社会人が悩むマナー1位は「了解しました」。「ビジネスマナー検索」実態調査

社会人が悩むマナー1位は「了解しました」。「ビジネスマナー検索」実態調査

社会人の多くが悩むビジネスマナーは何なのでしょうか。今回は「ビジネスマナー検索」について調査します。記事タイトルに「ビジネスマナー」を含むコンテンツのタイトルと、訪問したユーザーの属性を分析し、「ビジネスマナー」に関する悩みを明らかにしました(集計期間は2017年3月~2019年2月)。


ユーザー属性のボリューム層は30代以下

今年の新入社員もそろそろ研修期間が終わり、配属が決定した時期でしょうか。社会人になって最初に戸惑うのが、ビジネスにおける言葉遣いや基本的な作法といった「ビジネスマナー」。仕事上の人間関係を結ぶためのコミュニケーションには、耳慣れないルールが多いものでしょう。

そこで今回は、社会人の多くが悩みがちな「ビジネスマナー」について調査します。記事タイトルに「ビジネスマナー」を含むコンテンツのタイトルと、訪問したユーザーの属性を分析し、「ビジネスマナー」に関する悩みを明らかにしました(集計期間は2017年3月~2019年2月)。

最初に、タイトルに「ビジネスマナー」を含むコンテンツに流入したユーザーの属性を見ていきます。まず性別を見ると、わずかに男性が多くなっています【図1】。

また年代別では、30代以下の若年層が60%を占めていました【図2】。「ビジネスマナー」に悩んでいるのは、全体として年代の低い人が多いと分かります。

職業別でみていくと、一般社員が最も多く、次いで学生が多い状況です。新卒社員や新人研修担当者がビジネスマナーを検索している一方で、就職活動をしている学生も企業担当者に失礼のないようマナーを勉強している様子がうかがえました。

検索キーワード1位は「了解」。「気付」や「稟議書」なども

では、ユーザーはどのような検索ワードを入力してコンテンツに流入したのでしょうか。そこでキーワードごとのユーザー数ランキングを見てみましょう【図4】。

1位のワードは「了解」でした。ユーザーは「了解」という言葉をビジネスで使っていいのかについて悩んでいることが分かります。

このほかにも3位の「承知しました」や、5位の「かしこまりました」など、言葉づかいに関する検索ワードが多くランクイン。正しい敬語の使い方を検索して確認するユーザーが多いことがうかがえます。また、「気付」「稟議書」といった書類関連のキーワードも上位に来ていました。

次に、「ビジネスマナー」に関する検索をしたユーザーが、実際に閲覧したコンテンツについて見ていきましょう。【図5】に、流入したコンテンツのユーザー数ランキングを示しました。

1位は『ビジネスマナーで気をつけたい「了解しました」という言葉』というタイトルのコンテンツ。検索ワードのランキング結果と同様、「了解」という言葉が気になっているようです。

言葉づかいに関するもの以外では、「封筒の宛名の書き方」「行を御中や様に訂正する宛名の消し方と書き方」といった取引先とのやり取りを想定したコンテンツも多く見られていました。実際に手紙を送るシーンになり、確認のため検索しているユーザーが多いのではないでしょうか。また、電話のマナーなど新社会人に向けたページもよく見られています。

サイトは「Mayonez」「マイナビ学生の窓口」が2強

こうした「ビジネスマナー」関連コンテンツを発信するサイトでは、どこが多くユーザーを集めていたのでしょうか。この点を調べるため、「ビジネスマナー」関連の検索者が流入したサイトのランキングを見てみました【図6】。

ユーザー訪問数1位はビジネスライフマガジン「Mayonez」でした。また、2位は社会人準備応援サイト「マイナビ学生の窓口」となっています。そのほか「教えて!goo」といったQ&Aサイトにも流入していました。

これらのうち上位2つのサイトで「ビジネスマナー」関連検索者が閲覧したコンテンツの詳細を見てみると、また別の特徴が見られました【図7】。

1位の「Mayonez」では全体の傾向と同様に、間違いやすい敬語の使い方を説明したページが上位を占めています。一方2位の「マイナビ学生の窓口」では、8位に「インバウンドの意味とは」というコンテンツ、9位に「ステークホルダーって何?」というコンテンツがランクインしていました。ビジネスマンなら当たり前に知っているようなカタカナ用語の意味を疑問に思い、検索して調べている新社会人の様子がうかがえます。

今回は社会人が悩む「ビジネスマナー」について調査しました。ビジネスマナーについて悩んでいるのは大半が30代以下の若い世代で、その多くが「了解しました」や「かしこまりました」といった言葉づかいのマナーについて検索していることが明らかになりました。

そのほかには、「気付」や「稟議書」といった書類関連のワードや、「インバウンド」「ステークホルダー」などカタカナのビジネス用語についても調べていたようです。

このように、検索ワードや流入コンテンツを分析することで、ユーザーの感じている悩みを読み取ることができるでしょう。

調査・分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、「ビジネスマナー」というキーワードを含むページを訪問したユーザーの特徴、属性などを調査しました。
※集計期間:2017年3月~2019年2月
※ユーザー数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/03/18〜2024/03/24)

みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/03/18〜2024/03/24)

ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」をもとに、週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているキーワードを取り上げます。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第16弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「猫ミーム」「Bluesky」「LYPプレミアム」の3テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。Z世代のSNSの使い方、猫ミームがバズった背景、LYPプレミアムの魅力とZ世代のサブスクの使い方など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/03/04〜2024/03/10)

みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/03/04〜2024/03/10)

ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」をもとに、週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているキーワードを取り上げます。


「睡眠」ブームの裏にある悩みとは?現役サラリーマンの幅広いアプローチに注目

「睡眠」ブームの裏にある悩みとは?現役サラリーマンの幅広いアプローチに注目

三大欲求の一つにも数えられる「睡眠」ですが、日本人の平均睡眠時間は世界でもトップクラスに短いと言われています。ゲームアプリ「Pokémon Sleep」の人気もあり、睡眠への関心が高まっている昨今。「睡眠」検索者が知りたがっていることやその実態を、行動データから調査してみました。


みんなが気になっているのは何の「始め方」「やり方」? 検索エンジンとYouTubeで比較

みんなが気になっているのは何の「始め方」「やり方」? 検索エンジンとYouTubeで比較

新年度の始まりを控える3月。この時期に新しく何かを始めようと考えている人も多いのではないでしょうか?近年では、XやInstagramなど各種SNSの普及が進み、SNSアプリ内で必要な情報を検索することも増えてきました。SNSは端的な言葉や画像・動画を用いた説明を得意とするのに対し、Googleなどの検索エンジンでは、文章でしっかりと説明している公式サイトや記事に辿り着くことができます。今、消費者はどんなトピックに関して「始め方」「やり方」が気になっているのか、検索ワードから分析をしていきます。


最新の投稿


Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

株式会社電通は、2024年卒または2025年卒業予定の全国の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関する意識調査「Z世代就活生 まるわかり調査2024」を実施し、調査結果を公開しました。


データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、運営するデータマーケティング・メディア「マナミナ」にて公開した記事から厳選し、知っておきたい6つのマーケティング・フレームワーク、8つの事例、19の分析ツールを収録した「競合分析ガイドブック」を公開しました。


交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

さまざまなビジネスシーンで見られる「交渉」。よりスマートにお互いの利益を引き出す交渉を行うにはどのような知識とスキルが必要となるのでしょうか。また、現在持ち合わせているあなたの「交渉能力」をアップデートするためには、どのような「交渉術」を備えるべきなのでしょうか。本稿では広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が「交渉」概念の基礎から、さらに深い「交渉学」の世界まで解説します。


悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

「カウンセリング」と聞いて、どんな印象を持ちますか?専門家とともに自分のこころを見つめる経験は、その後の人生の糧にもなります。臨床心理士の東畑開人氏の著書「なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない」(新潮社)は、気付かないうちにあなたも染まっているかもしれない、孤独に陥りがちな現代社会の価値観に気づかせてくれます。「読むセラピー」と称された、カウンセラーとクライアント(依頼者)の夜の航海物語を、精神保健福祉士の森本康平氏が解説します。


Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio Japan合同会社は、「顧客エンゲージメント最新動向」の日本語版を発表しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

ページトップへ