生命保険の相談・比較メディアのユーザー数が増加。新型コロナウイルスの感染拡大による保険需要の高まりに注目

生命保険の相談・比較メディアのユーザー数が増加。新型コロナウイルスの感染拡大による保険需要の高まりに注目

世界各地で新型コロナウイルスが猛威を振るっています。緊急事態宣言の対象は全国に拡大され、 外出自粛が一層求められるなど、感染拡大防止のためにさまざまな対策がとられています。しかしながら、感染者数は増加を続け、未だ収束の見通しがつかない状態です。そんな社会的不安を背景に、人々の保険への関心が高まっているようです。


ユーザー数を大きく伸ばすソニー生命保険

まず、eMark+のサイトランキング機能を用い、2020年3月における金融カテゴリの中で生命保険にまつわるサイトをサイト情報から抽出し、閲覧ランキングを調べてみました【図1】。

【図1】「生命保険」関連のサイトランキング(2020年3月)

【図1】「生命保険」関連のサイトランキング(2020年3月)
デバイス:PC・スマートフォン

※サイト情報に「生命保険」を含むものをeMark+を用いて抽出

1位~10位の内、損保・自動車保険に関するサイトを除く8つのサイトでは前年同月比でユーザー数が上昇していました。特に1位の「ソニー生命保険」、2位「【楽天】お金の総合案内」、3位「保険マンモス」については上昇率が高く、人々が関心を寄せていることがわかりました。

また 、お金のプロであるFPに生命保険の相談ができる「保険マンモス」や生命保険の一括請求ができる「保険スクエアbang!」など、各社の保険を比較できるメディアは前年同月比、前月比ともにユーザー数が増加していました。新型コロナウイルスの感染者数増加で家計や生命保険の見直しの兆しがうかがえます。

次にユーザー数が多い保険会社の上位3サイトについて、2019年4月~2020年3月の1年間におけるユーザー数推移を調べてみました【図2】。

【図2】「ソニー生命保険」「楽天生命」「日本生命保険」ユーザー数推移
デバイス:PC・スマートフォン

保険月間として各社が営業を強化する11月も高い水準となっていますが、おおむね新型コロナウイルスの流行と合致する形で2月から3月にかけてユーザー数が伸びていることがわかります。特にソニー生命保険のユーザー数は2020年3月が過去1年間の中で最高値となり、とりわけ大きな伸びがみられました。

加えて、3サイトの新規ユーザー率を調べてみました【図3】。

【図3】「ソニー生命保険」「楽天生命」「日本生命保険」新規ユーザー率
デバイス:PC・スマートフォン

こちらも1月2月に比べて3月になると増加が見られ、ソニー生命保険については半数が新規ユーザーであることがわかりました。

サイトの閲覧ユーザー数の大幅な増加に加え、新規ユーザー率も一定の水準で増加していることから、生命保険への人々の関心が高まっていることを裏付ける結果となりました。

既婚者の関心高め。性別・年齢に大きな差はみられず

それでは、そもそもどのような人々が生命保険に関心を持っているのでしょうか。ユーザー数5位にランクインした保険の比較サイトである「保険市場」に着目し、その属性情報を詳しく分析してみました。

まず、2019年4月~2020年3月までのユーザー数推移を調べてみると、2019年12月から徐々に上昇し、2020年3月が最も多いユーザー数となっていることがわかりました【図4】。

【図4】保険市場ユーザー数推移(2019年4月~2020年3月)
※デバイス:PC・スマートフォン

続いてユーザー属性について性別、年代、未既婚の3つの観点から分析してみました。
性別については男女差はほとんど見られず、関心度合いに差がないことがわかりました【図5】。

【図5】属性情報(性別)
※デバイス:PC・スマートフォン

次に年代をみてみると、こちらも大きな差はみられないものの、30代・40代の割合がやや高く、20代は50代・60才以上と同水準となっていることがわかりました【図6】。

【図6】属性情報(年代)
※デバイス:PC・スマートフォン

最後に未既婚をみてみると、既婚者が65%と大きな割合を占めており、未婚者に比べて既婚者からの関心が高いことがわかりました【図7】。

【図7】属性情報(未既婚)
※デバイス:PC・スマートフォン

また、属性情報に加えて2019年10月~2020年3月の半年間における流入元について調査してみると、自然検索からの流入が飛び抜けて多いことがわかりました。続いてリスティング広告、一般広告と広告媒体からの流入となりますが、保険に関心を持ち、自ら検索する人が多いことがわかりました【図8】。

【図8】流入元構成比(2019年10月~2020年3月)
※デバイス:PC

死亡保険比較ページは前月比212%と大きく上昇

最後に、2020年3月における保険市場内のコンテンツランキングを調べてみました【図9】。

【図9】保険市場コンテンツランキング(2020年3月)
※デバイス:PC

1位には死亡保険の比較ページがランクインしました。2位と大きくページビュー数に差がついたことに加え、前月比でも大幅な上昇がみられました 。

2位にランクインした自転車保険については、2015年10月に兵庫県で加入が義務化されたのを皮切りに全国へと広がり、2020年4月からは東京都でも加入が義務となったことが影響しているのではないかと思われます。

そのほか4位には確定申告関連で医療費控除に関するページがランクインするなど、3月特有の関心事項にまつわるページもランクインしましたが、死亡保険や医療保険・入院保険についてのページで前月比が高まっており、人々の関心が高まっていることがわかりました。

目に見えないウイルスという脅威にさらされ、不安が日に日に大きくなりつつある今、自分自身や家族を守るために保険に安心感を求める人が増えているのかもしれません。一人ひとりが自覚ある行動をし、一刻も早く感染拡大が収束することを願います。

この記事で分析に使用した「eMark+」について、指定したサイトのユーザー数がわかる「ユーザー数推移」やサイト訪問者の性別、年代、職業などがわかる「ユーザー属性」は、PCのデータであれば無料で利用することができます。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

分析概要

全国のモニター会員(20代以上)の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2019年4月~2020年3月におけるユーザーの行動を分析しました。
※ユーザー数はPC及びスマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

新型コロナの影響で外出自粛が叫ばれ、多くの業界が打撃を受ける一方、一部のサービスは需要を伸ばしています。その一つとして今回着目したのが、ネットスーパー。感染予防のために店頭での買い物を控え、ネットスーパーの利用者が増えているのではないかと予想し、eMark+を使ってその実態を調査しました。


外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

コロナによる外出自粛の影響を受け、需要が増加しているYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2020年3月のデータから動画共有サービス「YouTube」について調査・分析しました。


巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、今、ホットケーキミックスや薄力粉・強力粉など小麦製品の品薄が続いています。マスクや消毒液が店頭から消えるのは理解できるにしても、なぜ、そしていつの間にホットケーキミックスが消えたの…?今回は「eMark+」を使って、”巣ごもりホットケーキミックス消費”の実態を探ります。


4月の急上昇サイトはシャープマスクやLINE全国調査、Uber Eatsなどコロナ影響が反映された結果に

4月の急上昇サイトはシャープマスクやLINE全国調査、Uber Eatsなどコロナ影響が反映された結果に

2020年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


ステイホームを「お取り寄せグルメ」で乗り切る人が急増!話題のお取り寄せサイト分析

ステイホームを「お取り寄せグルメ」で乗り切る人が急増!話題のお取り寄せサイト分析

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全国的にステイホームが奨励されています。飲食店も臨時休業している店舗があり、外食もままならない状況。「巣ごもり消費」という新たなトレンドも生まれる中、じわじわ盛り上がってきたのがお取り寄せグルメ市場。今回はステイホーム期間中のお取り寄せグルメ市場の動向についてまとめます。


最新の投稿


「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

人に聞きづらい脱毛事情。露出の増える夏に向け、その関心は高まるのではないでしょうか。今回はネット上での「脱毛」に関する人々の行動を調査し、人々の悩みを明らかにしました。


コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

新型コロナの影響で外出自粛が叫ばれ、多くの業界が打撃を受ける一方、一部のサービスは需要を伸ばしています。その一つとして今回着目したのが、ネットスーパー。感染予防のために店頭での買い物を控え、ネットスーパーの利用者が増えているのではないかと予想し、eMark+を使ってその実態を調査しました。


外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

コロナによる外出自粛の影響を受け、需要が増加しているYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2020年3月のデータから動画共有サービス「YouTube」について調査・分析しました。


急上昇ワードに“ファクトフルネス”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/5/17~2020/5/23)

急上昇ワードに“ファクトフルネス”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/5/17~2020/5/23)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、今、ホットケーキミックスや薄力粉・強力粉など小麦製品の品薄が続いています。マスクや消毒液が店頭から消えるのは理解できるにしても、なぜ、そしていつの間にホットケーキミックスが消えたの…?今回は「eMark+」を使って、”巣ごもりホットケーキミックス消費”の実態を探ります。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら