サステナブルは購買動機に繋がるか?消費者の関心を検索動向から考察

サステナブルは購買動機に繋がるか?消費者の関心を検索動向から考察

SDGsが採択されて以降、世界中でサステナブルな取り組みが加速する昨今、日本国内でも環境へ意識が特に高まり、「サステナブル」を掲げる商品も多く見られるようになりました。商品価値の一つとしてサステナブルが発信されるようになった一方で、その訴求が購買にまで繋がっているのかには様々な意見が述べられています。そこで本稿では「サステナブル」の検索動向から、サステナブルを検索する人の興味関心を調査。ユーザーはサステナブルの何を知りたいと考えているのでしょうか。


広がるサステナブル商品、イケアや中川政七商店も

「サステナブル」とは、英語で「持続可能な」という意味。地球上では、私たちの経済活動を通じて、温暖化や海洋・土壌汚染など、様々な環境問題が深刻化しています。地球に生きるあらゆる生物がこの先も安心して暮らせる世界であるために、これらの環境問題の解決に努め、「持続可能な社会」をつくっていく必要があります。

2015年に国連で策定されたSDGsは、この「持続可能な社会」を築くための国際社会共通の目標。SDGsの達成に向けた取り組みの広がりから、ここ数年特に「サステナブル」への関心が高まっています。

最近では、地球にやさしい「サステナブルな商品」もメーカー各社から販売されており、
・オーガニック、自然・天然由来の素材
・繰り返し使える
・リサイクル素材で作られている
などは、日用品やファッション、インテリア分野などでよく目にするサステナブル商品の特徴です。

例えば、これまではプラスチックが一般的だったストローも、紙のストローが普及し、飲食店やコンビニでも、紙ストローが提供されることが増えてきました。

サステナブル商品の例)中川政七商店の「紙のストロー」
紙素材で作られたストロー。燃やしても有毒ガスが発生せず、環境ホルモンも不使用。

また、大手インテリアブランドのIKEAの「ペットボトルの再生樹脂を使用したラグ」をはじめ、リサイクル素材の製品も開発が進められています。

サステナブル商品の例)IKEAの「TYVELSE ティヴェルセー」
500mlのペットボトルおよそ345本分の再生樹脂を使用したラグ。

これらの環境に配慮した商品を積極的に選択する「エシカル消費」という言葉も使われるようになり、SNSで発信するユーザーも増加。サステナブルな暮らしを取り入れることが、ひとつのトレンドとして世の中で意識されつつあります。

【↓関連記事↓】

「SDGs」検索数は過去1年で2倍に。企業の担当者がロゴのDLページや取り組み事例を調査か

https://manamina.valuesccg.com/articles/750

「持続可能な開発目標」、SDGsに対して、世の中ではどのような形で関心が寄せられているのでしょうか。検索ワード等をカギに分析していきます。

「サステナブル」検索者は月5万人ほどで推移

では、「サステナブル」の検索動向はどうなっているのか。Web行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を用いて、まずは過去1年の検索ユーザー数推移を見ていきます。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年9月〜2021年8月、対象デバイス:PC、スマートフォン

過去1年を調査すると、検索ユーザーは月間5万〜6万人ほどで推移しています。

ユーザー属性を見てみると、女性が6割を占め、年代では50〜60代が多いという傾向でした。家事を通じて家族の暮らしを整える女性の方が、家族の健康のためや、子どもちが成長した時の社会が安心安全であるために、「サステナブル」に関心が高いのかもしれません。

【性別比】分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年9月〜2021年8月、対象デバイス:PC、スマートフォン

【年代比】分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年9月〜2021年8月、対象デバイス:PC、スマートフォン

また、世帯年収はインターネット利用者全体と比較して大きな偏りは見られませんでした。

【世帯年数比】分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年9月〜2021年8月、対象デバイス:PC、スマートフォン

サステナブルはマーケターの注目大、分野はファッションが主流?

では、「サステナブル」を検索するユーザーは何に関心があり、サステナブルの何を調べようとしているのでしょうか。掛け合わせワードから、検索目的を考察します。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年9月〜2021年8月、対象デバイス:PC、スマートフォン

「意味」や「とは」等の言葉が上位にランクインしており、概要を調べる人が多いことが分かります。また、概要の検索に次いで多いのは「ファッション」「ブランド」。ファッション分野で検討するユーザーが多いようです。

続いて、関心ワードを見ていきます。

「関心ワード」では、サステナブルを検索したユーザーの閲覧・検索履歴から、関心の高いキーワードを抽出し、ランキング形式で示しています。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年9月〜2021年8月、対象デバイス:PC、スマートフォン

関心ワードには1位に「マーケティング」がランクイン。企業のマーケターが検索するケースも多いと考えられます。また、「長谷川京子」や「仲里依紗」などの著名人も目立ちます。特に長谷川京子さんは植物性原料の製品を積極的に取り入れるなど、サステナブルな生活を体現している人として知られています。雑誌のインタビューでは、サステナブルについて以下のようなコメントをしていました。

体にいいものって環境にも優しい場合が多いんじゃないかなあと。サステイナビリティに目を向けるのは大切だと思いますが、私の場合はまず〝好き〞かどうかを基準に選択していますね。自分を満たすことができてこそ、外の世界まで思いやれると考えているので

インスタグラムでも自身のライフスタイルを発信しており、共感したり、憧れる女性も多いのではないでしょうか。

長谷川京子さんインスタグラム

流入ページでは「サステナブルとは」系の記事が多い

続いて、流入サイトを見てみます。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年9月〜2021年8月、対象デバイス:PC、スマートフォン

ベネッセコーポレーションや大和ハウスの企業サイトが上位にランクインしていました。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年9月〜2021年8月、対象デバイス:PC、スマートフォン

流入ページを見てみると、流入サイトで上位に上がっていたサイトの記事が上位にランクインしていました。内容はいずれも、サステナブルとは何かを解説する記事が多いことが分かります。

サステナブルは商品選択軸のひとつ、ただしバランスも重要か

サステナブルに関心の高いのは高年代層の女性が多く、長谷川京子さんなどサステナブルな生活をナチュラルに体現しているインフルエンサーに共感する人も一定数いることが分かりました。

一方、掛け合わせ検索ではファッション分野への関心がうかがえましたが、ブランド名や商品名など具体的な商品軸での検索は多くはなく、サステナブルがきっかけとなる購買行動がそれほど見られませんでした。

サステナブル商品はポジティブに評価されており、ある程度の購入意欲を喚起するものの、購入されにくいという商品属性もあると言われています。サステナブルは潜在的に「安全」「マイルド」などのイメージを持たれ、機能や効能が一般的に劣ると感じられること(トレードオフ感)から、洗剤など機能性が重視される製品カテゴリーでは、サステナブル商品の選択されづらいという見解もあります(参考:『なぜサステナブル商品は売れないのか?「好きだけど買わない」に潜む消費者の購買行動』)。

「サステナブル」は日本国内でも意識されており、商品選択のひとつの軸となっています。しかし、カテゴリーによっては打ち出し方に気をつける必要があり、そのバランスの見極めが重要と言えそうです。

今後はさらにサステナブルへの意識が高まり、興味を持つ層にも広がりが出てくるかもしれません。ニュースやSNSでトレンドをチェックするとともに、検索動向からユーザー層の顕在ニーズを考慮することで、戦略や施策はより洗練されるでしょう。サステナブル商品の発展やマーケティング戦略の登場に、これからも注目していきます。

<分析概要>
ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「Dockpit」を使用し、2020年9月~2021年8月のネット行動ログデータを分析しました。※ユーザー数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーランスPRおよびライターとして活動中。二児の母。

関連する投稿


今「note」がアツい!読み物好きな若者を魅了?noteの集客動向を調査<前編>

今「note」がアツい!読み物好きな若者を魅了?noteの集客動向を調査<前編>

2023年夏頃から集客数を急激に伸ばしているメディアプラットフォーム「note」。人気を後押ししているのはどのような人々なのでしょうか?前編では、noteが集客しているユーザーの特徴を深掘り調査し、後編では、noteが規模を拡大している要因を探っていきます。


みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/03/18〜2024/03/24)

みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/03/18〜2024/03/24)

ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」をもとに、週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているキーワードを取り上げます。


フリマ市場を比較調査。メルカリとYahoo!系サービス、それぞれの特徴や集客の強みとは?

フリマ市場を比較調査。メルカリとYahoo!系サービス、それぞれの特徴や集客の強みとは?

節約やお小遣い稼ぎの手段としても注目が高まるフリマ市場。「メルカリ」「Yahoo!オークション」「Yahoo!フリマ」を対象に、フリマ市場の最新動向について調査しました。各サービスのサイト・アプリについて、利用者数やユーザーの人となりに加えて、サイト集客構造の違いについても深掘りし、それぞれの特徴について明らかにしていきます。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第16弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「猫ミーム」「Bluesky」「LYPプレミアム」の3テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。Z世代のSNSの使い方、猫ミームがバズった背景、LYPプレミアムの魅力とZ世代のサブスクの使い方など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


ECサイトにおけるKPI策定のポイント

ECサイトにおけるKPI策定のポイント

ECサイトの売り上げをあげるためには、KGIの設定だけではなく、KPIの策定が重要なポイントになります。そこで、気になるKPIの策定ポイントや、課題の洗い出し・分析についてご紹介します。効果的なマーケティング施策にお悩みの方や、ECサイトの売り上げが伸び悩んでいる方はぜひ参考になさってください。


最新の投稿


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

2023年より注目を浴び始めた生成AI。ChatGPTやMidjourneyによる生成AI技術が話題となりました。 なかでも近年技術が飛躍的に伸びているのがAI画像生成です。AI画像生成は日常の話題になるようなバラエティに富んだ画像を作成できるだけでなく、営業資料やPR動画の素材といったビジネスの面で役に立つ生成も可能になりつつあります。 実際に営業資料や提案資料に生成AIを活用している企業もあり、AI画像生成を駆使することでノンコア業務の削減できたり、魅力的な資料を一瞬で作ることもできます。 そこで本記事では、AI画像生成を無料でつくれるサイト5選や、目的の画像を一発で抽出するコツ、利用時の注意点について解説します。


ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、10~60代の男女を対象に、ふだんショート動画(YouTubeのshorts(ショート)やTikTokなど、1分程度の縦型の動画)をどのくらい見ているか、見ている理由について調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ