コロナで一変した観光業はこれから何をすべきか。 国内DMOの先駆者が語る地域マーケティングのいま

コロナで一変した観光業はこれから何をすべきか。 国内DMOの先駆者が語る地域マーケティングのいま

「コロナ禍でも短期的視点に縛られることなく、長期的な投資を行って海外インバウンド観光客を受け入れる体制づくりをやめないことが重要」。そう語るのは、せとうちDMOなど各地の観光マーケティングを支援してきた村木智裕さんです。地方観光業がウィズコロナで目指すべき姿とは。オンライン対談をレポートします。


地方の観光マーケティングの現場でいま起きていること

2020年に開催予定だった東京オリンピックを見据え、インバウンド需要の増加を見込んでいた観光業界。しかし目下の世界的な新型コロナウイルスの流行により、観光需要は過去最大規模の減少となっています。

この未曾有の事態の中、国内各地で観光客誘致のためのマーケティングに取り組む自治体、企業では、今後何をすべきなのでしょうか。

「現状ではコロナ禍に対応する緊急対策、短期的視点の取組も必要だが、需要回復後を見越した長期的な視野も併せ持つことが重要だ」。そう語るのは、これまで各地の観光マーケティングを支援してきた村木智裕さんです。

本記事では、広域連携での観光資源づくりを主導する機関であるDMO(Destination Management Organization)の先駆者的存在、「せとうちDMO」でマーケティング責任者も務める、株式会社Intheory代表の村木智裕さんと、インターパブリックグループ(IPG)のグローバルメディアグループであるメディアブランズの伊東裕揮さん、株式会社ヴァリューズ執行役員の子安亜紀子の三者で行われたオンライン対談の内容をレポートします。三者はそれぞれ観光地域づくりマーケティング戦略設計データ分析&マーケコンサルの分野で協業し、観光の地域マーケティングのプロジェクトを進めてきました。

対談ではウィズコロナの状況でこれから観光マーケティングがなすべきこととは何か、観光のインバウンドマーケティングにおいて重要視すべき考え方や成功事例などが語られました。各自治体で観光に携わる方々だけではなく、企業でマーケティングに携わる方も必見の内容です。

(この対談は2020年5月26日にオンラインで行われました。)

コロナ禍中でも長期的視点で取り組むべき理由

子安亜紀子(以下、子安):早速ですが村木さん、日本各地でインバウンド観光のマーケティングに携わる方々は、コロナ禍中でいまどのような状況なのでしょうか。

村木智裕さん(以下、村木):まずコロナ禍以前は、東京オリンピックに向けた海外からのインバウンド需要を取り込む施策として何をするかが、国内各地域の最大の関心事でした。ところがご存知の通り、2月以降はコロナの影響でインバウンドどころではなくなっています。

むしろ現在はインバウンド観光需要に頼るなという話も出てきていて、地方の企業がいかに生き残っていくかが最重要事項。地域の飲食系の事業者のビジネスチャンスをゼロにしないためのデリバリーサービスの拡充、あるいは地域物産をマーケティングの力も使ってECで販売、といった取り組みをしています。

このような状況は海外の旅行業界でも同じです。ただ、海外とのやりとりでよく聞く言葉はレジリエンス、つまり「困難にしなやかに立ち向かう力」を高めていくべきだ、ということなんです。

オンライン対談の様子。上:ヴァリューズ執行役員・子安亜紀子(こやす・あきこ)、左下:株式会社Intheory代表取締役・村木智裕(むらき・ともひろ)さん、右下:メディアブランズ・伊東裕揮(いとう・ひろき)さん

村木:Googleのアンケートサービス「Google Consumer Surveys」を使ったアンケートで、いつから海外旅行に行っても良いと思うかという質問がありました。それに対する日本人の回答では早い人でも1年後でしたが、海外では早ければ半年後と答えた人も多くいたのです。

では、旅行ムードが回復したときに旅行者はどこに行くのか。オリンピック開催は1年延びましたが、依然デスティネーションとしての人気は高く、今後もその傾向は変わらないでしょう。しかし、過密都市には行きたくないと思う人も出てくると思います。つまり、日本国内の観光としては東京や大阪、京都といった大都市を避ける動きも出てくる。このため、日本の地方にデスティネーションとして関心が高まるだろうと考えられます。

そこで現在では、いまを乗り切るための施策に加えて、回復するであろう半年〜1年後の需要を見越し、受け入れ体制を整えておくための動きも進めています。

子安:4月ごろメールでご連絡したときはなかなかお忙しいとおっしゃっていましたが、そういうことだったんですね。いまを乗り切る施策を行いながら、長期視点も持って動き続けていけるかが重要だ、と。オリンピックに向けて多くの地方自治体さんが体制を整えてきたところだったので、それを止めずにやり続けることが将来の実りにつながると思います。

村木:まさにその通りです。そもそも地方がインバウンドに取り組み始めてまだまだ2,3年のレベル。そんな中では、都市や有名観光地ではない地域の場合、成果が出ることは少ないんですね。

もともと数年後の成果を期待していてマーケティング活動を進めていたので、いま需要がストップしているとしても変わらず活動は続けていくべきです。もちろん現状のリソースとの兼ね合いもあり、配分の問題でやるべきかどうかの議論は必要ですが、基本方針はインバウンド施策を続けることだと思いますね。

香川県でインバウンド訪問客が4倍に増えた事例

子安:先ほど、地方がインバウンドに取り組み始めてまだ数年しか経っていないところが大半だというお話しがありましたが、そんな中でも成果が出ている事例はあるのでしょうか?

村木:まず前提として、インバウンドマーケティングによって観光来訪者数が増えるまでには一定の時間がかかります。海外ではDMOの専門組織で認知・集客を成功させた地域がありますが、いずれもプロジェクトは10年単位。10年やってきてようやく世界の成功事例として認められる、という具合です。そして国内ではそのような地域は少ないです。東京や京都には多くの観光客が訪れていますが、それはもともと認知されていたからとも言えます。

そんな中で、私が7年間と比較的長く関わってきたのが「せとうちDMO」です。そして近年、香川県で目に見えて訪問客の数字が上がってきています。

せとうちDMOでは2019年の「瀬戸内国際芸術祭」を集客フックにすべきだとして、欧米4カ国をターゲットにパブリックリレーションを軸に動画広告などのデジタルプロモーションを組み合わせたマーケティングを行いました。実施以前の2013年と2016年の国際芸術祭では、この4カ国からの宿泊者数はいずれも1万人程度を推移していたんですね。しかし2019年には宿泊者数が4万人を超え、約4倍に増えました

マーケティング上のKPIとしていた海外メディアへの掲載回数や、オンラインの出稿数は増えていたので、露出を増やして認知を獲得した結果が出たと捉えています。

瀬戸内国際芸術祭の英語版ランディングページ。デジタルプロモーションを行い、誘導先ページでより詳細な情報を届ける設計

村木:ただ、現場の行政サイドからは、本当にメディア掲載の効果で来訪者が来たのかと問われることも多いです。確かに、広告を見た人のうちどれくらいが来訪したか、は正確に計測できていません。マーケティングファネルの考え方がまだまだ理解されていない現実を感じる事例でもありました。

そこで、実際の来訪につながったかどうかを測るために八戸圏域のDMO「VISITはちのへ」で取り組んでみた事例があります。これは、八戸の観光地やレストランなどに「広告を見て来た人はシールを貼ってください」とボードを設置する試みでした。訪問の検証としてシールというアナログなツールを使ったのです。

結果、観光客の方はボードにちゃんとシールを貼ってくれたんですね。そしてデジタル広告が実際の来訪につながったと把握でき、行政サイドのデジタル広告に対する心理的ハードルが下がりました。

「VISITはちのへ」ホームページ。「イサバのカッチャ(魚売りのお母さん)と朝食を」をキャッチコピーにした広告を打ち、それを見た来訪者をシールで可視化したという

子安:ユニークで面白い取り組みですね…!広告を見た人がゴールまでたどり着いたかを知るためには、デジタルで完結する必要はない。目的を重要視した柔軟な発想のたまものだと感じます。

では、ここで伊東さんにお聞きしたいのですが、伊東さんはメディアブランズにて、民間企業も行政も含めて数々のマーケティング戦略策定を担ってこられたと思います。そこで、行政主体の地域マーケティングと企業におけるマーケティングの違い、または共通点についてどのように捉えていますか?

伊東裕揮さん(以下、伊東):プロモーションの効果を測定する、そのための有効な方法を確立する、というのは、行政であろうと民間企業であろうと、マーケティングではある意味永遠のテーマですね。何らかの因果関係を探し成功例の再現性を高めるために、各企業が継続的に取り組んでいるのが実情かと思います。デジタルマーケティングは、従来型のマーケティング手法に比べれば様々な結果をデータとして残せるとは言うものの、よほどオンラインだけで完結するビジネスでもない限り、はっきりと因果関係が見える瞬間は意外と少ないのが実情でしょう。

また、短期的投資と長期的投資の両方の視点が必要、という話に関しても同様で、企業はもちろん四半期決算開示というなかでで株主にビジネスの成果を見せなくてはならない一方で、どんなビジネスでも必ず中長期的な目線を持っているはずです。企業でも行政でも、短期と長期の視点の両方を持たなければならないことは共通点として言えると思います。

村木:私はもともと行政の出身なのですが、現場を見てきた限り「投資して回収」というビジネスの考え方はなかなか浸透が難しいのが現状です。行政は単年度の予算主義が中心で、1年で事業を実施して成果を出さなければいけないと思い込んでいる面もあります。

例えば道路を作るといった公共事業では極めて長期の計画で実施しています。その建設費用は借金でまかない、その後30年かけて償還していく。つまり道路の建設という投資の回収はその後30年かけて行っていくということです。慣れてない分野では短期的視野になってしまいますが、マーケティングの世界も一緒だと考えても良いと思います。

子安:やはり繰り返し、短期と長期の2つの視点の話に戻ってきますね。そしてこのテーマに関しては、企業でも行政でも共に重要だという指摘がありました。そう考えると、ビジネスにおけるマーケティングの成功例をうまく行政でも取り込んでいくとよいのかもしれません。

伊東:そうですね。逆に言えば、両者とも落とし穴についても同様のことが言えるかもしれません。例えば、プロモーションの効果検証において、目先の数字に惑わされて正しい因果関係を導き出せない、あるいは企業でも意外と単年度のビジネス成果を上げることに躍起になりすぎて、長期的視野を持てていないところも少なくない気がします。

漫然とデータを見るだけで戦略は作れない

子安:マーケティングにおいては近年、データ活用が中心的なトピックとなっています。そこで、村木さんがインバウンド観光の地域マーケティングにおいて重視されているデータ活用とはどのようなものでしょうか。

村木:この問いについては答える機会が多く、考えてきたことがあります。まず自治体の方が「デジタルマーケティング」と聞くと、「インターネットで調査すること」と考えてしまう場合が多いです。これはデジタル=インターネットで、マーケティング=マーケティング・リサーチのこと、と考えがちだからですね。

また、多くの場合、行政が考える「データ」は統計データのことです。つまりターゲットとする市場のデータや、訪問した観光客の行動データなどです。そして「データ活用」となった場合、これらの統計データを持ち出してターゲットの価値観や行動を議論し、そこから「戦略」を作ろうと考えています。

ただ、ここには飛躍があります。戦略はマーケティングのセオリーやフレームワークで考えるものであって、データをばくっと見てから考えるものではないんですね。そこの前提が噛み合わない場合が多いと感じています。

もちろん統計データを使う局面もありますが、もっとも重要なデータは、戦略を立てて実行した結果を検証するデータです。これを精緻に取って成果を測り、より精度の高い仮説を立てるための改善に使う。するとより効果的にPDCAを回せるようになり、成果が出やすいと思います。

村木さんは観光の地域マーケティングのフレームワークとして「Dream(認知して行きたいと思う)」→「Consider(旅行を検討する)」→「Activate(予約する)」→「Travel(旅する)」→「Share(SNSなどでシェア)」という「DCATS」モデルを提唱している

伊東:村木さんのおっしゃる通りだと私も思います。私自身、常々、自社のチームに対して言っているのは、「仮説を立てずにデータを見るな」ということです。村木さんのおっしゃる「戦略」と、私の「仮説」はほぼイコールのことを指していると思います。

デジタル技術を使えばたくさんのデータが取れます。その反面、データを取れすぎるがゆえに大量のデータに惑わされてしまうということもある。そうならないためには、先に仮説を立てておくことがもっとも大事です。そしてデータを検証し、ビジネスで言えば売上を伸ばすために、また今回の地域マーケティングでは観光客に来訪してもらうために、より良い仮説を立てて、それをブラッシュアップしていくことが大切だと思いますね。

子安:村木さん、伊東さんとご一緒するプロジェクトでは、常に立てた戦略・仮説を基にデータを見る意識が徹底されているな、と感じます。以前ご一緒した地方自治体のプロジェクトでも、まず始めに「こんな訴求をしたら旅行者はこの街に旅行してみたいと思えるんじゃないか」という仮説がありました。

そしてそれを基に、ヴァリューズによる消費者の意識や行動を知るためのマーケティングリサーチでカスタマージャーニー理解を深め、戦略・仮説をより確かなものにしていく。このようにデータと仮説の両方を行き来してPDCAを回し、施策の精度を高めていくことが、観光マーケティングだけでなくマーケティング全般にも共通する本質的な手法だと思います。

村木:まさにその通りです。方向性が見えない中では、まず立てた仮説を信じて進む必要がありますが、とはいえ根拠がなければなかなか現場全体を巻き込んでいくことはできません。仮説を実行→データで検証→次の仮説を実行、というフレームワークを設定することで、データで根拠づけを行いながら現場を巻き込んでプロジェクトが進められると思いますね。

コロナは「必ず出口のあるトンネル」

子安:では最後に、お二人から地方の観光マーケティングに携わる方々に向けたメッセージをお願いできればと思います。

村木:コロナ禍がいつ収束するのか先が見えない中ですが、希望を忘れると前向きに考えられなくなります。現場の方々とお会いすると、いまできることが見えず固まってしまい、雰囲気が暗くなっているところもありました。

しかし逆に、こういうときこそチャンスだと思えるかどうかが大事だと思います。そして、可能性を探ることをやめないこと。方法を諦めずに探していくことが道を作るはずです。

伊東:コロナの問題でひとつはっきり言えるのは、時期は見えないが必ず終わりがあるということです。これは原因がはっきりしている不況。だからいつか絶対終わる、出口のあるトンネルなんです。これが重要なことですね。

もうひとつ、私が地域マーケティングに関わらせていただいて実感しているのは、独自の魅力はどんな地域にも必ずあるということです。それをしっかり探して見つけ、事業をやりきれば必ずチャンスはある。だから今後も諦めず、長期的視点で手を打っていくことが重要だと思います。

子安:力強いお言葉です。今後も引き続き、お二方と共に地域マーケティングのプロジェクトを通じて地方創生を共に盛り上げていければと思います。本日はとても濃密なお話をありがとうございました!


取材協力:株式会社intheory,メディアブランズ

ビッグデータ×マーケティングで事業の成長を支援|株式会社ヴァリューズ

https://www.valuesccg.com/

国内30万人規模の消費者行動から 確実に成果につながるデータ マーケティングを導き出すSaaS、eMark+(イーマークプラス)を提供する企業 VALUES。無料から有料アップグレードで ネット広告の市場+効果、キーワード調査、集客施策などの分析も可能。今すぐOODAを実現させましょう。

関連記事

定額給付金、Go To トラベルキャンペーンの消費者動向は?「2020夏の旅行のお金の使い方」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/966

観光の需要喚起を目的とした政府主導の「Go To トラベルキャンペーン」がスタートしました。独自に調査したアンケートと、Web行動ログデータから、今夏の旅行におけるお金について、定額給付金やGo To トラベルキャンペーン(GTT)に関する世間の認知度や消費者動向の違いなどをレポートにまとめました。(ページ数|24p)

「withコロナにおける2020年夏の旅行のトレンド変化」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/968

マナミナを運営する株式会社ヴァリューズでは、毎年、夏の旅行に関するアンケート調査を行っていますが、今年は新型コロナウイルスの影響が色濃く、国内旅行・海外旅行の予定や費用、旅行先選びの重視点などで例年とは異なる結果が見られました。旅行に対して比較的前向き、もしくは自粛傾向にある人たちはどのような層なのでしょうか。調査レポートにまとめました。(ページ数|22p)

2020夏の旅行への意欲を全国調査 ~ 旅行実施時期は8月予定の割合が昨年より増加。コロナ禍で“家族・友人と温泉旅館でゆっくり”がトレンドに

https://manamina.valuesccg.com/articles/954

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女18,427人を対象に、今夏の旅行予定に関する消費者アンケート調査を実施しました。また一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して消費者の旅行動向を分析しました。

この記事のライター

マナミナ編集部でデスクを担当しています。新卒でメディア系企業に入社後、デジタルマーケティングのテーマを中心とするフリーランスの編集ライターに。

関連する投稿


「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

月間2000万人以上の読者を集める国内最大規模の生活総合情報サイト「All About」を中心とし、多様なメディアを運営する株式会社オールアバウト。同社ではWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を活用し、市場ニーズの分析や新規事業の戦略策定につなげていると言います。メディアビジネス部のジェネラルマネジャー・徳永さんに、All Aboutの戦略設計やデータ活用をお聞きしました。


「コロナ」検索が「Amazon」「楽天」を抜く!?掛け合わせキーワードや流入先を調査

「コロナ」検索が「Amazon」「楽天」を抜く!?掛け合わせキーワードや流入先を調査

新型コロナウイルスの感染拡大からおよそ半年が経ち、自粛から自衛へと徐々に元の生活を取り戻してきました。とはいえ、直近のデータでは「コロナ」検索ユーザー数が「amazon」「楽天」を抜くなど、まさに今一番の関心事。 今回はユーザーの「コロナ」への興味関心の変化について、インターネット検索による行動パターン分析によって明らかにしていきます。 ※分析にはヴァリューズの新サービスであるDashboard型マーケティングツール『Dockpit』を使用しました。


【ショートセミナー動画】コロナ禍の旅行業界におきている変化とは?(視聴時間20分)

【ショートセミナー動画】コロナ禍の旅行業界におきている変化とは?(視聴時間20分)

マーケティングの最新情報を学びたいが、イベントに出かけたり、セミナーを聴く暇もない…そんな忙しいあなたに、いま知っておくべき情報を20分に要約した、ショートセミナー動画をご用意しました。業界調査、トレンド、消費者調査など、Web行動ログ分析によるマーケティング調査を提供するヴァリューズのコンサルタントが、簡潔に解説します。動画はYouTubeでの限定公開となりますので、あなたのご都合のいい時間に、お好きな場所で是非ご覧ください。 <br><b>今回のテーマは「コロナ禍の旅行業界におきている変化とは?~インターネット行動ログデータによるコロナ後における旅行業界の3つの変化」です。</b>


コロナで女性の美容意識にはどのような変化が起きている?『外出自粛期間前後における女性の美容意識の変化調査』レポート

コロナで女性の美容意識にはどのような変化が起きている?『外出自粛期間前後における女性の美容意識の変化調査』レポート

新型コロナウイルスの感染拡大で女性の美容意識にはどのような変化が起きているのでしょうか?アンケート調査とWeb行動ログ分析結果をもとに『外出自粛期間前後における女性の美容意識の変化調査』レポートをまとめました。(ページ数|19p)


AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

画像やテキストなどの非構造データのデータ解析やデータビジネスプロジェクト構築などを行っているFVIの荻原さんに、AIをマーケティングに活かす事例についてお伺いしました。DXを行うにはAIの活用ができているかが大きなポイントになってきているそう。「データの『タグ付け』で営業やマーケティングが大きく変化する」とはどういうことでしょうか。本稿ではそのインタビュー内容をお伝えします。


最新の投稿


【11/6(金)】ヴァリューズ×ACD×CCI共催オンラインセミナー 「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」

【11/6(金)】ヴァリューズ×ACD×CCI共催オンラインセミナー 「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」

「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」をテーマに、弊社、株式会社ACD、株式会社サイバー・コミュニケーションズ3社共催オンラインセミナーを無料開催します。


「Go To Eat」開始で消費者はどう動いた?検索ワードとグルメサイトから実態を調査!

「Go To Eat」開始で消費者はどう動いた?検索ワードとグルメサイトから実態を調査!

コロナショックからの飲食業界の景気回復を狙った「Go To Eatキャンペーン」が、10月からスタートしました。おトクに外食ができる機会として注目を集めていますが、キャンペーンは食事券とポイント付与の2つで構成され、地域ごとに開始時期やルールが異なるため、正しく利用するには情報収集が必要です。それらを複雑・面倒に感じるという声もあり、消費者によって温度差がある印象を受けます。本稿では、そんな今話題の「Go To Eatキャンペーン」に着目。ヴァリューズが提供する市場分析ツール「Dockpit」を使い、消費者の関心を探るとともに、ポイント付与対象のグルメ予約サイトの動向を分析します。


コードはもう書かない!?「ノーコード」のサービスやメリット・デメリットとは…検索者属性から関心層の実態も調査

コードはもう書かない!?「ノーコード」のサービスやメリット・デメリットとは…検索者属性から関心層の実態も調査

エンジニアではない人にとって、これまでプログラミングによるプロダクト開発は縁遠いものでした。しかし、いまや非エンジニアも簡単にプロダクトを開発できる時代になっています。それを可能にしたのが「ノーコード」。今回はそんなノーコードについてデータ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」のキーワード分析機能を使い、関心を持つユーザーを深堀りしていきます。


月々定額で新車に乗れる車のサブスクとは?メーカー各社も参入!

月々定額で新車に乗れる車のサブスクとは?メーカー各社も参入!

月々定額でサービスを利用する「サブスクリプション」の流れは車にも及んでいます。新車の購入に比べ、初期費用が抑えられる、車の乗り換えが簡単で、車の維持にまつわる諸手続きが軽減されるなどの特徴があります。最近では、トヨタ・ホンダなどメーカー各社も車のサブスクに参入しています。


拡大するシニア市場のマーケティングに必要な消費者理解とは |シニア、フレイル・プレフレイル市場に関するセミナーレポート

拡大するシニア市場のマーケティングに必要な消費者理解とは |シニア、フレイル・プレフレイル市場に関するセミナーレポート

増加する日本の65歳以上の人口は既に約3600万人と、「シニアマーケット」はその存在感を大きく増しています。しかし、そのうち特に生活の実態が見えづらいと言われる「フレイル・プレフレイル市場」。この「フレイル・プレフレイル」を中心にシニア市場を考察するセミナーが、10月2日に開催されました。ヴァリューズとシニア市場のマーケティングプラットフォームサービスを提供するリクシスが、共同して行ったアンケートを中心とした定量的な分析と、Web行動ログを活用した分析の両面から調査を行った結果を解説。そのセミナーの様子をレポートします。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング