外出自粛に合わせてドラマ視聴無料化のParaviアプリがMAUを3倍に。3月急上昇アプリからコロナ影響を調査

外出自粛に合わせてドラマ視聴無料化のParaviアプリがMAUを3倍に。3月急上昇アプリからコロナ影響を調査

2020年3月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。3月のトレンドを調査しました。


3月の急上昇アプリランキングを調査

まず、アクティブユーザー数の前月比が高い順にアプリをランキングしました。以下のトップ10をご覧ください。

2020年3月の急上昇アプリランキング(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

トップ3はこのアプリ

それでは早速、ランキングの1位から3位までを詳しく見ていきましょう。

1位:Park Master

1位はKAYAC Inc.が配信中のハイパーカジュアルゲーム「Park Master」でした。アプリの概要を以下にまとめます。

運営:KAYAC Inc.
特徴:指で線を描いて車を駐車させるパズルゲーム
リリース:2019年11月16日(Android版)

では次に、このアプリのユーザー数の推移を見ていきましょう。

「park master」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)10-3月

Park Masterのユーザー数は約26万人、前月比+約309%となっています。

このゲームは言語によらず誰でも気軽に楽しめる設計になっています。また、2月末に米国のApp Store無料ランキングで首位になったことが話題となっていました。このゲームに対する期待値の高さが急上昇の要因かと思われます。

2位:Samsung Print Service Plugin

2位にランクインした印刷サポートアプリ「Samsung Print Service Plugin」の概要は以下の通りです。

運営:HP Inc.
特徴:プリントサービス

では次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「Samsung Print Service Plugin」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

Samsung Print Service Pluginのユーザー数は約37万人、前月比+約289%でした。

Samsung Print Service Plugin はAndroid 4.4(KitKat)から強制的にインストールされるもので、Androidにおいてシステムアプリ扱いなのでアンインストールはできない模様です。2月の下旬から3月の上旬にかけてユーザーのスマートフォンにインストールされたようで、これがユーザー増加に一役買ったと推測できます。

3位:Nintendo Switch Online

3位は、任天堂のスマホ向けアプリ「Nintendo Switch Online」でした。概要は以下の通りです。

運営:Nintendo Co., Ltd.
特徴:Nintendo Switchのゲームと連動したボイスチャットが可能
リリース:2017年7月19日

では次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「Nintendo Switch Online」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

Nintendo Switch Onlineのユーザー数は約72万人、前月比+約203%でした。

Nintendo Switchの最近のヒット作「あつまれ どうぶつの森」ではアバター同士でチャットできる機能があり、このアプリを使えばアバターの動きを止めることなくスマホでチャットができます。

本メディア・マナミナの「3月急上昇サイト記事」でも取り上げましたが、新型コロナウイルスの影響による巣ごもり需要のために「あつまれ どうぶつの森」の利用者が急増しました。その結果、あつ森購入に合わせてNintendo Switch Onlineのアプリを導入するユーザーが増加したと考えられます。

その他上位にはこんなアプリがランクイン

上位には新型コロナウイルスの影響と思われるアプリが多数ランクインしていました。順番に紹介していきます。

4位:ZOOM Cloud Meetings

4位にZoomの公式アプリ「ZOOM Cloud Meetings」がランクインしました。概要は以下の通りです。

運営:zoom.us
特徴:ビデオ会議システム

次にユーザー数を見ていきましょう。

「ZOOM Cloud Meetings」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

ZOOM Cloud Meetingsのユーザー数は約100万人、前月比+約191%でした。

Zoomはオンラインでビデオ会議ができるシステムで、「あつまれ どうぶつの森」と同様に3月急上昇サイト記事でも取り上げました。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都を中心にリモートワークや在宅勤務が拡大し、この流れでビデオ会議システム「Zoom」がいち早く注目を集めました。そのため、Zoomのサービスを手軽に使おうとアプリをインストールするユーザーが急増したと考えられます。

5位:Paravi(パラビ)-国内ドラマ数が日本最大級-

5位にランクインしたのは動画配信サービス「Paravi」でした。アプリの概要は以下の通りです。

運営:株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパン
特徴:定額制を中心とした動画配信サービス

それでは、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「Paravi」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

Paraviのユーザー数は約91万人、前月比+約178%でした。

「Paravi」には2週間の無料体験登録があります。

新型コロナウィルスの感染拡大防止に伴う、小中高の休校要請を受けて自宅で過ごすことになった学生に向け、配信中の一部コンテンツが期間限定で無料公開されました。(参考:『長期春休み応援!人気ドラマ22作品、期間限定無料公開!』)このキャンペーンを行ったことがアプリユーザー増加に貢献したと考えられます。

9位:Remini - photo enhancer

画像加工アプリ「Remini」が9位にランクインしました。アプリの概要は以下の通りです。

運営:Remini
特徴:写真を高画質化できる

ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「Remini - photo enhancer」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

2月の中旬に画質が低い写真を人工知能が高画質へと変換されるとSNSを中心に話題となりました。例えば、以下のようにReminiが紹介されていました。これがアプリ急上昇のきっかけかと思われます。

このツイートでは元の画質の画像とアプリによって高画質にした画像を比較しています。画像の粗さが消えているのが分かります。

10位:LINE:ドラえもんパーク

10位にランクインしたのはLINE株式会社が手掛ける「LINE:ドラえもんパーク」でした。アプリの概要は以下の通りです。

運営:LINE Corporation
特徴:パズルゲーム
リリース:2019年8月22日

次にユーザー数推移を見ていきます。

「LINE:ドラえもんパーク」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

こちらでは、3月にアプリにログインするとオリジナルLINEスタンプがもらえるキャンペーンを行っていました。(参考:『「LINE:ドラえもんパーク」、『映画ドラえもん のび太の新恐竜』のオリジナルLINEスタンプを無料配信!』)

ユーザーは無料アプリをインストールすればドラえもんのオリジナルLINEスタンプを獲得できます。このLINEスタンプ配信施策がユーザー数増加の一因となったと考えられます。

まとめ

最後に3月の急上昇アプリと、アクティブユーザー増加の背景をまとめてみます。

1位の「Park Master」のゲームアプリはゲームに対する期待値がそのままユーザー数の増加に繋がったといえるのではないでしょうか。「Park Master」は米国のApp Storeで首位になっていたことから急上昇ランキング1位という形で反映されたと考えられます。

一方の10位にランクインしたゲームアプリ「LINE:ドラえもんパーク」はLINEスタンプ配信施策を行っていました。LINEスタンプ配信がアプリ利用者数の増加に貢献した言えるのではないでしょうか。

また、3月は新型コロナウイルス感染拡大により外出自粛する人や在宅勤務する人が増加しました。こうした社会背景が、巣篭もり需要やリモートワークサービスの需要を高め、「Paravi」や「Nintendo Switch Online」や「ZOOM Cloud Meetings」が上位にランクインに繋がったと考えられます。新型コロナウイルス感染拡大は人々が利用するアプリにも影響を及ぼしたと言えるでしょう。

特に「Paravi」は、外出自粛により暇を持て余す学生のニーズに合わせた無料キャンペーンをいち早く行ったことで、アプリのインストール・アクティブユーザー数の獲得に成功したのではないでしょうか。アフターコロナ・ウィズコロナ時代のコミュニケーションの取り方の参考にしていただければと思います。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

関連記事

コロナ禍中の4月にユーザー数が伸びたアプリとは?1位は食のテイクアウト「menu」、Zoomなども上位に

https://manamina.valuesccg.com/articles/872

2020年4月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。3月のトレンドを調査しました。

外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

https://manamina.valuesccg.com/articles/866

コロナによる外出自粛の影響を受け、需要が増加しているYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2020年3月のデータから動画共有サービス「YouTube」について調査・分析しました。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第16弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「猫ミーム」「Bluesky」「LYPプレミアム」の3テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。Z世代のSNSの使い方、猫ミームがバズった背景、LYPプレミアムの魅力とZ世代のサブスクの使い方など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


低価格ジムとして急成長したchocoZAPを早期に検索していたアーリーアダプターの特徴とは?

低価格ジムとして急成長したchocoZAPを早期に検索していたアーリーアダプターの特徴とは?

「コンビニジム」という呼び名としても知られるchocoZAPは、RIZAPが展開する24時間経営のジムです。2022年7月にサービスを開始してから、低価格かつ全国どこでも利用できることに加え、脱毛器やエステがセルフで利用できたり、入会で便利な機器がもらえたりと、多様なサービスによって多くの人の支持を集めています。急成長を続けるchocoZAPですが、サービス開始当初にはどのような人が興味を持っていたのでしょうか。chocoZAPというワードを早期に検索していた人を対象に、ユーザー属性を調査していきます。


The number of next-gen social media “Bluesky” users is rapidly growing. Is it the newest trend among Gen Z?

The number of next-gen social media “Bluesky” users is rapidly growing. Is it the newest trend among Gen Z?

When X’s (formerly Twitter) specs changes, Bluesky was seen as a potentional alternative to X, but it struggled to gain traction. However, after removing its invite-only system on February 7, 2024, user numbers surged as anyone was now allowed to make an account. We'll examine user demographics and usage of Bluesky.


次世代SNS「Bluesky」のユーザーが急増中?Z世代の新たなトレンドになるか

次世代SNS「Bluesky」のユーザーが急増中?Z世代の新たなトレンドになるか

「Bluesky」は、X(旧Twitter)からの乗り換え候補として注目を集めたSNSです。リリース当初やXの仕様変更の際には話題になったものの、Xを代替するほどの規模にはなっていませんでした。そんな「Bluesky」ですが、2024年2月7日、ユーザー獲得のネックになっていた招待制が廃止され、誰でもアカウント登録が可能になったことで、ユーザー数が急増しています。そこで今回は、「Bluesky」の特徴や利用状況について調査し、今後の動向を占っていきます。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


最新の投稿


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

2023年より注目を浴び始めた生成AI。ChatGPTやMidjourneyによる生成AI技術が話題となりました。 なかでも近年技術が飛躍的に伸びているのがAI画像生成です。AI画像生成は日常の話題になるようなバラエティに富んだ画像を作成できるだけでなく、営業資料やPR動画の素材といったビジネスの面で役に立つ生成も可能になりつつあります。 実際に営業資料や提案資料に生成AIを活用している企業もあり、AI画像生成を駆使することでノンコア業務の削減できたり、魅力的な資料を一瞬で作ることもできます。 そこで本記事では、AI画像生成を無料でつくれるサイト5選や、目的の画像を一発で抽出するコツ、利用時の注意点について解説します。


ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、10~60代の男女を対象に、ふだんショート動画(YouTubeのshorts(ショート)やTikTokなど、1分程度の縦型の動画)をどのくらい見ているか、見ている理由について調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ