大手調剤薬局でも加速するDX ~ Dockpit新搭載のアプリ分析機能で利用者層を比較調査

大手調剤薬局でも加速するDX ~ Dockpit新搭載のアプリ分析機能で利用者層を比較調査

新型コロナウイルスの影響も加わり、昨今では業界を問わず多くの企業においてDXが進んでいます。これは医療業界も例外ではありません。調剤薬局大手ではアプリでのオンライン相談や服薬指導の他に、お薬手帳のアプリ化などが進んでいます。今回は、2022年5月にDockpitの競合分析メニューに新たに搭載された「アプリ分析機能」を用いて、調剤薬局各社のアプリのユーザー数やユーザー属性などについて調査・分析します。


調剤薬局(保険薬局)とは?

調剤薬局とは、病院や診療所などの医師が発行した「処方せん」の指示を基に、薬剤師が薬を調剤し、患者に薬とその薬の適正使用に関する情報を受け渡す薬局(医療提供施設)のことです。街中で見かけるアイン薬局や日本調剤、クオール薬局などがこれに該当します。

また、ドラッグストア業界でも調剤併設に舵を切っていて、スギ薬局では85%の併設率を誇っており、調剤併設店舗の展開が加速しているようです。

大手薬局チェーン 売上高TOP5

まずは、2021年の調剤薬局の売上高ランキングを見てみましょう。「薬キャリ 職場ナビ」の記事によると、上位5社は以下の通りです。

順位企業名売上高(百万円)
店舗数
1位アインホールディングス
263,095
1,065
2位
日本調剤
244,072
670
3位
クオールホールディングス
148,778
811
4位
メディカルシステムネットワーク
99,214
416
5位
東邦ホールディングス
91,098
777


お薬手帳アプリについて知ろう!

それでは、独自のお薬手帳アプリをリリースしている上位3社について掘り下げてみましょう。

ちなみに、アプリでは冊子タイプのお薬手帳と同様、処方された薬の名前や内容などを管理できるうえ、服薬時間や次回の受診を知らせてくれるアラーム・カレンダー機能などついていたりと、非常にメリットが多いことがわかりました。

また、お薬手帳アプリを活用することでタッチポイントを増加させ、顧客満足度向上や治療効果の最大化を実現することも戦略の1つになっているようです。

アインホールディングス「アインお薬手帳」(以下、アインHD)

日本調剤「お薬手帳プラス」(以下、日本調剤)

クオールホールディングス「処方せん送信&お薬手帳」(以下、クオールHD)

お薬手帳アプリの首位は日本調剤

各公式アプリの概観から見ていきましょう。

最もユーザー数が多かったのは、売上高第2位の「日本調剤」で、直近2年間で200万人弱のユーザー数となっていました。「アインHD」と比較しても5倍強のユーザー数となっており、差をつけていることがわかりました。

また、各アプリとも月の起動日数は平均で2~3日でした。

各公式アプリの基本指標

各公式アプリの基本指標

期間:2020年5月〜2022年4月
デバイス:スマートフォン

「アインHD」と「日本調剤」はユーザー数が2倍に

次に、直近2年間のユーザー数推移を見てみましょう。

グラフでは分かりにくいですが、3社とも着実にユーザー数を伸ばしていることがわかりました。特に「アインHD」と「日本調剤」は2年前と比較すると2倍程度まで増加していることから、順調に推移していることがうかがえました。

各公式アプリのユーザー数推移

各公式アプリのユーザー数推移

期間:2020年5月〜2022年4月
デバイス:スマートフォン

インストールユーザー数も見てみたところ、ユーザー数同様に「アインHD」と「日本調剤」が増加傾向にありました。

各公式アプリのインストールユーザー数推移

各公式アプリのインストールユーザー数推移

期間:2020年5月〜2022年4月
デバイス:スマートフォン

各アプリで主要年代が異なる

では、各アプリのユーザー属性も見てみましょう。

性別で見てみると、「アインHD」と「クオールHD」は若干男性の割合が高く、「日本調剤」はほぼ均等となっていました。

各公式アプリの属性:性別

各公式アプリの属性:性別

期間:2020年5月〜2022年4月
デバイス:スマートフォン

年代別で見てみると、「アインHD」は40代・50代、「日本調剤」は40代~60代、「クオールHD」は30代・40代となっており、各社で主要となる年齢層が異なっていることが特徴的でした。

各公式アプリの属性:年代別

各公式アプリの属性:年代別

期間:2020年5月〜2022年4月
デバイス:スマートフォン

東は「アインHD」、西は「日本調剤」。そして、関東は「クオールHD」

エリア別で見てみると、「アインHD」は北海道・東北・中部、「日本調剤」は中国・九州・近畿、「クオールHD」は関東にユーザーが多く、エリア特性があることがわかりました。

各公式アプリの属性:エリア別

各公式アプリの属性:エリア別

期間:2020年5月〜2022年4月
デバイス:スマートフォン

検索キーワードからニーズを読み取る

最後に、「お薬手帳」と検索したユーザーのニーズを探るため、検索キーワードも見てみたところ、『アプリ』や全国どこの医療機関でも利用できる無料のお薬手帳アプリ『EPARK』がランクイン。

特に『アプリ』との掛け合わせワードが最も多いことから、お薬手帳アプリへの需要が高いことがうかがえました。

「お薬手帳」の掛け合わせワード

「お薬手帳」の掛け合わせワード
※「お薬手帳」の他に、「おくすり手帳」、「薬手帳」、「くすり手帳」含む

期間:2020年5月〜2022年4月
デバイス:スマートフォン

また、ユーザー属性別マップ(性別×年齢別)から目立つキーワードをピックアップしてみたところ、男性全般はデジタル派高年層女性はアナログ派若年層女性はデジタル派とアナログ派の両方に分かれていることが読み取れました。

属性別マップ:性別×年齢

属性別マップ:性別×年齢

期間:2020年5月〜2022年4月
デバイス:スマートフォン

高年層男性

2021、2020、比較 → おすすめのアプリを探している

若年層男性
電子化、電子版、KAKARI → アプリを探している
高年層女性
無印、100均、作り方 → 手帳ケース(又はケースの作り方)を探している
若年層女性
電子、イーパーク、デジタル → アプリを探している
ダイソー、セリア、ケース、かわいい、リラックマ、キャラクター  → 手帳ケースを探している

まとめ

新型コロナウイルス感染拡大により、オンライン相談などのニーズが急速に拡大し医療業界でのDXが加速しました。

今回は、Dockpitの「競合分析」メニューに新しく搭載されたアプリ分析機能を用いて、各アプリのユーザー数やユーザー属性などについて分析しました。また、キーワード分析機能からはユーザーのニーズやユーザー像について迫りました。

目的やターゲットを正しく把握し、よりマッチしたコンテンツ作成などで利用者の心をしっかり掴みユーザー数拡大につなげたり、ターゲットに刺さりやすいキーワード選定や最適な情報を提供することが重要となるでしょう。

分析概要

全国のモニター会員の協力により、インターネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析ツール『Dockpit』を使用し、2020年5月~2022年4月におけるユーザーの行動を分析しました。

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、ブラウザ上でキーワード分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


「医療」市場調査 Dockpit

関連する投稿


What are the the differences between the searches of “medical consultation” and “health consultation”?

What are the the differences between the searches of “medical consultation” and “health consultation”?

Values Inc. (online behavior analysis services provider using advanced IT technologies) has conducted a collaborative survey with MRT inc. (medical information platform provider) to quantify consumer insights using online behavior histories and user attributes.


流行に火がついたスイーツを振り返る!「Dockpit」と「story bank」でスイーツ関心層を調査

流行に火がついたスイーツを振り返る!「Dockpit」と「story bank」でスイーツ関心層を調査

2021年はマリトッツォをはじめとして、フルーツ大福やフルーツサンド、カヌレなど可愛らしく、美味しいスイーツが様々な人から注目を集めました。2021年の流行スイーツをWebツール「Dockpit」と「story bank」を用いて分析し、調査レポートにまとめました。Webログデータをもとに定量と定性の両面から調査・分析し、最新情報をお伝えします。※詳細なレポートは記事末尾のフォームから無料でダウンロードできます。


消費者ニーズやブランド認知度を測るツールとしても活用 ~ 日本ペットフードの導入事例|Dockpitユーザー会レポート

消費者ニーズやブランド認知度を測るツールとしても活用 ~ 日本ペットフードの導入事例|Dockpitユーザー会レポート

株式会社ヴァリューズが提供するWeb行動ログ分析ツールDockpitの有料契約者限定で開催された「Dockpitユーザー会」。有料契約者の導入事例として日本ペットフード株式会社を迎え、ツールの導入に至った背景や活用方法、活用メリットについて紹介いただきました。 マナミナ編集部もDockpitユーザー会に参加。日本ペットフード株式会社の独自のツール活用術についてレポートします。


“Non-alcohol” vs “Fine-alcohol” Any differences in their customer bases? An examination based on search data

“Non-alcohol” vs “Fine-alcohol” Any differences in their customer bases? An examination based on search data

You can find non-alcohol beers displayed crammed in convenience stores in Japan. Even though “Strong” was the trends a little while ago, why are non-al and fine-al becoming the trend now? Let’s take a closer look at these from the behavior trends of keywords search users.


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


最新の投稿


急上昇ワードに「THE MATCH 2022」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/6/19~2022/6/25)

急上昇ワードに「THE MATCH 2022」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/6/19~2022/6/25)

2022年6月19日~6月25日の検索急上昇ワードでは、19日に開催された「Yogibo presents THE MATCH 2022」関連のワードが上位入り。「天心」「武尊」といった出場選手名や、「ABEMA」などが検索されました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト(Pinterest)で広告を出稿したいけどよく分からない。ユーザーがどのような目的でピンタレストを利用しているか、詳しく知りたい。ピンタレスト広告と相性の良い商材/ジャンルが知りたい。こんな悩みをお持ちの方に向けてピンタレスト利用者の利用シーンを分析し、ピンタレスト広告と相性の良いテーマを解説します。ピンタレスト広告の出稿を検討している方は参考にしてみてください。


【2022年7月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年7月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableauを使いこなすために避けては通れないテクニックとして「LOD表現」というものがあります。 慣れていないと少し難しく思えてしまいますが、LOD表現を自在に使えるようになるとTableauでの表現の幅がより拡がるので是非この連載で基本的な使い方や考え方をマスターしていきましょう。


徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

「VALUES Marketing Dive」は、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込めて、今年誕生した新しいマーケティングイベントです。今回のテーマは「Update Your Marketing ~ 顧客理解の新潮流」。本レポートでは、ちば興銀の顧客理解を起点としたコンテンツマーケティングの取組みについてお届けします。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら