Googleアナリティクスのクロスドメイン設定方法(UA、GA4)|Googleアナリティクス使い方ガイド

Googleアナリティクスのクロスドメイン設定方法(UA、GA4)|Googleアナリティクス使い方ガイド

今回は、Googleアナリティクスで複数ドメインにまたがるサイトの分析を行うことができるクロスドメインの設定方法について、ユニバーサルアナリティクスにおけるGoogleタグマネージャー(GTM)を使用した設定方法と、GA4における設定方法もご紹介します。


複数のWebサイトをサブドメインを使って運用している方、ショッピングカートASPなどの外部ASPを利用している方、Googleアナリティクスのクロスドメイントラッキングをご存じでしょうか?

Googleアナリティクスは基本的に1つのドメインに対して分析を行う仕様になっており、そのままでは複数ドメインにまたがるサイトの分析を正確に行うことができません。その問題を解消するのがクロスドメイントラッキングであり、そのためには「クロスドメイン設定」が必要になります。弊社へお問い合わせいただく中でも意外とこのクロスドメイン設定に関わる問題も多く、悩ましい設定の一つと言えそうです。

そこで今回は、クロスドメインの設定方法について、ユニバーサルアナリティクスにおけるGoogleタグマネージャー(GTM)を使用した設定方法を、わかりやすく解説します!また、GA4における設定方法もご紹介します。

クロスドメインとは?どんなサイトに必要?

クロスドメインとは

クロスドメインとは、Webサイトが複数のドメインにわたっている状態のことです。例えば、ECサイトでショッピングカートASPを使用している場合、サイトドメインとカートドメインが異なる場合があります。
<例>
サイトドメイン:ec_shop.jp
カートドメイン:cart.asp.jp

また、ドメインを分割し、サブドメインを活用している場合があります。
<弊社の例>
コーポレートサイト:valuesccg.com
オウンドメディア「マナミナ」:manamina.valuesccg.com

(サブドメインとは、例えば「〇〇.com」をメインドメインとした時、「△△.〇〇.com」のように文字列を任意で追加して作成したサブのドメインのことです。ひとつのドメインを用途別に区別したい時に用いられます。)

このように、1つのWebサイト内で複数のドメインに分かれている状態をクロスドメインといいます。

クロスドメイン設定が必要なのはどのようなWebサイト?

次のようなウェブサイトを運営している担当者の方は、クロスドメイン設定をおすすめします。

・ショッピングカートASPを導入しているECサイトで、サイトドメインとカートドメインが異なる
・コーポレートサイトとサービスサイトを運用しており、ユーザーがサイトを横断する場合(サービスサイトのお問い合わせ先がコーポレートサイト上にあるなど)
・メールフォームに、別サイトのドメインを利用している

クロスドメイン設定はなぜ必要?

ドメイン間のユーザーの動きを正確に分析するためには、クロスドメイントラッキングの設定が必要です。

ユニバーサルアナリティクス(以下、UAプロパティ)では、ドメインが異なるとGoogleアナリティクスのセッションが切れるため、参照元が正確に計測できません。また、Googleアナリティクス4プロパティ(以下、GA4プロパティ)は、1つのプロパティで複数ドメインのサイト分析に対応しているものの、標準設定のままでは複数ドメインに渡ったデータ分析が正確にできません。

例として、上記のようにECサイトのメインドメインが「ec_shop.jp」、入力フォーム以降のドメイン(カートドメイン)が「cart.asp.jp」で、カートドメインにコンバージョンが設定されている場合を想定します。

この時、クロスドメイン設定がされていなければ、ドメインをまたぐ際にセッションが切れるため、メインドメインの「ec_shop.jp」がカートドメイン「cart.asp.jp」の参照元として計測されてしまい、コンバージョンしたセッションの参照元がメインドメインとなってしまいます。これでは本来コンバージョンにつながっているはずの参照元を見誤り、正しく分析できないことから、改善点を見逃してしまうかもしれません。

そのため、複数ドメインに渡ってユーザーの行動を正確に分析したい場合は、クロスドメイントラッキングの設定が必要になります。

ユニバーサルアナリティクス(UA)のクロスドメイン設定方法

UAプロパティでは、Googleタグマネージャー(以下、GTM)を用いて設定する方法と、トラッキングコードを直接書き換える方法がありますが、今回はGTMを用いる方法をご紹介します。サブドメインの場合と、全く異なるドメインの場合で多少手順が異なるため、それぞれ区別してご紹介します。

GTMを用いたクロスドメイン設定

サブドメインの場合

1. Googleタグマネージャ(以下、GTM)の管理画面から、クロスドメイントラッキング用のタグを新規作成します。

※既に設定済みのタグをクロスドメイントラッキング用に編集する場合、設定変更前までに取得していたデータとそれ以降のデータの整合性がとれなくなります。場合によっては大きな悪影響を及ぼしかねないため、新規にタグを作成し、新たなプロパティで設定することをおすすめします。

2. タグの設定を進めていきます。

タグの種類は「Google アナリティクス: ユニバーサル アナリティクス」を選択します。
また、[トラッキングタイプ]は「ページビュー」のままでOKです。
Googleアナリティクス設定の下の「このタグでオーバーライド設定を有効にする」をチェックし、[トラッキングID]欄にクロスドメイントラッキング用のトラッキングIDを入力します。

タグの設定についてはこちらの記事でもご紹介しています。

Googleタグマネージャー(GTM)を導入する|Googleアナリティクス使い方ガイド

https://manamina.valuesccg.com/articles/1324

Webサイトの計測や広告等の施策投下、効果測定の実施にあたり増え続ける計測タグの管理に便利なタグマネジメントツールがあるのはご存じでしょうか?もし、まだ利用されてない方はぜひ導入をおすすめします。また「Googleタグマネージャー」を導入することで、『タグの管理が簡単になる』『タグの管理を外部に委託する必要がなくなる』『ページの表示速度が速くなる』などのメリットも挙げられるので、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。今回はいくつかあるタグマネジメントツールの中でも代表的な「Googleタグマネージャー」の基礎設定について紹介していきます。

3. 詳細設定>設定するフィールド>「+フィールド」の順にクリックし、進みます。

4. フィールド名に「cookieDomain」、値に「auto」を入力し、「保存」をクリックします。

5.「公開」をクリックします。

保存が完了したら、画面右上にある公開ボタンをクリックし、変更内容をサイトに反映します。

全く異なるドメインの場合

1. Googleタグマネージャ(以下、GTM)の管理画面から、クロスドメイントラッキング用のタグを新規作成します。

※既に設定済みのタグをクロスドメイントラッキング用に編集する場合、設定変更前までに取得していたデータをとそれ以降のデータの整合性がとれなくなります。場合によっては大きな悪影響を及ぼしかねないため、新規にタグを作成することをおすすめします。

2. タグの設定を進めていきます。

タグの種類は「Google アナリティクス: ユニバーサル アナリティクス」を選択します。
また、[トラッキングタイプ]は「ページビュー」のままでOKです。
Googleアナリティクス設定の下の「このタグでオーバーライド設定を有効にする」をチェックし、[トラッキングID]欄にクロスドメイントラッキング用のトラッキングIDを入力します。

3. 詳細設定>設定するフィールド>「+フィールド」の順にクリックし、進みます。

4. フィールド名に「allowLinker」、値に「true」を入力します。

5. 続けて、詳細設定>クロスドメイントラッキングをクリックします。

6. 自動リンクドメインの欄に対象となる全てのドメインを「半角カンマ」で区切って入力します。

下記の例では、弊社サイトドメイン「valuesccg.com」と、弊社のWeb行動ログ分析ツールDockpitのサービスページドメイン「data.dockpit.net」の間のアクセスをクロスドメインとして設定しています。
ドメインをカンマで区切り、入力します。(例:valuesccg.com,data.dockpit.net)また、「区切り文字としてハッシュを使用」「フォームをデコレート」の箇所は、「偽」を選択します。

7.「タグを保存」⇒「公開」をクリックします。

保存が完了したら、画面右上にある公開ボタンをクリックし、変更内容をサイトに反映します。

参照元除外の設定

続いて、Googleアナリティクスにログインし、「参照元除外」の設定を行います。

「参照元除外」の設定とは、設定したドメインを参照元として計測しないようにする設定を指します。

弊社の例であれば、コーポレートサイト「valuesccg.com」とサービスサイト「data.dockpit.net」を行き来しているユーザーの動きを、参照元除外を設定せずにGoogleアナリティクスで計測すると「data.dockpit.net」の参照元がすべてメインドメイン「valuesccg.com」になってしまいます。参照元除外の設定をすることで、サービスドメインの参照元からメインドメインを除外し、「どの経路からの流入がよりコンバージョンしているか」といった参照元分析が正確にできるようになります。


それでは、設定方法を見ていきましょう。
1.「管理>トラッキングコード>参照元除外リスト」を選択する

2.「参照の除外を追加」をクリック

3.除外するドメイン(valuesccg.com)を入力して「作成」ボタンをクリック

フィルタの設定

次にフィルタ設定を行います。

フィルタ設定とは、通常はGoogleアナリティクスでの計測の際に自分自身や自社社員等のアクセスを除外するために使うような設定ですが、今回は「ホスト名連結フィルタ」の設定を行います。アナリティクスでページを分析する際は通常は「/articles」のようにドメイン名を含まないパスで表示されますが、フィルタ設定の「ホスト名連結フィルタ」の設定をすれば「manamina.valuesccg.com/articles」のようにドメイン名を含むパスで表示させることができます。

1. 「管理>フィルタ」をクリックします。

2. [フィルタを追加]ボタンをクリックします。

3.フィルタの設定を進めます。

「ビューにフィルタを適用する方法を選択」で「新しいフィルタを作成」を選択します。
「フィルタ名」を任意で設定します。
「フィルタの種類」で「カスタム」を選択します。

4.「詳細」のラジオボタンを選択後、詳細を設定します。

「フィールド A」を「ホスト名」、「引用A」を (.*)、「フィールドB」を「リクエスト URI」、「引用B」を(.*)、出力先を「リクエスト URI」、構成を $A1$B1 に設定します。

簡単にこの設定の内容を説明します。

フィールドA -> 引用Aの部分では、【ホスト名(ドメイン部分)を全てフィールドA($A1)へ代入する】という設定をしています。(「.*」は「値を全部」という意味です)

次にフィールドB -> 引用Bの部分では、【リクエストURI(URL)を全てフィールドB($B1)へ代入する】という設定をしています。

最後に出力先 -> 構成(Googleアナリティクス上での表示形式)を「$A1$B1」、つまり【ドメイン+URLの構成でGoogleアナリティクス上表示させる】という設定をしています。

5. 「保存」をクリックします。

以上で設定は完了です。

注意
※反映には24時間ほどかかります。
※この設定をする前の計測結果には適用されません。

GA4プロパティのクロスドメイン設定手順

GA4プロパティでは、GTMを用いず、Googleアナリティクスの管理画面上だけでクロスドメインの設定ができます。

それでは、設定方法を見ていきましょう。
1. Googleアナリティクスの管理画面を開き、GA4プロパティを選びます。

2.[データストリーム]メニューをクリックし、ウェブストリームを選択します。

3.「タグ付けの詳細設定」をクリックします。

4.[ドメインの設定]をクリックします。

5.[条件を追加]ボタンをクリックします。

6.関連するサイトのドメインをすべて登録し、[保存]ボタンをクリックします。

マッチタイプは「完全一致」「含む」「先頭が一致」などから選択します。UAプロパティでクロスドメイン設定をしている場合は、その設定と合わせた内容で設定をしてください。

7.参照元除外の設定をしていきます。タグ付けの詳細設定画面から、[除外する参照のリスト]をクリックします。

8.関連するサイトのドメインを入力し、[保存]ボタンをクリックします。

※GA4では自身のWebサイトが参照元となった場合、自動的に参照元から除外されるようになりました。(自身のWebサイトのサブドメインも含む)
そのため、ここで除外設定が必要となるのは外部サイト(全く異なるドメインのサイト)のみとなります。

以上で、GA4プロパティのクロスドメイン設定は完了です。

クロスドメイントラッキングの動作確認方法

クロスドメイントラッキングは、以下の2点を中心に確認するとよいでしょう。

1. リンクから別ドメイン(サブドメイン)に遷移して、URLにパラメータが付与されているかを確認する

クロスドメイントラッキングではドメイン間のリンクURLに、UAプロパティの場合は_gaパラメータが、GA4プロパティの場合は_glパラメータが追加されます。
例:https://xxxxxxxxxx.com/?_ga=x.xxxxxxxxx.xxxxxxxx.xxxxxxxx

2. (UAプロパティについて)Googleアナリティクスのリアルタイムレポートに全ドメインの情報が記録されているかを確認する

Googleアナリティクスのレポートを開き、[リアルタイム]>[コンテンツ]を選択します。クロスドメイントラッキング対象の全ドメインがここにリストアップされていればOKです。

まとめ

Webサイトは正しい方法で解析、改善を続けていくことで効果を高めていくことができます。
クロスドメイントラッキングは、そのために重要な設定です。導入することで、これまで曖昧になっていた“ドメインをまたぐユーザーの行動”が可視化され、具体的な改善点に気づきやすくなります。複数ドメインをまたぐサイトを運用してされている場合は、ぜひ、行うことをおすすめします。


※本記事は、2021年8月時点の情報に基づいています。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


Googleアナリティクス

関連する投稿


Googleアナリティクスのクロスドメイン設定方法(トラッキングコードを直接変更する方法)(UA、GA4)|Googleアナリティクス使い方ガイド

Googleアナリティクスのクロスドメイン設定方法(トラッキングコードを直接変更する方法)(UA、GA4)|Googleアナリティクス使い方ガイド

前回の記事に続き、Googleアナリティクスで複数ドメインにまたがるサイトの分析を行うことができるクロスドメインの設定方法について解説します。今回は、UAプロパティでのトラッキングコードを直接変更する設定方法と、GA4プロパティでの設定方法をご紹介します。


GoogleアナリティクスでGA4ではなくユニバーサルアナリティクス(UA)のプロパティを作成する方法|Googleアナリティクス使い方ガイド

GoogleアナリティクスでGA4ではなくユニバーサルアナリティクス(UA)のプロパティを作成する方法|Googleアナリティクス使い方ガイド

GA4のリリース(2020年10月)後、新規のプロパティを作成すると、ユニバーサルアナリティクスのプロパティではなく、GA4のプロパティが作成されます。しかしデータ計測やツール連携の都合上、まだまだユニバーサルアナリティクスのプロパティが必要な場合がありますよね。そこで本稿では、ユニバーサルアナリティクスのプロパティを作成する方法(ユニバーサルアナリティクスのトラッキングIDを取得する方法)について解説していきます。


Googleアナリティクスのユーザー追加や権限付与・削除方法|Googleアナリティクス使い方ガイド

Googleアナリティクスのユーザー追加や権限付与・削除方法|Googleアナリティクス使い方ガイド

社内の他部署への共有、社外の代理店やコンサルティング会社への共有など、Googleアナリティクスのデータを複数人で共有する場合は権限付与の設定を行います。 Googleアナリティクスのユーザー管理機能を使うと、各メンバーが自分のGoogleアカウントでGoogleアナリティクスのデータを扱うことができます。ユーザーの追加・共有等の設定は、それぞれの設定の権限を持つアカウントでなければできない仕様なので、情報セキュリティの面で安心です。 そして、ユーザー追加の際は、権限付与対象(追加したいユーザー)のGoogleアカウントメールアドレスを把握しておく必要があることにも注意しましょう。


Googleタグマネージャー(GTM)を導入する|Googleアナリティクス使い方ガイド

Googleタグマネージャー(GTM)を導入する|Googleアナリティクス使い方ガイド

Webサイトの計測や広告等の施策投下、効果測定の実施にあたり増え続ける計測タグの管理に便利なタグマネジメントツールがあるのはご存じでしょうか?もし、まだ利用されてない方はぜひ導入をおすすめします。また「Googleタグマネージャー」を導入することで、『タグの管理が簡単になる』『タグの管理を外部に委託する必要がなくなる』『ページの表示速度が速くなる』などのメリットも挙げられるので、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。今回はいくつかあるタグマネジメントツールの中でも代表的な「Googleタグマネージャー」の基礎設定について紹介していきます。


Googleアナリティクスで自社のアクセスを除外する方法|Googleアナリティクス使い方ガイド

Googleアナリティクスで自社のアクセスを除外する方法|Googleアナリティクス使い方ガイド

今回はGoogleアナリティクスで自社のアクセスを除外する方法について紹介します。コロナの影響により在宅やオフィス以外でテレワークの機会が増えたこともあり、もしかするとこれまで設定していた形では除外したいアクセス除外設定が機能していない可能性もあります(特にIPアドレス除外など)。いくつか除外方法はありますが、本記事では3つの方法について説明します。すでに自社アクセス除外を設定済みという方も、いま一度、アクセス除外設定の見直しをしてみてはいかがでしょうか。


最新の投稿


本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

マナミナにてマーケティング戦略についての記事を各種紹介しています。これらの記事は実践的な内容が多いため、もう少し初歩からマーケティング戦略について学びたいというケースもあるかと思います。そこで今回は、マーケティング戦略の基本から、かなり込み入った内容までを学べる書籍を15冊紹介します。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoB編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

2021年9月13日~9月19日の検索急上昇ワードでは、Appleのスペシャルオンラインイベント「California streaming.」で発表され、9月17日から販売予約の受付が始まった「iPhone13」に注目が集まり検索が急増。また同じくイベントの目玉となった新型の「iPad mini(第6世代)」も急上昇ワードにあがりました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoC編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoC編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoC編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


コロナ禍におけるキャンプ関心層のWeb行動分析レポート

コロナ禍におけるキャンプ関心層のWeb行動分析レポート

本レポートでは、ダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit』の活用方法について、コロナ禍で関心の高まるキャンプを例にご紹介しています。Dockpitを用いて抽出したデータから何を読み取り、どのようにメディア戦略に活かせるのか、ぜひ参考にご覧ください。(ページ数|17p)


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー