事前調査がキモとなるWEBから入るマーケティングリサーチの手法

事前調査がキモとなるWEBから入るマーケティングリサーチの手法

マーケティングリサーチ、なかでもマーケットリサーチは、ECサイトに限らず企業戦略を練る上でも欠かせないステップです。WEBでの事前調査をしっかりと行っておくことで、より効果的なリサーチをすることができます。 今回は、マーケティングリサーチの手法やメリット、注意点だけではなく、自社でできるマーケティングリサーチをご紹介します。マーケティングリサーチを実施したいとお考えの方はぜひご一読ください。


マーケットリサーチとは

マーケットリサーチとはマーケティングリサーチを行う際に欠かせない、ユーザーや消費者が本当に必要としている製品やサービスを知るために、企業や公共機関などが市場の分析を行ったり、ユーザーの生の声を集めたりすることです。

「市場調査」とも呼ばれるマーケットリサーチでは、今現在の製品やサービスが本当に顧客のニーズを満たしているのか製品の改良や新製品開発を行うにあたってどのようなニーズに応える必要があるのか、ということが調べられます。

調査のプロセスとしては、まず問題点の洗い出しと調査目的の明確化を行い、調査計画の策定、ユーザー調査などの情報収集をした後、そのデータを分析し、結果の検討と評価、報告をします。
調査設計時には仮説をしっかりと立てておくことが大切です。


・マーケットリサーチのメリット
適切なマーケットリサーチ、ひいては適切なマーケティングリサーチを行うことで、リスクを減らすことができます。

例えば新製品の開発や既存製品の改良を行う場合、ユーザーの求める製品の特性を知ることにとどまらず、製品の適正な価格を把握し、効果的な流通経路を考えたうえで、改良を行っていく必要があります。また、製品の認知度をあげるために効果的な宣伝戦略を練ることも重要なポイントです。

これらの課題をクリアするにあたり、マーケットリサーチを行い、エンドユーザーの情報を入手することで、失敗の可能性を軽減することができます。

・マーケットリサーチの手法
マーケットリサーチでは、ユーザーの声を集めるために以下のような方法で調査を行います。

訪問面接・電話調査・グループ調査
インタビュアーがユーザーの自宅に伺う訪問面接や、オペレーターがユーザーに電話をかける電話調査、特定の場所にユーザーを集めて行うグループ調査では、コミュニケーションをとりながら情報を収集することができるので、情報を深堀することができます。
インタビューにかかる時間が長く、多くの情報を得ることができますが、その分だけコストが高くなります。

また対面調査では日程の調整が必要となるため、多くの調査を行う場合、期間が長期にわたってしまいます。

郵送調査
郵送調査は、インターネット調査の次にコストが安く、大量の情報を収集するのに向いています。
インターネットの利用率が低いシニア世代や、小学生などの子どもの情報収集にも向いています。

インターネット調査
インターネットを使った調査は、コストが安く、大量に、かつスピーディーに情報を集めることができます。

覆面調査(ミステリーショッピングリサーチ)
対象となる人物が直接店舗やECサイトを利用して、製品やサービスの状態、スタッフの対応などを調査して回答を行います。
リアルな現状と、改善が必要なポイントを知ることができます。

MROC調査
MROCとはMarket Research Online Communityの略で、対象者同士が、SNSや掲示板などオンラインのコミュニティ内で一定期間議論を交わす、という調査法です。そのため、自社のユーザーや顧客に対して実施する場合にはコストを安く抑えることができます。

アンケート調査と実際の行動ログを組み合わせた「VALUES eMark+」

ヴァリューズの提供する「VALUES eMark+」では、アンケートを実施することができます。

またユーザーについて、アンケートのみならず、WEB上の行動ログを収集することで分析することができます。そのため、ユーザーのWEB上の行動からオフラインにおける行動まで、包括的に収集・分析することができます。さらに、アンケート実施前にWEB上のユーザー行動を把握しておくことができるため、アンケート実施前の工数を削減し、低コストでマーケットリサーチを行うことが可能になります。

VALUES eMark+では、約25万人規模のモニターパネルに対して

ユーザー属性(性別・年代・都道府県 等)を利用可能

⇒ユーザープロファイル分析・属性でのクロス集計が可能です

パネルに対する、アンケートの実施(リアル店舗等への誘導状況も把握できます)

⇒ターゲティング層の詳細属性・行動特徴や理由の把握が可能です

より詳細なデータ収集をお考えの方や、競合サイトのデータ収集を検討中の方にピッタリ。
工数の削減を進めたい方や、リソースが足りないと感じている方にもおすすめです。


WEBサービス「eMark+」で分析できるユーザー属性の一例

※デバイス:PC、データ期間:2016年4月~9月

マーケットリサーチから具体的な施策に結び付けよう!

行動ログ分析サービス「eMark+」を使うことで、自社はもちろん、競合のデータ収集・分析も可能となります。
さらに「eMark+ Pro」をご活用いただき、モニターパネルへのアンケートを行うことにより、ECサイトのCVに限らず、オフラインのCVの情報も収集することができるようになります。


eMark+ Pro」で利用できる自社・競合他社ユーザーの流入元分析の一例

※デバイス:PC、データ期間:2014年3月~2016年1月


「VALUES eMark+」のモニターパネルへのアンケートを組み合わせることで、ECサイトと併せて実店舗でのユーザー行動を知ることができます。

より効果的なアプローチを行い、無駄な広告費を削減するためにも、
ぜひマーケットリサーチはもちろん、マーケティングリサーチ全般に「eMark+」シリーズをご活用ください。


・おわりに

マーケットリサーチには多彩な手法がありますが、大切なことは事前調査をしっかりとして、自社の予算やリソースに合った手法を選ぶことです。

「eMark+」はこれまで多くのお客様に最適なマーケットリサーチを行うためにお役立ていただき、マーケティングリサーチ全体のコストや工数の削減に貢献してきました。ぜひ、ヴァリューズの「eMark+」をはじめとしたサービスのご利用をご検討ください。

自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!

他社サイトのユーザーが見える
市場調査ツール

eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査 アンケート eMark+

関連する投稿


業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

「eMark+(イーマークプラス)」のGeneral Overviewを使うと、サイトランキングが無料で簡単に作れるのをご存知でしょうか?


「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


オウンドメディア戦略はデータで決める。リサーチ会社がメディアを作るときの調査手法とは

オウンドメディア戦略はデータで決める。リサーチ会社がメディアを作るときの調査手法とは

マーケティングリサーチとコンサルティングの会社「ヴァリューズ」は、新しいオウンドメディア「マナミナ」を立ち上げました。どのようにメディアを作っていったのか、その過程を今回から全4回でお伝えします。初回はメディアのコンセプト・戦略設計についての話。私たちの得意技であるリサーチを使って、マーケティング戦略を決めていきました。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年4月~2019年5月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年4月~2019年5月)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


「週間」検索キーワードランキング(2019/6/9~2019/6/15)

「週間」検索キーワードランキング(2019/6/9~2019/6/15)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


最新の投稿


業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

「eMark+(イーマークプラス)」のGeneral Overviewを使うと、サイトランキングが無料で簡単に作れるのをご存知でしょうか?


「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


インサイドセールスは誰でもできる?【テレアポとは違う】

インサイドセールスは誰でもできる?【テレアポとは違う】

世界では既に浸透しており、最近では徐々に日本でも取り入れられつつある営業手法が「インサイドセールス」です。インサイドセールスは電話やEメールを介して行う営業活動なので、「テレアポと同じなのではないか?」と考えられがちですが、テレアポとインサイドセールスは目的や成果が異なります。どういった点がテレアポとは違うのか詳しく見ていきましょう。


インサイドセールスの目標設計方法は?【KPI設計を上手く組み立てよう】

インサイドセールスの目標設計方法は?【KPI設計を上手く組み立てよう】

インサイドセールスが海外では広がりを見せ、日本国内の企業でも新しい営業手法として今後どんどん取り入れられていくことが予想されています。 インサイドセールスを導入した際には、どのようなKPI設計が必要なのでしょうか? 目標設計の設定こそがインサイドセールスを構築するにあたって重要なポイントとなります。 インサイドセールスの目標設計方法について解説していきます。


インサイドセールスの便利ツールをご紹介【効率化しよう】

インサイドセールスの便利ツールをご紹介【効率化しよう】

ここ数年で、インサイドセールスという新しい営業手法が注目されています。 インサイドセールスによってコストカットや営業の働き方改革など多数のメリットがあるため、日本の企業でも徐々に取り入れられてきているのです。しかし、いざインサイドセールスを導入したいと思っても、どこから始めるべきか分からないものです。そこで、インサイドセールスを始めるために便利なツールを紹介していきます。


最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


市場調査 アプリ アンケート 行動ログ 外食 SEO SNS EdTech

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら