スマートホーム化を行っているのはどんな人?SwitchBotユーザーからプロファイルを分析

スマートホーム化を行っているのはどんな人?SwitchBotユーザーからプロファイルを分析

帰り道に自宅のエアコンを起動して、涼しい部屋に帰る。そんなスマートホーム化を実現するのが、SwitchBot(スイッチボット)です。今回は、SwitchBotのアプリユーザーを分析し、スマートホーム化を行っている人の人となりを分析。「ペット・車関心層」「子育てスタート層」など、ユーザーを5つのグループに分類したクラスタリング分析から、スマートホーム化促進のための生活者とのタッチポイントも探っていきます。


SwitchBotとは

自宅のスマートホーム化を実現するSwitchBot(スイッチボット)。
「ハブ」と呼ばれるデバイスを室内にセットし、専用のアプリをインストール。赤外線のリモコンで動くタイプの家電であれば、このアプリと接続することで、アプリ上で遠隔操作をしたり、タイマー設定をすることができるようになります。アプリをインストールしたスマホが、スマートリモコンの役割を果たすようになるということですね。

「ハブ」とSwitchBotアプリの画面

アプリユーザーの基本属性

男性が7割、30代の利用者が多い

まずは、SwitchBotアプリユーザーの基本的な属性を見てみましょう。
なお分析には、毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えるヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を使用します。

ユーザーの性別を見てみると、男女比はおよそ7:3と、男性ユーザーが目立ちます。ガジェット好きな男性のイメージが湧きますね。

SwitchBotアプリユーザーの男女比
期間:2023年4月~2023年9月
デバイス:スマートフォン

年代割合を見てみると、30代がボリュームゾーンとなっており、40代、20代が僅差で続きます。

SwitchBotアプリユーザーの年代割合
期間:2023年4月~2023年9月
デバイス:スマートフォン

女性の方がヘビーユーザーの割合が高い

ここから少し、ユーザーの解像度を上げていきましょう。
先ほどの年代割合のグラフを男女で切ってみると、男性は幅広い世代のユーザーが見られるのに対し、女性は30代に集中していることがわかります。女性は、「家事・育児を楽にしたい」というママ層が多いのかもしれません。

SwitchBotアプリユーザーの年代割合(男性vs.女性)
期間:2023年4月~2023年9月
デバイス:スマートフォン

ユーザーの世帯年収を見てみても、男女で傾向に大きな差が。
男性はネット利用者全体と比べても400万円未満のユーザー割合が低く、女性と20%超の差があります。一方で、世帯年収1000-1500万円の男性の割合は約21%と、高所得層が目立ちます。

SwitchBotアプリユーザーの世帯年収(男性vs.女性)
期間:2023年4月~2023年9月
デバイス:スマートフォン

男性の方がユーザー数は多いものの、アプリの利用頻度ではどうでしょうか。
月平均のアプリ起動日数を男女で比べてみると、1〜5回の起動が男性は約68%、女性は52%と、女性の方が頻度高く利用しており、ヘビーユーザーの割合が高いことがわかります。

SwitchBotアプリユーザーの月平均アプリ起動日数(男性vs.女性)
期間:2023年4月~2023年9月
デバイス:スマートフォン

このように、男女で切るだけでもSwitchBotは様々なユーザーを抱えていることがわかります。次の章では、ユーザーを5つのグループにクラスタリングし、さらに具体的なペルソナへと落としていきたいと思います。

クラスタリング分析で、ユーザーを5つのグループに分類

クラスターごとの多様なニーズに迫る

スマートホーム化に積極的なユーザー像を深堀りするため、SwitchBotアプリの起動前後180分間にユーザーが検索したワードから、機械的に5つのクラスターを作成しました(クラスター名は、分析の結果を踏まえて筆者が作成)。なおこの章では、Web行動データとアンケートデータを用いて、ターゲットユーザーにおける特定の Web 行動の前後の動きと属性を集計できる、ヴァリューズの分析ツール「story bank」を用います。

「スマートホーム集中検討」層:
「アレクサ」「スイッチボット」「スマートスピーカー」「スマートリモコン」「スマート電球」など、スマートホームに関する検索ワードが集まっているグループです。「とりあえずスマートホーム関連を調べたい」という心理がうかがえます。

「料理・健康」関心層:
「ホットクック」といった調理器具、「えのき」「蒸し鶏」「絹豆腐」といった食材、
「鉄分」「喉」「倦怠感」「喘息」といった栄養素や体調に関する検索ワードが見られます。「スマートホーム化で家事を楽にしたい」というニーズがあるのかもしれません。

「ペット・車」関心層:
ダイハツのSUV「タフト」や「オイル漏れ」「タイヤ館」「マフラーカッター」といった車に関するものを中心として、「ペットフェンス」「チンチラ」といったペット関連のワードや、観葉植物の「モンステラ」、また「ハイブランド」という検索も見られます。
マシン好きの一環でスマート家電を利用していたり、不在時のペットや観葉植物の見守り・管理のためにスマートホーム化を行っているユーザーが多いのかもしれません。趣味が充実しているユーザー像がうかがえます。

「家族が増えて住まい検討」層:
「太陽光」「水道管」「監視カメラ」といった住宅設備に関する検索や、「婚姻届」「事実婚」といった結婚に関するワード、「さいたま市」「アンパンマンミュージアム」「那須」「車なし」などの、小さい子供を連れたお出かけや、引っ越しを検討しているようなワードが見られます。
結婚や子供ができたことを機に、リフォームや引っ越し、スマートホーム化を行いたいユーザーが集まっているのかもしれません。

「子育てスタート」層:
「赤ちゃん」「赤ちゃん連れ」「離乳食」「ベビーカー」「チャイルドシート」「見守りカメラ」などのワードが集まっており、子育て始めたてのユーザーがこのクラスターを構成していると考えられます。「スマートホーム化で家事・育児を楽にしたい」というニーズが読み取れます。

クラスターごとのユーザー属性

グループごとの属性情報も見てみましょう。
性別は、男性の割合が高い順に
・「スマートホーム集中検討」層
・「ペット・車」関心層
・「家族が増えて住まい検討」層
・「子育てスタート」層
・「料理・健康」関心層
となっています。

未既婚状況は、既婚者の割合が高い順に
・「子育てスタート」層
・「料理・健康」関心層
・「スマートホーム集中検討」層
・「ペット・車」関心層
・「家族が増えて住まい検討」層
となっています。

ユーザーの世帯年収を見てみると、
・「ペット・車」関心層:趣味に捻出する余裕がある
・「家族が増えて住まい検討」層:未既婚で世帯年収に2つの山がある
・「子育てスタート」層:共働き世帯が多いことも影響し、世帯年収が高い
ということがうかがえます。

クラスターごとのタッチポイントは?

最後に、グループごとのタッチポイントを探っていきましょう。
例えば「スマートホーム集中検討」層は、SwitchBotアプリ起動の前後180分間に、ネット利用者全体と比べて以下のサイトを特徴的に閲覧しています。

SwitchBotアプリユーザーの閲覧サイトランキング(「スマートホーム集中検討」層)
期間:2022年10月~2023年9月
デバイス:スマートフォン

4位の「余裕ある生活を目指すブログ」では以下の画像のように、SwitchBotやアレクサを活用した暮らしについても特集が組まれています。他に、
・14位:mitsu-blog | iPadで人生を豊かにするブログ
・16位:Amazon好きがAmazonサービスを紹介するサイト|アマファン!
・17位:BENRI LIFE - スマートホームで暮らしを快適に!
・20位:最新ガジェットレビューブログならNORILOG(ノリログ)
といったサイトもランクイン。

余裕ある生活を目指すブログ

ここから、「ガジェットやツールをうまく使いこなした効率化・ライフハック系のサイト」がタッチポイントとして有効そうであることがうかがえます。

同じように各グループの閲覧サイト上位20位を見ていくと、それぞれ以下のサイトがランクインしていました。

消費者のスマートホーム化を促進するためには、ターゲットのタイプ別に、上記のようなサイトがタッチポイントとなり得るのではないでしょうか。

まとめ

今回は、SwitchBotアプリのユーザーを分析し、スマートホーム化を行っている人のプロファイルを明らかにしてきました。
分析結果をまとめると以下のようになります。

今回使用したクラスタリング分析のスライドについては、以下フォームよりダウンロードいただけます。ぜひご利用ください(内容は本レポートと同様です)。

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|スマートホームユーザーのクラスタリング分析

この記事のライター

大阪大学でポルトガル語とブラジル社会学を、カナダのビクトリア大学でビジネスを学び、2021年に新卒でヴァリューズに入社。データアナリストを経て、現在はマナミナのコンテンツマーケティングと自社の海外PRを担当しています。

関連する投稿


今「note」がアツい!読み物好きな若者を魅了?noteの集客動向を調査<前編>

今「note」がアツい!読み物好きな若者を魅了?noteの集客動向を調査<前編>

2023年夏頃から集客数を急激に伸ばしているメディアプラットフォーム「note」。人気を後押ししているのはどのような人々なのでしょうか?前編では、noteが集客しているユーザーの特徴を深掘り調査し、後編では、noteが規模を拡大している要因を探っていきます。


フリマ市場を比較調査。メルカリとYahoo!系サービス、それぞれの特徴や集客の強みとは?

フリマ市場を比較調査。メルカリとYahoo!系サービス、それぞれの特徴や集客の強みとは?

節約やお小遣い稼ぎの手段としても注目が高まるフリマ市場。「メルカリ」「Yahoo!オークション」「Yahoo!フリマ」を対象に、フリマ市場の最新動向について調査しました。各サービスのサイト・アプリについて、利用者数やユーザーの人となりに加えて、サイト集客構造の違いについても深掘りし、それぞれの特徴について明らかにしていきます。


ECサイトにおけるKPI策定のポイント

ECサイトにおけるKPI策定のポイント

ECサイトの売り上げをあげるためには、KGIの設定だけではなく、KPIの策定が重要なポイントになります。そこで、気になるKPIの策定ポイントや、課題の洗い出し・分析についてご紹介します。効果的なマーケティング施策にお悩みの方や、ECサイトの売り上げが伸び悩んでいる方はぜひ参考になさってください。


低価格ジムとして急成長したchocoZAPを早期に検索していたアーリーアダプターの特徴とは?

低価格ジムとして急成長したchocoZAPを早期に検索していたアーリーアダプターの特徴とは?

「コンビニジム」という呼び名としても知られるchocoZAPは、RIZAPが展開する24時間経営のジムです。2022年7月にサービスを開始してから、低価格かつ全国どこでも利用できることに加え、脱毛器やエステがセルフで利用できたり、入会で便利な機器がもらえたりと、多様なサービスによって多くの人の支持を集めています。急成長を続けるchocoZAPですが、サービス開始当初にはどのような人が興味を持っていたのでしょうか。chocoZAPというワードを早期に検索していた人を対象に、ユーザー属性を調査していきます。


検討者急増!今大注目の冷凍宅配弁当サービス「nosh(ナッシュ)」とは?新生活前に業界動向を調査

検討者急増!今大注目の冷凍宅配弁当サービス「nosh(ナッシュ)」とは?新生活前に業界動向を調査

コロナ禍によるリモートワークの普及は、家で食事したいという新たな需要を生み出し、それに応えるようにUber Eatsをはじめとした様々なサービスが生まれました。そんな中、安くて健康的であるとして注目されているのが冷凍宅配弁当サービスです。今回は、3月という新生活を目前に控えた今、改めてnoshを中心に宅食サービスの動向を分析します。


最新の投稿


リスキリングに取り組めない理由の半数は金銭面 時間的理由・学習支援の少なさもネックに【ベンド調査】

リスキリングに取り組めない理由の半数は金銭面 時間的理由・学習支援の少なさもネックに【ベンド調査】

株式会社ベンドは、同社が運営する「スキルアップ研究所」にて、「リスキリングに取り組む際の課題に関する実態調査」を実施し、結果を公開しました。


3C分析(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

3C分析(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、3C分析(環境分析のアウトプット)について寄稿いただきました。


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ