驚きの安さで話題の「Temu」も!節約系Webサービスを比較調査。どんな人が使っている?

驚きの安さで話題の「Temu」も!節約系Webサービスを比較調査。どんな人が使っている?

お目当てのアイテムを少しでも安く購入したい!と思った時、AmazonのようなECモールの他にフリマサイトを連想する方も多いのではないでしょうか。今回は代表的なフリマサイト「メルカリ」を軸に、類似の節約系サイトをピックアップして、ユーザー像の違いなどについて調査・分析します。


調査方法について

ヴァリューズが提供するWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて、「メルカリ」の併用サイトからカテゴリを『オークション』『メディア』『通販』に絞り、節約系サイトをピックアップしました。ただし、Amazonや楽天市場など大規模ECモールやオークションサイトは対象外としています。

まず、上位に挙がってきたのは「Temu(ティームー/テム)」でした。「Temu」とは2023年7月から日本でもサービスが開始された、中国発の格安オンライン通販で、"安すぎる価格"が話題となっています。

「メルカリ」関心サイト ※併用率優先

「メルカリ」関心サイト ※併用率優先

期間:2022年10月〜2023年11月
デバイス:PC&スマートフォン

「Temu」とは?

「Temu」の特徴は、
 ・2022年9月にアメリカでサービスがスタートし、日本では2023年7月からサービスを開始
 ・日用品から雑貨、衣類や携帯電話までジャンルが幅広い
 ・中間業者を排除し工場から消費者に直接出荷することで、低価格を実現
 ・送料無料 
と、ユーザーにとって、かなり魅力的なサービス内容となっています。

「Temu」

Webサイトのカテゴリを見てもわかるように、『家電:91円から』や『レディース下着・パジャマ:12円から』、『レディースシューズ:76円から』など驚くべき低価格で提供されています。

「Temu」

比較する節約系のWebサービス

今回は「Temu」の他に、以下の節約系のWebサイトをピックアップして比較していきます。
※同カテゴリで重複しないように選択しています
※アプリは集計の対象外です

メルカリ

ユーザー数が多いフリマサイト。出品から入札までが早いことも特徴。

トクバイ

日本最大級の無料チラシ&クーポンサービス。掲載店舗数は、2023年1月時点で全国73,000店舗以上。

ジモティー

全国の無料広告の掲示板。不用品を無料で譲り合える点が特徴。

さとふる

ふるさと納税の公式サイト。オリジナルの大容量返礼品が特徴。

概観を把握するために、ピックアップした5サイトを横並びで見てみましょう。まず2022年10月〜2023年11月のユーザー数では、「メルカリ」のユーザー数は「Temu」の約1.6倍となっており、調査対象の5サイトの中では最も多いことがわかりました。

また、「Temu」は2023年7月から日本でサービスが開始され、新規率が90%超と突出して高くなっています。

「メルカリ」や「ジモティー」は人当たりページビュー数が非常に多いことからサイト内を回遊していることがわかりました。サイトをよく回遊している=平均滞在時間が長いことにもつながっているようです。

「ジモティー」は直帰率が29%と低いことも特徴的でした。これは、他のサイトと比較すると目的がより明確なユーザーが訪問していることが考えられます。

基本指標

基本指標

期間:2022年10月〜2023年11月
デバイス:PC&スマートフォン

各サイトのユーザー数の推移も見ていきましょう。

「メルカリ」は2023年8月からユーザー数が前月比で約1.2倍となっておりユーザー増加傾向にあるようです。

ここで注目したいのが「Temu」のユーザー数の動向です。サービス開始の翌月の2023年8月には約5倍の1,200万人を超えており、2023年11月には「メルカリ」に迫る勢いにまで成長しています。「Temu」は1か月で約200億円の広告費を『Facebook』や『TikTok』などに投入したと言われており、今後もユーザー数は増加することが予想されます。

また、ふるさと納税の期限が12月末までであることから、「さとふる」は駆け込み需要もあり12月に増加傾向となっています。

ユーザー数推移

サイトユーザー数推移

期間:2022年10月〜2023年11月
デバイス:PC&スマートフォン

「Temu」ユーザーの8割はスマートフォンを利用

デバイス別では、どのサイトもスマートフォン割合が半分以上と高いですが、特に「Temu」に関しては8割弱がスマートフォン利用となっていることが特徴的でした。

基本指標:デバイス別

基本指標:デバイス別

期間:2022年10月〜2023年11月
デバイス:PC&スマートフォン

40代以上が多い「Temu」と「さとふる」

各サイトのユーザー属性も見てみましょう。

性別では大きな差はないものの、「トクバイ」は女性が少し多くなっていました。これはスーパー・ドラッグストアなどのチラシが無料で見られることから、少しでもお得に日々の買い物をしたいと思う女性の節約心理が読み取れます。

また、「さとふる」は男性がやや多いことから、ふるさと納税などの税金関連は、男性との親和性が高いこともうかがえました。

ユーザー属性:性別

ユーザー属性:性別

期間:2022年10月〜2023年11月
デバイス:PC&スマートフォン

年代別では、サイトによって異なっていることが特徴的でした。

中でも、「Temu」は50代・60代で4割程度を占めており、他のサイトと比較すると高年層が多いことがわかりました。「Temu」はSNS(TikTok・Facebookなど)に膨大な広告費を費やしたようですが、ソーシャルの集客構造を見てみると『YouTube』の次に『Facebook』が多いことから、若年層向けの『TikTok』より、高年層向けの『Facebook』の方が集客に成功していると言えるかもしれません。

「ジモティー」は30代・40代の若年層~中年層が多くなっていました。これらの年代は中古品に抵抗がないことや、アイテムをいかにお得に購入できるかを考えている年代なのかもしれません。

「さとふる」は40代・50代の中年層~高年層が多くなっていました。これらの年代は年収がアップすることからも節税に敏感になっているようです。気軽に節税対策ができるふるさと納税は、これらの世代には丁度いい節税対策なのかもしれません。

ユーザー属性:年代別

ユーザー属性:年代別

期間:2022年10月〜2023年11月
デバイス:PC&スマートフォン

世帯年収別では、「Temu」は商品の安さを売りにしていることからか、低所得者が多いことがわかりました。「ジモティー」も同様に低所得者が多い傾向にあります。

ふるさと納税は納税額が高い人ほど得をする可能性があり、「さとふる」は高所得者の比率が相対的に高いようです。

ユーザー属性:世帯年収別

ユーザー属性:世帯年収別

期間:2022年10月〜2023年11月
デバイス:PC&スマートフォン

「Temu」は「ジモティー」ユーザーとの親和性が高い

最後に各サイトの併用状況を見てみましょう。
※抽出条件として「メルカリ」の併用サイトを集計しているので、「メルカリ」の数値が高くなっています。

ここでも「Temu」に注目です。「Temu」は「トクバイ」「ジモティー」「さとふる」ユーザーにも多く利用されているようです。中でも「ジモティー」ユーザーとの親和性が高いことがうかがえます。

他には、「さとふる」ユーザーは「ジモティー」利用率が低いことがうかがえました。

併用状況

併用状況

期間:2022年10月〜2023年11月
デバイス:PC&スマートフォン

まとめ

今回は、「メルカリ」と併用している「Temu」「トクバイ」「ジモティー」「さとふる」などの節約系Webサイトについてまとめました。

ユーザー数では「メルカリ」が圧倒的に多く、直近では「Temu」の躍進も顕著であることがわかりました。

また、ユーザー属性では「トクバイ」は女性が多く、「さとふる」は男性が多い傾向となっていました。年代別では、「Temu」は50代・60代、「ジモティー」は30代・40代、「さとふる」は40代・50代が多く、世帯年収別では、「Temu」と「ジモティー」は低所得者、「さとふる」は高所得者が多くなっていました。

併用状況を見ると、「Temu」は「トクバイ」「ジモティー」「さとふる」ユーザーにも多く利用されており、中でも「ジモティー」ユーザーとの親和性が高いことがうかがえました。

▼今回の調査にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。
dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


EC トレンド調査 Dockpit

関連する投稿


今「note」がアツい!読み物好きな若者を魅了?noteの集客動向を調査<前編>

今「note」がアツい!読み物好きな若者を魅了?noteの集客動向を調査<前編>

2023年夏頃から集客数を急激に伸ばしているメディアプラットフォーム「note」。人気を後押ししているのはどのような人々なのでしょうか?前編では、noteが集客しているユーザーの特徴を深掘り調査し、後編では、noteが規模を拡大している要因を探っていきます。


フリマ市場を比較調査。メルカリとYahoo!系サービス、それぞれの特徴や集客の強みとは?

フリマ市場を比較調査。メルカリとYahoo!系サービス、それぞれの特徴や集客の強みとは?

節約やお小遣い稼ぎの手段としても注目が高まるフリマ市場。「メルカリ」「Yahoo!オークション」「Yahoo!フリマ」を対象に、フリマ市場の最新動向について調査しました。各サービスのサイト・アプリについて、利用者数やユーザーの人となりに加えて、サイト集客構造の違いについても深掘りし、それぞれの特徴について明らかにしていきます。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第16弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「猫ミーム」「Bluesky」「LYPプレミアム」の3テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。Z世代のSNSの使い方、猫ミームがバズった背景、LYPプレミアムの魅力とZ世代のサブスクの使い方など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


ECサイトにおけるKPI策定のポイント

ECサイトにおけるKPI策定のポイント

ECサイトの売り上げをあげるためには、KGIの設定だけではなく、KPIの策定が重要なポイントになります。そこで、気になるKPIの策定ポイントや、課題の洗い出し・分析についてご紹介します。効果的なマーケティング施策にお悩みの方や、ECサイトの売り上げが伸び悩んでいる方はぜひ参考になさってください。


低価格ジムとして急成長したchocoZAPを早期に検索していたアーリーアダプターの特徴とは?

低価格ジムとして急成長したchocoZAPを早期に検索していたアーリーアダプターの特徴とは?

「コンビニジム」という呼び名としても知られるchocoZAPは、RIZAPが展開する24時間経営のジムです。2022年7月にサービスを開始してから、低価格かつ全国どこでも利用できることに加え、脱毛器やエステがセルフで利用できたり、入会で便利な機器がもらえたりと、多様なサービスによって多くの人の支持を集めています。急成長を続けるchocoZAPですが、サービス開始当初にはどのような人が興味を持っていたのでしょうか。chocoZAPというワードを早期に検索していた人を対象に、ユーザー属性を調査していきます。


最新の投稿


リスキリングに取り組めない理由の半数は金銭面 時間的理由・学習支援の少なさもネックに【ベンド調査】

リスキリングに取り組めない理由の半数は金銭面 時間的理由・学習支援の少なさもネックに【ベンド調査】

株式会社ベンドは、同社が運営する「スキルアップ研究所」にて、「リスキリングに取り組む際の課題に関する実態調査」を実施し、結果を公開しました。


3C分析(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

3C分析(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、3C分析(環境分析のアウトプット)について寄稿いただきました。


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ