社会人が悩むマナー1位は「了解しました」。「ビジネスマナー検索」実態調査

社会人が悩むマナー1位は「了解しました」。「ビジネスマナー検索」実態調査

社会人の多くが悩むビジネスマナーは何なのでしょうか。今回は「ビジネスマナー検索」について調査します。記事タイトルに「ビジネスマナー」を含むコンテンツのタイトルと、訪問したユーザーの属性を分析し、「ビジネスマナー」に関する悩みを明らかにしました(集計期間は2017年3月~2019年2月)。


ユーザー属性のボリューム層は30代以下

今年の新入社員もそろそろ研修期間が終わり、配属が決定した時期でしょうか。社会人になって最初に戸惑うのが、ビジネスにおける言葉遣いや基本的な作法といった「ビジネスマナー」。仕事上の人間関係を結ぶためのコミュニケーションには、耳慣れないルールが多いものでしょう。

そこで今回は、社会人の多くが悩みがちな「ビジネスマナー」について調査します。記事タイトルに「ビジネスマナー」を含むコンテンツのタイトルと、訪問したユーザーの属性を分析し、「ビジネスマナー」に関する悩みを明らかにしました(集計期間は2017年3月~2019年2月)。

最初に、タイトルに「ビジネスマナー」を含むコンテンツに流入したユーザーの属性を見ていきます。まず性別を見ると、わずかに男性が多くなっています【図1】。

また年代別では、30代以下の若年層が60%を占めていました【図2】。「ビジネスマナー」に悩んでいるのは、全体として年代の低い人が多いと分かります。

職業別でみていくと、一般社員が最も多く、次いで学生が多い状況です。新卒社員や新人研修担当者がビジネスマナーを検索している一方で、就職活動をしている学生も企業担当者に失礼のないようマナーを勉強している様子がうかがえました。

検索キーワード1位は「了解」。「気付」や「稟議書」なども

では、ユーザーはどのような検索ワードを入力してコンテンツに流入したのでしょうか。そこでキーワードごとのユーザー数ランキングを見てみましょう【図4】。

1位のワードは「了解」でした。ユーザーは「了解」という言葉をビジネスで使っていいのかについて悩んでいることが分かります。

このほかにも3位の「承知しました」や、5位の「かしこまりました」など、言葉づかいに関する検索ワードが多くランクイン。正しい敬語の使い方を検索して確認するユーザーが多いことがうかがえます。また、「気付」「稟議書」といった書類関連のキーワードも上位に来ていました。

次に、「ビジネスマナー」に関する検索をしたユーザーが、実際に閲覧したコンテンツについて見ていきましょう。【図5】に、流入したコンテンツのユーザー数ランキングを示しました。

1位は『ビジネスマナーで気をつけたい「了解しました」という言葉』というタイトルのコンテンツ。検索ワードのランキング結果と同様、「了解」という言葉が気になっているようです。

言葉づかいに関するもの以外では、「封筒の宛名の書き方」「行を御中や様に訂正する宛名の消し方と書き方」といった取引先とのやり取りを想定したコンテンツも多く見られていました。実際に手紙を送るシーンになり、確認のため検索しているユーザーが多いのではないでしょうか。また、電話のマナーなど新社会人に向けたページもよく見られています。

サイトは「Mayonez」「マイナビ学生の窓口」が2強

こうした「ビジネスマナー」関連コンテンツを発信するサイトでは、どこが多くユーザーを集めていたのでしょうか。この点を調べるため、「ビジネスマナー」関連の検索者が流入したサイトのランキングを見てみました【図6】。

ユーザー訪問数1位はビジネスライフマガジン「Mayonez」でした。また、2位は社会人準備応援サイト「マイナビ学生の窓口」となっています。そのほか「教えて!goo」といったQ&Aサイトにも流入していました。

これらのうち上位2つのサイトで「ビジネスマナー」関連検索者が閲覧したコンテンツの詳細を見てみると、また別の特徴が見られました【図7】。

1位の「Mayonez」では全体の傾向と同様に、間違いやすい敬語の使い方を説明したページが上位を占めています。一方2位の「マイナビ学生の窓口」では、8位に「インバウンドの意味とは」というコンテンツ、9位に「ステークホルダーって何?」というコンテンツがランクインしていました。ビジネスマンなら当たり前に知っているようなカタカナ用語の意味を疑問に思い、検索して調べている新社会人の様子がうかがえます。

今回は社会人が悩む「ビジネスマナー」について調査しました。ビジネスマナーについて悩んでいるのは大半が30代以下の若い世代で、その多くが「了解しました」や「かしこまりました」といった言葉づかいのマナーについて検索していることが明らかになりました。

そのほかには、「気付」や「稟議書」といった書類関連のワードや、「インバウンド」「ステークホルダー」などカタカナのビジネス用語についても調べていたようです。

このように、検索ワードや流入コンテンツを分析することで、ユーザーの感じている悩みを読み取ることができるでしょう。

調査・分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、「ビジネスマナー」というキーワードを含むページを訪問したユーザーの特徴、属性などを調査しました。
※集計期間:2017年3月~2019年2月
※ユーザー数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


【トレンド調査】大豆ミートがじわじわ人気拡大中!検索者は「レシピ」にもっとも興味あり

【トレンド調査】大豆ミートがじわじわ人気拡大中!検索者は「レシピ」にもっとも興味あり

昨今、存在感を高める「大豆ミート」。健康や美容、環境への配慮から食生活を見直す人が増えている中、大豆ミートは新しい食の選択肢として注目を集める食材です。メディアでの露出や、飲食店や小売店で大豆ミートを使ったメニューを見かけることも増えてきました。じわじわと流行する大豆ミートについて、検索数推移や、検索者が知りたいことをWeb行動ログ分析ツールDockpitのデータで分析します。


白物家電購入時のネットの役割とは?「エアコン」「洗濯機」の購買検討行動を調査

白物家電購入時のネットの役割とは?「エアコン」「洗濯機」の購買検討行動を調査

夏の商戦期と言えば、ボーナスが支給される6月~7月。この時期は家電量販店のCMをよく耳にすることもあり、自然と家電の購入意欲も高まってくるのではないでしょうか。さらに猛暑に備えて、性能のいいエアコンをボーナスで購入する人も多いと言われています。今回は白物家電の中でも「エアコン」と「洗濯機」に注目して、購買検討行動の中でどのようなニーズが発生し、ネットがどんな使われ方をしているのか、Web行動ログ分析ツールの「Dockpit」を用いて検索データから調査しました。


「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、プライムデー効果でAmazon関連アプリが複数上位に【2021年5月~2021年6月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、プライムデー効果でAmazon関連アプリが複数上位に【2021年5月~2021年6月】

スマートフォンアプリの最新インストール数ランキングTop5をまとめました。2021年6月はマイナポイントアプリが1位という結果に。プライムデー効果かAmazon関連アプリも複数上位にランクインしました。男女別の人気インストール数ランキングもまとめています。


急上昇ワードに“オリンピック 開会式”“ピクトグラム”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/7/18~2021/7/24)

急上昇ワードに“オリンピック 開会式”“ピクトグラム”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/7/18~2021/7/24)

2021年7月18日~7月24日の検索急上昇ワードでは、7月23日(金)に行われた「オリンピック 開会式」や、その東京五輪開会式で全50競技の「ピクトグラム」のパフォーマンスなどが話題を集め、ネットでも検索が急増しました。「ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


2021上半期「〇〇とは」「初心者」「おすすめ」の複合検索ワードから今年のトレンドを探る

2021上半期「〇〇とは」「初心者」「おすすめ」の複合検索ワードから今年のトレンドを探る

今年の上半期のトレンドを検索キーワードから振り返ってみます。「〇〇とは」という検索から言葉の意味に注目されたキーワードは何か、「初心者」や「おすすめ」などと共に検索されている語句から、今年注目を集めているテーマは何かを探ります。分析ツールにはWeb行動ログや検索キーワードの分析ができる「Dockpit」を用いました。


最新の投稿


Zoom、GoogleMeetなどオンライン会議ツールの利用実態を調査。コロナ禍でリモート文化は定着したのか

Zoom、GoogleMeetなどオンライン会議ツールの利用実態を調査。コロナ禍でリモート文化は定着したのか

コロナ禍で大きく需要が伸びたオンライン会議ツールについて、新しい「働き方」へ与えた影響を探っていきます。Web行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて、Zoom、GoogleMeet、Skypeの3ツールのユーザー数や利用時間帯を調査。さらに、地方別のコロナ前後での伸び率や、年代別の比較も行っています。BtoBコミュニケーション施策を考える上での参考にしてみてください。


【トレンド調査】大豆ミートがじわじわ人気拡大中!検索者は「レシピ」にもっとも興味あり

【トレンド調査】大豆ミートがじわじわ人気拡大中!検索者は「レシピ」にもっとも興味あり

昨今、存在感を高める「大豆ミート」。健康や美容、環境への配慮から食生活を見直す人が増えている中、大豆ミートは新しい食の選択肢として注目を集める食材です。メディアでの露出や、飲食店や小売店で大豆ミートを使ったメニューを見かけることも増えてきました。じわじわと流行する大豆ミートについて、検索数推移や、検索者が知りたいことをWeb行動ログ分析ツールDockpitのデータで分析します。


白物家電購入時のネットの役割とは?「エアコン」「洗濯機」の購買検討行動を調査

白物家電購入時のネットの役割とは?「エアコン」「洗濯機」の購買検討行動を調査

夏の商戦期と言えば、ボーナスが支給される6月~7月。この時期は家電量販店のCMをよく耳にすることもあり、自然と家電の購入意欲も高まってくるのではないでしょうか。さらに猛暑に備えて、性能のいいエアコンをボーナスで購入する人も多いと言われています。今回は白物家電の中でも「エアコン」と「洗濯機」に注目して、購買検討行動の中でどのようなニーズが発生し、ネットがどんな使われ方をしているのか、Web行動ログ分析ツールの「Dockpit」を用いて検索データから調査しました。


「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、プライムデー効果でAmazon関連アプリが複数上位に【2021年5月~2021年6月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、プライムデー効果でAmazon関連アプリが複数上位に【2021年5月~2021年6月】

スマートフォンアプリの最新インストール数ランキングTop5をまとめました。2021年6月はマイナポイントアプリが1位という結果に。プライムデー効果かAmazon関連アプリも複数上位にランクインしました。男女別の人気インストール数ランキングもまとめています。


【調査リリース】 2021夏の旅行トレンド全国調査 ~ 高齢層を中心に20年より意欲減少、検討者は若者中心へ。温泉需要が減少、1~5万円までの費用帯が増加

【調査リリース】 2021夏の旅行トレンド全国調査 ~ 高齢層を中心に20年より意欲減少、検討者は若者中心へ。温泉需要が減少、1~5万円までの費用帯が増加

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女10,003人を対象に、今夏の旅行予定に関する消費者アンケート調査を実施しました。またヴァリューズが保有する約250万人の独自パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用して消費者の旅行動向を分析しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー