Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第3回】売上データを細分化してみる

Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第3回】売上データを細分化してみる

Tableauを使った分析が良い!と言われても正直ピンと来ない方もいらっしゃると思います。この連載ではなぜTableauでデータを分析すべきなのか、どう使っていくとデータ分析がはかどるのかご紹介していきます。
本連載の最終回となる第3回は、前回でTableauにデータを突っ込んでみた状態から、実際にデータを深堀りしてみていきたいと思います。


売上データを分解してみる

前回はTableauにデータを投入し、全体の売上を表示するところまで行いました。

前回の記事の状態

全体の売上の情報だけでは現在の課題がわからないのでさらに細分化して見ていきましょう。

売上を細分化するにあたってはいくつかの軸があります。

いま手元にあるデータでは地域や各顧客毎の「顧客軸」、発注や出荷の日付などの「時間軸」、製品のカテゴリと言った「製品軸」といくつかの候補があります。

とっかかりとしてどの軸から分析していくとよいか、判断がつきづらいと思いますが色々とデータを切り替えながら見ていきましょう。

まずは「顧客軸」で売上を細分化してみます。

顧客軸で売上を細分化

顧客軸で売上を細分化

※サンプルデータとなります。実在の人物や団体などとは関係ありません

画面では「顧客名」で売上を細分化してみましたが、顧客の数が多くこれだけ見てもあまり有益な情報は無さそうです。なので、一旦「顧客軸」から離れて今度は「時間軸」で見ていきます。

このデータでは「オーダー日」という時間軸の項目があるので「顧客名」の設定を「オーダー日」に切り替えてみます。

軸を変えたい場合は列のところに設定している項目をドラッグアンドドロップで切り替えます。

時間軸で売上を細分化

画面では「オーダー日」で売上を細分化してみました。

こちらも時系列で売上の推移はわかるものの、これだけだとデータから課題を見つけることは難しそうです。

「時間軸」での分析も直近の課題把握には繋げにくそうなので最後に残った「製品軸」で分析をしてみたいと思います。

「製品軸」の分析項目

製品軸の「カテゴリ」で売上を細分化

製品軸の「カテゴリ」で売上を細分化をしてみました。

「カテゴリ」の項目を使うと、「顧客軸」ほど細かくないため視覚的にも認識しやすく、「時間軸」ほど漠然としたものでもないため、ちょうど良い粒度で細分化できそうです。

「カテゴリ」の下の粒度に「サブカテゴリ」という項目もあるので更に細分化していきます。

「サブカテゴリ」を使い更に細分化

「サブカテゴリ」単位まで細分化していくと、各サブカテゴリで売上にはかなりバラつきがあることがわかります。

ここまでくると、「どの製品の売上を伸ばしていくか」という点に着目したくなります。

しかし、売上の比較だけだと注力すべき製品とそうでない製品の判断ができません。そこで、売上以外の指標も見ていきたいと思います。

異なる指標も見ていく

ここまで売上を中心に細分化してきましたが、売上以外にも重要な指標がデータの中にはありそうです。

売上の他の指標として「数量」「割引率」などもありますが、ここでは会社の課題に直結しそうな「利益」の指標に着目していきたいと思います。

「利益」の指標

いままで見てきた製品軸の売上分析画面に指標として各製品の「利益」もわかるようにしていきたいと思います。

グラフの中に「売上」と「利益」をまとめて表現したい場合にはいくつか方法がありますが、ここでは一目でわかるように「色」を塗り分けたいと思います。

分析画面の中に「色」を設定する箇所があるので、そこにそのまま「利益」の項目をドラッグアンドドロップします。

製品の売上グラフの色を「利益」で塗り分け

利益で色を塗り分けると「テーブル」だけがオレンジ色となり、一目瞭然で利益の上がっていない製品であることがわかります。

売上だけを単純に見ると比較的順調そうな「テーブル」ですが、利益も併せて見ていくと問題点を抱えていることが確認できます。現状の課題としては「テーブル」は売上が高いものの利益が低いという点が挙げられます。

具体的な要因としては製造にコストをかけすぎている、割引をしすぎているなどの要因が考えられますが、何も情報を持っていない状態から急ぎで課題の抽出を求められている状況では、一旦ここまでわかれば十分でしょう。

まとめ

ここでは課題の設定というテーマでゼロベースから色々と切り口や指標を切り替えてデータを分析してみました。

Excelを使うと予めどういう軸で何を集計すればよいのか、手がかりが無いとなかなか作業を進める事は難しいですが、Tableauの場合ドラッグアンドドロップの簡単な操作で色々と切り替えることができるため、今回のようなとっかかりの無い状態でもすぐに分析できます。

さて、『Tableauで実際にデータを深掘ってみた』連載も最終回となります。
今回は簡単なデータを扱っていることもありますが、第一回でご紹介したOODAループに基づいて「まずはデータを見る」という事が求められる場合、Tableauは非常に有効なツールとなります。

本記事のリンクからTableauのトライアルもできるため、Excelでのデータ分析に限界を感じている方は是非トライアルでTableauの威力を試してみてはいかがでしょうか。

▼ヴァリューズではTableauの導入支援も行っております。BIツールの導入でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

資料請求はこちら
▼Tableau Desktopは無料トライアルができます。以下よりダウンロードしてお試しください。
Tableau 無料トライアル

デモを交えて短時間でTableauの概要をお伝えしたり、Tableauを活用した事例紹介のウェビナーも随時開催中です。下記のリンクよりぜひご参加ください。

この記事のライター

新卒でソフトウェアベンダーに入社しBIツールを使ったシステム構築やデータ分析の他、顧客向けのトレーニングやセミナー講師を担当。
その後、WEB系事業会社のWEBマーケティングの担当として新規顧客獲得や広告運用の業務を担当した後ヴァリューズに入社。
現在はお客様が持っているデータを活用してマーケティングの支援を行う他、WEBマーケティングデータとBIツール「Tableau」を組み合わせた新たなサービスの開発にも従事。

関連するキーワード


Tableau

関連する投稿


 Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第2回】Tableauにデータを突っ込んでみる

Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第2回】Tableauにデータを突っ込んでみる

Tableauを使った分析が良い!と言われても正直ピンと来ない方もいらっしゃると思います。この連載ではなぜTableauでデータを分析すべきなのか、どう使っていくとデータ分析がはかどるのかご紹介していきます。<br>第2回は前回ご紹介したOODAループの考え方で、実際にTableauで簡単な分析をしてみたいと思います。


Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第1回】OODAループでデータを見ていく

Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第1回】OODAループでデータを見ていく

Tableauを使った分析が良い!と言われても正直ピンと来ない方もいらっしゃると思います。 この連載ではなぜTableauでデータを分析すべきなのか、どう使っていくとデータ分析がはかどるのかご紹介していきます。 <br>第1回は、ExcelとTableauの違い、PDCAサイクルとOODAループの考え方の違いについてみていきましょう。


ヴァリューズ&TableauがDX・データ活用セミナーを共催。「Tableau」を活用したビッグデータ分析手法を徹底解説

ヴァリューズ&TableauがDX・データ活用セミナーを共催。「Tableau」を活用したビッグデータ分析手法を徹底解説

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、リーディング分析プラットフォームを提供するTableau (NYSE:CRM)と共同で、『Tableau・VALUES共催 _ゼロから始めるDX&データ活用徹底解説セミナー』を、2021年12月10日(金)16:00~17:00にオンラインで無料開催いたします。


導入企業が急増中!BIツールTableau(タブロー)が支持されている背景とは?

導入企業が急増中!BIツールTableau(タブロー)が支持されている背景とは?

昨今、セルフサービス型BIツール「Tableau(タブロー)」を導入する企業が急増しています。なぜ、今ビジネスの現場でTableauが使われるのか、その背景をご紹介します。


国・自治体がTableauでわかりやすくデータを可視化しているって知ってた?市場調査やマーケティングに使えるオープンデータまとめ

国・自治体がTableauでわかりやすくデータを可視化しているって知ってた?市場調査やマーケティングに使えるオープンデータまとめ

Tableauを学ぶシリーズの番外編となる本稿では、国や自治体が公開しているサイトからTableauの活用事例を学びます!国・自治体が提供している、市場調査やマーケティングにも使えるオープンデータをまとめました。Tableau活用事例の参考にもなるでしょう。


最新の投稿


「〇〇とは」「おすすめ」「アプリ」の複合検索から読み解く!2022年の注目テーマとサービス

「〇〇とは」「おすすめ」「アプリ」の複合検索から読み解く!2022年の注目テーマとサービス

「〇〇とは」という検索から言葉の意味に関心が集まったトレンドワード、「おすすめ」「アプリ」などと共に検索されている語句から、消費者が検討行動の過程で情報を求めていたり注目している商品やサービスは何かを探ります。分析ツールにはWeb行動ログや検索キーワードの分析ができる「Dockpit」を用いました。


最新スマホアプリインストール数ランキング、前澤氏の宇宙からのお金贈りで使われたアプリが1位|2021年11月~12月

最新スマホアプリインストール数ランキング、前澤氏の宇宙からのお金贈りで使われたアプリが1位|2021年11月~12月

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。2021年12月の1位は個人間で簡単に寄付し合えるプラットフォームアプリ「kifutown」。実業家の前澤友作氏がTwitterを通じて実施した「前澤友作 全員お金贈りfrom宇宙」が影響しました。そのほか「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」や「ファミペイ」も上位にランクイン。


2021年 中国市場のトレンドまとめ|中国トレンド調査

2021年 中国市場のトレンドまとめ|中国トレンド調査

2021年に中国ではAI家電をはじめとした様々なスマート製品がZ世代の中でトレンドとなりました。中国では急成長の美容医療市場とシルバー経済についても成長の背景を探っていきます。


人気急上昇中スイーツのスフォリアテッラは次のトレンドになるか?検索データで予測してみた

人気急上昇中スイーツのスフォリアテッラは次のトレンドになるか?検索データで予測してみた

人気急上昇中の「スフォリアテッラ」を調査します。2021年に大ブームを巻き起こしたのは「マリトッツォ」でしたが、2022年を迎え、「次はどんなスイーツが流行るのかな」と気になっている方も多いかもしれません。様々なスイーツ名が挙がる中、私が注目したのは密かに人気急上昇中の「スフォリアテッラ」。これからさらに話題になるかどうか、マリトッツォのデータと比較しながら調査をしてみたいと思います。


【保存版】Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法を画像付きで初心者向けに解説!

【保存版】Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法を画像付きで初心者向けに解説!

Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法が複雑で分からないと悩んでいませんか。Google広告とGoogleアナリティクスは年々と構造が変化して設定方法も変化しています。ここでは、Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法とその後の指標に対する見方や考え方まで初心者向けに分かりやすく解説していきます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー