「SDGs」検索数は過去1年で2倍に。企業の担当者がロゴのDLページや取り組み事例を調査か

「SDGs」検索数は過去1年で2倍に。企業の担当者がロゴのDLページや取り組み事例を調査か

「持続可能な開発目標」、SDGsに対して、世の中ではどのような形で関心が寄せられているのでしょうか。検索ワード等をカギに分析していきます。


SDGsとは

SDGs、すなわち「持続可能な開発目標」とは、現在横行する様々なかたちの貧困や不平等を解消し、また気候変動に対処することを目的に2015年に国連加盟国によって採用された17の開発目標です。

人類にとって非常に重要な取り決めですが、17の目標を端的に表したキャッチーなロゴやアイコンも功を奏し、企業のブランディングの手段としても注目を集めています。そこで本記事では、サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使って、インターネット上の検索キーワードを分析していきます。世の中ではSDGsに対してどのような関心が寄せられているのでしょうか。

どんなキーワードで検索されているのか

それでは早速、2019年2月から2020年1月の1年間で、SDGsがどのようなキーワードとともに検索されたのかを見てみましょう。次の「SDGs」関連検索ワードのユーザー数ランキングをご覧ください。

「SDGs」関連検索ワードのユーザー数ランキング(eMark+画面より)
※対象デバイス:PC

1位から3位は、SDGsそのものが何なのか、に関する検索と思われます。日本では「SDGs」とならび日本語訳の「持続可能な開発目標」をよく耳にしますが、SDGsという言葉は頭文字なのでそもそも何のことかわからないという人も多いのではないでしょうか。

8位「SDGs 17の目標」についても、SDGsのより具体的な内容についての検索と考えられます。

4、5,6位の「ロゴ」「企業」「バッジ」などは、主に企業の取り組み内容の調査のために検索されたものと思われます。先述のキャッチーなロゴやバッジを使ったアピールへの関心がうかがえるでしょう。

SDGsの17のアイコン。SDGsをあまり知らなくとも、見覚えがある人は多いのではないでしょうか。

7位の「未来都市」は、内閣府地方創生推進事務局による、SDGsを基調とした地方開発プロジェクトのことを指します。同局は2008年よりSDGsと同様の狙いで「環境モデル都市」の選定を開始。2011年秋には東日本大震災の被災地を含む複数の都市がより発展的な「環境未来都市」に選定され、助成金を受けています。

そして同局は2015年のSDGsの国連決議を受け、SDGsに準拠した「SDGs未来都市」の選定を開始しました。これが検索の背景にあるものと見られます。

キーワードのセッション数の月別推移

それでは、先ほど全体像を確認した検索キーワードのうち、注目すべきものについて月別のセッション数推移を追ってみましょう。

キーワード全体

「SDGs」関連検索ワードのセッション数推移(eMark+画面より)
※対象デバイス:PC

SDGsというキーワードを含む検索によるセッション数は、多少の増減を繰り返しながら全体的に増加しています。世の中の環境意識の高まりが反映されていると言えるでしょう。

1位:「SDGs」

「SDGs」検索ワードのセッション数推移(eMark+画面より)
※対象デバイス:PC

検索の大部分を占める「SDGs」のみによる検索数の推移は、全体とほぼ同じ変動を見せています。

2位:「SDGsとは」

「SDGsとは」関連検索ワードのセッション数推移(eMark+画面より)
※対象デバイス:PC

SDGsが何を指すのかという問いですが、2019年6月にこのキーワードでの検索数が前月比4倍以上増えています。これは当月に行われたG20大阪サミットにおいて重要な議題とされ、新たにロードマップが策定されたことなどを受けて世間でも関心が高まったからではないでしょうか。

人気のコンテンツは?

では、キーワードごとにどのようなコンテンツが実際に閲覧されているのか、ランディングページ(LP)を見てみましょう。

1位:「SDGs」

「SDGs」検索後のLPのユーザー数ランキング(eMark+画面より)
※対象デバイス:PC

検索キーワードランキングで圧倒的にセッション数の多かった「SDGs」というキーワードですが、開設サイトや国連広報センターのページなど、やはりそもそもSDGsとは何なのか、ということを調べる人がほとんどのようです。

検索ワード「SDGs」のLPセッション数1位は、外務省の一般向け特設ページ。

4位:「SDGs ロゴ」

「SDGs ロゴ」検索ワードのLPのユーザー数ランキング(eMark+画面より)
※対象デバイス:PC

4位「SDGs ロゴ」というキーワードからは、SDGsのロゴのダウンロードページや、その使用法に関する解説ページが多くアクセスされていました。

検索ワード「SDGs」のLPセッション数1位は、国連広報センター開設のSDGsロゴダウンロードページ

5位:「SDGs 企業」

「SDGs 企業」検索ワードのLPのユーザー数ランキング(eMark+画面より)
※対象デバイス:PC

5位の「SDGs 企業」という検索ワードからは、具体的な企業の取り組みをまとめた外務省のページにアクセスする人が多いようです。また、企業がどのような取り組みをすべきなのかまとめた解説サイトもアクセスを集めている様子がうかがえます。

企業のSDGsとの共存のあり方に注目が集まっており、取り組み事例を調査する企業が多いことを示唆していると言えるのではないでしょうか。

各企業の取り組み事例をまとめたサイト

企業がSDGsに準拠した経済活動を行うことによるメリットを論じたサイトも注目度が高い

6位:「SDGs バッジ」

「SDGs バッジ」検索ワードのLPのユーザー数ランキング(eMark+画面より)
※対象デバイス:PC

「SDGs バッジ」というキーワードからは、SDGsのロゴのピンバッジの購入ページを閲覧する人が多いようですが、興味深いのはセッション数8位にSDGsバッジの真贋の見分け方について解説したページがランクインしている点です。偽物が出回っているとすればそれは残念ですが、SDGsおよびSDGsバッジが市民権を得ていることの証左といえるのではないでしょうか。

SDGsバッジの真贋を見分ける方法を説くサイト

まとめ

最後に、今回の分析を通じて見えてきたことを総括します。

・SDGsに対する世の関心は依然高まり続けている
・企業のSDGsに関する取り組みにも関心が注がれている
・ロゴやバッジなどを利用したPR活動への関心も高い
・SDGs未来都市など日本独自の公的取り組みについても検索されている

今回の調査結果を踏まえて、公私ともにSDGsへの準拠を考えてみてはいかがでしょうか。

分析概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2019年2月~2020年1月の「SDGs」関連検索者のネット行動ログデータを分析しました。
※ユーザー数・セッション数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。




eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら


この記事のライター

ウィーン大学への留学を経て京都大学文学部卒業。
外資系大手ITコンサルティング会社に勤務後、フリーランスライターに転向。

関連する投稿


外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

コロナによる外出自粛の影響を受け、需要が増加しているYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2020年3月のデータから動画共有サービス「YouTube」について調査・分析しました。


巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、今、ホットケーキミックスや薄力粉・強力粉など小麦製品の品薄が続いています。マスクや消毒液が店頭から消えるのは理解できるにしても、なぜ、そしていつの間にホットケーキミックスが消えたの…?今回は「eMark+」を使って、”巣ごもりホットケーキミックス消費”の実態を探ります。


これぞリメイク!PS4ゲーム ファイナルファンタジーⅦ 「原作世代」への強みを発揮

これぞリメイク!PS4ゲーム ファイナルファンタジーⅦ 「原作世代」への強みを発揮

4月10日、PS4の人気シリーズ「ファイナルファンタジー」から、最新作「ファイナルファンタジーⅦリメイク(以下、FF7リメイク)」が発売されました。原作の「FF7」の発売は1997年で、23年の時を経て、圧倒的なグラフィックを持つ作品としてリメイクされました。しかし、原作発売当時の年齢によって、注目度には違いがあるようです。 本作はゲームのリメイク作品において、マーケティング戦略上参考となる部分が大いにあると考えられます。詳しく見てみましょう。


4月の急上昇サイトはシャープマスクやLINE全国調査、Uber Eatsなどコロナ影響が反映された結果に

4月の急上昇サイトはシャープマスクやLINE全国調査、Uber Eatsなどコロナ影響が反映された結果に

2020年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


ステイホームを「お取り寄せグルメ」で乗り切る人が急増!話題のお取り寄せサイト分析

ステイホームを「お取り寄せグルメ」で乗り切る人が急増!話題のお取り寄せサイト分析

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全国的にステイホームが奨励されています。飲食店も臨時休業している店舗があり、外食もままならない状況。「巣ごもり消費」という新たなトレンドも生まれる中、じわじわ盛り上がってきたのがお取り寄せグルメ市場。今回はステイホーム期間中のお取り寄せグルメ市場の動向についてまとめます。


最新の投稿


「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

人に聞きづらい脱毛事情。露出の増える夏に向け、その関心は高まるのではないでしょうか。今回はネット上での「脱毛」に関する人々の行動を調査し、人々の悩みを明らかにしました。


外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

コロナによる外出自粛の影響を受け、需要が増加しているYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2020年3月のデータから動画共有サービス「YouTube」について調査・分析しました。


コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

新型コロナの影響で外出自粛が叫ばれ、多くの業界が打撃を受ける一方、一部のサービスは需要を伸ばしています。その一つとして今回着目したのが、ネットスーパー。感染予防のために店頭での買い物を控え、ネットスーパーの利用者が増えているのではないかと予想し、eMark+を使ってその実態を調査しました。


急上昇ワードに“ファクトフルネス”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/5/17~2020/5/23)

急上昇ワードに“ファクトフルネス”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/5/17~2020/5/23)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、今、ホットケーキミックスや薄力粉・強力粉など小麦製品の品薄が続いています。マスクや消毒液が店頭から消えるのは理解できるにしても、なぜ、そしていつの間にホットケーキミックスが消えたの…?今回は「eMark+」を使って、”巣ごもりホットケーキミックス消費”の実態を探ります。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら