中国のSNSトレンドが日本にも?市場拡大を続ける「B2Cソーシャルセリング」とは|「2023年3月 コンテンツマーケティング最新動向」レポート

中国のSNSトレンドが日本にも?市場拡大を続ける「B2Cソーシャルセリング」とは|「2023年3月 コンテンツマーケティング最新動向」レポート

今や企業のマーケティング活動に欠かせないSNS。SNSマーケティングの一歩先を行く中国では、B2BだけでなくB2C領域で盛んにソーシャルセリングが活用されているのだそう。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントが、ソーシャルセリングの活用ポイントをお伝えします!


【解説者紹介】

B2C領域でも注目される「ソーシャルセリング」





岩間:2023年3月のコンテンツマーケティング最新動向レポートでは、ソーシャルセリングについて説明していますね。ソーシャルセリングとは何か、改めて教えてもらえますか。










蒋:ソーシャルセリング(social selling)とは、FacebookやTwitterなどのSNSを通じて見込み客と信頼関係を深め、自社商品を購入してもらう販売手法のことです。自社商品について積極的に情報発信をしてブランディングを図ったり、フォロワーなど見込み客とDMでやりとりしたりすることで、関係を構築し、購入へとつなげていきます。

ソーシャルセリングは、もともと主にB2B領域で活用されてきたのですが、SNSの発展に伴ってB2Cの領域でも注目され始めています。今後日本でも盛り上がりを見せると考えられるため、マーケターの皆さんにぜひ活用していただきたいと思い、今回ピックアップしました!




中国でB2Cソーシャルセリングの市場規模が拡大中のワケ





蒋:ソーシャルセリングを説明するにあたって、まず中国の状況からお伝えしたいと思います。日本と中国、両方のマーケティングを見ている私からすると、中国のSNSマーケティングやインフルエンサーマーケティング市場は成熟してきており、現在日本は中国を追っている形と感じているからです。

中国では、既に5年前からB2C領域でソーシャルセリングが盛り上がっています。以下の図をご覧ください。2018年から市場規模がどんどん拡大していって、2022年には5年前と比べて約10倍の規模になっていることがわかります。中国の場合、WeChatやTikTokなどをメインの媒体として、ソーシャルセーリングが実施されています。








岩間:どうして中国では、B2Cソーシャルセリングが流行るようになったのですか。










蒋:インサイト面と機能面の2つの背景があると考えます。

まずインサイト面について説明します。中国では海賊版の商品がかなり出回っていた時期があったことから、そう簡単に情報を信用しない人が多い傾向があります。多くの人は、企業がネット上で発信している情報をすぐにそのまま信用することはないでしょう。その点、ソーシャルセリングのように、ある程度信頼関係が構築されている人からの情報は信用しやすいといえます。「信頼している人がおすすめする商品なら買おう」という心理が働くからです。

もうひとつの機能面についてですが、ソーシャルセリングは、認知から購買までの動線が短いところで発展しやすいと考えられます。中国では、以前のレポートでご紹介した「興味EC」のように、SNS内のEC機能がかなり充実しています。消費者はSNS上で情報を得たら、他のプラットフォームに移ることなく、そのままワンストップで購買に移ることができるんです。




【SNS最新トレンド】TikTokのコンテンツ運用や「興味EC」に注目|「2022年8月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」
https://manamina.valuesccg.com/articles/1950





岩間:なるほど。日本と中国では状況が異なる部分もあると思うのですが、日本でも流行するのでしょうか。










蒋:私は、B2Cソーシャルセリングは日本でも流行ると思います。

確かに日本と中国で見られるインサイトは異なりますが、日本でもソーシャルセリングが流行する可能性が高いことを示唆するデータがあります。2020年にリリースされたTikTokのZ世代に関する調査によると、今の日本のZ世代は、芸能人やフォロワーを多く抱えるインフルエンサーより、友達や信頼できるマイクロインフルエンサーの発信を信頼している傾向があるとのこと。つまり、親近感のある人からの情報を信頼しやすいという傾向が、Z世代の中でどんどん生まれているのです。

そのため、確かに中国人と日本人で見られるインサイトは違いますが、情報収集において信頼関係が重視されていることは共通していると考えられるでしょう。

機能面についても、確かに今の日本では、中国ほどSNS内のEC機能は充実していないと言えますが、最近ではInstagramやTwitterでも、EC機能や購買に繋がりやすい機能がどんどんリリースされています。

このように、日本でもB2Cソーシャルセリングが流行する環境は整いつつあると思います。




信頼関係の構築が重要!「B2C2C」ソーシャルセリング





岩間:ここまでの説明を聞いて、近いうちに日本でもB2Cソーシャルセリングは流行しそうだと感じました。

ところで今回の2023年3月のコンテンツマーケティング最新動向レポートには、B2C2Cソーシャルセリングという表現がありますね。B2Cではなく、B2C2Cとしているのはどうしてですか。










蒋:B2Cソーシャルセリングをもっとイメージしやすいように、B2C2Cという表現にしました。以下の図を見ていただくと分かりやすいと思います。








蒋:一般的に、企業は新商品などをリリースする際、まずイノベーターやアーリーアダプターのような、商品を早い段階で取り入れる人たちに対してアプローチします。ソーシャルセリングでは、このような人たちの中で、積極的に情報発信をしている人をソーシャルセラーと呼んでいます。このソーシャルセラーたちが、その新商品を購入して試してみた体験や感想をSNS上で発信し、その発信に影響を受けた一般消費者が購買行動に移るイメージです。

つまり、「B(企業)」2「C(ソーシャルセラー)」2「C(一般消費者)」を意味しています。










岩間:新商品をいち早く取り入れて情報を発信し、一般消費者に影響を与える。インフルエンサーと似たような意味に聞こえるのですが、ソーシャルセリングとインフルエンサーマーケティングはどう違うのでしょう。










蒋:ソーシャルセリングとインフルエンサーマーケティングは共通点もあるのですが、違う点を挙げるとすると、ソーシャルセラーは、インフルエンサーだけではなく一般人もなれることです。ソーシャルセリングの大事なポイントは、信頼関係があるということ。インフルエンサーよりも、友達など身近な人からの情報を信頼できるという人もいるでしょう。










岩間:なるほど。インフルエンサーというと企業からインセンティブをもらって情報発信をするイメージがあるのですが、一般の人たちは何をモチベーションに商品を紹介しているのでしょう。もちろん純粋に、自分が良いと思ったものをおすすめしたいという気持ちもあると思いますが。










蒋:中国では、一般の人たちもインセンティブをもらえる体制です。企業がSNS上で展開しているキャンペーンに一般の人が自発的に参加できるほか、商品を売る契約を企業と交わすケースもあります。










岩間:日本でも同じような状況になるのか、少し疑問に思います。インフルエンサーと違って、商品紹介を仕事としているわけではない一般の人たちの中には「SNS上でお金儲けをしているみたいに見られたら…」と抵抗を感じる人もいるのではと。










蒋:まず信頼できる人と思ってもらうことが大切なのではないでしょうか。普段から、インセンティブをもらう案件ではない情報発信も積極的に行うことで、「この人はビジネス目的だけで商品を紹介しているわけではない」といったイメージを作ることが大切だと思います。




B2C2Cソーシャルセリングを行うために、マーケターがすべきこと





岩間:B2C2Cソーシャルセリングを行うにあたって、企業は一般消費者から信頼される人を選んだり、依頼しなくてもそのような人たちが商品を紹介してくれるような仕組みを作ったりする必要がありそうですね。










蒋:マーケターがメインで行うべきことは、自社商材の世界観やUSP(Unique Selling Proposition = 独自の強み)を明確にすることです。例えば、リリースを発信する際はターゲットの解像度を高めるようにします。そうすれば、ターゲットの中から確度の高いイノベーターやアーリーアダプターが出てくるようになり、「いつも発信しているあの人がおすすめする商品なら信頼できる」と一般消費者も思うようになるでしょう。

ほかにも、自社商材やサービスのイノベーターやアーリーアダプターに影響を与えやすい施策を策定することも大切です。

以上、3月のコンテンツマーケティング動向「SNS編」でした。レポートの完全版ではその他に、「2023年3月に知っておきたいSNSニュース」などのコンテンツもございますので、是非チェックしてみてくださいね。




レポートは下記フォームから無料でダウンロードできます。ぜひお申し込みください。

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年3月版)

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

IT企業でコンテンツマーケティングに従事した後、独立。現在はフリーランスのライターとして、ビジネスパーソンに向けた情報を発信しています。読んでよかったと思っていただける記事を届けたいです。

関連する投稿


【2024年最新版】SEO初心者向けセミナー ~SEOの基本知識から具体的なSEO対策の始め方を徹底解説~|セミナーレポート

【2024年最新版】SEO初心者向けセミナー ~SEOの基本知識から具体的なSEO対策の始め方を徹底解説~|セミナーレポート

この春、新たな環境でSEO施策に従事することになったという方も多いのではないでしょうか。そんな方々に向けて、日々アップデートされるSEOの状況に対応できるよう、SEOの基本から2024年最新版の情報をご紹介しました。新しくマーケティングやプロモーションに従事される方、今一度SEOの基本を見直したい方におすすめです。※本セミナーのレポートは無料でダウンロードいただけます。


SEO業者を選ぶ際は「費用対効果」「コンテンツの品質」「実績」を重視【eclore調査】

SEO業者を選ぶ際は「費用対効果」「コンテンツの品質」「実績」を重視【eclore調査】

株式会社ecloreは、20~50代のSEO施策を知っている男女を対象に、SEOに関するイメージ調査を実施し、結果を公開しました。


SEOに効く!競合サイトの見つけ方と分析方法

SEOに効く!競合サイトの見つけ方と分析方法

狙っているキーワードで上位を獲得している競合サイトを分析して良い部分を自社サイトに取り入れましょう。すべてのサイトを見るのは大変なので、効率的に競合分析するには競合サイトの見つけ方が大事。メインの流入キーワードの競合となるWebサイトを探し、サイトの規模や更新頻度を自社サイトと比べることで、競合Webサイトに追いつくために必要なコンテンツ量や更新頻度の参考になります。


SEOとは何の略?初心者もスグできる対策と3つの分析ツールを紹介

SEOとは何の略?初心者もスグできる対策と3つの分析ツールを紹介

SEOとは何の略か知りたい。Webサイトの運営とアクセスを増やすのにSEOが必要らしいけど、具体的に何をすれば良いのかわからない。こんな疑問をお持ちの方に向けてSEOの意味から、初心者でもわかるSEO対策の設定と考え方を解説していきます。間違ったSEO対策やサイト設計をして、逆効果にならないようにしておきましょう。


YouTube, Shorts & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 2>

YouTube, Shorts & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 2>

Gen Z has been enjoying videos since their school days and known as one of the first to adopt short-form videos. We’ll analyze how they use video-format social media and compare with Gen X and Y. This analysis will cover medium usage, popular content, daily integration, purchasing behavior, and awareness.


最新の投稿


Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

In recent years, there have been lots of “analysis” content, especially popular among young people. They cover a range of subjects, and platforms for expressing insights and “analysis” in writing is gaining popularity. Let's look at data to understand its popularity, different from that of “spoilers” or “synopsis”!


Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

株式会社MERYは、Z世代の男女を対象に「Z世代の推し活事情」について調査を実施し、結果を公開しました。


ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、ケーススタディ(環境分析のアウトプット)について寄稿いただきました。


約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

株式会社グローバルプロデュースは、大企業(1,000名以上)に勤務する社内イベントの企画に携わる会社員を対象に、リアルイベントの効果に関する実態調査を実施し、結果を公開しました。


10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

株式会社Utakataは、10〜50代の男女を対象に、「TikTokを閲覧する時間帯」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ