インテリア好きの人が好きな街は自由が丘、好きなブランドはアディダス?関心キーワードを調査

インテリア好きの人が好きな街は自由が丘、好きなブランドはアディダス?関心キーワードを調査

インテリアに興味のあるユーザーは、どんなキーワードを検索しているのでしょうか?株式会社ヴァリューズのアンケート調査で「インテリアに興味がある」と答えたモニターのインターネット行動ログから、関心を寄せるキーワードを自然言語処理のWord2Vecを用いて分析し、インサイトを探ってみました。


自由が丘に熱い眼差しが。関心ワードランキングtop10!

まず、インテリア好きなユーザーの関心キーワードをランキングにしてみました。次の図をご覧ください。

※特徴値とは、「インテリアが好き」と答えたユーザーを全体のユーザーと比べた時に、興味度合いを示す値です。すなわち、この特徴値が高ければ高いほど「インテリア好きユーザー特有の」キーワードということになります。

インテリア好きユーザーの関心ワード1位は「インテリア」、2位は「自由が丘」でした。

自由が丘には、IDEEやMOMO naturalなどのインテリアショップが多く並んでいます。輸入家具やオリジナルブランドのショップも多いので、こだわりをもってインテリアを選びたいユーザーにはぴったりの街と言えそうです。

また、自由が丘にはインテリアだけでなく食器やファブリックなど、暮らしにまつわる雑貨を揃えているお店も。

インテリア単体で探すのではなく、自分の好みの暮らしを実現したいユーザーが、自由が丘に注目しているのかもしれません。

10位以内には、「アイシャドウ」や「メイク」といったお化粧にまつわるワードもランクイン。「メイク インテリア」と検索してみると多く表示されるのは、メイクアップをするドレッサーの工夫や、散らかりがちなメイク道具を綺麗に収納する方法など、女性ならではの悩み解決の記事です。

また、「ヨガ」や「風水」といった一見インテリアとは離れていそうなワードも検索されています。

ここから、インテリアに興味を持つ人はライフスタイル全般に意識を持っており、コスメも自分のライフスタイルに合うものを選びたいと思っていると想像できるのではないでしょうか。

インテリアとファッションの関係性は?ワードネットワーク分析

続いて見ていくのは、「ワードネットワーク」というキーワード同士の関連性を示した図。

この図では、検索行動やコンテンツの分析結果から判明した「関連性の近い」ワード同士が結ばれています。

関心ワードランキングで2位に入っていた「自由が丘」は、「おしゃれ」や「インテリア」「ファッション」と結びついています。

また、同じネットワークには「IKEA」や「スターバックス」「本屋」も。

IKEAのお店づくりは、このワードネットワークの結果を表しているかのようなつくりになっています。つまり、インテリアの売り場と合わせてカフェも併設し、ライフスタイル全体にアプローチする店内になっているのです。

スターバックスや蔦屋書店を見てみても、中心となる商材だけでなく、周辺のライフスタイルにまで各々の世界観を行き渡らせていることがわかります。

ライフスタイルをトータルで提案しているこれらのブランドは、インテリア好きユーザーの心を掴んでいると言えるでしょう。

ちょっと意外なワードネットワークができていたのは、「アディダス」と「デニム」「サイズ感」などのワード。関心を寄せているのは主に男性で、インテリア好きの男性が好きなブランドの一つは「アディダス」である可能性が考えられます。

インテリア好きの女性、年代別の興味はどこ?

次に、それぞれのワードに関心を持つ人を性別・年代で分析していきましょう。

この図では、縦軸に平均年齢を、横軸に平均性別を取り、ワードごとにプロットしました。上にプロットされているほど、そのワードに興味を持つ人の年齢が高く、右にプロットされるほど女性割合が多いことになります。

男性・女性問わず関心が高いのは、「IKEA」や「スターバックス」などのワード。IKEA・スターバックス・本屋に見られるような雰囲気は、ニュートラルでどちらにも寄りすぎていないデザインが多いため男性女性ともに入りやすく、ボリュームゾーンも大きくなっているのだと考えられます。

一方で、インテリア好きな人のうち、男性はアディダスが好きな人が特徴として多く、女性はコスメに興味を持つ人が多いと言えるのではないでしょうか。

コスメに興味をもっている女性は比較的若い層で、「ヨガ」や「風水」に興味をもっているのは少し年齢の高い女性でした。

それぞれのライフステージによって、暮らしの中で大切にしたいものが異なる様子が感じられます。

競合性の低い狙い目ワードは、「コスメ」

最後に、ワードの競合性をマッピングしました。

この図は縦軸にGoogle検索ボリューム、横軸に競合性をとっています(データはGoogleのキーワードプランナーから取得)。

上にプロットされるほどボリュームが多く、右にプロットされるほど検索ワードのリスティング広告での競合性が高いことを意味します。

これらのワードの中で、もっともSEO対策に効果がある可能性が高いのは「コスメ」でしょう。検索ボリュームも多く、競合性が低くなっています。

「コスメ」ワードのインサイトは、関心ワードランキングの章で述べたように「コスメの収納法」に興味をもっているユーザーが多いのではないかと考えることができます。

狭いスペースを活用してお気にいり空間をつくる「見せる収納」といったトピックなど、トレンドを取り入れるのも効果的と言えるかもしれません。

まとめ

今回は「インテリア好き」ユーザーの関心キーワードを分析してみました。

男性と女性で、同じインテリア好きでも興味範囲が大きく違ったりライフスタイル全体の提案を行う近年のインテリアブランドに関心を持っていることがわかりました。

女性の関心が高いインテリアの分野は、機能面だけでなく、見た目やライフスタイルとの関連も見せていくことがポイントと言えそうです。

本調査結果を今後のマーケティング施策に役立てていただけましたら幸いです。


【調査概要】
・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報にもとづき分析
・行動ログ分析対象期間:2019年1月〜2019年6月の検索流入データ
※アンケートはインターネットを利用し興味関心項目をアンケートで聴取
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:PC・スマートフォンの両デバイス

photo by :pixa bay(https://pixabay.com/

関連する記事

この記事のライター

フリーランスの編集ライター。食べ物、暮らし、旅のことを中心に執筆。夏はパリとオレゴン、冬はサンディエゴに住む暮らしを夢見ています。

関連する投稿


拡大するシニア市場のマーケティングに必要な消費者理解とは |シニア、フレイル・プレフレイル市場に関するセミナーレポート

拡大するシニア市場のマーケティングに必要な消費者理解とは |シニア、フレイル・プレフレイル市場に関するセミナーレポート

増加する日本の65歳以上の人口は既に約3600万人と、「シニアマーケット」はその存在感を大きく増しています。しかし、そのうち特に生活の実態が見えづらいと言われる「フレイル・プレフレイル市場」。この「フレイル・プレフレイル」を中心にシニア市場を考察するセミナーが、10月2日に開催されました。ヴァリューズとシニア市場のマーケティングプラットフォームサービスを提供するリクシスが、共同して行ったアンケートを中心とした定量的な分析と、Web行動ログを活用した分析の両面から調査を行った結果を解説。そのセミナーの様子をレポートします。


「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

月間2000万人以上の読者を集める国内最大規模の生活総合情報サイト「All About」を中心とし、多様なメディアを運営する株式会社オールアバウト。同社ではWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を活用し、市場ニーズの分析や新規事業の戦略策定につなげていると言います。メディアビジネス部のジェネラルマネジャー・徳永さんに、All Aboutの戦略設計やデータ活用をお聞きしました。


お金の使い方や資産形成に関する価値観をもとに消費者をクラスタリング『お金クラスター調査結果』レポート

お金の使い方や資産形成に関する価値観をもとに消費者をクラスタリング『お金クラスター調査結果』レポート

消費全般に関するインサイト把握や資産運用商品の購入・資産運用実態の把握に役立てて頂くため、お金の使い方や資産形成に関する価値観をもとに消費者をクラスタリング分析した、『お金クラスター調査結果』レポートをリリースしました。(ページ数|27p)<br>※調査レポートは無料でダウンロードできます


Web施策を次に活かす効果測定とは?行動喚起ユーザー倍増に成功した解析手法を紹介|セミナーレポート

Web施策を次に活かす効果測定とは?行動喚起ユーザー倍増に成功した解析手法を紹介|セミナーレポート

Webキャンペーンやコンテンツ拡充などのデジタル施策は、「ターゲットへ届いたか」「狙った行動喚起に繋げられたか」などの効果測定を適切に行うことで、新たな発見を得られ、それを踏まえた次の施策を検討することができます。 そして、それらのフィードバックには自社サイトで得られる閲覧状況を把握するだけでなく、サイト外でのユーザー行動分析が有効です。9/16にヴァリューズが開催したオンラインセミナーでは、これらの効果測定に役立つWEB行動ログデータを活用したユーザー調査手法を紹介。実際のECサイトでの分析事例をもとに解説されました。本稿は、そのレポートをお届けします。


次世代住宅ポイント制度、レジ袋有料化で高まる「エコ」意識を調査

次世代住宅ポイント制度、レジ袋有料化で高まる「エコ」意識を調査

2019年12月に発表された次世代住宅ポイント制度(エコポイント)や2020年7月1日からスタートしたレジ袋の有料化など、「エコ」は現代の重要なキーワードのひとつになりました。そこで今回は消費者の「エコ」意識について、インターネット検索による行動パターン分析によって明らかにしていきます。 <br>※分析にはヴァリューズの新サービスであるDashboard型マーケティングツール『Dockpit』を使用しました。


最新の投稿


【11/6(金)】ヴァリューズ×ACD×CCI共催オンラインセミナー 「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」

【11/6(金)】ヴァリューズ×ACD×CCI共催オンラインセミナー 「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」

「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」をテーマに、弊社、株式会社ACD、株式会社サイバー・コミュニケーションズ3社共催オンラインセミナーを無料開催します。


「Go To Eat」開始で消費者はどう動いた?検索ワードとグルメサイトから実態を調査!

「Go To Eat」開始で消費者はどう動いた?検索ワードとグルメサイトから実態を調査!

コロナショックからの飲食業界の景気回復を狙った「Go To Eatキャンペーン」が、10月からスタートしました。おトクに外食ができる機会として注目を集めていますが、キャンペーンは食事券とポイント付与の2つで構成され、地域ごとに開始時期やルールが異なるため、正しく利用するには情報収集が必要です。それらを複雑・面倒に感じるという声もあり、消費者によって温度差がある印象を受けます。本稿では、そんな今話題の「Go To Eatキャンペーン」に着目。ヴァリューズが提供する市場分析ツール「Dockpit」を使い、消費者の関心を探るとともに、ポイント付与対象のグルメ予約サイトの動向を分析します。


コードはもう書かない!?「ノーコード」のサービスやメリット・デメリットとは…検索者属性から関心層の実態も調査

コードはもう書かない!?「ノーコード」のサービスやメリット・デメリットとは…検索者属性から関心層の実態も調査

エンジニアではない人にとって、これまでプログラミングによるプロダクト開発は縁遠いものでした。しかし、いまや非エンジニアも簡単にプロダクトを開発できる時代になっています。それを可能にしたのが「ノーコード」。今回はそんなノーコードについてデータ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」のキーワード分析機能を使い、関心を持つユーザーを深堀りしていきます。


月々定額で新車に乗れる車のサブスクとは?メーカー各社も参入!

月々定額で新車に乗れる車のサブスクとは?メーカー各社も参入!

月々定額でサービスを利用する「サブスクリプション」の流れは車にも及んでいます。新車の購入に比べ、初期費用が抑えられる、車の乗り換えが簡単で、車の維持にまつわる諸手続きが軽減されるなどの特徴があります。最近では、トヨタ・ホンダなどメーカー各社も車のサブスクに参入しています。


拡大するシニア市場のマーケティングに必要な消費者理解とは |シニア、フレイル・プレフレイル市場に関するセミナーレポート

拡大するシニア市場のマーケティングに必要な消費者理解とは |シニア、フレイル・プレフレイル市場に関するセミナーレポート

増加する日本の65歳以上の人口は既に約3600万人と、「シニアマーケット」はその存在感を大きく増しています。しかし、そのうち特に生活の実態が見えづらいと言われる「フレイル・プレフレイル市場」。この「フレイル・プレフレイル」を中心にシニア市場を考察するセミナーが、10月2日に開催されました。ヴァリューズとシニア市場のマーケティングプラットフォームサービスを提供するリクシスが、共同して行ったアンケートを中心とした定量的な分析と、Web行動ログを活用した分析の両面から調査を行った結果を解説。そのセミナーの様子をレポートします。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング