外出自粛に合わせてドラマ視聴無料化のParaviアプリがMAUを3倍に。3月急上昇アプリからコロナ影響を調査

外出自粛に合わせてドラマ視聴無料化のParaviアプリがMAUを3倍に。3月急上昇アプリからコロナ影響を調査

2020年3月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。3月のトレンドを調査しました。


3月の急上昇アプリランキングを調査

まず、アクティブユーザー数の前月比が高い順にアプリをランキングしました。以下のトップ10をご覧ください。

2020年3月の急上昇アプリランキング(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

トップ3はこのアプリ

それでは早速、ランキングの1位から3位までを詳しく見ていきましょう。

1位:Park Master

1位はKAYAC Inc.が配信中のハイパーカジュアルゲーム「Park Master」でした。アプリの概要を以下にまとめます。

運営:KAYAC Inc.
特徴:指で線を描いて車を駐車させるパズルゲーム
リリース:2019年11月16日(Android版)

では次に、このアプリのユーザー数の推移を見ていきましょう。

「park master」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)10-3月

Park Masterのユーザー数は約26万人、前月比+約309%となっています。

このゲームは言語によらず誰でも気軽に楽しめる設計になっています。また、2月末に米国のApp Store無料ランキングで首位になったことが話題となっていました。このゲームに対する期待値の高さが急上昇の要因かと思われます。

2位:Samsung Print Service Plugin

2位にランクインした印刷サポートアプリ「Samsung Print Service Plugin」の概要は以下の通りです。

運営:HP Inc.
特徴:プリントサービス

では次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「Samsung Print Service Plugin」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

Samsung Print Service Pluginのユーザー数は約37万人、前月比+約289%でした。

Samsung Print Service Plugin はAndroid 4.4(KitKat)から強制的にインストールされるもので、Androidにおいてシステムアプリ扱いなのでアンインストールはできない模様です。2月の下旬から3月の上旬にかけてユーザーのスマートフォンにインストールされたようで、これがユーザー増加に一役買ったと推測できます。

3位:Nintendo Switch Online

3位は、任天堂のスマホ向けアプリ「Nintendo Switch Online」でした。概要は以下の通りです。

運営:Nintendo Co., Ltd.
特徴:Nintendo Switchのゲームと連動したボイスチャットが可能
リリース:2017年7月19日

では次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「Nintendo Switch Online」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

Nintendo Switch Onlineのユーザー数は約72万人、前月比+約203%でした。

Nintendo Switchの最近のヒット作「あつまれ どうぶつの森」ではアバター同士でチャットできる機能があり、このアプリを使えばアバターの動きを止めることなくスマホでチャットができます。

本メディア・マナミナの「3月急上昇サイト記事」でも取り上げましたが、新型コロナウイルスの影響による巣ごもり需要のために「あつまれ どうぶつの森」の利用者が急増しました。その結果、あつ森購入に合わせてNintendo Switch Onlineのアプリを導入するユーザーが増加したと考えられます。

その他上位にはこんなアプリがランクイン

上位には新型コロナウイルスの影響と思われるアプリが多数ランクインしていました。順番に紹介していきます。

4位:ZOOM Cloud Meetings

4位にZoomの公式アプリ「ZOOM Cloud Meetings」がランクインしました。概要は以下の通りです。

運営:zoom.us
特徴:ビデオ会議システム

次にユーザー数を見ていきましょう。

「ZOOM Cloud Meetings」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

ZOOM Cloud Meetingsのユーザー数は約100万人、前月比+約191%でした。

Zoomはオンラインでビデオ会議ができるシステムで、「あつまれ どうぶつの森」と同様に3月急上昇サイト記事でも取り上げました。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都を中心にリモートワークや在宅勤務が拡大し、この流れでビデオ会議システム「Zoom」がいち早く注目を集めました。そのため、Zoomのサービスを手軽に使おうとアプリをインストールするユーザーが急増したと考えられます。

5位:Paravi(パラビ)-国内ドラマ数が日本最大級-

5位にランクインしたのは動画配信サービス「Paravi」でした。アプリの概要は以下の通りです。

運営:株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパン
特徴:定額制を中心とした動画配信サービス

それでは、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「Paravi」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

Paraviのユーザー数は約91万人、前月比+約178%でした。

「Paravi」には2週間の無料体験登録があります。

新型コロナウィルスの感染拡大防止に伴う、小中高の休校要請を受けて自宅で過ごすことになった学生に向け、配信中の一部コンテンツが期間限定で無料公開されました。(参考:『長期春休み応援!人気ドラマ22作品、期間限定無料公開!』)このキャンペーンを行ったことがアプリユーザー増加に貢献したと考えられます。

9位:Remini - photo enhancer

画像加工アプリ「Remini」が9位にランクインしました。アプリの概要は以下の通りです。

運営:Remini
特徴:写真を高画質化できる

ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「Remini - photo enhancer」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

2月の中旬に画質が低い写真を人工知能が高画質へと変換されるとSNSを中心に話題となりました。例えば、以下のようにReminiが紹介されていました。これがアプリ急上昇のきっかけかと思われます。

このツイートでは元の画質の画像とアプリによって高画質にした画像を比較しています。画像の粗さが消えているのが分かります。

10位:LINE:ドラえもんパーク

10位にランクインしたのはLINE株式会社が手掛ける「LINE:ドラえもんパーク」でした。アプリの概要は以下の通りです。

運営:LINE Corporation
特徴:パズルゲーム
リリース:2019年8月22日

次にユーザー数推移を見ていきます。

「LINE:ドラえもんパーク」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

こちらでは、3月にアプリにログインするとオリジナルLINEスタンプがもらえるキャンペーンを行っていました。(参考:『「LINE:ドラえもんパーク」、『映画ドラえもん のび太の新恐竜』のオリジナルLINEスタンプを無料配信!』)

ユーザーは無料アプリをインストールすればドラえもんのオリジナルLINEスタンプを獲得できます。このLINEスタンプ配信施策がユーザー数増加の一因となったと考えられます。

まとめ

最後に3月の急上昇アプリと、アクティブユーザー増加の背景をまとめてみます。

1位の「Park Master」のゲームアプリはゲームに対する期待値がそのままユーザー数の増加に繋がったといえるのではないでしょうか。「Park Master」は米国のApp Storeで首位になっていたことから急上昇ランキング1位という形で反映されたと考えられます。

一方の10位にランクインしたゲームアプリ「LINE:ドラえもんパーク」はLINEスタンプ配信施策を行っていました。LINEスタンプ配信がアプリ利用者数の増加に貢献した言えるのではないでしょうか。

また、3月は新型コロナウイルス感染拡大により外出自粛する人や在宅勤務する人が増加しました。こうした社会背景が、巣篭もり需要やリモートワークサービスの需要を高め、「Paravi」や「Nintendo Switch Online」や「ZOOM Cloud Meetings」が上位にランクインに繋がったと考えられます。新型コロナウイルス感染拡大は人々が利用するアプリにも影響を及ぼしたと言えるでしょう。

特に「Paravi」は、外出自粛により暇を持て余す学生のニーズに合わせた無料キャンペーンをいち早く行ったことで、アプリのインストール・アクティブユーザー数の獲得に成功したのではないでしょうか。アフターコロナ・ウィズコロナ時代のコミュニケーションの取り方の参考にしていただければと思います。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

関連記事

コロナ禍中の4月にユーザー数が伸びたアプリとは?1位は食のテイクアウト「menu」、Zoomなども上位に

https://manamina.valuesccg.com/articles/872

2020年4月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。3月のトレンドを調査しました。

外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

https://manamina.valuesccg.com/articles/866

コロナによる外出自粛の影響を受け、需要が増加しているYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2020年3月のデータから動画共有サービス「YouTube」について調査・分析しました。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

新型コロナの影響によるステイホームやリモートワークの広がりが、住宅事情にも変化を及ぼしています。夫婦で在宅勤務できるスペース、子どもがストレスなく過ごせる空間など、家で過ごす時間が増えたことによって、今までとは違った視点で住宅について考えるきっかけができました。今回は戸建て、土地、リフォームなど、住宅に関する消費者意識の最新動向を分析していきます。


2020年の検索キーワードのトレンドを総まとめ!『鬼滅の刃』『コロナウイルス』『GOTOトラベル』など。流行語大賞の『3密』は?

2020年の検索キーワードのトレンドを総まとめ!『鬼滅の刃』『コロナウイルス』『GOTOトラベル』など。流行語大賞の『3密』は?

ヴァリューズでは、保有するモニターパネルのWeb行動ログを分析し毎週、急上昇している検索キーワードを調査してきました。今回は2020年1月~10月の週間検索キーワードで検索が急上昇した特徴的なワードに加え、2020年新語・流行語大賞をもとに、今年の流行を振り返ります。


withコロナ時代、新たに根づく“自粛ポジティブ消費”とは?アンケートと検索ログによる調査レポート

withコロナ時代、新たに根づく“自粛ポジティブ消費”とは?アンケートと検索ログによる調査レポート

新型コロナウイルスの“第3波”到来ともいわれる今、マーケターにおいては、冬の巣ごもりシーズンに向けwithコロナの消費行動をつかむニーズが再び高まっています。 そこでヴァリューズでは、消費者が2020年春の自粛期間を有意義に過ごすために行った新たな行動=“自粛ポジティブ消費”に関するアンケート調査を実施しました。その結果、意外にも早い段階で消費者の“ポジティブ転換”が起きていたことや、その継続意向の高さ、情報収集行動・消費傾向について新たな特徴がみられることがわかりました。(ページ数|51p)


Web行動ログから読み解く!ECサイトの動向と今後の戦略について ~ECサイトの現状・顧客獲得に繋がる施策とは?

Web行動ログから読み解く!ECサイトの動向と今後の戦略について ~ECサイトの現状・顧客獲得に繋がる施策とは?

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、商品売買の場はオフラインからオンラインへの移行がさらに加速しました。このような状況下で、新たに自社ECサイトを開設したり、または既存サイトを強化したりという施策を打ち出す企業が増えてきています。11月にヴァリューズで行われたオンラインセミナーでは、新型コロナ流行から半年以上経過した今、ECサイトの現状がどうなっているのか、顧客獲得に繋げる施策にはどのようなものがあるのか、という点を解説しました。本稿では、そのレポートをお届けします。


キャッシュレス決済のポイント還元高を自動で最適化してくれるアプリが急伸…!GoToEat影響も【20年10月急上昇アプリ】

キャッシュレス決済のポイント還元高を自動で最適化してくれるアプリが急伸…!GoToEat影響も【20年10月急上昇アプリ】

2020年10月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。10月のトレンドを調査しました。


最新の投稿


戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

新型コロナの影響によるステイホームやリモートワークの広がりが、住宅事情にも変化を及ぼしています。夫婦で在宅勤務できるスペース、子どもがストレスなく過ごせる空間など、家で過ごす時間が増えたことによって、今までとは違った視点で住宅について考えるきっかけができました。今回は戸建て、土地、リフォームなど、住宅に関する消費者意識の最新動向を分析していきます。


中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

「小姐姐」は中国語で「姉」を意味する一方で、近年、「お姉さん経済」と呼ばれる社会現象が女性の社会進出によって現れました。20代〜40代、高学歴、都市部在住などの属性に分類できる、いわゆる「小姐姐」はモノ消費と、経験を楽しむコト消費を同時に重視しており、ECショッピング、スキンケア・化粧品から観光、美容医療、娯楽サービス領域まで、「お姉さん経済」によるインパクトが増大しています。このような消費者行動の特徴を理解することは中国女性消費者向けのマーケティング戦略を立てる時に不可欠であり、中国人女性のライフステージの多様化に伴う消費ニーズを見出すこともできます。


マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

新型コロナウイルスの影響でマスクの着用が常態化している昨今。長時間のマスク着用などで自分の口臭が気になっている人が増えているのではないでしょうか。最近では、マスク着用という新生活様式に伴い、エチケットの一環としてマウスウォッシュなどの口臭ケア用品を取り入れている人も多いようです。そこで今回は「口臭」に関連するキーワードに着目して調査・分析をしてみました。


Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、2020年1月~10月のWebサイトのアクセス数、スマートフォンのアプリの起動数を調査し、ランキングを作成。前年との比較や、年代別での利用傾向に関しても分析をおこないました。


【動画レポート】ネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析 ~ヘアケア及びオーラルケアの消費者調査

【動画レポート】ネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析 ~ヘアケア及びオーラルケアの消費者調査

いま知っておくべき情報を20分に要約した、ショートセミナー動画によるレポートです。業界調査、トレンド、消費者調査など、Web行動ログ分析によるマーケティング調査を提供するヴァリューズのコンサルタントが、簡潔に解説します。動画はYouTubeでの限定公開となりますので、ご都合のいい時間に、ぜひご覧ください。 <br><b>今回のテーマは「インターネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析~ヘアケア及びオーラルケアについて情報収集するユーザーを理解し、Web上での訴求を考える」です。</b>


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング