Zoomでオンラインセミナーを実現する「ビデオウェビナー」機能の使い方とコツ

Zoomでオンラインセミナーを実現する「ビデオウェビナー」機能の使い方とコツ

コロナ対策で対面での会議やセミナーができなくなり、オンライン会議やオンラインセミナーの需要が高まっています。「Zoom」の有料プランなら「ビデオウェビナー」機能で、100人以上が参加するオンラインセミナーを実現できます。Zoomのウェビナー機能の基本的な使い方やコツをご紹介します。


Zoomのオンラインセミナー機能「ビデオウェビナー」とは?

「ウェビナー」とは、ウェブ+セミナーを合わせた単語です。日本語ではオンラインセミナーにあたる機能です。Zoomには一般的な「Zoomミーティング」と「Zoomビデオウェビナー」が用意されており、まずはそれぞれの概要を紹介します。

Zoomミーティング
すべての参加者が画面を共有し、ビデオとオーディオをオンにし、出席している他のメンバーを見ることができる共同イベントです。代表的な利用方法として、Webでのテレビ会議が挙げられます。

Zoomウェビナー
ホストと指定されたパネリストがビデオ、オーディオ、画面を共有。視聴のみを行う出席者が存在し、出席者はQ&A、チャット、そしてアンケートへの回答といった手段で双方向のやり取りができるのが特徴です。

こちらは大人数が参加するオンラインセミナーなどのライブ中継イベントで利用されています。

Zoomでテレビ会議!無料版は何人まで?コロナ対策で一部の時間制限緩和中

https://manamina.valuesccg.com/articles/846

新型コロナ対策で高まるテレワーク需要でテレビ会議ツールの需要が高まっています。なかでも「Zoom(ズーム)」は敷居の低さや通話品質が評価され、急激にユーザーを増やしています。人気になった理由や無料版と有料版の違いなどZoomの基本を解説します。

無料で使い勝手もよいWeb会議ツールおすすめ6選

https://manamina.valuesccg.com/articles/845

新型コロナ対策で緊急事態宣言もでるなか「テレワーク」がにわかに脚光を浴びています。物理的に会えない状況で社内会議に営業、セミナーを実現するには「Web会議」ツールが必要です。今回はWeb会議ツールで無料でどこまでできるのか、Teams、Googleハングアウト(Meet)、Zoom、Skype、Webex、Wherebyの6つを比較します。

Zoomのオンラインセミナーの活用シーン

多人数接続(100人以上)が可能な点、そして上記のように双方向コミュニケーションを取りやすいといった特徴から、Zoomビデオウェビナーで以下のイベントでの利用方法があります。

・オンラインセミナー
・商品説明会
・会社説明会
・遠隔地を結んでの講話

Zoomミーティングでもある程度の人数が参加できますが、ただ参加する(視聴する)だけということができません。そして、1箇所だけではなく、複数の場所からホストを中継して開催できるのが、オンラインセミナーならではの利点です。

こうした中継を行う場合、複数のカメラや画面切り替えをコントロールするスイッチャーといった高価な機材が必要でしたが、Zoomビデオウェビナーの場合、PCやスマホのカメラがあれば気軽にライブ中継イベントを開催できる、というわけです。

Zoomでオンラインセミナーをするには、有料料金のアドオンが必要

大前提として、無料版のプランではZoomビデオウェビナーは始められません。Zoomの有料プラン「Pro」以上に加入しているのが最低条件になります。これに加え、ウェビナーのアドオンを追加購入する必要があります。なお、アドオンの価格は参加者数(100名から10,000名まで6段階あり)によって変わります。

ZoomのProプランには100名の参加者が含まれているので、これでセミナーもできるように見えますが、100人相互に発言できるWeb会議と、登壇者がいて聴衆がいるセミナーでは期待される機能が異なります。Zoomのウェビナー機能では、パネリストの登録、リマインダーメール、聴衆を予めミュートにする、質疑応答を設定するなどのオプションが新たに加わります。

ちなみに、執筆時点でZoomビデオウェビナー開始に当たっての最低金額は、有料プランのProの金額である1,675円/月プラス100名のアドオン4,483円、合計6,183円となります。Proプランの金額は、年間払いのものです。1ヶ月ごとの課金もできますが、この場合は少々割高になります。

Video Conferencing, Web Conferencing, Webinars, Screen Sharing

https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

Zoom is the leader in modern enterprise video communications, with an easy, reliable cloud platform for video and audio conferencing, chat, and webinars across mobile, desktop, and room systems. Zoom Rooms is the original software-based conference room solution used around the world in board, conference, huddle, and training rooms, as well as executive offices and classrooms. Founded in 2011, Zoom helps businesses and organizations bring their teams together in a frictionless environment to get more done. Zoom is a private company headquartered in San Jose, CA.

Zoomでオンラインセミナーを開催する方法

アドオン購入後、ウェビナー開催までの準備を説明します。Zoomミーティング同様に、こちらも手軽にウェビナー開催までたどりつけます。

ウェビナーをスケジュールする

アドオンを購入するとZoomのマイページ画面に「マイウェビナー」という項目が追加されます。この中にある「ウェビナーをスケジュールする」からウェビナー開催日時の予約を行います。

各種入力項目が各種ありますが、注意したいのが「ウェビナーパスワード」の設定。こちらを設定すると、パスワードを知っている人だけがそのウェビナーに参加できるので、不正な参加防止に役立ちます。会員制のウェビナーを開催する場合はパスワードの設定は必要不可欠です。

このほか、単発のウェビナーだけではなく、定期的なスケジュールでの開催も可能になっています。

参加者を招待する:パネリスト編

パネリスト(講師)を招待する場合、スケジューリングしたウェビナーの画面下にある各オプションタブの「招待状」をクリックします。

招待状タブ内の一番上に「パネリストを招待」という項目を「編集」をクリックして開きます。続いてパネリストとして招待したい人の名前やメールアドレスを入力し、「保存」をクリックすると先方に招待メールが届きます。

参加者を招待する:一般参加者編

「参加者を招待」にウェビナーに参加するためのリンクが用意されていますので、これをコピーして参加者にメールなどで送信します。

「招待状をコピー」には、あいさつなども加えたメッセージが用意されています。

参加者が招待URLにアクセスすれば完了

スケジューリングした日時に参加者が招待URLにアクセスすれば、Zoomビデオウェビナーを始められます。

なお、参加者はZoomアカウントを持っていなくても大丈夫。パソコンだけではなく、スマホやタブレットからの参加も問題ありません。

Zoomビデオウェビナーならではの機能

オンラインセミナー開催にあたって、便利な機能が数多く備わっています。

便利な機能その1:録画したセミナーをストリーミング配信

YouTube、もしくはFacebook Liveとの連携で録画したセミナーを配信できます。録画しておいた過去のセミナーでもライブ配信でもどちらでもOKです。

便利な機能その2:画面共有

パネリストが画面操作している様子を参加者が見られる機能です。PCの操作などの説明を行う際に活躍する機能です。

便利な機能その3:ホワイトボード

画面共有の一種ですが、パネリストがフリーハンドで書いたものを、共有しているホワイトボード上に映し出します。

便利な機能その4:レポートの取得

参加者から得たアンケート、エンゲージメント(視聴時間や離脱率など)のレポートを取得できます。次回セミナーに向けての反省材料として役立てられます。

便利な機能その5:Q&A、アンケート機能

参加者とパネリストが質疑応答できるダイアログボックスが用意されています。質疑応答はテキストでも行えます。

便利な機能その6:挙手機能

参加者が質問したいときなどにこれを使うと、バーチャルな挙手となり発言できます。

便利な機能その7:チャット機能

ウェビナー中にチャットできる機能です。

便利な機能その8:メールや登録フォームのカスタマイズ

メールや登録フォームのカスタマイズにより、ブランディングの効果を期待できます。

Zoomのオンラインセミナーでマネタイズする方法

Zoomでは、Zapier(ザピアー)と連携し有料セミナーを開催できるほか、オンラインセミナーで紹介した商品やサービスを購入するための方法(クレジット決済など)を提示できます。

これにより、Zoomビデオウェビナーのオンラインセミナーでの収益化も可能です。

まとめ

多人数を集めてのオンラインセミナーなどに活用できるZoomビデオウェビナー。始めるのにあたり、有料プランにアドオンを加えなければならない点に注意が必要です。

ウェビナーの開催自体は容易なので、自社内だけではなく、対外的なアピールを割安に行えるツールとして利用できます。

関連記事

Zoomの録画は無料版でもOK?録画の方法を確認しよう

https://manamina.valuesccg.com/articles/1065

Web会議やセミナーの録画機能は、Googleの「Hangouts Meet」が無料対応していましたが、2020年10月1日以降有料版のみの制限が付きます。有料無料で動画の保存場所の違いはありますが、「Zoom」でも録画は可能です。今回は、Zoomの録画機能について紹介します。

Teamsを使ってWebでテレビ会議!会議を設定したりゲスト招待するには?

https://manamina.valuesccg.com/articles/847

新型コロナ対策で在宅勤務やテレワークが実施され、Web会議・テレビ会議のニーズが高まっています。これに応えるのが「Microsoft Teams(マイクロソフト チームズ)」です。Microsoft TeamsでWebでのテレビ会議の始め方、社外ゲストの正体方法などの基本的な操作から、知っていれば便利な機能について解説します。

Googleハングアウト(Meet)を社外と使う!相手を招待したり画面共有する方法

https://manamina.valuesccg.com/articles/848

新型コロナ対策で顧客訪問が難しくなっています。営業や定例会議など、Web会議・TV会議のツールとして「Googleハングアウト(Meet)」の使い方を取り上げます。Googleハングアウトはグループチャットのほかビデオ会議も可能です。無料版と有料版の違いに画面共有したり社外の人を招待する方法など、Googleハングアウト(Google Meet)を利用するために欠かせない情報をまとめて紹介します。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


【1/21(木)】2021年は中国の地方都市に注目!中国下沈市場・徹底解説セミナー|オンラインセミナー

【1/21(木)】2021年は中国の地方都市に注目!中国下沈市場・徹底解説セミナー|オンラインセミナー

本セミナーでは、中国の下沈市場の消費者実態について、特に家電・自動車・化粧品・食品を中心に中国人リサーチャーが最新の調査結果を徹底解説いたします。


変容する消費者トレンドを捉えて実践するプロモーション戦略とは|MarkeMedia Daysセミナーレポート

変容する消費者トレンドを捉えて実践するプロモーション戦略とは|MarkeMedia Daysセミナーレポート

国内最大規模の消費者パネルを活用したデータマーケティングと、データとファクトに基づいたデジタルプロモーションのプロフェッショナルとして、2020年12月3日に開催された「MarkeMedia Days」にヴァリューズが登壇。コロナ禍でより捉えにくくなった消費者行動の中で、CVに至る「刺激」と「情報」を行動ログから解析し、より質の高い施策に繋げるプロモーション戦略について、株式会社ヴァリューズ ゼネラルマネジャーの齋藤義晃が解説しました。 <b>※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。</b>


DX推進の第一歩~Tableauを用いた手元のデータ活用が意識を変える|セミナーレポート

DX推進の第一歩~Tableauを用いた手元のデータ活用が意識を変える|セミナーレポート

リモートワークが主流となった昨今、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が一層望まれるようになってきました。そこでよく聞かれるのが、実際にどのように推進していけば良いのかわからない、推進力のある人材が不足している、などの悩みです。大規模なシステムを導入する前に、既に手元にあるデータをいかに活用するか、それが円滑かつ着実なDXの方法です。「正しい一歩目とは、まずは現場に小さくデジタル化・データ活用の文化を根付かせ大きく広げていくことだ」と、ヴァリューズでデータアナリストとして活躍する髙木は述べます。12/3のセミナーではセルフ型BIツールTableauを用いた事例を交えながら、DXを進めていく方法を解説しました。


コンテンツマーケティングに求められるDXの観点とは|VALUES×イノーバ共催セミナー

コンテンツマーケティングに求められるDXの観点とは|VALUES×イノーバ共催セミナー

マーケティングにもDXが必須と言われる時代。オンライン施策をはじめてみたものの、変わりゆく顧客ニーズの把握、施策の調整など、仕組み化できていないという状況にある方も多いのではないでしょうか。今回、2020年12月9日に開催された共催セミナーでは、株式会社ヴァリューズが、データ分析を通してユーザー理解を進めデジタルマーケティング施策を成功させるポイントを、そして株式会社イノーバが、実際にデータ分析を用いたコンテンツマーケティング施策への取り組み方を事例解説しました。本稿ではヴァリューズ登壇部分を抜粋してご紹介します。<b><br>※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。下記フォームよりお申し込みください。</b>


Web行動ログから読み取く!withコロナ期における消費者の「おうち時間」の過ごし方の変化とは|セミナーレポート

Web行動ログから読み取く!withコロナ期における消費者の「おうち時間」の過ごし方の変化とは|セミナーレポート

withコロナ期における消費者の「おうち時間」の過ごし方の変化をWeb行動ログから考察したオンラインセミナーが開催されました。今回は、コロナ禍の「おうち時間」における消費者の意識変化・行動変化を「食」「運動」「家電」という3つの切り口から分析し、消費者の動向をアンケート調査とWeb行動ログから読み解きます。


最新の投稿


12月の急上昇サイトは?LINEヘルスケアの「感染対策を見据えた受診方法」コンテンツにユーザー集まる

12月の急上昇サイトは?LINEヘルスケアの「感染対策を見据えた受診方法」コンテンツにユーザー集まる

2020年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit(ドックピット)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はDockpitを使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


マーケティングの基礎知識「イノベーター理論」とは?

マーケティングの基礎知識「イノベーター理論」とは?

新しいモノやサービスが市場に普及する過程を分析する際に、「アーリーアダプター」「キャズム」などの用語は聞いたことがあるはず。これらは消費者を5つのグループに分類して分析した「イノベーター理論」の一部です。5つのグループや普及の分岐点など、イノベーター理論について解説します。


コロナ禍での「乳酸菌」への関心調査レポート

コロナ禍での「乳酸菌」への関心調査レポート

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、消費者の健康へのニーズは日に日に高まっています。今回は「乳酸菌」に着目し、インターネット行動ログデータの分析から「乳酸菌」への関心の変化を探ります。(ページ数|16p)


ダイエットに最適?中国の「代餐食品」(食事代替品)に迫る!|中国トレンド調査

ダイエットに最適?中国の「代餐食品」(食事代替品)に迫る!|中国トレンド調査

体に必要なすべての栄養素を手軽に補給できる「代餐食品」(食事代替品)が現在、中国で大人気です。中国最大級のECプラットフォームT-mallとJD.comの調査報告書によると、2019年「代餐食品」(食事代替品)のEC売上は10億元を突破しています。また、ユーロモニターの市場調査では、中国における「食事代替品」の市場規模は30%以上の成長率を示しており、2022年までに約1200億元に達すると予想されています。本稿では、中国における「代餐食品」ブームが生まれた理由とは何か、また、人気な「代餐食品」ブランドを調査していきます。


LINE経済圏の成り立ちをデータで考察 ~ 進む「巨大プラットフォーム化」とその将来像とは

LINE経済圏の成り立ちをデータで考察 ~ 進む「巨大プラットフォーム化」とその将来像とは

コミュニケーションツールの枠組みを大きく超え、コンテンツ配信やFintech領域でも存在感を増しているLINE系サービス。同社の多彩なサービス展開によって形成される巨大なプラットフォームの全貌と、広がっていく「LINE経済圏」の今後について、ヴァリューズの提供する2つの分析ツールを用いて調査していきます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング