コロナ禍中の4月にユーザー数が伸びたアプリとは?1位は食のテイクアウト「menu」、Zoomなども上位に

コロナ禍中の4月にユーザー数が伸びたアプリとは?1位は食のテイクアウト「menu」、Zoomなども上位に

2020年4月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。3月のトレンドを調査しました。


4月の急上昇アプリランキングを調査

まず、アクティブユーザー数の前月比が高い順にアプリをランキングしました。以下のトップ10をご覧ください。

2020年4月の急上昇アプリランキング(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

食のテイクアウトアプリが急上昇1位

それでは早速、ランキングの1位から3位までを詳しく見ていきましょう。

1位:menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ

1位はスマホひとつで簡単に飲食店のメニューを注文できる「menu」でした。アプリの概要を以下にまとめます。

運営:menu, Inc.
特徴:スマホで食べたいメニューを事前注文・決済ができるテイクアウトアプリ

では次に、このアプリのユーザー数の推移を見ていきましょう。

「menu」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

menuのユーザー数は約28万人、前月比+約986.4%となっています。3月までのユーザー数は約2.5万人ほどでしたが、この4月に大きく伸ばしました。

menuはテイクアウトアプリで、「Uber Eats」のような出前系アプリとは異なります。ユーザー向け特徴としては「どこのお店がテイクアウトできるかマップ上で探せる」という点で、近くのテイクアウトグルメが探せます。また、今までテイクアウトを導入していない店舗も加入されているそうです。

4月は緊急事態宣言が出され、飲食店が営業自粛を求められる状況が続いているなか、自宅で食事を楽しむことができるテイクアウトのニーズが高まっていました。そこでmenuは4月13日に飲食店の導入費用を全国で0円にすると発表するなど、臨機応変にすばやく打ち手を打っています。

合わせて4月20日にはお笑いコンビ・オードリーが飲食店を応援する新CMも放映開始に。急変する市場環境に合わせた迅速な行動がユーザー数急増の要因だと言えるでしょう。

2位:Rakuten Link

2位にランクインしたのは、楽天モバイルが提供するダイヤルアプリ「Rakuten Link」でした。概要は以下の通りです。

運営:Rakuten,Inc.
特徴:通話料無料で時間無制限でかけ放題、SMSの送受信も無料

では次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「Rakuten Link」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

Rakuten Linkのユーザー数は約73万人、前月比+約552%となっています。こちらのアプリも4月に大きくユーザー数を伸ばしています。

楽天モバイルは2020年3月3日(火)から「事務手数料3,300円分ポイントプレゼント」のキャンペーンを実施しています。楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」を契約した後に「Rakuten Link」を利用すると、楽天ポイント3,300ポイントがプレゼントされるそうです。これが急上昇の要因の大きなひとつだと考えられます。

【Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーン】事務手数料3,300円分ポイントプレゼント | 楽天モバイル

https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/point-return/

楽天モバイル料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」をご契約後、「Rakuten Link」をご利用いただいた方に、お申し込み時の事務手数料3,300円(税込)を全額ポイント還元いたします。

3位:my 楽天モバイル

3位にランクインしたのは、楽天モバイル契約者用の公式アプリ「my 楽天モバイル」でした。2位と連続して楽天モバイルが提供しているアプリとなりました。アプリの概要は以下の通りです。

運営:Rakuten Mobile, INC.
特徴:楽天モバイルの利用明細やデータ通信量(ギガ)の確認から、登録情報の確認・変更、データチャージ、お問い合わせがスムーズに行える

ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「my 楽天モバイル」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

my 楽天モバイルのユーザー数は約90万人、前月比+約450%でした。

2位の「Rakuten Link」の際にも紹介しましたが、楽天モバイルではお得なキャンペーンを実施しています。先ほどの【Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーン】では、ポイントキャンペーン以外にも、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」を契約した際に、プラン料金1年間分が無料になるキャンペーンも同時に行っています。

「第4のキャリア」としての楽天の新規参入が世間でも話題となっていましたが、このようなキャンペーンを行った結果、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」の契約者も増加し、契約者用公式アプリであるmy 楽天モバイルのユーザー数も伸びたのではないでしょうか。

新型コロナの影響を受けたアプリも

ここからは上位で他にランクインしたアプリを紹介していきます。

3月の急上昇アプリランキングでも登場した「ZOOM Cloud Meetings」が今月も4位にランクインしていました。4月のランキングでも新型コロナウイルスの影響でユーザー数が増えたと思われるアプリがいくつかあります。早速見ていきましょう。

7位:Google Meet

7位にはGoogleが提供する「Google Meet」がランクインしました。アプリの概要は以下の通りです。

運営:Google LLC
特徴:大人数のビデオ会議を作成・参加できる

「Google Meet」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

「Google Meet」のユーザー数は約 42万人、前月比+約386%でした。Zoomなどの他のビデオチャット製品と同様、ユーザー数を急速に伸ばしています。

Google Meetは、4月の時点では法人向けソリューション「G Suite」向けに提供していたビデオ会議ツールでした。そのため、在宅勤務が常となり会議をGoogle Meetで行う企業が増えた結果、Google Meetのユーザー数も増加したと推測できます。

9位:Cisco Webex Meetings

9位にランクインしたのは、ビデオ会議およびオンラインミーティングの「Cisco Webex Meetings」でした。4位のZoomや7位のGoogle Meetと同様のウェブ会議ツールです。
アプリの概要は以下の通りです。

運営:Cisco Systems, Inc.
特徴:ウェブ会議ツール

「Cisco Webex Meetings」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

シスコシステムズは4月から全国の大学・短期大学・高等専門学校に対して、遠隔授業のための基盤として、シスコのWeb会議システム「Cisco Webex」を180日間にわたって無償で利用できる高等教育機関特別支援プログラムを提供すると発表しました。

このCisco Webexを導入した大学等の関係者が授業のためにアプリをインストールしたため、ユーザー数の急上昇につながった可能性が考えられます。

その他上位にランクインした注目アプリ

5位:LINE CONOMI-自分の好みにあったメニューが見つかる

LINE CONOMIとは、株式会社LINEが手がけるグルメレビューアプリです。アプリの概要を以下にまとめます。

運営:LINE CONOMI Corporation
特徴:グルメアプリでLINEポイント獲得もできる
リリース:2019/05/15

では次に、このアプリのユーザー数の推移を見ていきましょう。

「LINE CONOMI」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

ユーザーはレストランのメニュー表や口コミ、レシートなどを投稿することによってLINEポイントに交換可能なLINE CONOMI coinをゲットすることができます。

これまではレストランやカフェなどの飲食店での店内飲食を対象とし報酬を付与していましたが、2020年4月10日から当面の間、テイクアウト・デリバリーの投稿にも報酬を付与し始めました。

こうした報酬制度がユーザー数獲得に貢献したのではないでしょうか。経済の先行きへの不安から、少しでも節約したい人々がポイント活用のためにインストールした可能性も考えられます。

まとめ

最後に4月の急上昇アプリと、アクティブユーザー増加の背景をまとめてみます。

3月に引き続き、4月も新型コロナウイルスの影響は甚大でした。

1位の「menu」急上昇の背景には、新型コロナウイルスの影響でテイクアウトを導入する飲食店が増え、それを利用したい客の需要も高まっていることが挙げられます。

2位と3位には楽天モバイルのアプリが連続でランクインしました。「第4のキャリア」として話題を集めていた楽天ですが、3月から始めた【Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーン】の効果もあってアプリ利用者数を大きく伸ばしたと考えられます。

在宅勤務が延長され、学校再会も延期になる最中、ユーザー数を伸ばし7位と9位にランクインしたのが「Google Meet」と「Cisco Webex Meetings」です。これらはどちらもビデオ会議アプリでした。ビデオ会議ツールの需要は今後も続きそうです。

また、5位にランクインした「LINE CONOMI」は、LINEポイントに交換可能なLINE CONOMI coinを獲得できる報酬制度によってユーザー数獲得したと言えるでしょう。

本記事のトレンド調査は、SaaS型の市場分析ツール「eMark+」を用いて行いました。10位以降の急上昇アプリやユーザー数推移、アプリだけではなく国内主要Webサイトの分析も可能となっています。基本的な機能は無料でお使いいただけますので、この機会にぜひお試しください。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

関連記事

ステイホームを「お取り寄せグルメ」で乗り切る人が急増!話題のお取り寄せサイト分析

https://manamina.valuesccg.com/articles/855

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全国的にステイホームが奨励されています。飲食店も臨時休業している店舗があり、外食もままならない状況。「巣ごもり消費」という新たなトレンドも生まれる中、じわじわ盛り上がってきたのがお取り寄せグルメ市場。今回はステイホーム期間中のお取り寄せグルメ市場の動向についてまとめます。

新型コロナの影響は食生活にも?「Uber Eats」などフードデリバリーアプリの利用が急増中

https://manamina.valuesccg.com/articles/835

2019年10月からの消費増税で盛り上がりを見せたフードデリバリー市場。現在は新型コロナウイルスの影響で自宅で食事を取る機会が急増していることもあり、フードデリバリー市場にさらなる勢いが見られます。今回は既に定着しつつあるフードデリバリーアプリの利用状況を「eMark+」を用いて比較・調査しました。

コロナ禍で集客に成功した5サービスの共通点とは? 食や通信、栄養ドリンクから手作りマスクまで

https://manamina.valuesccg.com/articles/901

新型コロナで社会が大きく変貌を遂げた2020年春。この期間にプロモーション施策で集客に成功したサービスとは?コロナ禍で話題になった5つのサービスをピックアップし、市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使ってユーザー数の推移を調査。それぞれの成功要因となったプロモーション施策を分析します。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


「Go To Eat」開始で消費者はどう動いた?検索ワードとグルメサイトから実態を調査!

「Go To Eat」開始で消費者はどう動いた?検索ワードとグルメサイトから実態を調査!

コロナショックからの飲食業界の景気回復を狙った「Go To Eatキャンペーン」が、10月からスタートしました。おトクに外食ができる機会として注目を集めていますが、キャンペーンは食事券とポイント付与の2つで構成され、地域ごとに開始時期やルールが異なるため、正しく利用するには情報収集が必要です。それらを複雑・面倒に感じるという声もあり、消費者によって温度差がある印象を受けます。本稿では、そんな今話題の「Go To Eatキャンペーン」に着目。ヴァリューズが提供する市場分析ツール「Dockpit」を使い、消費者の関心を探るとともに、ポイント付与対象のグルメ予約サイトの動向を分析します。


コードはもう書かない!?「ノーコード」のサービスやメリット・デメリットとは…検索者属性から関心層の実態も調査

コードはもう書かない!?「ノーコード」のサービスやメリット・デメリットとは…検索者属性から関心層の実態も調査

エンジニアではない人にとって、これまでプログラミングによるプロダクト開発は縁遠いものでした。しかし、いまや非エンジニアも簡単にプロダクトを開発できる時代になっています。それを可能にしたのが「ノーコード」。今回はそんなノーコードについてデータ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」のキーワード分析機能を使い、関心を持つユーザーを深堀りしていきます。


「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

月間2000万人以上の読者を集める国内最大規模の生活総合情報サイト「All About」を中心とし、多様なメディアを運営する株式会社オールアバウト。同社ではWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を活用し、市場ニーズの分析や新規事業の戦略策定につなげていると言います。メディアビジネス部のジェネラルマネジャー・徳永さんに、All Aboutの戦略設計やデータ活用をお聞きしました。


Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

2020年9月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


「コロナ」検索が「Amazon」「楽天」を抜く!?掛け合わせキーワードや流入先を調査

「コロナ」検索が「Amazon」「楽天」を抜く!?掛け合わせキーワードや流入先を調査

新型コロナウイルスの感染拡大からおよそ半年が経ち、自粛から自衛へと徐々に元の生活を取り戻してきました。とはいえ、直近のデータでは「コロナ」検索ユーザー数が「amazon」「楽天」を抜くなど、まさに今一番の関心事。 今回はユーザーの「コロナ」への興味関心の変化について、インターネット検索による行動パターン分析によって明らかにしていきます。 ※分析にはヴァリューズの新サービスであるDashboard型マーケティングツール『Dockpit』を使用しました。


最新の投稿


【11/6(金)】ヴァリューズ×ACD×CCI共催オンラインセミナー 「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」

【11/6(金)】ヴァリューズ×ACD×CCI共催オンラインセミナー 「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」

「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」をテーマに、弊社、株式会社ACD、株式会社サイバー・コミュニケーションズ3社共催オンラインセミナーを無料開催します。


「Go To Eat」開始で消費者はどう動いた?検索ワードとグルメサイトから実態を調査!

「Go To Eat」開始で消費者はどう動いた?検索ワードとグルメサイトから実態を調査!

コロナショックからの飲食業界の景気回復を狙った「Go To Eatキャンペーン」が、10月からスタートしました。おトクに外食ができる機会として注目を集めていますが、キャンペーンは食事券とポイント付与の2つで構成され、地域ごとに開始時期やルールが異なるため、正しく利用するには情報収集が必要です。それらを複雑・面倒に感じるという声もあり、消費者によって温度差がある印象を受けます。本稿では、そんな今話題の「Go To Eatキャンペーン」に着目。ヴァリューズが提供する市場分析ツール「Dockpit」を使い、消費者の関心を探るとともに、ポイント付与対象のグルメ予約サイトの動向を分析します。


コードはもう書かない!?「ノーコード」のサービスやメリット・デメリットとは…検索者属性から関心層の実態も調査

コードはもう書かない!?「ノーコード」のサービスやメリット・デメリットとは…検索者属性から関心層の実態も調査

エンジニアではない人にとって、これまでプログラミングによるプロダクト開発は縁遠いものでした。しかし、いまや非エンジニアも簡単にプロダクトを開発できる時代になっています。それを可能にしたのが「ノーコード」。今回はそんなノーコードについてデータ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」のキーワード分析機能を使い、関心を持つユーザーを深堀りしていきます。


月々定額で新車に乗れる車のサブスクとは?メーカー各社も参入!

月々定額で新車に乗れる車のサブスクとは?メーカー各社も参入!

月々定額でサービスを利用する「サブスクリプション」の流れは車にも及んでいます。新車の購入に比べ、初期費用が抑えられる、車の乗り換えが簡単で、車の維持にまつわる諸手続きが軽減されるなどの特徴があります。最近では、トヨタ・ホンダなどメーカー各社も車のサブスクに参入しています。


拡大するシニア市場のマーケティングに必要な消費者理解とは |シニア、フレイル・プレフレイル市場に関するセミナーレポート

拡大するシニア市場のマーケティングに必要な消費者理解とは |シニア、フレイル・プレフレイル市場に関するセミナーレポート

増加する日本の65歳以上の人口は既に約3600万人と、「シニアマーケット」はその存在感を大きく増しています。しかし、そのうち特に生活の実態が見えづらいと言われる「フレイル・プレフレイル市場」。この「フレイル・プレフレイル」を中心にシニア市場を考察するセミナーが、10月2日に開催されました。ヴァリューズとシニア市場のマーケティングプラットフォームサービスを提供するリクシスが、共同して行ったアンケートを中心とした定量的な分析と、Web行動ログを活用した分析の両面から調査を行った結果を解説。そのセミナーの様子をレポートします。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング