スタジオジブリ作画のスマホゲーム「二ノ国」や資産運用アプリに注目集まる【2021年4月急上昇サイト】

スタジオジブリ作画のスマホゲーム「二ノ国」や資産運用アプリに注目集まる【2021年4月急上昇サイト】

2021年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はDockpitを使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


2021年4月の急上昇サイトは?

こんにちは、マナミナ編集部です。まず早速、2021年4月の急上昇サイトランキングを見てみましょう。

2021年4月の前月比上昇サイトランキング(対象はPC&スマートフォン、「Dockpit」トレンド分析より)

こちらは、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」のトレンド分析機能を用いて、Webサイト訪問ユーザー数の前月比Top30をランキング表示したもの。この中から注目のサイトを紹介することで、市場のトレンドを紐解いていきます。

ゲームアプリ「二ノ国」に注目集まる〜21年4月のトレンド

それでは、1位〜30位にランクインしたなかで、トレンドとして注目のサイトをいくつかご紹介します。

2位:Wealth Wing

1位は資産運用サービス「Wealth Wing」の公式サイトでした。Wealth Wingはフィンテック・ベンチャーの株式会社スマートプラスが提供するお任せ投資のサービスで、日本株を対象としており、運用することでANAマイルも貯まります。

急上昇の原因を集客構造から探っていきましょう。

2021年4月の「Wealth Wing」の集客構造(「Dockpit」競合分析より)

外部サイトからの流入が大半を占めていることがわかります。さらに外部サイトの詳細をみると、流入元1位は楽天銀行でした。また、ANAからの流入も多いことがわかります。

2021年4月の「Wealth Wing」の集客構造・外部サイトランキング (「Dockpit」画面より)

Wealth Wingは株式会社スマートプラスがANAグループと連携して開発したサービスであるため、資産運用しながらANAマイルの貯蓄が可能。ANAマイルのユーザーを取り込めるだけでなく、新たにANAマイルを利用したいと考える新規顧客も生まれるため、シナジー効果が見込めると言えるでしょう。

8位:二ノ国:Cross Worlds

プレスリリースより引用

(c) LEVEL-5 Inc. (c) Netmarble Corp. & Netmarble Neo Inc. All Rights Reserved.

8位はスマホRPG「二ノ国:Cross Worlds」の公式サイトでした。「二ノ国:Cross Worlds」は、企画・制作をレベルファイブ、アニメ作画をスタジオジブリ、音楽を久石譲氏が担当するなど、豪華制作陣が手がけたRPG「二ノ国」を基にした最新スマホRPGです。

ユーザー推移を確認すると、約1万人であったユーザー数が4月に約73万人に増加していることがわかります。

2020年5月~2021年4月の「二ノ国:Cross Worlds」のユーザー数推移

本作は6月10日にリリース予定で、4月中旬から事前登録を開始。世界的に有名なRPGのシリーズのスマホアプリとしてリリース前から高い注目を集めたと考えられます。

10位:JAPAN SWIM 2021

10位にランクインしたのは第97回 日本選手権水泳競技大会の公式サイト「JAPAN SWIM 2021」でした。どのようにユーザーが急増したのか集客構造から探っていきましょう。

2021年4月の「JAPAN SWIM 2021」の集客構造(「Dockpit」競合分析より)

自然検索による流入が大半を占めていました。さらに自然検索の検索ワードの詳細を見てみると、「日本選手権水泳競技大会」に関する検索が多いことがわかります。

2021年4月の「日本選手権水泳競技大会」の集客構造・自然検索キーワードランキング (「Dockpit」画面より)

4月3日から10日まで、今夏に行われる東京五輪日本代表の選考を兼ねた「第97回日本選手権水泳競技大会」が開催。萩野公介選手や池江璃花子選手など、東京五輪の出場権獲得を目指す主力選手が出場しており、注目度の高い大会でした。放送予定や実施期間を確認するためにサイトに流入する人が多かったのではないでしょうか。

新型コロナワクチンの情報サイトが上位に

16位:コロナワクチンナビ

16位は厚生労働省が運営する新型コロナワクチン接種の総合案内サイト「コロナワクチンナビ」でした。2月の医療従事者向けの新型コロナワクチン接種に続き、4月12日からは高齢者への接種が始まりました。

急上昇の原因を集客構造の推移から探っていきましょう。

2020年3月〜2021年4月の「コロナワクチンナビ」の集客構造推移(「Dockpit」競合分析より)

4月は外部サイトからの流入が増加したことがわかります。さらに外部サイトの詳細をみると、各自治体の公営サイトからの流入が目立ちました。

2021年4月の「コロナワクチンナビ」の集客構造・外部サイトランキング (「Dockpit」画面より)

サイト訪問者がどのようなページに流入したのかコンテンツランキングで確認すると、接種会場一覧のページが1位にランクイン。

「コロナワクチンナビ」のコンテンツランキング(「Dockpit」競合分析より)

多くの自治体が4月中に高齢者向けコロナワクチンの接種を開始したことで、接種会場についての情報を求める人が多かったのではないでしょうか。

27位:ベストキッズオーディション

27位は国内最大級のキッズオーディション「ベストキッズオーディション」の公式サイトでした。急上昇の原因をコンテンツランキングから探っていきましょう。

「ベストキッズオーディション」のコンテンツランキング(「Dockpit」競合分析より)

圧倒的にUU数を集めた1位のページは、「ベストキッズオーディション2022」のページでした。こちらは大手芸能プロダクション、フォトスタジオやアパレルブランド、全国の百貨店などとタイアップし展開する国内最大級のキッズオーディションで、2021年4月1日にエントリーを開始。子供にとって芸能界への登竜門となっているため、サイトに訪問した人が多かったのではないでしょうか。

29位:株式会社 宮本製作所

29位は「株式会社宮本製作所」の公式サイトでした。こちらは洗剤を使わないマグネシウムの洗たく洗浄剤「洗たくマグちゃん」を製造販売している会社です。「洗たくマグちゃん」は「ソーシャルプロダクツ・アワード2021」生活者審査員賞を受賞するなど、巷で話題になった商品でした。しかし、4月27日に消費者庁が「洗たくマグちゃん」に根拠がなく景品表示法違反に当たるとして、再発防止などを命じました。

実際、コンテンツランキングを見るとこの件が関係していることがわかります。

「株式会社宮本製作所」のコンテンツランキング(「Dockpit」競合分析より)

上位には「洗たくマグちゃん」の消費者庁措置命令に関するページが目立ちました。特にUU数1位のページは以下のように「『洗たくマグちゃん』の消費者庁の措置命令についてお詫びとお知らせ」でした。

「洗たくマグちゃん」は受賞歴もあり多くのメディアで効果があると謳われていた商品であったため、波紋も大きかったようです。

まとめ

最後に4月に急上昇したサイトと、その増加要因をまとめます。

4月は世間で話題となった事柄に関連するサイトが目立ちました。10位にランクインした「JAPAN SWIM 2021」は日本選手権水泳競技大会が4月3日から開催されたことで、訪問者数が急増。今夏に行われる東京五輪日本代表の選考を兼ねているため、注目度が高かったと考えられます。16位の「コロナワクチンナビ」は、多くの自治体が4月中に高齢者向けコロナワクチンの接種を開始したことで、詳細情報を調べにサイトに訪問する人が多かったのではないでしょうか。

また、29位の「株式会社宮本製作所」は4月27日に消費者庁から「洗たくマグちゃん」に対して措置命令が下りました。「洗たくマグちゃん」は多くのメディアで取り上げられて巷で話題の商品であったため、人々の関心を集めたようです。

本記事のデータはWeb行動ログ調査ツールのDockpitを使用しています。詳細な機能を知りたい方はぜひ無料版を使ってみてください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


増えるリノべ需要。withコロナで変化する住まいのニーズを調査

増えるリノべ需要。withコロナで変化する住まいのニーズを調査

withコロナでリモートワークやオンライン授業が普及する中、住まいのリノベーションに注目が集まっています。仕事や勉強スペースのために壁や間仕切りを設けたり、廊下をなくしてリビングを広げたりなど、引っ越すのではなく、今の住まいの見直しを検討する人が増えているようです。今回はリノベーションの需要の変化とそのニーズについて探ります。


Z世代に今何が刺さっているのか?検索行動から顕在ニーズを分析し、トレンドを探る

Z世代に今何が刺さっているのか?検索行動から顕在ニーズを分析し、トレンドを探る

昨今マーケティングの文脈で注目度が大きく上昇している「Z世代」。1990年代中盤以降に生まれた世代を指し、幼少期からデジタルに触れて育ってきたデジタルネイティブであるという特徴から、それ以前の世代とは全く異なる価値観を持っているとされています。InstagramやTiktokを代表としたSNSの利用時間や、SNSを通じた購買も多いため、SNSきっかけでトレンドが生まれ消費が動くことも少なくありません。今回はそんなZ世代のトレンドとして、今後大きくなりそうなものの可能性を検索キーワードから調査します。


コロナ禍におけるキャンプ関心層のWeb行動分析レポート

コロナ禍におけるキャンプ関心層のWeb行動分析レポート

本レポートでは、ダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit』の活用方法について、コロナ禍で関心の高まるキャンプを例にご紹介しています。Dockpitを用いて抽出したデータから何を読み取り、どのようにメディア戦略に活かせるのか、ぜひ参考にご覧ください。(ページ数|17p)


Research on the website users and customer attraction structure of the Top 30 home appliance manufacturers in Japan

Research on the website users and customer attraction structure of the Top 30 home appliance manufacturers in Japan

Dockpit, Values' research tool for marketers, provides industry analysis that allows you to understand the number of website users, user attributes and customer attraction structure for each industry. In this research, we focus on home appliance manufacturers in Japan. We hope this helps your marketing research.


岩手銀行がデータ分析を軸に行う顧客接点強化の取り組みとは?|地方銀行のDX事例

岩手銀行がデータ分析を軸に行う顧客接点強化の取り組みとは?|地方銀行のDX事例

岩手銀行は2021年2月、DXへの取り組みを強化するための専門部署「DX Lab」を設立しました。3カ年のロードマップを掲げ、顧客接点の強化やデータ分析で得た知見をもとに新規事業開発を計画しています。データの収集からデジタルプロモーションまで一貫して行うDX Labの取り組みについて、ゼネラルマネージャーの石川氏、アソシエイトの小島氏に取材しました。


最新の投稿


増えるリノべ需要。withコロナで変化する住まいのニーズを調査

増えるリノべ需要。withコロナで変化する住まいのニーズを調査

withコロナでリモートワークやオンライン授業が普及する中、住まいのリノベーションに注目が集まっています。仕事や勉強スペースのために壁や間仕切りを設けたり、廊下をなくしてリビングを広げたりなど、引っ越すのではなく、今の住まいの見直しを検討する人が増えているようです。今回はリノベーションの需要の変化とそのニーズについて探ります。


Z世代に今何が刺さっているのか?検索行動から顕在ニーズを分析し、トレンドを探る

Z世代に今何が刺さっているのか?検索行動から顕在ニーズを分析し、トレンドを探る

昨今マーケティングの文脈で注目度が大きく上昇している「Z世代」。1990年代中盤以降に生まれた世代を指し、幼少期からデジタルに触れて育ってきたデジタルネイティブであるという特徴から、それ以前の世代とは全く異なる価値観を持っているとされています。InstagramやTiktokを代表としたSNSの利用時間や、SNSを通じた購買も多いため、SNSきっかけでトレンドが生まれ消費が動くことも少なくありません。今回はそんなZ世代のトレンドとして、今後大きくなりそうなものの可能性を検索キーワードから調査します。


本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

マナミナにてマーケティング戦略についての記事を各種紹介しています。これらの記事は実践的な内容が多いため、もう少し初歩からマーケティング戦略について学びたいというケースもあるかと思います。そこで今回は、マーケティング戦略の基本から、かなり込み入った内容までを学べる書籍を15冊紹介します。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoB編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

2021年9月13日~9月19日の検索急上昇ワードでは、Appleのスペシャルオンラインイベント「California streaming.」で発表され、9月17日から販売予約の受付が始まった「iPhone13」に注目が集まり検索が急増。また同じくイベントの目玉となった新型の「iPad mini(第6世代)」も急上昇ワードにあがりました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング