12月の急上昇サイトは?LINEヘルスケアの「感染対策を見据えた受診方法」コンテンツにユーザー集まる

12月の急上昇サイトは?LINEヘルスケアの「感染対策を見据えた受診方法」コンテンツにユーザー集まる

2020年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はDockpitを使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


2020年12月の急上昇サイトは?

こんにちは、マナミナ編集部です。まず早速、2020年12月の急上昇サイトランキングを見てみましょう。

12月の前月比上昇サイトランキング(対象はPC&スマートフォン、「Dockpit」トレンド分析より)

こちらは、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」のトレンド分析機能を用いて、Webサイト訪問ユーザー数の前月比Top30をランキング表示したもの。この中から注目のサイトを紹介することで、市場のトレンドを紐解いていきます。

2位LINEヘルスケアは新型コロナの影響か

1位:ヘパリーゼ

1位はゼリア新薬の栄養補助食品「ヘパリーゼ」の公式サイトでした。ヘパリーゼの先月の訪問ユーザー数は約35万人でした。健康サポート飲料であるヘパリーゼには、体の疲れや二日酔いへの効果があるとされています。年末の仕事疲れに重宝されたのではないでしょうか。

急上昇の原因はどのようなものなのか、Dockpitで集客推移を分析して探ってみましょう。

2020年11月〜12月の「ヘパリーゼ」の集客構造推移(「Dockpit」競合分析より)

11月には自然検索による流入が大半だったところが、12月にはディスプレイ広告と外部サイトからの集客が急増していました。Web広告によってユーザー数が飛躍的に伸び、集客の拡大に成功したと言えるでしょう。

2位:LINEヘルスケア

2位にランクインしたのは、LINEとエムスリーの合弁会社「LINEヘルスケア」の公式ホームページです。 エムスリーは医療ITにおいて高いプレゼンス力を誇っており、時価総額は一時1.5兆円を超えも。2位にランクインしたLINEヘルスケアでは、そんなエムスリーと共同してオンライン診断サービスを提供しています。

では急上昇の原因をコンテンツランキングから探っていきましょう。

「LINEヘルスケア」のコンテンツランキング(「Dockpit」競合分析より)

1位のページが圧倒的にアクセスを集めていることがわかります。こちらはコロナ禍において発熱した時の対処法について紹介したページでした。

12月は東京を中心に新型コロナウイルスの感染拡大が続き、GoToトラベルの全国一時停止が発表されました。また、12月はインフルエンザが流行する季節でもあります。こうした背景から、インフルエンザと新型コロナウイルスの症状の違いや医療機関の受診方法についてユーザーからの関心度が高く、サイト訪問者数が増加したと考えられます。

3位:Cheesecake HOLIC

3位にランクインしたのは、「Cheesecake HOLIC」の公式サイトでした。Cheesecake HOLICは、オープン半年で食べログ4.5点を超えの超予約困難店「長谷川稔」のシェフである長谷川稔氏が立ち上げたチーズケーキ専門店。お歳暮やお年賀などのギフトにもぴったりです。お歳暮準備の時期に広告で集客を行った結果、訪問ユーザー数を急増させたのではないでしょうか。

では、12月の急上昇の原因を集客構造から探っていきましょう。

2020年11月〜12月の「Cheesecake HOLIC」の集客構造推移(「Dockpit」競合分析より)

12月には紫色の「メール」から流入が増加しているとわかりました。その他のチャネルとしては、ノーリファラーを除くと外部サイトからの流入が目立ちます。外部サイトからの流入元内訳を見ると、ポイントサイトからの流入がメインとなっていました。

2020年12月の「Cheesecake HOLIC」の集客構造・外部サイトランキング (「Dockpit」画面より)

12月に同ブランドでは冬限定商品や福袋を販売しており、このような商材をポイントサイト広告やアフィリエイト広告で展開、集客を狙ったと考えられます。

注目の上位サイトをピックアップ

13位: EQWEL(イクウェル)チャイルドアカデミー

13位は幼児教室「EQWELチャイルドアカデミー」の公式ホームページでした。こちらは主に0歳~小学生までを対象とした幼児教育を専門に行う教室です。

集客構造の推移を確認すると、外部サイトやメールからの流入が11月と比較して非常に増加していました。

「EQWELチャイルドアカデミー」の集客構造の推移(「Dockpit」画面より)

さらに外部サイトの詳細をみると、ポイントサイトやポータブルサイトからの流入が目立ちました。

2020年12月の「EQWELチャイルドアカデミー」の集客構造・外部サイトランキング (「Dockpit」画面より)

ポータルサイトやポイントサイトを活用して自社サイトに誘導したと考えられます。その結果、外部サイトやメールからのアクセスが急増してサイト急上昇につながったため、集客効果は大きかったと言えるでしょう。

14位:ザ・グランドアルトバイエルン インスタントウィンキャンペーン

14位は伊藤ハムのウィンナー「ザ・グランドアルトバイエルン」のキャンペーン専用サイトでした。ザ・グランドアルトバイエルンを購入すると抽選で1000円分のギフトカードが当たるというものです。

集客構造の変化を確認すると、11月と比較してノーリファラーが急増していました。商品のQRコードからのアクセスだと考えられます。

「ザ・グランドアルトバイエルン」の集客構造の推移(「Dockpit」画面より)

22位:D-SCHOOLオンライン

22位は小中学生向けの英語とプログラミングスクール「D-SCHOOLオンライン」でした。マインクラフトやScratch、ロボットを使ってプログラミングを学べるのが特徴的です。

コンテンツランキングで人気のページを確認すると、トップページ以外に、人気ゲームマインクラフトを使ってプログラミング学習をしていくコースのページが注目を集めていました。

「D-SCHOOLオンライン」のコンテンツランキング(「Dockpit」画面より)

12月は小学校や中学校が終業式を迎える時期です。冬休みの間に子供にプログラミングを体験させたいと考える人が多いのかもしれません。

まとめ

最後に12月に急上昇したサイトと、その増加要因をまとめます。

上位には広告で集客に成功したサイトが目立ちました。1位の「ヘパリーゼ」は仕事疲れがたまる年末の時期にディスプレイ広告を実施。3位の「Cheesecake HOLIC」もお歳暮準備の時期に、人気商材を武器にポイントサイト広告やアフィリエイト広告によって集客を狙ったと考えられます。その結果、両サイトとも急上昇ランキングの上位に食い込んでくる結果となりました。

また、2位の「LINEヘルスケア」は新型コロナウイルスの影響でサイトが急上昇したと考えられます。インフルエンザと新型コロナウイルスの症状の違いや医療機関の受診方法についてユーザーからの関心度が高く、サイト訪問者数が増加したのではないでしょうか。

その他、10位〜30位では教育系サービスの公式サイトが複数ランクイン。終業式や春の新学期が見えてきたこの時期に、子どもの教育サービスを検討する人々が多かったのかもしれません。新型コロナの拡大に伴うリモートワーク化の影響も考えられるでしょう。

本記事のデータはWeb行動ログ調査ツールのDockpitを使用しています。詳細な機能を知りたい方はぜひ無料版を使ってみてください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


「デジタル・トレンド白書2022 - 消費財・耐久消費財編」を公開

「デジタル・トレンド白書2022 - 消費財・耐久消費財編」を公開

ヴァリューズでは、国内最大規模の消費者Web行動ログパネルを保有し、データマーケティング・メディア「マナミナ」にて消費トレンドの自主調査を発信してきました。今回は、その中から注目の12領域の調査・コラムをピックアップし、白書として収録。「デジタル・トレンド白書2022」はwithコロナ・ライフスタイル編、消費財・耐久消費財編の2部構成になっています。※レポートは無料でダウンロード頂けます。(第2部:ページ数|118p)


Yakult 1000…Why is it making a buzz on the internet? Why many are posting about it on social media

Yakult 1000…Why is it making a buzz on the internet? Why many are posting about it on social media

We will analyze food trends targeting marketers who are sensitive to trends in the food industry. The focus is ‘Yakult 1000.’ We hear about ‘Yakult 1000’ everywhere these days, but why has it become so popular? Let’s find out the reason behind Yakult’s popularity by analyzing the search data.


たまごっちブームは「コラボ×マーケティング戦略」がカギ?人気再燃のワケを探る

たまごっちブームは「コラボ×マーケティング戦略」がカギ?人気再燃のワケを探る

1996年女子高生を中心に大ブームを起こした「たまごっち」。新語・流行語大賞、ノーベル賞のパロディ的な賞であるイグノーベル賞も受賞した、記憶に残る玩具のひとつです。そんなたまごっち、いま再ブームがきていることご存じでしたか? ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」で調査しました。


BASEFOOD・Huel・完全メシのサイトユーザー数を比較!「完全栄養食」の市場拡大に迫る

BASEFOOD・Huel・完全メシのサイトユーザー数を比較!「完全栄養食」の市場拡大に迫る

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「完全栄養食」。この言葉自体はまだなじみが薄いかと思いますが、「BASE BREAD」「完全メシ」などはコンビニで見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。今回はそんな「完全栄養食」3種類の検索ワードデータから、「完全栄養食」が秘めるポテンシャルを分析します。


The innovative business model that took SHEIN to the top of the fast fashion industry

The innovative business model that took SHEIN to the top of the fast fashion industry

COVID-19 impacted the fashion industry, contributing to temporary, yet prolonged, closures of shopping centers. Despite tough circumstances, SHEIN, an apparel brand established in China in 2021, continued to grow rapidly. We used VALUES' web behavior analytics tool, Dockpit, to understand SHEIN's strengths.


最新の投稿


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報をまとめてご紹介。検索順位に影響する指標とは?TikTokの今後は?コンテンツマーケター必見のレポートを、毎月お届けします。


競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を経てマーケティング戦略を立案するには、自社が市場のどのポジションを狙うかが大事。「ポジショニングマップ」は、市場のどの分野で自社の競争優位を確立するか整理するのに役立つツール。今回はポジショニングマップの基本から作り方までを解説します。


中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

洗濯アイテム、お風呂用品など、消費者がどんな日用品を好んでいるのかを把握するのは、中国でのビジネスを考える上で重要です。今回は、そんな中国消費者の「身の回り」に注目し、現在のトレンドを調査しました。(ページ数|25ページ)


実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

競合調査の必要性やツールを使った分析の話は聞いていても、そのメリットや実際のイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。膨大なWeb行動ログデータ等を元に各社のユーザー属性や集客構造を把握したり、自社との差分を洗い出して改善施策に活かした例など、具体的な事例をご紹介していきます


「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

米国の起業家でありテスラ最高経営責任者のイーロン・マスク氏の日本に対するツイートが話題になり、改めて浮き彫りになった日本の少子化問題。また、新型コロナウイルスの予防対策の1つであるマスク着用をめぐっては、世論でも様々な意見が見られます。2つの「マスク」をめぐって、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が考察します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら