「iPhone」と「Android」ワードの検索ユーザーのニーズはどう違う?スマホへの意識を調査

「iPhone」と「Android」ワードの検索ユーザーのニーズはどう違う?スマホへの意識を調査

スマートフォンのシェアを二分する「iPhone」と「Android」。爆発的なスマホの普及から早10年ほどが経ち、今それぞれの製品に対してユーザーはどのようなニーズを持っているのでしょうか。今回は、そんな「iPhone」と「Android」双方のユーザーのインサイトを、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」で探ります。


「iPhone」と「Android」ユーザー数と属性の調査

本記事ではiPhoneとAndroidに関心を寄せるユーザーの違いを、Web行動ログのデータから読み解いてみます。なお分析には、毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えるヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用います。

まずは、それぞれのワードを検索しているユーザー数を比較しましょう。

「iPhone」「Android」の検索ユーザー数(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年5月〜2022年4月
デバイス: PC・スマートフォン

過去1年の推移を表す上記のグラフを見ると、月間の検索回数はiPhoneが平均約500万ユーザー、Androidが平均約150万ユーザーです。単純な比較では、iPhoneのほうがAndroidの3倍強の検索者数がある様子です。

つづいて、検索ユーザーの性年代別の属性データも見ていきます。

「iPhone」「Android」の検索ユーザー属性

「iPhone」「Android」の検索ユーザー属性(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年5月〜2022年4月
デバイス: PC・スマートフォン

検索者の性別のデータを比べると、iPhoneは男性53.7%、女性が46.3%と男女比がほぼ近しいですが、Androidは男性の検索者が64.1%と割合が高いことがわかります。

また年代のデータでは、iPhoneは20~40代までの層で同等の割合なのに対し、Androidは40代の割合が最も高いです。加えて、双方の検索ユーザーともに60~70歳以上のシニア層からは、若い世代よりも関心が薄い、という傾向もわかります。

「iPhone」と「Android」それぞれの検索意図

前章ではiPhone、Androidそれぞれの検索ユーザーの属性の違いを見てきましたが、それぞれの製品への関心は、具体的にどのような分野へ向いているのでしょうか。Dockpitの「掛け合わせキーワード」の機能を使って、ユーザーの持つニーズを深掘りしてみます。

まずは、iPhoneの掛け合わせ検索ワードから見てみましょう。

「iPhone」の掛け合わせキーワード

「iPhone」の掛け合わせキーワード(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年5月〜2022年4月
デバイス: PC・スマートフォン

掛け合わせキーワード1位は「SE」で、iPhoneの廉価版モデルへの関心の高さが窺えます。他にも、4位「12」や5位「13」といったモデルのナンバリングや、12位「PRO」といったグレードの掛け合わせワードが登場しており、iPhoneについて調べるユーザーには各モデルや機種に対する一定の認知がありそうです。

また、2位「写真」や3位「アプリ」、7位「バックアップ」といったiPhoneの機能面に関するキーワードも多く見られます。こちらは、既にiPhoneを所持しているユーザーによって、端末操作や機能に関する検索が頻繁に行われていることが想像できます。

つづいて、Androidの掛け合わせキーワードも見ていきます。

「Android」の掛け合わせキーワード

「Android」の掛け合わせキーワード(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年5月〜2022年4月
デバイス: PC・スマートフォン

1位「アプリ」というワードを見る限り、iPhone同様に既にAndroid端末を所持しているユーザーの検索は多い様子ですが、「写真」や「バックアップ」といったiPhoneに見られたワードは、あまり上位に登場ない印象です。前項でAndroidの検索ユーザーは40代の男性がボリュームゾーンだとデータが出ていましたが、端末操作に慣れたリテラシーの高いユーザーが多い可能性があります。

また、特定のモデル名や機種に関する名称も、iPhoneに比べると検索が少ないように見えます。唯一登場しているのは6位「ONE(Android ONE)」というGoogleの提供する安価な機種に関するワードだけです。その代わり、2位「スマホ」や3位「タブレット」といった、端末自体の種別に関するワードが出てきているのは特徴的です。

加えて、7位「おすすめ」という「どの機種を選ぶべきか」迷うユーザーが使う検索ワードが出てきているのも、iPhoneとの差異かと思います。Android OSを搭載したモバイル端末は国内外を問わず様々なメーカーから発売されているため、何を買うべきか検討しているフェーズのユーザーも多いのでしょう。

まとめ

今回の調査結果から、現在のスマホに対する興味関心はAndroidよりもiPhoneに対してのほうが大きく、iPhoneに関しては具体的な機種・モデル名の一般認知や関心も高い様子がうかがえました。一方、Androidは特定のセグメントからの支持はあるものの、現段階では「やや玄人好みな製品」と一般化ができていないイメージがあるようにも感じます。

1社がひとつの商品を推し続けるiPhoneは、それぞれの機種・モデル名に対する掛け合わせ検索が多く、iPhoneという大元のブランド名の認知がいかに高いかが窺えます。我々も日ごろから目にするように、「iPhoneの新作が出る」となれば盛んな報道もされますし、国内で一般化したブランド名が、幅広い層の継続顧客を得ている要因のひとつになっていると思います。

Androidは、ユーザーがどの点で自身の機種を選ぶべきか、その差別化を行う事がセールスにおいて大事なのではと感じます。iPhoneと比較して特定の機種・モデル名の掛け合わせ検索が少ないことから、しっかりとターゲットを据えた上での特徴的な製品と、その製品名のブランディングが競合に差をつける一手になるのではないでしょうか。

一方、2つの製品の違いにばかり目が行きがちですが、「スマートフォン」という大きな括りで考えた際に共通するポイントも出てきたように思います。例えば、どちらも廉価モデルへ興味を持つユーザーが一定数いることや、シニア層へのリーチはまだまだ伸長する余地がありそうですね。

本調査が、皆さんのマーケティング業務や市場調査などに役立ちますと光栄です。

【調査概要】
・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報にもとづき分析
・行動ログ分析対象期間:2021年5月〜2022年4月
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:PC・スマートフォンの両デバイス

Top Photo by Adobe Stock

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

国内大手の採用メディア制作部を経てフリーライターとして独立。現在はWebマーケティング、就職・転職、エンタメ(ゲーム・アニメ・書籍)等の各種メディアにて記事制作を担当。「マナミナ」では一人でも多くの読者に楽しく読んでもらえるマーケティングコンテンツを提供していきます。

関連する投稿


全国旅行支援開始!「新型コロナワクチン接種証明書」が最新スマホアプリインストールランキング上位に(2022年10月)

全国旅行支援開始!「新型コロナワクチン接種証明書」が最新スマホアプリインストールランキング上位に(2022年10月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。今月のランキングでも「マイナポイント」「マイナポータル」が相変わらず根強い結果の中、全国旅行支援開始と同時に「新型コロナワクチン接種証明書」が急浮上。そして、Z世代に特徴的と言われる「タイパ」の影響が映像業界にも大きく影響している?「TVer」の上位ランクインの裏には、ダイジェスト動画配信サービスが関係していると考えられそうです。


注目のキャリア支援策「リスキリング」とは。社会人も効率的に学べる「オンライン学習」業界を調査

注目のキャリア支援策「リスキリング」とは。社会人も効率的に学べる「オンライン学習」業界を調査

「リスキリング」とは、2022年10月、臨時国会開会時の岸田首相による所信表明演説で国家的支援の発表がなされ、ニュース等でも一斉に取り上げられた「学び直し」を意味するワードです。ただ、働き方の変化に必要不可欠なスキル習得を急に迫られたところで、仕事を持ちながらキャリアアップのため新たな技術を習得するには、さまざまなハードルもあるのが現状ではないでしょうか。今回は、社会人でも手軽に「リスキリング」を始められるオンライン学習業界に注目。業界状況や利用する人々の属性などを調査分析しました。


「買い物=ポイント付与」が当たり前のご時世に?最新スマホアプリインストール数ランキングで「iAEON」が急上昇(2022年9月)

「買い物=ポイント付与」が当たり前のご時世に?最新スマホアプリインストール数ランキングで「iAEON」が急上昇(2022年9月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5を一覧にまとめました。今月のランキングは、申込締め切りを延長した「マイナポイント」「マイナポータル」が相変わらず上位と根強い結果に。そしてポイント訴求の影響か、女性ランキングに「iAEON」が浮上しています。日頃のお買い物とポイント取得は密接に関係している背景がうかがえそうです。


日用品はオンラインで検討する?検索・検討のされ方を探る【ヘアケア編】

日用品はオンラインで検討する?検索・検討のされ方を探る【ヘアケア編】

3年ぶりに行動制限のなかったこの夏。海や山など、野外でさまざまなレジャーを楽しまれた方も多いのではないでしょうか。夏が終わった今、気になるのは夏の強烈な日差しを浴びた髪のコンディション。個性的なヘアスタイルやヘアカラーを楽しむ人も多い中、世の中では「ヘアケア」に対してどのような関心があるのでしょうか。「ヘアケア」のワード検索から、そのユーザー像や関心事を、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて調査分析しました。


Characteristics of users using @cosme’s live commerce based on online analytics

Characteristics of users using @cosme’s live commerce based on online analytics

Live commerce is gradually attracting attention in Japan. With the interactive nature between the seller and viewer, companies in different industries are adopting it. We will focus on live commerce adopted by @cosme, a cosmetics and beauty website and investigate the user characteristics of live commerce participants.


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら