ユーザーシナリオとカスタマージャーニーの違い

ユーザーシナリオとカスタマージャーニーの違い

顧客が商品・サービスを認知してから購入に至るまでを「旅」に例えるカスタマージャーニーにはいくつか似たマーケティング用語があります。 本記事ではカスタマージャーニーの概要を再確認したあと、ユーザーシナリオ、コンセプトダイアグラム、パーセプションフローなどとの違い、使い分けについて説明します。


カスタマージャーニーとは

顧客が商品・サービスを認知してから、購入にいたるまでの一連の行動を「旅」に例えたものがカスタマージャーニーです。

さらに、時系列ごとに顧客との接点(タッチポイント)や心理、行動を図式化したものをカスタマージャーニーマップと呼びます。各接点の課題ごとに、対策となるマーケティング施策を打つのに活用されています。

カスタマージャーについて調べたアウトプットとしてカスタマージャーニーマップを作ることが多く、インターネット検索で「カスタマージャーニー」を入力する人はカスタマージャーニーマップのことを指している場合もあります。

カスタマージャーニーとは?意味とマップの作り方を3分で学ぼう

https://manamina.valuesccg.com/articles/555

今回は、マーケティング用語の「カスタマージャーニー」の意味と作り方についてです。カスタマージャーニーでは、顧客が商品を知ってから購入するまでの接点や心理、行動を「カスタマージャーニーマップ」として図式化します。カスタマージャーニーの接点やアクションに対する施策を打つことで、顧客目線のマーケティングを実現できるメリットがあります。

またカスタマージャーニーでも使われる「ペルソナ」という用語があります。ペルソナは商品・サービスが想定する理想の顧客像のことです。

ライフスタイルが多様化し画一的なマーケティングが通用しなくなってきた背景から、具体的なユーザー像を想定してどのようなカスタマージャーニーをたどるのかを探るマーケティング手法が生まれています。

ペルソナの作り方を事例と本から学ぶ

https://manamina.valuesccg.com/articles/554

マーケティングに役立つペルソナの活用方法を、具体的な事例と作り方に役立つ本を通じて学びます。ターゲットを代表する典型的なユーザー像を「ペルソナ」として設定すると、顧客視点のマーケティングになると共に関係者間でターゲット像を共通認識できるメリットがあります。

ユーザーシナリオとの違い

カスタマージャーニーがマーケティング用語なのに対して、「ユーザーシナリオ」はUX(顧客体験)の文脈で使われる用語です。

ユーザーシナリオは、顧客が商品購入や資料請求などゴールとなるアクションにたどり着くまでの流れのことを言います。

ECサイトなどのWEBサービスで言えば、一つの画面で購入まで完結することは少なく、検索→商品詳細閲覧→レビューや類似商品との比較→カートに入れる→決済、という流れがあるはずでそのトータルの顧客体験を改善することがコンバージョンにつながります。

カスタマージャーニーとの絡みでユーザーシナリオを使う場合は理想的なカスタマージャーニーをユーザーシナリオとして設定し、既存カスタマージャーニーとのギャップを検討したりするのに活用します。

コンセプトダイアグラムとの違い

コンセプトダイアグラムは、顧客目線でビジネス全体を見える化するツールです。元々はWEB設計の方法論として生まれ現在はビジネス全般に使われています。

コンセプトダイアグラムでは顧客がゴールに達するまでの過程を縦軸と横軸を使って表現し、その間に生まれる顧客の心理や態度の変化をパターン化し、その際に打つべきコミュニケーション手段の改善に活用します。

顧客がゴールに至るまでのプロセスに注目する点はカスタマージャーニーと似ていますが、よりコミュニケーション施策にフォーカスした方法論と言えるでしょう。

パーセプションフローとの違い

「パーセプションフロー」はCoup Marketing Companyの音部大輔氏が提唱するマーケティング・マネジメント・モデルです。

パーセプションフローでは購買に至るまでのプロセスを行動、パーセプション、知覚刺激、KPI、メディア・媒体行動の5つの要素で分解します。

メディア・媒体を通じた知覚刺激によって「行動を変化する気づき」を与え、次のアクションへ導く、その連鎖によって最終的に購入に至る、という構造でマーケティングの全体像を示します。


カスタマージャーニーとの違いは、パーセプションフローの方がマーケティング施策立案に必要な判断材料の提供を意識している点です。顧客の行動だけでなく、行動に伴う認知・知覚(パーセプション)に注目し、認知・知覚を変化させるマーケティング施策を打つ使い方を想定しています。


カスタマージャーニーやカスタマージャーニーマップでは課題に対するマーケティング施策を後で検討しますが、パーセプションフローではメディア・媒体行動やKPIが最初から分析要素に組み込まれていて、計画、実行、効果測定までの一元管理がしやすく、より実践的と言えるでしょう。

まとめ

カスタマージャーニーは顧客が商品・サービスを認知してから購入にいたるまでを旅に例えてまとめる方法論ですが、理想のカスタマージャーニーを設定する「ユーザーシナリオ」、顧客とのコミュニケーション施策にフォーカスした「コンセプトダイアグラム」、マーケティング施策の実践に近い「パーセプションフロー」などもあり、違いを知った上で自社に適切な方法論を選択しましょう。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


カスタマージャーニーマップの事例と無料テンプレートまとめ

カスタマージャーニーマップの事例と無料テンプレートまとめ

マーケティングでカスタマージャーニーに取り組む際、最終的に「カスタマージャーニーマップ」としてまとめます。作り慣れていないとカスタマージャーニーマップのフォーマットやまとめるべき内容に迷いが出ることもあるはずです。この記事では豊富な事例と無料のテンプレートでカスタマージャーニーマップ作りを支援します。


BtoBマーケティングでデータ起点のカスタマージャーニーづくりが効く理由とは【ネットイヤー神田×ヴァリューズ宇都宮】

BtoBマーケティングでデータ起点のカスタマージャーニーづくりが効く理由とは【ネットイヤー神田×ヴァリューズ宇都宮】

BtoBでもカスタマージャーニーが重要視され始めたのはなぜなのでしょうか。BtoBマーケティングにおけるカスタマージャーニー活用の理由を探るため、ネットイヤー社の神田さんとヴァリューズ社の宇都宮さんの対談模様を取材しました。


カスタマージャーニーとは?意味とマップの作り方を3分で学ぼう

カスタマージャーニーとは?意味とマップの作り方を3分で学ぼう

今回は、マーケティング用語の「カスタマージャーニー」の意味と作り方についてです。カスタマージャーニーでは、顧客が商品を知ってから購入するまでの接点や心理、行動を「カスタマージャーニーマップ」として図式化します。カスタマージャーニーの接点やアクションに対する施策を打つことで、顧客目線のマーケティングを実現できるメリットがあります。


ペルソナの作り方を事例と本から学ぶ

ペルソナの作り方を事例と本から学ぶ

マーケティングに役立つペルソナの活用方法を、具体的な事例と作り方に役立つ本を通じて学びます。ターゲットを代表する典型的なユーザー像を「ペルソナ」として設定すると、顧客視点のマーケティングになると共に関係者間でターゲット像を共通認識できるメリットがあります。


LP(ランディングページ)の構成や特徴とは?制作の際に注意すべきこと

LP(ランディングページ)の構成や特徴とは?制作の際に注意すべきこと

インターネット広告が一般的になり、広告効果が向上するにつれて、LP(ランディングページ)の広告効果の作用は大きくなっています。では、実際にLPを作る際には、どのような構成にしたり、ポイントを抑えたりすることが必要でしょうか?LPを制作する際の注意点も合わせて、詳しく解説します。


最新の投稿


ソーシャルリスニングとは?活用方法とメリット・デメリット

ソーシャルリスニングとは?活用方法とメリット・デメリット

ソーシャルリスニングはTwitter・Instagram・Facebookなどのソーシャルメディア(SNS)を使って消費者の声を収集・分析してマーケティングに活かす方法です。消費者視点でのマーケティング戦略の立案や、自社が気づいていなかった指摘を得られるメリットがあります。


ターゲットを絞って検索キーワードのランキングを作成できるKeyword Finderとは?|eMark+(イーマークプラス)

ターゲットを絞って検索キーワードのランキングを作成できるKeyword Finderとは?|eMark+(イーマークプラス)

「eMark+(イーマークプラス)」のKeyword Finderを使うと、性別・年代・地域などの属性や、業界にターゲットを絞って人気のキーワードを知ることができるのをご存知でしょうか?SEOやリスティングのキーワード対策に役立ちます。


1位は“PayPay”、2位は…「業界別」アプリランキング - ファイナンス編 -

1位は“PayPay”、2位は…「業界別」アプリランキング - ファイナンス編 -

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、アプリランキングを作成しました。


9月もPayPayが1位に!「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年8月~2019年9月)

9月もPayPayが1位に!「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年8月~2019年9月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


急上昇ワードに“台風”“リチウムイオン電池”など「週間」検索キーワードランキング(2019/10/6~2019/10/12)

急上昇ワードに“台風”“リチウムイオン電池”など「週間」検索キーワードランキング(2019/10/6~2019/10/12)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら