「本当」の潜在層を見つけよう!オウンドメディアの分析手法

「本当」の潜在層を見つけよう!オウンドメディアの分析手法

「オウンドメディア」(自社がOwned(所有する)メディア)が注目を浴びています。企業が商品情報発信やカスタマーとのコミュニケーション強化を目的としてメディアを立ち上げ、顧客の育成に乗り出すようになりました。一方的な広告メッセージだけではなく、トレンドや潜在顧客のニーズを捉えたコンテンツを用意し、ターゲットユーザーが検索やSNSなどを通じて自然と集まるメディアの構築がもとめられています。オウンドメディアを作り、成長させていくためにはどのような分析をすればよいのでしょうか。


オウンドメディアとは

企業やブランドが、自社の製品やサービスの情報発信だけではなく、ユーザーとコミュニケーションを取ったり、関係構築を図るオウンドメディア。英語では「Owned Media」と表記されます。

アーンドメディア(SNSのような信頼や評判を獲得するメディア)ペイドメディア(広告枠を持つメディア)とあわせて、「トリプルメディア」とも呼ばれています。
トリプルメディアを効果的に活用することで、情報の発信をより効果的に行うことができます。

オウンドメディアは、単に情報発信を行うだけではなく、商品やサービスを切り離したユーザー視点で役に立つ情報の発信を行うことで、ユーザーの囲い込みを行います。つまり、ユーザーに有意義な情報発信を行うことでリピーターを獲得し、自社のファンを増やすことができるのです。

オウンドメディアは、ブログやWebサイトとして制作されますが、大切なことは形式ではなく、「ユーザーの視点に立ったコンテンツを作る」ことです。

ECサイトのオウンドメディアでは、例えば輸入時計を扱っているサイトの場合、自社ブランドや製品の紹介だけではなく、時計のメンテナンスや歴史、話題のトピックスなど、ユーザーが知りたいと思われる情報をコンテンツとして配信します。


・オウンドメディアの役割とは
オウンドメディアでは、定期的にユーザーにとって有意義な情報の発信を行います。
オウンドメディアで発信される有意義な情報とは、ユーザーに有益かつ企業自体の価値を高める情報です。

またオウンドメディアは、メルマガの配信やコメントのやり取りなどで、一方的な情報発信ではなくユーザーとの関係構築を図る役割を担います。そして「ペイドメディア」と呼ばれる、マスメディアや大手ポータルサイト、「アーンドメディア」と呼ばれる、FacebookなどのSNSのハブとなる役割も担っています。

オウンドメディアとコンテンツマーケティング

同義で語られることの多い「オウンドメディア」と「コンテンツマーケティング」ですが、オウンドメディアはメディアであり、コンテンツマーケティングはマーケティング手法のひとつです。
つまり、コンテンツマーケティングを行う上で、発信先に「オウンドメディア」という選択肢があるのです。


・コンテンツマーケティングとは
コンテンツマーケティングは、コンテンツの力を活用して、読者に新しい気づきを与えるマーケティングの手法です。

コンテンツマーケティングでは、見込み客を明確に定義したうえで、ユーザーにとって適切かつ価値があり一貫性を備えたコンテンツを作り届け続ける必要があります。結果的にはSEO対策としても有効ですが、SEO対策を目的としていないので注意が必要です。

オウンドメディアを分析することで得られる情報

オウンドメディアを運営し、分析をすることで、自社の商品に関連するテーマを検索しているユーザーや反応が良かったユーザー属性を知ることできます。ユーザー属性がわかることで、より具体的なペルソナ設計をすることができ、ユーザーへのより有意義な情報提供が可能になります。

また具体的なペルソナを作ることにより、今後のマーケティング施策の方向性や指標作りなどのWEB施策を行う上でのメリットはもちろんのこと、新製品開発など、WEB施策にとどまらずマーケティング全体の役に立つ調査を実施することができます。


・ペルソナ設計とは
ペルソナとは、ターゲットとなるユーザー像を明確にし、それを代表する一人の人物を詳細に記載したものです。

ペルソナを作成することによって、見込み客の像を明確にして、ユーザーが抱えている問題や生活の様子を具体的にイメージしやすくなります。見込み客視点での鋭いメッセージを考え、共感を喚起することも可能になります。


・見込み客との関係構築
オウンドメディアでは「潜在客との接点の確保」のほかに、「見込み客との関係構築」が大切なポイントになります。

検索エンジンから流入を稼ぐだけではなく、SNSによる拡散を行うのも大切です。

また、リピーター数やソーシャルメディアのフォロワー数は、見込み客との関係構築を図る上で重要な指標になります。

オウンドメディアで集客できたユーザー情報を知る方法

オウンドメディアで集客できたユーザーを知るには、「アクセス解析」を行う必要があります。

eMark+ Site Analyzer』では、自社サイトを競合サイトを比較しながらアクセス解析を行うことができます。流入経路が、バナー広告でもリスティング広告でもオーガニック(自然検索)でも、一つのツールで全てがわかるだけではなく、スマートフォンのデータ解析にも対応しているので、マーケッターの方はぜひご活用ください。


・多くの流入数が獲得できている場合
検索キーワードから分析を行うことで、より反応がよい検索キーワードから見込み客となりうるユーザーの関心を知ることができます。また、『eMark+ Keyword Finder』を使うと、そのキーワードを検索しているユーザー属性も知ることができ、より明確なターゲットユーザーを選定することが可能です。


・流入数があまり獲得できていない場合
ターゲットとなるユーザーが普段見ているオウンドメディア(=競合や他社サイト)を分析します。『eMark+ Target Focus』では自社オウンドメディアに訪れているユーザーが、他にどのようなメディアやコンテンツを参照しているのかを把握することができるため、ターゲットユーザーの関心が高い情報を知ることできます。キーワード選定だけではなく、コンテンツ制作の編集企画や方向性の見直しに役立てることができます。

例:『eMark+ TargetFocus』でシニア層の女性が全体ユーザーに比べてよく閲覧しているサイトを集計

オウンドメディア運営のコツ

オウンドメディアを運営するコツをご紹介します。

・オウンドメディアはすぐに結果が出ない
オウンドメディというのは、商品の購入やサービスの利用に直結する情報のみを配信するわけではありません。ユーザーにとって有益な情報の中には、自社の売り上げにつながらないものもたくさんありますよね。

つまり、すぐに売り上げに直結する効果が期待できるわけではないのです。そのため、結果が出ないからといって短期間で撤退してしまわず、長期的な視点を持って運営を行う必要があります。


・「ユーザー」を忘れない
オウンドメディア運用で陥りがちなのが、PVやCVが伸びてきたときに、ユーザーである読者の目線を忘れてしまうことです。「読者にとって有意義な情報」というだけではなく、「誰かを傷つけてしまう内容」のものは避けることも大切なポイント。

ファンを増やすためのツールが、ファンを傷つけるものであってはいけませんよね。
読者の存在を忘れずに、ユーザーの目線に立ってコンテンツを制作することを心がけましょう。


・「質の向上」を目指すために
少しでも良質なコンテンツを制作するためには、良質な一次情報が必要不可欠です。専門的な知識や、調査データなどを駆使して、より良いコンテンツの制作を目指しましょう。また単に情報を紹介するだけではなく、切り口やみせ方にこだわるのも大切なポイントです。

そのため、コンテンツ制作では「構成力」や「人をひき付けるタイトル」なども重要です。
例えばECサイトの場合、商品を紹介したコンテンツでは、タイトルに商品名を使用するケースが多くありますが、そこにキャッチ―なフレーズを組み合わせることで、興味喚起をすることができるだけではなく、話題を呼び拡散に繋がるケースも多くあります。

そして、自社の製品やサービスに関心を持ち続けてもらうためには、定期的かつ継続的な情報発信が必要不可欠です。「積極的に情報を発信すると質が伴わない」というケースも多くありますので、多くの記事を多人数で制作する際には、統一したレギュレーションやガイドラインの元で記事を書くようにしましょう。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


証券(投資信託)口座を開設する消費者像の調査を5ヶ月実施してわかったこと

証券(投資信託)口座を開設する消費者像の調査を5ヶ月実施してわかったこと

証券(投資信託)口座の開設数はここ数年、ネット証券を中心に大きく伸びています。皆さまの周りでも「投資、資産運用を始めたよ」という方が増えてきているのではないでしょうか?本記事では、各金融機関で口座開設する消費者像についてヴァリューズのマーケティングコンサルタントとデータアナリストが5ヶ月に渡って分析した試みをご紹介します。


花王流・データによる顧客理解の実践とは。点ではなく線でストーリーを理解する分析の裏側

花王流・データによる顧客理解の実践とは。点ではなく線でストーリーを理解する分析の裏側

花王のDX戦略推進センターでは、商品を認知する前の生活者データからLTV向上のための購買体験データまで、あらゆるデータを集約し、事業プロセス全体に活かしています。鍵となるのは「点ではなく線で、顧客ストーリー全体を理解するデータ分析」。どのように実践しているのか、DX戦略推進センターの稲葉里実さん、有地拓也さん、瀧柳七海さんにお話を聞きました。


ソニー×電通の強みを結集したフロンテッジのデジタル戦略立案  ~ データ可視化が提案推進の機動力に

ソニー×電通の強みを結集したフロンテッジのデジタル戦略立案 ~ データ可視化が提案推進の機動力に

ソニーのコンテンツ・テクノロジーと電通のマーケティング・コミュニケーション力を融合させ、新しいブランディングプロフェッショナルファームを目指し設立された、株式会社フロンテッジ。同社のソリューションクリエイティブディビジョン・デジタルマーケティンググループにて戦略立案や効果検証に携わる、渡邉 寛文さんに、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」のデジタルデータをどのように有効活用しているのか、マナミナ編集部が取材しました。


東京都Webサイトアクセスサマリーが公開開始。コロナ流行とサイト訪問者数の相関が明らかに

東京都Webサイトアクセスサマリーが公開開始。コロナ流行とサイト訪問者数の相関が明らかに

東京都の公式サイトに関するユーザー数の推移や閲覧ページのランキングがダッシュボードとして一般に公開されました。ダッシュボードのデータとアクセス解析ツール「Dockpit」のデータを組み合わせたところ、コロナの流入とユーザー数の相関や、コロナ以外に関心を持つユーザーの検索行動が見られました。


オウンドメディアのCV率は何%?Dockpitで保険業界を事例に徹底分析

オウンドメディアのCV率は何%?Dockpitで保険業界を事例に徹底分析

オウンドメディアの立ち上げや運営に欠かせないのが目的の整理や目標数値などのKPI設計、そしてモニタリングです。KPIの中では、成果であるCV(コンバージョン)を正しく把握することが重要となってきます。今回はある生命保険会社のサイトを例にあげ、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」を使ってUU数やCVR(コンバージョン率)について分析する手法をご紹介します。


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー