ニーズはパーソナル?24時間?「フィットネスクラブ」「スポーツジム」検索トレンド

ニーズはパーソナル?24時間?「フィットネスクラブ」「スポーツジム」検索トレンド

近年ますます健康志向が高まり、24時間営業のフィットネスやパーソナルジムをよく見かけるようになりました。そこで今回は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、「フィットネスクラブ」「スポーツジム」関連ワードの検索トレンドを調べました。ユーザー属性による興味関心の違いや人気の施設などを考察します。


「ダイエット」から「トレーニング」へ、「安い」から「パーソナル」へ

まず、直近1年間の「フィットネスクラブ」「スポーツジム」関連ワードの検索トレンドを探ります。

以下の図のように、施設名の検索は「ゴールドジム」「エニタイムフィットネス」が人気、また、「24時間」を含む検索をしたユーザーが増加、前年同時期10位から6位にランクアップしました。

さらに、「パーソナルジム」も13位から9位にランクアップしています。

傾向として、「ダイエット」から「トレーニング」へ、「安い」から「パーソナル」へと、フィットネス・ジム検索ユーザーの関心が変化していることがわかります。

「フィットネス」「フィットネスクラブ」「ジム」「スポーツジム」を含む検索キーワードランキング

「フィットネス」「フィットネスクラブ」「ジム」「スポーツジム」を含む検索キーワードランキング

集計期間:2018年10月〜2019年9月/2017年10月〜2018年9月
デバイス:PC
※ユーザー数はVALUES保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※ジム、フィットネスに関連しないキーワードを除外して20位までをランキング

若年女性は「パーソナルジム」、世代性別問わず「24時間」にニーズあり

次に、「フィットネスクラブ」「スポーツジム」を検索したユーザー属性の特徴を、eMark+の指定キーワードランキングの属性別マップで確認します。縦軸に年齢、横軸に性別を設定しました。
※「ジム」関連ワードとして、スポーツジム、フィットネスクラブに無関係のワードが含まれます(例:ジムニー、ポケモンGOなど)。

若年層の女性の検索ワードに「パーソナルジム」「パーソナル」が入り、少し上の年代になると「口コミ」「評判」が入りました。「24時間」や「おすすめ」と言ったワードは属性に関係なく検索されているようです。

「フィットネス」「フィットネスクラブ」「ジム」「スポーツジム」の検索ユーザー属性マップ

「フィットネス」「フィットネスクラブ」「ジム」「スポーツジム」の検索ユーザー属性マップ

集計期間:2018年10月〜2019年9月
デバイス:PC
※「フィットネス」「フィットネスクラブ」「ジム」「スポーツジム」の検索結果より1位~100位をマッピング

検索ユーザーが増えるのは、正月、ゴールデンウィーク、夏休み

「フィットネスクラブ」「スポーツジム」の月別検索ユーザー数の推移は以下のグラフの通り。1月(正月)、5月(ゴールデンウィーク)、8月(夏休み)、10月にユーザー数が増えています。

施設によっても異なりますが、多くのフィットネスクラブ、スポーツジムでは、新年度、夏休み、そしてスポーツの秋に合わせて入会キャンペーンを実施することが多く、ユーザー数推移と相関しているのかもしれません。

「フィットネス」「フィットネスクラブ」「ジム」「スポーツジム」の検索ユーザー数推移

「フィットネス」「フィットネスクラブ」「ジム」「スポーツジム」の検索ユーザー数推移

集計期間:2018年10月〜2019年9月
デバイス:PC
※ユーザー数はVALUES保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測

流入先1位は「エニタイムフィットネス」2位は「ゴールドジム」

続いて、キーワード検索後の流入先LPについてまとめます。流入先の1位は「エニタイムフィットネス」2位は「ゴールドジム」でした。いずれも店舗数を伸ばしている大手トレーニングジムで、24時間または24時まで営業しているのが特徴です。マシンを使って自分のペースでトレーニングできるジムが昨今のトレンドということでしょうか。

また、実際のユーザーからの評判が気になるのか、クチコミサイトもよく見られていることもわかります。

「フィットネス」「フィットネスクラブ」「ジム」「スポーツジム」の検索ユーザーの流入先LP

「フィットネス」「フィットネスクラブ」「ジム」「スポーツジム」の検索ユーザーの流入先LP

集計期間:2018年10月〜2019年9月
デバイス:PC
※ユーザー数はVALUES保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※ジム、フィットネスに関連しないキーワードを除外して15位までをランキング

まとめ

近年の健康ブーム、注目はダイエットよりトレーニング傾向がみられ、若年層の女性にはパーソナルトレーニング、パーソナルジムのニーズが高く、施設では「エニタイムフィットネス」と「ゴールドジム」が2強という結果でした。

分析で使用したツール「eMark+」は調べたいWebサイトやアプリを入力するだけで、アクセス数やユーザー属性を簡単に把握することができます。無料版もありますので、ぜひ使ってみてください。




eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら


この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


急上昇ワードに“アカデミー賞”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/2/9~2020/2/15)

急上昇ワードに“アカデミー賞”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/2/9~2020/2/15)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


オリンピック後の日本経済をアテネ・ロンドン五輪から考察しました【2020年トレンド予測】

オリンピック後の日本経済をアテネ・ロンドン五輪から考察しました【2020年トレンド予測】

2020年に話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2020年トレンド予測」。今回のテーマは「ポストオリンピックの経済をロンドン五輪から予測」です。大会後の日本経済について、サイト分析ツール「eMark+」や過去の開催国の経済を参考に予測します。


どの「転職サイト」が人気?2019年の転職市場を振り返る

どの「転職サイト」が人気?2019年の転職市場を振り返る

1月~3月は年度の切り替え時期前ということもあり、転職市場が活発化すると言われています。そこで、今回は数ある転職サイトの中から2019年の年間訪問者数上位5サイトに絞って、ユーザーの動向や人気のコンテンツなど「eMark+」を使って調査・分析します。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年12月~2020年1月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年12月~2020年1月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


急上昇ワードに“確定申告期間”“マスク 通販”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/2/2~2020/2/8)

急上昇ワードに“確定申告期間”“マスク 通販”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/2/2~2020/2/8)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


最新の投稿


急上昇ワードに“アカデミー賞”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/2/9~2020/2/15)

急上昇ワードに“アカデミー賞”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/2/9~2020/2/15)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


広報、事務、経理、商品管理…オフィスワーク系の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

広報、事務、経理、商品管理…オフィスワーク系の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

あの職種の人たちがよく訪れるサイトはどこなのでしょうか? アンケート調査から職種が分かっている人のネット行動ログを分析することで、ある特定の職種の人がよく閲覧している特徴的なサイトを把握することができます。今回は『広報』『事務』『経理』『商品管理』の人たちがよく見ているサイトを調査しました。


オリンピック後の日本経済をアテネ・ロンドン五輪から考察しました【2020年トレンド予測】

オリンピック後の日本経済をアテネ・ロンドン五輪から考察しました【2020年トレンド予測】

2020年に話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2020年トレンド予測」。今回のテーマは「ポストオリンピックの経済をロンドン五輪から予測」です。大会後の日本経済について、サイト分析ツール「eMark+」や過去の開催国の経済を参考に予測します。


サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

最近、よく耳にするようになった「サブスクリプション」方式。定期購読に代表される定額で一定期間利用できるサービスです。この記事ではサブスクリプションの定義や、具体的なサービスの事例を紹介していきます。


中国マーケティングの最新トレンドと有効なプロモーションとは?|セミナーレポート

中国マーケティングの最新トレンドと有効なプロモーションとは?|セミナーレポート

2019年の訪日中国人数は959.4万人。この膨大な窓口の先にある未知数の市場、中国市場。そんな中国市場向けにプロモーションを行なってみたものの、上手く成果に結びつかないという方も多いのではないでしょうか?1月28日に開催された「ヴァリューズ×バイドゥ×フルスピード共催セミナー」では、中国での豊富な調査データをもとにした分析に強みを持つ株式会社ヴァリューズが、最新のインバウンド事情と成功に必要なマーケティング手法を紹介しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら