検索エンジンとしてのTikTokの躍進。Googleによるショート動画セクション導入も|「2023年2月 コンテンツマーケティング最新動向」レポート

検索エンジンとしてのTikTokの躍進。Googleによるショート動画セクション導入も|「2023年2月 コンテンツマーケティング最新動向」レポート

TikTokをはじめ、様々なプラットフォームが短尺動画機能をリリースしていますが、この動きがGoogleの検索結果画面にも影響を及ぼしていることをご存じでしょうか。SEOに携わるマーケターなら押さえておくべき「短尺動画×検索」の流れを、ヴァリューズのマーケティングコンサルタントが解説します。


解説者紹介

TikTokが検索エンジンになる?Googleによる対策とは





安部:2023年2月のコンテンツマーケティング最新動向レポートでは、「短尺動画×検索」をテーマに取り挙げます。実は2022年5月頃から、Googleが検索結果画面の上位に短尺動画を表示させるようになったんです。実際に目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。










岩間:2022年5月というと、Googleがコアアップデートを実施した頃ですね。










安部:その通りです!イメージしやすいよう、最初に「短尺動画×検索」にまつわる流れをピックアップしてみました。








安部:2022年5月の変化に続き、Googleは7月に「約40%の若者が昼食の場所を探すとき、Google マップや検索を使わず、TikTokやInstagramを使用する」と発表し、Googleサービスの機能改善についての方向性を示しました。

そして9月のコアアップデートで、さらにTikTokを中心とした短尺動画を検索結果画面で上位表示させるようになり、2023年1月頃には、特定のクエリにおいて、検索画面結果に「ショート動画」セクションを導入しています。

これらGoogleの動きに加え、2022年12月には、短尺動画の先駆けであるTikTokが、自らを検索エンジンとして活用することをユーザーに促すプロモーションを開始しました。

これら「短尺動画×検索」の一つひとつの動きを読み解きながら、今後の可能性を見ていきましょう。




Googleが短尺動画を重視する理由





岩間:そもそもなぜ、Googleは短尺動画を重視しているのでしょうか。










安部:やはりユーザーファーストを重視しての判断だと思います。Googleとしても、短尺動画のニーズが世の中で高まりつつあることを感じているのではないかと。今後ユーザーのニーズに応えていくことを考えたとき、テキストだけでなく短尺動画も出していく必要があると判断したと考えられます。










岩間:確かにレシピなどは、テキストよりも動画で説明してもらったほうが理解しやすいですね。でも、レシピの短尺動画は以前からあったと思うのですが、どうしてこのタイミングでGoogleは重視しはじめたのでしょうか。










安部:やはりTikTokの人気が影響しているのだろうと思います。

GoogleがいかにTikTokを重視しているかはデータにも表れています。従来はGoogleの検索結果画面において、TikTokの上位表示キーワードはほとんどなかったんです。例えば「オムライス 作り方」といったキーワードで検索しても、Googleの検索結果画面でTikTokの動画が上位になることはほとんどありませんでした。しかし、下図のグラフを見ると2022年5月から増加していることがわかるでしょう。Googleの検索画面結果にTikTokの動画が表示されることがぐんと増えました。








岩間:ユーザーファーストのほかにも、TikTokにユーザーが流れてしまうことを防ぐといった狙いもありそうですね。










安部:そうですね。ユーザーの可処分時間をいかにとっていくかを考えているのでしょう。




TikTokを検索エンジンとして活用する動きも





安部:Googleだけでなく、TikTokも動きを見せています。一連の流れのところでも紹介した通り、TikTokは自身を検索エンジンとして使ってもらうことを訴求するプロモーションを開始しました。

2022年12月にはTikTok UKが検索エンジンとしての利用を促すプロモーション動画を展開、「Search it, learn it. Do it with TikTok(TikTok で検索して、学び、行動しよう)」とTikTokでの検索(と学びや行動)を促しています。








安部:背景として、成長を加速させたいTikTokの姿勢が感じられます。TikTokはレコメンドの強さが特徴のアプリです。そのため、もともと能動的に情報収集するためのものというより、受け身的な使われ方をするほうが多かったと思います。

検索エンジンとして使えることを発信することで、より多くのユーザーを取り込んでいきたいと考えたのではないでしょうか。Googleの「ググる」や、Instagramなどの「タグる」と同じように、TikTokで検索する動きが活発になってきています。










岩間:検索エンジンとして使えるくらい、TikTokでもハウツー系のコンテンツが増えていくかもしれませんね。










安部:そうですね。初期のTikTokはダンス系の動画が多かった印象ですが、最近ではコンテンツの多様化が進んでいます。ハウツー系のコンテンツももっと増えていくかもしれません。




Google検索画面結果にショート動画セクションが登場





安部:最後に紹介するのが、2023年1月、Googleの検索結果画面にショート動画セクションが登場したことです。

何が変わったかというと、見せ方が変わりました。これまでは、検索結果画面でテキスト(ページ名・URL)で表示されていましたが、動画のサムネイルで表示されるようになりました。










岩間:ショート動画セクションって、日本語だとまだ多くないですよね。僕は頑張って探して、「バナナケーキ」というクエリで表示させることができました!








安部:今後ショート動画は、ジャンルを問わずどんどん増えていくだろうと考えています。手軽に視聴できるというユーザーの利便性はもちろん、クリエイターにとっての動画作成のハードルの低さにもメリットがあります。

簡単な内容だけでなく、大学の講義のような専門的な内容も、検索結果画面上に動画が増えていくのではないでしょうか。テキスト8割:動画2割なのか、動画8割:テキスト2割なのかなど、状況は内容によるでしょうが、学びたいもの系のハウツー動画は増えていきそうですね。

Googleで検索すれば、いろいろな媒体のショート動画を見られる。Googleはユーザーにとって、そのようなプラットフォームになることを目指しているのではないかと考えられます。




マーケターがとるべき対策は





岩間:今後、マーケターはどのような行動を起こすべきでしょうか。










安部:ショート動画が増加しているからといって、今すぐ活用しましょうというスピード感は必要ないと思います。ただ、取り組むタイミングを見極めるために、成功事例や他社の状況などを見ながら、TikTokやショート動画で実際どれくらい成果が出るかを定点で追っていくことをおすすめします。広告やYouTubeよりもショート動画のほうがトラフィックやCVを集められているようなら、参入の時でしょう。そのタイミングが年内など早い段階でやってくる可能性はあると思います。

また、すでにYouTubeで長尺動画を活用している企業は、ショート動画の活用を一度検討してみてもよいでしょう。ショート動画は制作工数が少ないため、どれくらいコストを抑えられるかを見てみてもよいのではないでしょうか。










岩間:ショート動画のマーケティング価値がより高まっていることがわかりました!








安部:以上、2月のコンテンツマーケティング動向「SEO編」でした。次月のネタも楽しみにお待ちください。






(本調査はあくまでも傾向に注目し、今後の施策における仮説立てや優先順位の検討に有効活用するためのものであり、因果関係を示すものではないこと、また、各トピックの内容やVALUESの見解は、資料作成時のものであり、今後の情勢やアルゴリズムの変化によって変わることがある旨、ご留意ください)

本記事でご紹介した、コンテンツマーケティング最新動向レポートは下記フォームから無料でダウンロードできます。ぜひお申し込みください。

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年2月版)

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

IT企業でコンテンツマーケティングに従事した後、独立。現在はフリーランスのライターとして、ビジネスパーソンに向けた情報を発信しています。読んでよかったと思っていただける記事を届けたいです。

関連する投稿


SEO施策にAIを活用・活用予定の企業が約8割 AI活用での不安は「コンテンツの質を担保できるか」【Digital Arrow Partners調査】

SEO施策にAIを活用・活用予定の企業が約8割 AI活用での不安は「コンテンツの質を担保できるか」【Digital Arrow Partners調査】

株式会社Digital Arrow Partnersは、月のWebマーケティング予算が100万円以上の企業に勤めるマーケティング担当者を対象に、2024年のSEO動向に関する実態調査を実施し、結果を公開しました。


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年12月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年12月版)|ホワイトペーパー

最新のSEO対策など、コンテンツマーケティングに関する動向を毎月まとめてご紹介。今回は、2024年のSEO動向予測や2023年のSEO重要トピックの振り返りなど、年末年始に押さえておきたい内容が満載。また、SEOのよくあるお悩みに対し、専門のコンサルタントが対策を徹底解説していきます。


SEOのよくある疑問にプロが答える!キーワード選定やリライトの基準、記事作成のコツなど|「2023年12月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

SEOのよくある疑問にプロが答える!キーワード選定やリライトの基準、記事作成のコツなど|「2023年12月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

SEOに取り組んでいると、各フェーズで様々な疑問が出てくるもの。中には「こんなこと、今さら聞けない…」と思っている人もいるのではないでしょうか。今回は、日々クライアントのSEOを伴走支援しているヴァリューズのマーケティングコンサルタントが、みなさんからよくいただく質問にお答えします。2023年の総仕上げとしてぜひ読んでみてくださいね。


2024年のSEOトレンド予測と、対策のためのSEOチェックリスト最新版 | ホワイトペーパー

2024年のSEOトレンド予測と、対策のためのSEOチェックリスト最新版 | ホワイトペーパー

ChatGPTなどの革新的な生成系AIの登場が相次ぎ、先が予測しづらい時代。2024年のSEOを考える上で、コンテンツマーケターが今から押さえておくべきポイントとはどのようなものなのでしょうか。日本最大級のSEO研究用データベースを保有し、Googleの考え方を熟知したヴァリューズが、新年に取るべきアクションのチェックリストを作成しました。


2024年のSEOトレンド予測【完全版】日本最大級のSEO研究用データベースから、ビックデータ分析で解き明かす | ホワイトペーパー

2024年のSEOトレンド予測【完全版】日本最大級のSEO研究用データベースから、ビックデータ分析で解き明かす | ホワイトペーパー

ChatGPTをはじめとした生成系AIの登場など、SEOを取り巻く外部環境の変化を受けて、Googleをはじめとする各種検索エンジンが様々な進化を見せています。では、2024年のSEOではどういった論点が重要になっていくのでしょうか。日本最大級のSEO研究用データベースを保有し、Googleの考え方を熟知したヴァリューズが解説していきます。今すぐ役立つトピックや施策案も満載。新年の動向を押さえたSEO対策に、ぜひご活用ください。


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ