コロナ禍で広島県観光連盟が実践したカスタマー理解のための「アンケート×行動ログ分析」とは|MarkeZine Day 2020セミナーレポート

コロナ禍で広島県観光連盟が実践したカスタマー理解のための「アンケート×行動ログ分析」とは|MarkeZine Day 2020セミナーレポート

広島県内およびその周辺県における観光事業の発展と振興・地域の活性化を図る、一般社団法人広島県観光連盟(HIT)。今回は2020年9月1日に開催されたMarkeZine Day 2020 Autumnで解説された、コロナ禍で広島県観光連盟が推進した、新たな商品開発における「圧倒的なカスタマー理解のための、ヴァリューズ独自保有のネット行動ログとアンケートを掛け合わせた分析手法」をご紹介します。


今回のセッションは「コロナ禍での新たな観光商品開発において広島県観光連盟が実践した、圧倒的なカスタマー理解のための「アンケート×行動ログ分析」とは」と題し、株式会社ヴァリューズ ソリューション局マネジャーの和田尚樹(わだ・なおき)と、一般社団法人広島県観光連盟(HIT) チーフプロデューサー 兼 常務理事事業本部長の山邊 昌太郎(やまべ・しょうたろう)氏が登壇し、様々なデータ活用や組織づくりに至るまで、興味深いセッションを繰り広げました。

図:スピーカー紹介①

図:スピーカー紹介①

図:スピーカー紹介②

図:スピーカー紹介②

一般社団法人広島県観光連盟(HIT)とは

山邊 昌太郎氏(以降、山邊):「広島県観光連盟(HIT)は、広島県の観光全体を促進するための組織です。一般社団法人として広島県の外郭団体の一つであり、各旅行関連の事業会社さん、広島県民のみなさん、あるいは他の地域のみなさんと協働して、広島県の観光を促進する立場にあります。」

図:広島県観光連盟 紹介サイト

カスタマー理解のためのデータ活用とは?

現在ヴァリューズでは、データの様々な活用方法(分析・組織の構築など)を、広島県観光連盟(以下、HIT) に向け提供しており、例としては主にプロダクトの開発、観光客の受け入れ改善に生かされているとのこと。扱うデータとしては、ヴァリューズ保有の「消費者データ」や、HITが保有する観光客のアンケートデータ、さらには外部のクチコミデータと多岐にわたっています。

和田 尚樹(以降、和田):「ヴァリューズへの仕事の依頼を考えたときに、どのような期待がありましたか?」

山邊:「ヴァリューズ社は、過去から含めての大量なネット行動ログデータをお持ちだというところが魅力の一つですね。単なる統計情報を出すといったことではなくて、仮説を立てるためにログデータから活用できないかという目論見がありました
また、このコロナ禍において、人々の価値観が大きく変わるという局面もあって、人々の行動がどう変わるのかが見えるというのも期待の一つでしたね。」

では、実際にどのようにデータ活用のサポートをしていったのか、全体感を見ていきます。

一般的に旅行に関する調査・分析をする際には、「旅行に関する分析」という一視点で行われがちですが、HITとのケースでは、あえて「旅行に直接関係しない分析」も積極的に行ったとのこと。目的としては対象物だけに拘らず、アイデアを広げるという意味合いもあったそう。

山邊:「日頃からよく話しているのは、当該のマーケットだけ見ても広がりはないということですね。旅行のデータを見るのはもちろん重要ですが、それ以外のカスタマーの行動の変遷を見るということが、旅行や、旅行を含むその他の行動の理解につながっていく、イメージができるという意図があって、幅広く調査・分析をお願いしています。」

図:データ活用・分析の全体感

図:データ活用・分析の全体感

とはいえ、データ分析を採用した当初は、HITの中でも「どうデータを活用すればいいか」という戸惑いの声があったと言います。そこで和田は、すでにHITが持っている「観光客のアンケートデータ」を業務活用から始めたとのこと。そういったHITにとって、身近なデータを活用し、段階を踏むことによって、現場の「データの活用方法」や「データ活用の有益性」の認知を上げていったと言います。

和田:「アイデアを広げるためだけにデータを扱うと急に言っても、現場としては難しい点も多いと思います。したがって、最初は業務サポートという視点からデータ活用を導入し馴染んでもらうことで「データって使える」と理解して頂きました
すると次第に「クラウドファンディングにどう繋げようか」とか「受け入れ補強としてのクチコミデータをどう利用しようか」というアイデアにつながる議論ができるようになりました。」

山邊:「今までもデータを使ってなかったわけではなかったのですが、それらは主に報告をするために利用する程度でしたので、自分たちのやろうとすることに戦略的にデータを活用するということはありませんでした。ですが、こうやって生のデータを見ることで刺激にもなり、色々な仮説・アイデアが出てくる、戦略的にデータを活用するという姿勢が生まれてきましたね。

図:「業務サポートのデータ活用」と「アイデアを広げるデータサポート」

図:「業務サポートのデータ活用」と「アイデアを広げるデータサポート」

実際の観光客のアンケートデータ分析を検証してみると…

続いては実際に用いられたアンケートデータでの事例を紹介。

和田:「そもそも報告のために取られたデータだったため、ローデータ自体を蓄積してその後も活用する視点で保持されておらず、さらなる深堀り分析やデータ資産として活用されにくい要因になっていました。」

そういった中、アンケートの設問の内容をより確認し、例えばどういった目的で広島県を訪問しているのかという設問をピックアップし、観光客のペルソナ像に繋げたりと、一つずつ分析に適したデータ整形を行っていったと和田は続けます。

図:観光客のアンケートデータ分析①

図:観光客のアンケートデータ分析①

ようやく集約できたデータや複数のエクセルは、BIツールで表現するのに適した形に整形し、BIツールで可視化。HITのプロジェクトではTableauを活用したとのこと。

データにまだ慣れていないスタッフのことも考え、プログラミングが必要ないツールのTableau Prepに置き換えるなど、チーム内で分析が自立できるように考慮したと言います。

図:観光客のアンケートデータ分析②

図:観光客のアンケートデータ分析②

和田:「可視化すると、データを戦略的に活用する事ができるようになります。例えば、今までとっていたアンケートデータを、クラウドファンディングのアイデアにも転用できると言った声が上がったりしているのも、大きな一歩だと思っています。」

既存保有のローデータでも、一つ一つ確認し分析向きに整形する事で、BIツールで可視化に繋げられ、さらに可視化される事で戦略が立てやすくなる、といった手法の興味深い事例と言えそうです。

VALUESパネルを活用したデータ分析の活用例

次にHITから要望があったのは、「広島県の旅行者の分析だけでなく、カスタマー全体、さらにいえば旅行をしない人も含めての行動分析」だったと言います。
ここで外部データ、ヴァリューズのデータを含め、その中で広島県への旅行者はどんな人かを深掘りしたとのこと。

この際に用いたのが、ヴァリューズ保有のモニターパネルに対して、今年の6月に実施した「今年の夏に旅行をするかしないか」というアンケートデータ。これにネットログ行動を掛け合わせて、旅行者の全体像をあぶり出し、分析した例を紹介します。

図:ヴァリューズのインターネット行動ログ分析事業

図:ヴァリューズのインターネット行動ログ分析事業

実際にどのようなデータを用いたのかというのが、下記のグラフになります。
2019年と2020年の旅行関係サイト全体がどのように動いたのかがわかります。
緊急事態宣言前後のデータをフォーカスして見てみます。

図:ヴァリューズ保有パネルを活用したデータ分析①

図:ヴァリューズ保有パネルを活用したデータ分析①

旅行の緊急事態宣言前後の旅行検討行動を深掘りしてみると、居住エリア内での旅行は、宣言解除後に盛り上がりを見せている事がわかります。また想定している期間(いつ頃旅行に行きたいか?)といった、細かい旅行の意向も見えてきました。

図:ヴァリューズ保有パネルを活用したデータ分析②

図:ヴァリューズ保有パネルを活用したデータ分析②

カスタマーのインサイト分析の重要性

さらにヴァリューズでは、HITでのデータ分析が根付くために、まずは実感を持ってもらい、そして実感を広げもらうために、インサイト分析、N=1の検索行動を起点にディスカッションし、想像を膨らませる取り組みを毎週取り組んでいるとのこと。

図:カスタマーのインサイト分析①

図:カスタマーのインサイト分析①

和田:「こういった取り組みを、山邊さんはどう思われますか?」

山邊:「観光業界に初めて取り組んでみて分かった事が、カスタマー起点ではないという事。ほとんどがプロダクトアウトな世界なんです。そこで、思い切りカスタマーのことを考えて、カスタマーになりきるくらいにならないと、カスタマーに寄り添った商品もサービスも生まれてこないと考えました。
だからいつも、メンバー全員にカスタマーの気持ちになるよう強く言っているですが、そうなるための活動の一つがこれですよね。

色々な人に面と向かってインタビューできればいいことなのですが、一方でこういった生のログデータをずっと見ていくことで、あたかもこの人になりきったかのような、よく「憑依する」と表現するのですが、「憑依して体感する」ことによって、カスタマーの気持ちや行動を擬似体験する。そうすることで、僕たちがこれから行っていくサービス、あるいは商品といったところに、役立てていけるのではないかなと考えています。

そうした意味で、ネットログデータという「生々しさ」は大変役立つと思っています。僕自身、過去の職務の経験上から言っても、ネットには人の本音が現れてくると思っているので、ネットログデータというのは、なかなか見えない裏の面まで垣間見ることができる、すごく大事な手法だなと思っています。」

和田:「アンケートなどで見られる「表のデータ」と、ネット検索行動などから見られる「裏のデータ」、こういった「表裏」合わせて理解する事で、より深いカスタマー理解に繋がるという事ですね。」

図:カスタマーインサイトのまとめ

図:カスタマーインサイトのまとめ

まとめ

和田:「HITとしては今後のカスタマー理解について、どのように進めていかれるのでしょうか。」

山邊:「重複してしまいますが、データを使って何かしたい、カスタマーをとにかく理解したいわけですね。カスタマーを理解した上で戦略を打ちたいのですけれども、その時に、データを見る側が、何かしらの意図を持たないとデータは活きてこないと思うのです。

統計的なデータもさることながら、これから先の未来に向けての、お客様のログデータを見て分析するとなると、尚更、我々の確固たる意図が必要となると思うので、そういったところをさらに試行錯誤しながら、引き続き取り組みたいと思っています。」

※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。下記フォームよりお申し込みください。

セミナー資料ダウンロード【無料】

コロナ禍で広島県観光連盟が実践したカスタマー理解のための「アンケート×行動ログ分析」とは|MarkeZine Day 2020 Autumnセミナーレポート

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

マナミナ 編集部 ライター。
金融、通信、メディアなどを経てリサーチ業界へ。
趣味は食と旅行。

関連するキーワード


観光 セミナー

関連する投稿


Web施策を次に活かす効果測定とは?行動喚起ユーザー倍増に成功した解析手法を紹介|セミナーレポート

Web施策を次に活かす効果測定とは?行動喚起ユーザー倍増に成功した解析手法を紹介|セミナーレポート

Webキャンペーンやコンテンツ拡充などのデジタル施策は、「ターゲットへ届いたか」「狙った行動喚起に繋げられたか」などの効果測定を適切に行うことで、新たな発見を得られ、それを踏まえた次の施策を検討することができます。 そして、それらのフィードバックには自社サイトで得られる閲覧状況を把握するだけでなく、サイト外でのユーザー行動分析が有効です。9/16にヴァリューズが開催したオンラインセミナーでは、これらの効果測定に役立つWEB行動ログデータを活用したユーザー調査手法を紹介。実際のECサイトでの分析事例をもとに解説されました。本稿は、そのレポートをお届けします。


Zoomの録画は無料版でもOK?録画の方法を確認しよう

Zoomの録画は無料版でもOK?録画の方法を確認しよう

Web会議やセミナーの録画機能は、Googleの「Hangouts Meet」が無料対応していましたが、2020年10月1日以降有料版のみの制限が付きます。有料無料で動画の保存場所の違いはありますが、「Zoom」でも録画は可能です。今回は、Zoomの録画機能について紹介します。


【ショートセミナー動画】コロナ禍の旅行業界におきている変化とは?(視聴時間20分)

【ショートセミナー動画】コロナ禍の旅行業界におきている変化とは?(視聴時間20分)

マーケティングの最新情報を学びたいが、イベントに出かけたり、セミナーを聴く暇もない…そんな忙しいあなたに、いま知っておくべき情報を20分に要約した、ショートセミナー動画をご用意しました。業界調査、トレンド、消費者調査など、Web行動ログ分析によるマーケティング調査を提供するヴァリューズのコンサルタントが、簡潔に解説します。動画はYouTubeでの限定公開となりますので、あなたのご都合のいい時間に、お好きな場所で是非ご覧ください。 <br><b>今回のテーマは「コロナ禍の旅行業界におきている変化とは?~インターネット行動ログデータによるコロナ後における旅行業界の3つの変化」です。</b>


マーケティングダッシュボードDockpit(新サービス)紹介セミナー|オンライン開催

マーケティングダッシュボードDockpit(新サービス)紹介セミナー|オンライン開催

3C(自社・競合・市場)のデータを俯瞰し、戦略を考えるには? <br>ヴァリューズから新しく誕生した、競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の紹介オンラインセミナーです。


Web行動ログデータから見る消費者行動のリアル!withコロナ期における消費者変化とは |サブスクリプション編

Web行動ログデータから見る消費者行動のリアル!withコロナ期における消費者変化とは |サブスクリプション編

withコロナ時代の消費者変化を、Web行動ログから考察したオンラインセミナーが9月17日に開催されました。今回のテーマは「サブスクリプション」。withコロナ期のいま、自宅時間、余暇の使い方も大きく変化したことが考えられます。そこで全体的な「サブスクリプション」サービスにおける現在の消費者行動を俯瞰し、さらに重点的に「動画配信サービス」にフォーカスして分析、解説します。 <br><b>※セミナー資料は無料でダウンロードできます。記事下部にあるフォームからお申込みください</b>


最新の投稿


「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

月間2000万人以上の読者を集める国内最大規模の生活総合情報サイト「All About」を中心とし、多様なメディアを運営する株式会社オールアバウト。同社ではWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を活用し、市場ニーズの分析や新規事業の戦略策定につなげていると言います。メディアビジネス部のジェネラルマネジャー・徳永さんに、All Aboutの戦略設計やデータ活用をお聞きしました。


Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

2020年9月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

ヴァリューズが開発し2020年10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回は「競合分析」に着目し、Webサイトの競合分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。


中国でもミニマリストが増加。その理由とは|中国トレンド調査

中国でもミニマリストが増加。その理由とは|中国トレンド調査

「ミニマリスト」とは最小限(ミニマル)の物で暮らす人を意味しますが、アートトレンドの一つとして、必要不可欠な要素も含め全てを剥ぎ取る「ミニマリストデザイン」と呼ばれるものが存在します。禅と簡素さに満ちた日本のデザインやホワイトインテリアが有名な北欧がその代表例として挙げられます。中国でも、日本と北欧からの影響を受け、シンプルなデザインに憧れ、「モノを手放そう」というミニマリスト志向を持つ人が増えてきています。ここでは、衣食住の観点から中国の「ミニマリスト」について考察していきたいと思います。


急上昇ワードに“鬼滅の刃 映画”“IPHONE12”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/11~2020/10/17)

急上昇ワードに“鬼滅の刃 映画”“IPHONE12”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/11~2020/10/17)

2020年10月11日~10月17日週の検索急上昇ワードでは、10月16日に公開され初日から観客動員数91万人と大ヒットで注目を集める「鬼滅の刃 映画」や、Appleが10月16日に予約を開始した「iPhone12」などの検索が急増。「全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング