2017年4月に急上昇!新SNS「マストドン」

2017年4月に急上昇!新SNS「マストドン」

訪問者の多くはTwitterから流入


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し世界でユーザーが急拡大しているSNS「Mastodon(マストドン)」の利用状況に関する調査を行いました。
分析概要

分析概要

ネット行動ログとユーザー属性情報を用いた検索キーワード分析サービス「【eMark+】Keyword Finder」、競合サイト分析サービス「【eMark+】Site Analyzer」、ターゲットユーザー分析サービス「【eMark+】Target Focus」を使用し、2017年4月における「マストドン」関連の検索キーワードと、ユーザー数の多い3つのインスタンスに着目して調査を行った。
※キーワード検索者数やサイト訪問者数、セッション数はPCからのアクセスを集計し、VALUES保有モニタでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

考察サマリ

PCにおける「マストドン」での検索ユーザーは2017年4月に急上昇、若年層が中心。

ドイツのプログラマー、オイゲン・ロッコ氏が開発し、今年の3月から4月にかけて世界で急拡大しているSNS「マストドン」。コミュニティごとにサーバー(インスタンス)が作成され、管理者が自由に運営できる新しい仕組みが注目されています。日本では、一人の大学院生が自宅サーバーで「mstdn.jp」というマストドンを立ち上げたところ、2日足らずで世界最大のインスタンスになってしまったことから話題になりました。いったいマストドンにはどのようなユーザーが興味を持っているのでしょうか。

まず、2017年2月~4月の「マストドン」の検索者数を出すと、3月までほぼゼロだった検索者数が4月から約24万人まで急増しています。さらに検索しているユーザーの年代を見てみると、20代~40代が中心で、特に20代が多く反応していることが分かりました。

日本の上位3インスタンスの新規ユーザーの多くはTwitterからの流入

次に、日本で最もユーザーを集めている上位3インスタンス(「pawoo.net」、「mstdn.jp」、「friends.nico」)について、ユーザーが初めて訪問した際の流入元について調査しました(データは2017年4月、PCのもの)。すると自然検索は少なく、外部サイトからの流入が多いことがわかりました。


上位3インスタンスの新規ユーザーの流入元構成

そこで外部サイトの内訳を見てみると、3インスタンス合算ではTwitterからの流入が非常に多いことが分かります。
インスタンスごとに見ると、ドワンゴの運営する「friends.nico」のみ、ニコニコ動画からの流入の方が多いという結果でした。

「pawoo.net」、「mstdn.jp」、「friends.nico」への流入元(外部サイト)上位5サイト(2017年4月)

流入の多かったTwitterとの併用状況を見ても、3つのインスタンスそれぞれで約96~98%という高い併用率になっています。これらの結果から、マストドンはTwitterとの親和性が高いことがうかがえます。

上位3インスタンス及びTwitterの併用状況(2017年4月、PC)

また、単独のインスタンスのみ利用しているユーザーは75%ほどでした。一方、それぞれのインスタンスを併用しているユーザーも一定数おり、インスタンスごとに別アカウントが必要となるマストドンでは、4人に1人程度が複数のインスタンスを利用している可能性が考えられます。

上位3インスタンス間の併用状況(2017年4月、PC)

pixivの運営するインスタンス「pawoo.net」とpixiv公式サイトとは頻繁に行き来されている

最近では企業が運営するインスタンスも増えてきましたが、実際に企業の運営するインスタンスと公式サイトとは、どれほど頻繁に併用されているのでしょうか。例として、イラストコミュニケーションサービスを提供するpixivが運営している「 pawoo.net 」の閲覧前後30分以内に、ユーザーがどのサイトを見ていたかをランキングにしてみました。

すると公式サイト「 www.pixiv.net 」は上位3サイトに入っており、「 pawoo.net 」閲覧前にはユーザーの約47%が公式サイトを訪問していることがわかりました。さらに、閲覧後にはユーザーの約28%が公式サイトに訪問していました。このことから、pixivはうまく自サイトのコミュニティをマストドンで作り、ユーザーに頻繁に併用されていることがうかがえます。

「pawoo.net」接触前30分以内に見ていたサイトランキング上位3サイト

「pawoo.net」接触後30分以内に見ていたサイトランキング上位3サイト

Twitterとの相性の良さからみても、Twitterユーザーの多い日本において、企業がマストドンを自社サイトユーザーのコミュニティSNSとして立ち上げ、運営していくモデルケースが出来つつあると言えます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査 SNS

関連する投稿


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年7月~2020年8月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年7月~2020年8月)

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2020年8月のアプリインストール数1位は、厚生労働省が配布している新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) でした。


ファストファッション業界、新型コロナの影響は…?EC注力でユーザー増のユニクロや、H&M、ZARAの集客動向を調査

ファストファッション業界、新型コロナの影響は…?EC注力でユーザー増のユニクロや、H&M、ZARAの集客動向を調査

2020年前半から世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響によって、ファストファッション業界はどのような影響を受けているのでしょうか? 今回は、ファストファッションの有名ブランドであるユニクロとZARA、H&Mの3ブランドについて、2020年2月~7月までの半年間のWeb集客の状況と、そこから窺い知れる販売戦略について調査した結果を紹介していきます。


大手ラジオ局のファン層はどう違うのか?Webサイトのユーザー属性からポジショニングの違いを考察

大手ラジオ局のファン層はどう違うのか?Webサイトのユーザー属性からポジショニングの違いを考察

最近注目が集まる音声コンテンツ市場。「耳の暇」の解消という切り口が以前から指摘されていましたが、新型コロナによる社会変化の影響もあいまって、ラジオもじわじわと人気が高まってきています。本記事では、市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を使用し、大手ラジオ局のWebサイトユーザー数やその属性から、各社のファン層を分析しました。


データで見るコロナ禍における食品市場の動向と消費者行動とは?|セミナーレポート

データで見るコロナ禍における食品市場の動向と消費者行動とは?|セミナーレポート

withコロナ時代の消費者変化を、Web行動ログから考察したオンラインセミナーが開催されました。今回はコロナ禍でお取り寄せや作り置き料理など様々な需要が伸びたとされる「食品業界」に注目。いま、消費者の関心を集めている具体的なレシピや食材とその背景を、検索キーワードなどのWebログデータから読み解きます。 <br><b><font color="#c2a503">※</font>セミナー資料は無料でダウンロードできます。記事下部にあるフォームからお申込みください</b>


withコロナでカーシェアサービスに新たなニーズ?カーシェア業界Webサイトの最新動向を調査

withコロナでカーシェアサービスに新たなニーズ?カーシェア業界Webサイトの最新動向を調査

新型コロナウイルスの影響は収束の兆しが見えず、多くの業界が深刻な打撃を受けています。その中で、今回はカーシェア業界の動きを分析します。外出自粛など人々の移動制限によって利用者が減ったのか、それとも公共交通機関より安心だという理由で利用者が増えているのか…。市場分析サービス「eMark+(イーマークプラス)」を用いて、タイムズカーシェア、カレコ・カーシェアリングクラブ、オリックスカーシェアの3社を調査しました。


最新の投稿


クロス集計や回帰分析など、データ分析でよく使われる手法の基礎知識

クロス集計や回帰分析など、データ分析でよく使われる手法の基礎知識

企業がデータを活用するにあたっては、現場でデータ分析できる人材が増えることが重要です。分析したいときに他部署や外部に依頼せず、自分でデータ分析できれば、より素早く結果を得られます。また、外部に依頼した場合でも、分析に用いられている手法を理解し、分析の目的と合っているか判断する必要があります。そのためには「クロス集計」「ロジスティック回帰分析」「アソシエーション分析」「決定木分析」「クラスター分析」など、主要なデータ分析手法の基礎知識を身につけておきましょう。


大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

2020年8月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


NASA公開のビッグデータを活用したハッカソン&テックカンファレンスが今年はオンラインで開催決定!【無料申込み受付中】

NASA公開のビッグデータを活用したハッカソン&テックカンファレンスが今年はオンラインで開催決定!【無料申込み受付中】

『NASA SPACE APPS CHALLENGE KL 2020』は、NASA(アメリカ航空宇宙局)と人材の育成・教育サービスを提供する株式会社アンロックデザインが共同開催する、ASEAN最大規模のテックイベント。2020年10月2日(金)~4日(日)にマレーシアのクアラルンプールで開催される本イベントに、今年はオンラインで日本国内から参加することができます。最先端のグローバルなテックイベントで、視野を広げてみませんか。


東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ(TCC)の初代会長、上野壮夫(うえのそうふ)氏が1966年に創立したクリエイティブハウス、ユー・ピイ・アール。心を動かすクリエイティブが伝統でもある同社では、競合分析ツール「eMark+」を使い、データによる提案も行なっているといいます。それはなぜなのか?また、その実態はどんなものなのでしょうか。マナミナ編集部がユー・ピイ・アールの田地さんにお聞きしました。


クラスタ分析事例「不動産投資をしたいのはどんな人?」レポート

クラスタ分析事例「不動産投資をしたいのはどんな人?」レポート

「不動産投資」「マンション投資」検索者をVALUESのユーザーの購買プロセス可視化ツール『story bank』を使って抽出し、6つにクラスタリング。中でも特徴的な3つのクラスタを詳しく分析し、不動産投資をしたい人の特徴を調査しました。(ページ数|11p)


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング