SEO対策を勉強しよう!おすすめブログ紹介

SEO対策を勉強しよう!おすすめブログ紹介

ウェブサイトを運営している方々は、SEO対策を意識してコンテンツを作成し、検索順位を上げる工夫を考えているかと思います。コンテンツの質を良く保ち、内部だけでなく外部のSEO対策をすることで上位表示を目指すことができます。ではウェブサイトに行うべきSEO対策とはどのようなものでしょうか? そこで今回はSEO対策の方法に触れつつ、参考となるおすすめブログもご紹介します。


SEO対策とは何?

SEO対策というのは、Googleなどの検索エンジンで上位表示させるための対策法のことです。基本的な対策としては、検索エンジンのアルゴリズムを考慮して、ウェブサイトの記事の内容や構成を最適化すること。検索エンジンで上位表示させることができれば、検索からのアクセスの流入を期待できます。

SEOの目的は上位表示だけではない

ただ、SEOへの対策をすることは、検索上位に表示させるだけではありません。検索エンジン対策をして、上位表示をしても、コンバージョンにつながらなければ意味がないからです。検索で上位表示させることができ、なおかつ最終目的である顧客の獲得ができてはじめて、効果的な対策ができていると言えます。

Google対策とも言える

現在の検索エンジンのほとんどでは、Googleの検索エンジンが使われています。日本では検索サイトとしてYahooも使われていますが、そのYahooでもエンジンとしてはGoogleのものが採用されています。したがって、Googleの検索エンジンでSEO対策をしていれば、Yahooでも対策済みとなるのです。ただ、Yahoo独自の表示もあるので、検索結果に違いがあることは知っておくと良いでしょう。

意識すべきSEO対策とは?

基本をまとめたところで、次はSEO対策を実践するときに意識すべき手法もご紹介しましょう。

モバイルを意識して対策する

2018年3月からモバイルファーストインデックスが対応されることとなりました。これまでは、スマホでもパソコン用のサイトを検索の評価基準としていたんです。しかし現在ではモバイルからアクセスする人の方が増えているので、スマホ向けページを検索順位を決めていく方が健全である、とGoogleは見解を改めました。そこでスマホからも見やすいコンテンツである重要性が高くなっています。

コンテンツの質

Googleはこれまでのアップデートを通して、より質の高いコンテンツを求めてきています。ここで「質の高い」コンテンツとは、ユーザーの課題解決のためになるコンテンツです。そのため、ユーザーの検索意図に沿った情報をコンテンツ内に含んでいるかどうかが評価基準となるでしょう。

「ユーザーの検索意図に沿った情報」を知るためには、既にある検索ワードに対して上位表示されているコンテンツが参考になります。つまり、狙いたい検索キーワードに対する競合のコンテンツをしっかりと調べ、さらに価値の高い情報を入れることが重要です。

そのほかには、質の高い被リンクが集まるコンテンツも高評価となります。被リンク数が多いほど、そのコンテンツには価値があると判断されるからです。

キーワード選定をする

キーワード選定をしっかりするのも、1つの検索エンジンの対策方法です。1ページで複数のキーワードでの上位表示がベストです。しかし一方では、キーワードを絞ってサイト内のページを作成をする方が、専門的なページと評価されて、上位表示されやすくなるという面もあります。評価されている順位や、流入しているキーワードから作るコンテンツを調整していくことも大切でしょう。

内部対策をする

コンテンツ作成の際にできる内部対策として、キーワードをタイトルや見出しに含めるということがあります。指定したキーワードをタイトルや見出しに効果的に含めることで、ユーザーにとっても分かりやすく、検索エンジンにもコンテンツの内容がくみ取りやすくなります。

ユーザビリティを強化

ユーザビリティというのは、簡単に言えば使い勝手のことです。もし検索エンジンから検索をして、表示するサイトのスピードが遅かったり、どこから情報をたどっていけばよいのか分からなかったりすると、ページを去ってしまうことがあります。スマホから見た時の画像の最適化や、テキスト以外の画像や表は、離脱されにくく使い勝手の良いコンテンツです。

サイトの表示速度を改善

検索エンジンがページを評価する1つの基準は、サイトの表示スピードです。もちろんページ速度が遅いとすぐに順位が下がるという訳ではありません。しかし表示速度が速いサイトは、ユーザーエクスペリエンスが向上するので、離脱率の低下やコンバージョン率の向上などが期待できます。結果として、SEO対策をしていることとなるのです。

SEO対策の勉強におすすめのブログ

SEO対策について学ぶのに、おすすめのブログを3つご紹介します。最新情報などを取り入れることで、良いSEO対策をすることができるでしょう。

海外SEO情報ブログ

海外SEOの第一人者である鈴木氏が運営しているブログです。Googleが発表するSEOに関する情報を、すぐに日本語訳して解説されているのが特徴です。

SEOHACKS

SEOコンサルティングをしている株式会社ヴォラーレのブログです。コンテンツSEOを実際に成功させた実績から、SEOの考察が掲載されています。過去の情報なども参考にすると、最新のSEO対策との違いや変化も学べるでしょう。

SEOJpan

SEO業界の中でも、長く活躍している株式会社アイオイクスのブログです。主なブログの中では、最も長く運営されているブログです。海外SEOに関する情報を、分かりやすく解説しているのが特徴となります。

正しくSEO対策をして上位表示を目指そう

SEO対策をめぐる状況は日々変化しているので、最新の情報を取り入れることが大切です。しかし基本的な点として、ユーザーファーストなコンテンツを作る必要がある、という点は変わりません。

SEO対策の勉強ができるブログなどを通して、最新のSEO対策をすることで、サイトを上位表示させていきましょう。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


SEO

関連する投稿


コロナ下のMEO対策!営業時間の変更や感染防止対策を反映しよう

コロナ下のMEO対策!営業時間の変更や感染防止対策を反映しよう

飲食業などの店舗では、新型コロナウイルス感染症の影響で、普段と異なる営業形態になっているお店も多いようです。こうした営業情報の変更にくわえて、感染防止対策の実施状況などを確実にお客さんに伝えるにはどうしたらよいでしょうか。Googleのスポット情報「Googleマイビジネス」は検索結果のよい位置に表示されるため、公式サイトを持っていたとしても、最低限の情報は「Googleマイビジネス」側でも更新しておくことをおすすめします。


【2021年上半期】売上をアップさせるのに重要な3つのSEOトレンド

【2021年上半期】売上をアップさせるのに重要な3つのSEOトレンド

2021年上半期にWebサイト担当者が抑えておくべきポイントとは? 2020年12月のコアアルゴリズムアップデート、UXの重要指標である「core web vitals(コアウェブバイタル)」、「Google Analytics4(GA4)」の3つの最新トレンドを踏まえ、SEO担当者がやるべきこと/意識すべき点について、ヴァリューズの岩間が初心者にも分かりやすく解説します。


「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

月間2000万人以上の読者を集める国内最大規模の生活総合情報サイト「All About」を中心とし、多様なメディアを運営する株式会社オールアバウト。同社ではWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を活用し、市場ニーズの分析や新規事業の戦略策定につなげていると言います。メディアビジネス部のジェネラルマネジャー・徳永さんに、All Aboutの戦略設計やデータ活用をお聞きしました。


EC改善に使えるヴァリューズの新ツール「Dockpit」の強みとは?ディノス・セシールCECO石川さんに聞いてみた

EC改善に使えるヴァリューズの新ツール「Dockpit」の強みとは?ディノス・セシールCECO石川さんに聞いてみた

国内の主要Webサイト・アプリ分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を中心に、Web行動ログデータを用いた数々のマーケティング・ソリューションを提供してきた株式会社ヴァリューズ。今年10月、そのeMark+をより進化させた新しいWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」をリリースしました。Dockpitは他の分析ツールとどのような点が異なるのか。eMark+も愛用いただいていた、ディノス・セシールCECO(Chief e-Commerce Officer)の石川森生さんに、Dockpitが実務にどう役立ちどんな課題を解決するのか、お聞きしました。


競合サイトのページを分析して自社記事をリライトする方法

競合サイトのページを分析して自社記事をリライトする方法

新しい記事を追加していくだけがオウンドメディアのSEOではありません。検索上位で流入が多い記事は、一つ順位が上がるだけで大きな効果が見込めます。リライトするにあたり、競合サイトのページを分析して自社の記事に取り入れる方法があります。


最新の投稿


Googleタグマネージャー(GTM)を導入する|Googleアナリティクス使い方ガイド

Googleタグマネージャー(GTM)を導入する|Googleアナリティクス使い方ガイド

Webサイトの計測や広告等の施策投下、効果測定の実施にあたり増え続ける計測タグの管理に便利なタグマネジメントツールがあるのはご存じでしょうか?もし、まだ利用されてない方はぜひ導入をおすすめします。また「Googleタグマネージャー」を導入することで、『タグの管理が簡単になる』『タグの管理を外部に委託する必要がなくなる』『ページの表示速度が速くなる』などのメリットも挙げられるので、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。今回はいくつかあるタグマネジメントツールの中でも代表的な「Googleタグマネージャー」の基礎設定について紹介していきます。


覇権確実?スマホゲーム『ウマ娘』は引退馬も救う?!

覇権確実?スマホゲーム『ウマ娘』は引退馬も救う?!

2021年2月24日にサービスが開始された新作スマホゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』(以下、ウマ娘)が話題を集めています。早くも2021年覇権タイトル確実と噂される「ウマ娘」の人気の実態やその理由を、ネットでの検索データをもとに徹底リサーチします。


呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

映画化も決定した人気作品の「呪術廻戦」。その人気ぶりは、社会現象ともなった「鬼滅の刃」(著:吾峠呼世晴/集英社)と似ることから、最近ではメディアから“ポスト鬼滅”として取り上げられることも。今回はそんな「呪術廻戦」について、ヴァリューズが提供する市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を用いて、検索データを分析しました。


郊外に移り住む人が増えている?コロナ禍での引っ越し傾向を探る自主調査レポート

郊外に移り住む人が増えている?コロナ禍での引っ越し傾向を探る自主調査レポート

コロナ禍でのテレワークの浸透や在宅時間の増加から、住環境を見直す人が増えているようです。都心を離れての近距離の移住や新たに住宅を購入する動きなどが見られる中、コロナが引っ越しに与えている影響はどのようなものなのでしょうか。アンケート調査とインターネット行動ログデータの分析から調査しました。(ページ数|25p)


急上昇ワードに“松山英樹”“マスターズ”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/4/11~2021/4/17)

急上昇ワードに“松山英樹”“マスターズ”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/4/11~2021/4/17)

2021年4月11日~4月17日週の検索急上昇ワードでは、日本人として初のマスターズ制覇を果たしたプロゴルファー「松山英樹」さんの検索が急増。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング