影響は考えにくく、春先であること、もしくは何らかのミドル、シニア向けメディアで取り上げられた可能性が考えられます。ユーザー評価コメント欄にも新型コロナウイルスや休校に関わるコメントは見られませんでした。

「PictureThis:撮ったら、判る-1秒植物図鑑」ユーザー属性の変化年代)

「PictureThis:撮ったら、判る-1秒植物図鑑」ユーザー属性の変化(年代)

期間:期間:2019年10月〜2020年3月

まとめ

今回は2020年3月の教育アプリの利用状況についてまとめました。政府による全学校の休校要請の影響を大きく受けたのは「N予備校」で、提供元である株式会社ドワンゴのサービス無償提供の反響が相当数あったと考えられます。同社は3月末より「小学校復習講座」の提供も開始しており、対象者の幅を広げることで、さらなるユーザー獲得が期待できます。

いまだ先が見えない状況下で、教育アプリの注目度は増しています。また、学校においてはオンラインによる教育インフラを整えることは喫緊の課題であり、EdTech (エドテック)という言葉に代表されるように、今後ますます業界全体のイノベーションが加速することが予測されます。

関連記事

ステイホームを「お取り寄せグルメ」で乗り切る人が急増!話題のお取り寄せサイト分析

https://manamina.valuesccg.com/articles/855

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全国的にステイホームが奨励されています。飲食店も臨時休業している店舗があり、外食もままならない状況。「巣ごもり消費」という新たなトレンドも生まれる中、じわじわ盛り上がってきたのがお取り寄せグルメ市場。今回はステイホーム期間中のお取り寄せグルメ市場の動向についてまとめます。

生命保険の相談・比較メディアのユーザー数が増加。新型コロナウイルスの感染拡大による保険需要の高まりに注目

https://manamina.valuesccg.com/articles/836

世界各地で新型コロナウイルスが猛威を振るっています。緊急事態宣言の対象は全国に拡大され、 外出自粛が一層求められるなど、感染拡大防止のためにさまざまな対策がとられています。しかしながら、感染者数は増加を続け、未だ収束の見通しがつかない状態です。そんな社会的不安を背景に、人々の保険への関心が高まっているようです。

新型コロナに対するAmazonプライム、Hulu、Netflixのコンテンツ無料施策でアプリユーザー数はどう変わったか

https://manamina.valuesccg.com/articles/807

新型コロナウイルスへの危機感に伴い、3月から学校が休校になり、生徒たちが自宅待機になりました。そんな中、コンテンツを一部無料公開などしていた動画サービス各社。実際にどのように利用されていたのか、Web行動ログによる市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」で調べてみました。

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


トレンドは「コスパ×タイパ」? キーワード検索から紐解くその理由

トレンドは「コスパ×タイパ」? キーワード検索から紐解くその理由

2023年のヒット商品から推測される「コスパとタイパの掛け合わせ」。なぜこのトレンドが昨年注目を集めたのか、なぜここまでパフォーマンスにこだわるのか。関心を持つ人の属性やニーズについて、検索データから分析します。


Gen Z reflects on 2023 with social media & online behavior data! Was 2023 the year of “self-promotion”? (VALUES x Sucle)

Gen Z reflects on 2023 with social media & online behavior data! Was 2023 the year of “self-promotion”? (VALUES x Sucle)

In this series, Gen Z analysts analyze Gen Z’s behavioral data. For the 13th installment, we welcome editorial team at Sucle. We use data from VALUES & Sucle & real Gen Z opinion to reflect on 2023 trends, like participatory exhibits, seasonal events, creative experiences, MBTI and BeReal., to study the needs of Gen Z.


Z世代の消費が動く!「デート」のリアルを現役大学生と調査 |  Gen-Z調査隊×慶應義塾大学SFC桑原研 共同調査レポート<後編>

Z世代の消費が動く!「デート」のリアルを現役大学生と調査 | Gen-Z調査隊×慶應義塾大学SFC桑原研 共同調査レポート<後編>

これからの消費を担う、Z世代。デジタルネイティブ、スマホネイティブでもある彼らの消費行動は、常にマーケターから注目を集め続けています。今回、VALUESのZ世代アナリストたちがマーケティングを研究する現役大学生と共に、「Z世代のデート時の行動」を分析。その様子をお届けします。


Z世代の消費が動く!「デート」のリアルを現役大学生と調査 |  Gen-Z調査隊×慶應義塾大学SFC桑原研 共同調査レポート<前編>

Z世代の消費が動く!「デート」のリアルを現役大学生と調査 | Gen-Z調査隊×慶應義塾大学SFC桑原研 共同調査レポート<前編>

これからの消費を担う、Z世代。デジタルネイティブ、スマホネイティブでもある彼らの消費行動は、常にマーケターから注目を集め続けています。今回、VALUESのZ世代アナリストたちがマーケティングを研究する現役大学生と共に、「Z世代のデート時の行動」を分析。その様子をお届けします。


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ