アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査 ~ 外食シーン・利用媒体・人の視点で分析

アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査 ~ 外食シーン・利用媒体・人の視点で分析

新型コロナウイルスの感染拡大により、大きなダメージを受けた飲食業界。外食市場規模は、2021年7月には2019年比で48.1%にまで減少したとも言われています。コロナによって外食への意識が大きく変わる中、飲食店はどのように選ばれているのでしょうか。アンケートとWeb行動ログを用いて、消費者の飲食店選びの現状について詳しく分析しました。(ページ数|30p)


どんなレポート?

9月末で緊急事態宣言が解除され、今年の4月4日以来半年ぶりにどの地域にも宣言や重点措置が出されていない状況となりました。感染拡大防止に努めながらの生活ではあるものの、街や飲食店にも少しずつ活気が戻り始め、GOTO事業にも復活の兆しが見えつつあります。

長く苦戦を強いられてきた飲食業界にとっては再び顧客を取り戻す重要なタイミングですが、コロナの流行は消費者の店の選び方にも大きな影響を与えているようです。また、テイクアウトやデリバリーサービスの普及など、消費者の飲食形態自体にも変化が起きています。このような変動激しい状況下で、消費者はどのように飲食店を選んでいるのか。今回は、「外食シーン別に見る」「利用媒体から見る」「人から見る」の3つの視点から、コロナ禍における飲食店選びの実態を調査しました。

レポートでは、

・外食シーン別の情報媒体と情報収集時間/予算の違い
・外食シーン別の求める店舗の条件や選定基準

・3大グルメサイト(食べログ、ぐるなび、ホットペッパーグルメ)の利用率や重視度、利用目的を比較
・グルメサイトに挑む新手段(Googleマップ、SNS)やオフライン媒体(雑誌や新聞折込チラシ)について

・飲食店選びに対するコロナ影響
・飲食店選び熟練者と初心者の違い

などをまとめています。

サマリー版のレポートは無料でダウンロードできます。下記フォームからお申し込みください。

目次

はじめに
レポート構成
調査実施概要
回答者属性
1. 外食シーンから見る
・全体像
・何を使って情報収集している?
・飲食店の情報収集の時間/食事の予算は?
・どんなお店を探している?
・どんな基準でお店を選んでいる?
・お店を絞り込む条件は?
・まとめ
2. 利用媒体から見る
・3大グルメサイト/アプリ比較
・グルメサイトに挑む新手段
・オフラインはもう古い?
・情報量×情報の信頼度で見る媒体の違い
3. 人から見る
・飲食店選びに対するコロナ影響
・飲食店選び熟練者と初心者とは?
・飲食店選び熟練者、初心者ってどんな人?
・熟練者と初心者の飲食店選びの違いは?
・まとめ

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


SNS別の写真共有・拡散実態を調査 コロナ影響や写真共有者の動機も分析

SNS別の写真共有・拡散実態を調査 コロナ影響や写真共有者の動機も分析

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20~49歳の男女5,865人を対象に、SNSにおける写真共有・拡散に関するアンケート調査を実施いたしました。その中で、直近1年以内に写真撮影/SNS共有経験があると回答した2,370人のSNS別写真共有・拡散実態を分析いたしました。また、アンケート調査に加え、ヴァリューズが独自保有する消費者行動ログでも写真共有者の興味関心や意識を分析いたしました。<br>※詳細な調査レポートは記事末尾のフォームから無料でダウンロード頂けます


マーケターが調査予算を得るために持つべき4つの観点とは?リサーチャー菅原大介さんに聞く

マーケターが調査予算を得るために持つべき4つの観点とは?リサーチャー菅原大介さんに聞く

調査予算を得るために持つべき4つの観点について、リサーチャーの菅原大介さんが詳しく解説します。定点調査などで成果が出ないと調査の意味を問われがちですが、そうならないためには組織理解が重要です。目的と結果を一致させた調査の具体例も紹介します。


ユーザー理解では「質問の尋ね方」が重要。アスキング調査で見える「第3の選択肢」が事業をドライブさせる

ユーザー理解では「質問の尋ね方」が重要。アスキング調査で見える「第3の選択肢」が事業をドライブさせる

最近マーケターの間であらためて注目されている「ユーザー理解」の方法について、「質問の尋ね方」が重要と考えるリサーチャー・菅原大介さんに取材します。その思考法や、アンケートやインタビューなどアスキング調査の意義、調査の枠組みの考え方など、事例を豊富に交えながら語っていただきました。


緊急事態宣言明けで旅行検討者はコロナ以前の水準まで回復か。一方「個室で朝食」ニーズは継続中

緊急事態宣言明けで旅行検討者はコロナ以前の水準まで回復か。一方「個室で朝食」ニーズは継続中

新型コロナウイルスの影響で、大きな打撃を受けていた旅行業界でしたが、ワクチン接種の普及や緊急事態宣言の解除など、少しずつコロナ以前の状態に戻りつつあることが考えられます。宣言解除後に消費者はどのように旅行・お出かけに関して検討をしているのか、ヴァリューズのデータ分析チームの安藤さんがウェブ行動ログを活用して分析します。


電力の切り替えに関する状況把握と再エネ系新電力のユーザー獲得のためのヒントを探る

電力の切り替えに関する状況把握と再エネ系新電力のユーザー獲得のためのヒントを探る

電力自由化により、消費者が電力会社や料金プランを自由に選べるようになってから5年が経過しました。従来の電力会社を使い続ける人、新電力会社に切り替える人などさまざまですが、電力市場は現在どのような状況なのでしょうか。アンケート調査を用いて、電力市場の動向を詳しく分析しました。(ページ数|37p)


最新の投稿


「〇〇とは」「おすすめ」「アプリ」の複合検索から読み解く!2022年の注目テーマとサービス

「〇〇とは」「おすすめ」「アプリ」の複合検索から読み解く!2022年の注目テーマとサービス

「〇〇とは」という検索から言葉の意味に関心が集まったトレンドワード、「おすすめ」「アプリ」などと共に検索されている語句から、消費者が検討行動の過程で情報を求めていたり注目している商品やサービスは何かを探ります。分析ツールにはWeb行動ログや検索キーワードの分析ができる「Dockpit」を用いました。


2021年 中国市場のトレンドまとめ|中国トレンド調査

2021年 中国市場のトレンドまとめ|中国トレンド調査

2021年に中国ではAI家電をはじめとした様々なスマート製品がZ世代の中でトレンドとなりました。中国では急成長の美容医療市場とシルバー経済についても成長の背景を探っていきます。


人気急上昇中スイーツのスフォリアテッラは次のトレンドになるか?検索データで予測してみた

人気急上昇中スイーツのスフォリアテッラは次のトレンドになるか?検索データで予測してみた

人気急上昇中の「スフォリアテッラ」を調査します。2021年に大ブームを巻き起こしたのは「マリトッツォ」でしたが、2022年を迎え、「次はどんなスイーツが流行るのかな」と気になっている方も多いかもしれません。様々なスイーツ名が挙がる中、私が注目したのは密かに人気急上昇中の「スフォリアテッラ」。これからさらに話題になるかどうか、マリトッツォのデータと比較しながら調査をしてみたいと思います。


【保存版】Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法を画像付きで初心者向けに解説!

【保存版】Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法を画像付きで初心者向けに解説!

Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法が複雑で分からないと悩んでいませんか。Google広告とGoogleアナリティクスは年々と構造が変化して設定方法も変化しています。ここでは、Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法とその後の指標に対する見方や考え方まで初心者向けに分かりやすく解説していきます。


急上昇ワードに「トンガ」「まん延防止等重点措置」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/1/16~2022/1/22)

急上昇ワードに「トンガ」「まん延防止等重点措置」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/1/16~2022/1/22)

2022年1月16日~1月22日の検索急上昇ワードでは、1月15日に南太平洋の島国トンガで発生した大規模噴火の影響を受け、国内でも16日未明に日本の広い範囲に津波警報や注意報が発表されたことから、「トンガ」「トンガ 噴火」などの検索が急増しました。また、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」が21日、東京など13都県で始まり、さらに今後対象が広がる見込みから、「まんぼう」「まん延防止」などのキーワードも検索数が上昇しています。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー