月々定額で新車に乗れる車のサブスクとは?メーカー各社も参入!

月々定額で新車に乗れる車のサブスクとは?メーカー各社も参入!

月々定額でサービスを利用する「サブスクリプション」の流れは車にも及んでいます。新車の購入に比べ、初期費用が抑えられる、車の乗り換えが簡単で、車の維持にまつわる諸手続きが軽減されるなどの特徴があります。最近では、トヨタ・ホンダなどメーカー各社も車のサブスクに参入しています。


車のサブスクリプションとは?

車のサブスクリプションとは、月々定額で新車に乗れるサービスのことです。

用語としての「サブスクリプション」とは、英語で「定期購読」を意味し、商品に購入代金を払って「所有する」のではなく、定額料金を支払うと一定期間「利用できる」ビジネスモデルのことを指します。所有にこだわらない消費者意識の変化は「モノの所有から利用へ」とも言われます。

サブスクリプションは、音楽や動画の配信サービスなどネットサービスを中心に一般的になってきていますが、高級消費財の車にも、その流れは及んでいます。矢野経済研究所の調査によれば、個人向けオートリース車両保有台数は、2018年3月時点で前年度比2割増の25万台に達し、その結果2022年度には93万台規模に成長すると予測しています。

このような流れを受けて、トヨタなどのメーカー系も、月々定額で新車に乗れる車のサブスクリプションサービスに参入しています。法人利用のイメージが強いカーリースに対して、個人利用が主体のサブスクリプションという棲み分けがされているようです。

サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

https://manamina.valuesccg.com/articles/732

最近、よく耳にするようになった「サブスクリプション」方式。定期購読に代表される定額で一定期間利用できるサービスです。この記事ではサブスクリプションの定義や、具体的なサービスの事例を紹介していきます。

車のサブスクリプションの特徴

特徴1:初期費用を抑えられる

ローンを組むと頭金の用意が必要な新車購入とくらべ、月々定額の車のサブスクリプションは、車に乗るための初期費用を抑えられます。

この特徴は、若者や話題の新車にすぐ乗りたい方など、手元に頭金がない方にメリットがあります。「若者の車離れ」と言われるなか、自動車メーカーが参入する理由の一つです。

特徴2:車の乗り換えが簡単

一般に車の所有期間は7〜8年程度ですが、車のサブスクリプションでは3年・5年・7年などそれより短い契約期間が設定されています。数年ごとに新しい車に乗り換えたい方や、カップル時代、結婚して夫婦のみ、子どもが生まれてファミリーカーなど、ライフステージの変化に柔軟に対応できるメリットがあります。

また、車を買い換えるには、前の車を処分する必要がありますが、この点でも車のサブスクリプションなら契約期間終了後に返却するだけなので、手間を省けます。

特徴3:定額料金に諸費用コミコミで諸手続きが楽

新車を購入し、維持していくには色々な費用がかかります。車の登録時の諸費用や車検代、自動車税などが代表的ですが、車のサブスクリプションでは一通りの費用がコミコミのため、自分でそれぞれの手続きをする必要がありません。

個人利用の場合は毎月定額なので突発的な出費が減る、法人なら従来個別に経費処理していたものが一本化されるなどのメリットがあります。

カーシェア/レンタカー/カーリースとの比較

車を借りる選択肢には、車のサブスクリプションのほかに、カーシェア/レンタカー/カーリースなどの選択肢があります。ここでは、それぞれの特徴と違いについて説明します。

15分単位など、短時間の利用に向く「カーシェア」

カーシェアはサービス提供者の車を一時的に借りて利用できるサービスで、利用時間は15分から数時間程度の短時間が想定されています。カーシェアは車の利用頻度が低く、かさばる買い物や近距離のドライブなどに使われています。

1日から数日利用に向く「レンタカー」

旅行など数日間集中的に車を使いたい、あるいは引っ越しで大きな荷物を運ぶ必要があるなどのときに便利なのがレンタカーです。

カーシェアやレンタカーでは、借りている車であることを示す「わ」ナンバーになる点に注意が必要です。「モノの所有から利用へ」という流れがあるとは言え、デート相手や取引先に「わ」ナンバーを見られたくない、という意識はまだあるのではないでしょうか。

月・年単位の利用に向く「カーリース」

カーリースもサービス提供者の車を借りる点ではカーシェアと同じですが、月・年単位などある程度長期間の利用が想定されています。法人の営業車や単身赴任先の足として利用されていますが、最近では個人向けカーリースも伸びを見せています。

カーシェアとの違いとしては、カーシェアでは借りたカーポートへ都度返却する必要がありますが、カーリースでは自宅や自社の駐車場などに置けるため、好きなときに所有車のように使えます。また「わ」ナンバーではないので、ナンバーからは借りた車であることがわからない点もポイントです。

車のサブスク事例:トヨタの「KINTO」

「KINTO」は、トヨタが2019年に開始した車のサブスクリプションサービスです。トヨタ車やレクサス車など20車種以上をラインアップしているのに加え、RAV4など新型車の取り扱いも早い特徴があります。

また、カーリースとの違いとしては、カーリースでは別途契約が必要な任意保険が月々の定額料金に含まれていたり、カーリースでは基本的に認められていない中途解約に対して、あらかじめ中途解約金を明示している、ネットで申し込みから契約まで完結する、などカーリースの不便さを解消しています。

【KINTO】クルマのサブスク、トヨタから

https://kinto-jp.com/

KINTO ONEはトヨタとレクサスの新車をコミコミ定額で楽しめるサブスクリプションサービスです。頭金なし、任意保険料、メンテナンス料込み。 トヨタ、レクサスの正規販売店でメンテナンスが受けられ、新車の安全装備を快適にご利用いただけるサービスです。

車のサブスク事例:ホンダの「Honda Monthly Owner」

「Honda Monthly Owner」は、ホンダが2020年に開始した車のサブスクリプションサービスです。トヨタが年単位の契約となっているのに対し、ホンダでは1ヶ月以上〜最長11ヶ月と、より短期間の利用が想定されています。

また、最大の特徴はホンダは中古車であることで、新車を取り扱うサブスクリプションサービスが多いなかレアです。中古車で月単位と利用額が小さいため、クレジットカード払いで審査も不要と、利用開始の手続きも簡略化されています。

2020年10月現在、埼玉県と愛知県の2店舗のみのため利用できるエリアは限定的ですが、2020年中に全国の主要都市を中心に展開エリアの拡大を進めるとしています。

Honda マンスリーオーナー|Honda公式サイト

https://www.honda.co.jp/monthlyowner/

最短1ヵ月29,800円からクルマを所有できる定額制サービス、Honda マンスリーオーナー。スマートフォンやパソコンから登録、予約をして必要な書類を送ったら後は店舗に取りに行くだけ!利用したい分だけ所有できる、気軽なサブスクリプションサービスです。

車のサブスク事例:「おトクにマイカー 定額カルモくん」

「おトクにマイカー 定額カルモくん」はTV CMも行っている車のサブスクリプションの大手サービス。トヨタやホンダと異なり、幅広いメーカーの車種から選べるメリットがあります。

また、マーケターにとって注目すべきなポイントは、SEOに強いナイル社が運営していることで、「カーリース」などのビッグワードで検索結果1位を取って流入につなげています。

マイカーリースならおトクにマイカー 定額カルモくん 新車が格安 月々定額1万円から

https://carmo-kun.jp/

【CM放映中!】定額カルモくんのカーリースは、新車に格安で乗れる、NHKなどでも話題の個人向け自動車リースサービスです。全国産メーカー全車種をラインナップ!税金・手数料コミの月額定額料金でおトクに新車にお乗りいただけます。

車のサブスクリプションについてのまとめ

「モノの所有から利用へ」と消費者の意識が変化するなか、ローンを組んで購入するものだった高級消費財の車でも、複数のサブスクリプションサービスが始まっています。

月々定額で新車に乗れる車のサブスクリプションサービスには、初期費用を抑えて乗りたい車にすぐ乗れる、数年単位で車の乗り換えが簡単、諸費用コミコミで手続きが楽などのメリットがあります。

あわせてチェック↓

「家電は買うだけじゃない」…人気急上昇中のカメラと最新家電のレンタルサービス『Rentio』を調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/790

カメラ・家電を中心に常時1500種類以上のレンタル商品を展開する「Rentio」(以下、レンティオ)。高額な家電をどんな敏腕家電販売員にすすめられても、やはり使ってみないとわからない。そんな家電購入選びの迷いを打ち消すかのようなレンティオの「レンタル」サービス。ひとくちに家電と言っても、カメラから育児用品までと幅広く、レンタル期間も短期から長期、買い取りまでと様々。はたして急増している利用者はどんな人物像なのか、レンティオのサービスも含めて調査しました。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


Toyota, Nissan, Honda: Analysis of Top Automotive Companies' Strategies seen from each websites

Toyota, Nissan, Honda: Analysis of Top Automotive Companies' Strategies seen from each websites

The automotive industry suffers from semiconductor shortage due to the pandemic and war in Ukraine. However, the industry is experiencing a major shift to EVs, globally. Japan, a major auto manufacturing market, is seeing changes in the industry’s digital. We explore websites of three major auto manufacturers.


トヨタ・日産・ホンダ。自動車業界のトップ企業サイトに見る動向分析

トヨタ・日産・ホンダ。自動車業界のトップ企業サイトに見る動向分析

新型コロナウイルス感染症やウクライナ侵攻を端緒とした半導体不足で、苦戦を強いられる自動車業界。一方で、世界で加速するEVシフトが象徴するように、業界は今大きな転換期を迎えています。自動車生産大国・日本でも、自動車産業のデジタルマーケティングに変化の兆しが見えているかもしれません。今回は、自動車メーカー3社の企業サイトから、各社動向を探りました。


高まるSNSの影響力。「中国における日本車のソーシャルリスニング分析~トヨタCROWN・日産ARIYA比較~」レポート

高まるSNSの影響力。「中国における日本車のソーシャルリスニング分析~トヨタCROWN・日産ARIYA比較~」レポート

中国では、商品の検討や購入といった購買行動において、SNSの影響が大きくなっているとされています。これを受けて、近年では中国企業の他、日本企業も中国SNSで公式アカウントを開設する事が一般的になってきています。本レポートでは日本の大手自動車メーカー、トヨタと日産について、各社のSNS活用やユーザー動向を比較調査しました。(ページ数|9ページ)


気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

昨今、原油高の影響でガソリン価格が高騰しており、物流に影響を及ぼしているほか、家計も圧迫されるなどで省エネ意識が格段に高まっているのではないでしょうか。そこで今回は、自動車選びの中でも消費者が気になるポイントのひとつである「燃費」について、関心を持っているユーザーをクラスタ分析し、その人物像を調査しました。分析ツールはヴァリューズが提供する消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いています。


リキッド消費の台頭 ~ 所有から利用へ

リキッド消費の台頭 ~ 所有から利用へ

デジタル社会の発展と共に、シェアやレンタルなど商品・サービスの購入による永続的な所有をしない新しい消費スタイル「リキッド消費」が広まり、注目されています。その背景と、所有から利用へのトレンドの要因を、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏に解説いただきました。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら