日本上陸から丸3年、DAZN(ダゾーン)のユーザー数は? スポーツ動画配信サービスを調査しました

日本上陸から丸3年、DAZN(ダゾーン)のユーザー数は? スポーツ動画配信サービスを調査しました

国内外のスポーツを配信しているDAZN(ダゾーン)が、日本に上陸してから丸3年。現在のユーザー数はどのように推移しているのでしょうか。同じくスポーツ動画配信を行うスカパーやWOWOWとのユーザー層の違い、3サービスの特徴をまとめてみました。


DAZNなどスポーツ動画配信サービスを調査

国内外のスポーツを配信しているDAZNが、日本に上陸してから丸3年が経過しました。ネットフリックス、アマゾンプライムビデオなどの動画サブスク系サービスが消費者に浸透してきた中、現在スポーツ動画配信サービスの勢力図はどうなっているのでしょうか。

そこで今回はスポーツ動画配信を行う国内の主要3サービスのデジタルユーザーを調査してみました。使用したのはサイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」です。対象はDAZNに加え、同じくスポーツを配信しているスカパーとWOWOW。この2サービスはスポーツ配信のみならずドラマや映画の配信も行っています。

では、まずは3サービスの概要をまとめます。

Jリーグと独占放映契約を結んでいる「DAZN」

DAZNの日本上陸は2016年8月。国内ローンチ前からJリーグの10年間分の独占放映権を約2000億円で取得したことでも話題になりました。

DAZNではJリーグの他にも、Bリーグやプロ野球などの国内プロスポーツ、海外サッカーやMLBなども放映されており、スポーツコンテンツについては国内屈指の内容になっています。料金は2020年1月現在、月額1,750円ですべてのコンテンツが見放題となっています。

試合以外のコンテンツにも力を入れている「スカパー!」

スカパー・エンターテイメントが提供しているスカパー!は、複数のチャンネルで映画やドラマ、スポーツを配信しています。

スポーツに関してはプロ野球の他、格闘技などを配信しています。また、サッカーの海外リーグに挑戦する日本人選手を特集した番組を定期的に放送するなど、試合以外のコンテンツにも力を入れているのが特徴です。

料金はチャンネル・プランごとに異なる形態となっており、スポーツ以外のコンテンツについてもカスタマイズして選べるのがサービスの利点でしょう。

現地観戦ツアーを開催している「WOWOW」

WOWOWは、スカパー同様に、複数のチャンネルで映画やドラマ、スポーツを配信しています。スポーツではスペインのサッカーリーグであるリーガエスパニョーラを中心に、他にはテニスや格闘技などを配信しています。

現地観戦ツアーを積極的に開催していることがWOWOWの特徴のひとつです。料金は20年1月現在、月額2,300円で全チャンネルが見放題となっています。スポーツに加えてドラマなども1契約でオールインワンとなっているのがサービスの特徴と言えます。

各サービスのユーザー数推移は?

それでは、各サービスの2019年1月~2019年12月のユーザー数推移を見ていきましょう。

eMark+より集計。対象デバイスはPC&スマートフォン合算

3つのサービスを比較してみるとWOWOWが頭1つ抜けており、平均して月に約250万人ほどのユーザーが訪問しています。一方、DAZNはスポーツコンテンツの豊富さで勝負しており、2019年2月〜9月ではスカパーと同じくらいのユーザー数を獲得していました。

では次に、DAZNのユーザー数を詳しく見ていきましょう。

eMark+より集計。DAZNサイトはPC&スマートフォン合算

ここでは、DAZNのサイトとアプリの起動ユーザー数の推移をグラフにしました。PCのユーザー数とアプリのユーザー数は、毎月約100万人でほとんど同じ規模だということが分かります。冬にかけてユーザーが減少しているのは、Jリーグやプロ野球がオフシーズンに入ることと関係しているのかもしれません。

性別・年代のデモグラ属性は?

次に、サービスごとに性別や年代に違いはあるのか確認してみましょう。性別ごとのユーザー割合は以下になります。

※対象デバイスはPC&スマートフォン合算。

DAZNがもっとも男性割合が高い結果となっています。これは、サッカー観戦者や野球観戦者の男性の割合が大きいことに加えて、フィギュアスケートなどの女性観戦者の割合が大きいスポーツがコンテンツにないことが理由かもしれません。

また、DAZNと比べると、スカパーとWOWOWは女性の割合が大きいことが分かります。これは、映画やドラマ等の放映が関係しているからだと考えられます。

続いて、年代別のグラフを見てみましょう。

※対象デバイスはPC&スマートフォン合算。

DAZNは他2つのサービスに比べると、20代~30代のユーザーが多い結果となりました。新しいサービスにも比較的積極的である若い世代の姿がうかがえます。

また、3サービスを通じて40代の割合が一番大きいことも分かります。Jリーグの観戦者が40代であることや、そもそもとして日本の人口のボリュームゾーンが40代であることを考えると妥当であるように思われます。

スカパーとWOWOWは似通った結果になりました。おそらく2つともスポーツの他にも映画やドラマを放映しているために、年代の割合が似たのかもしれません。

まとめ

最後に、各サービスの特徴をまとめて終わりたいと思います。

1.DAZN
Jリーグを中心に様々なスポーツを放映しているDAZNは、今回比較した動画サービスの中では、男性ユーザーの割合が大きく、また20代から30代の割合が大きい結果となりました。また、春にかけてユーザー数が増加し、冬には減少することが確認できました。これはJリーグやプロ野球などが、シーズン開始と終了する時期であることが関係しているのかもしれません。

2.スカパー!
見たいコンテンツのチャンネルごとに契約ができるスカパーは、ユーザー数ではDAZNとそれほど変化はありませんでした。しかし、冬季のユーザー数に減少は見られませんでした。これはシーズンが関係ないドラマチャンネルや映画チャンネルの影響かと思われます。

3.WOWOW
定額でドラマやスポーツなどすべてのコンテンツが見放題のWOWOWは、ユーザー数では他2つを圧倒していたのが特徴的でした。また、DAZNと比較すると、女性の割合が大きくなりました。スカパー同様に、スポーツだけでなく映画やドラマを放映していることが関係しているのではないでしょうか。

今回はスポーツ動画配信サービス市場を概観しました。本記事ではeMark+を用いて調査を行いましたが、eMark+の機能がパワーアップした新ツール「Dockpit」が2020年10月にリリースされました。Dockpitの無料機能では、ユーザー数やデモグラフィック属性といった基本指標を簡単にチェックできます。今後の市場動向が気になる方は、ぜひ使ってみてください。

dockpit 無料版の登録はこちら
分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、スポーツ動画配信サービス「DAZN」「スカパー!」「WOWOW」のユーザー数とユーザー属性を調査しました。

※対象期間:2019年1月~2019年12月
※ユーザー数:該当サイトを訪れたUnique User数
※ユーザー数やセッション数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

関連記事

新型コロナに対するAmazonプライム、Hulu、Netflixのコンテンツ無料施策でアプリユーザー数はどう変わったか

https://manamina.valuesccg.com/articles/807

新型コロナウイルスへの危機感に伴い、3月から学校が休校になり、生徒たちが自宅待機になりました。そんな中、コンテンツを一部無料公開などしていた動画サービス各社。実際にどのように利用されていたのか、Web行動ログによる市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」で調べてみました。

いくつご存知ですか?日本でメジャーなサブスクリプションサービス事例

https://manamina.valuesccg.com/articles/769

生活に定着しつつある「サブスクリプション」型のサービス。代表的な動画配信サービスといったデジタル系だけではなく、住まいや自動車、食材といった「モノ」を提供するサブスクリプションサービスも増えています。今回はさまざまなジャンルの代表的なサブスクリプションサービスの事例を紹介します。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


アットコスメWebサイトでのライブコマース、閲覧ユーザーにはどんな特徴が?ログデータで分析

アットコスメWebサイトでのライブコマース、閲覧ユーザーにはどんな特徴が?ログデータで分析

日本国内でも徐々に注目を集めている、ライブコマース。販売側と視聴者の双方向性を強みとして、業界問わず採用する企業が増えています。今回はコスメ・美容の総合サイト、アットコスメが取り入れているライブコマースサービスに焦点をあて、ライブコマースを利用するユーザー層にどんな特徴があるのか、調査してみます。


最新スマホアプリインストール数ランキング、インスタが全体3位にランクイン(2022年6月)

最新スマホアプリインストール数ランキング、インスタが全体3位にランクイン(2022年6月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。2022年6月の1位は「マイナポイント」という結果に。2位には「セブン-イレブンアプリ」、3位には「Instagram」がランクインしました。


今ビジネスパーソンが注目する市場は?「市場規模」クエリ検索者のデータで調査

今ビジネスパーソンが注目する市場は?「市場規模」クエリ検索者のデータで調査

ビジネスパーソンにとって、様々なマーケットに対し高くアンテナを張っておくことは非常に重要です。今回はヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて、「市場規模」のクエリで検索をしているユーザーの動向を調査・分析することで、いまビジネスパーソンの興味関心トレンドが上昇している業界はどこなのかを探ります。


Sports Streaming Service Market - Has the Number of Users Decreased Due to DAZN's Price Hike?

Sports Streaming Service Market - Has the Number of Users Decreased Due to DAZN's Price Hike?

VOD services are changing the way people watch sports. DAZN has had a remarkable breakthrough in the sports video distribution market, but has its price hike in February this year affected its market share? We will use the web behavior log analytics tool Dockpit to find out.


トヨタ「ぴったりクルマ診断」が自動車購入促進に?第三者データで分析

トヨタ「ぴったりクルマ診断」が自動車購入促進に?第三者データで分析

トヨタ自動車の提供する「ぴったりクルマ診断」は、数問の簡易的な質問に回答すると、自身にマッチした車種を提示してくれるツールです。この診断ツールにはトヨタのどのような集客戦略が背景にありそうか、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて調査していきます。


最新の投稿


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報をまとめてご紹介。検索順位に影響する指標とは?TikTokの今後は?コンテンツマーケター必見のレポートを、毎月お届けします。


競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を経てマーケティング戦略を立案するには、自社が市場のどのポジションを狙うかが大事。「ポジショニングマップ」は、市場のどの分野で自社の競争優位を確立するか整理するのに役立つツール。今回はポジショニングマップの基本から作り方までを解説します。


中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

洗濯アイテム、お風呂用品など、消費者がどんな日用品を好んでいるのかを把握するのは、中国でのビジネスを考える上で重要です。今回は、そんな中国消費者の「身の回り」に注目し、現在のトレンドを調査しました。(ページ数|25ページ)


実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

競合調査の必要性やツールを使った分析の話は聞いていても、そのメリットや実際のイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。膨大なWeb行動ログデータ等を元に各社のユーザー属性や集客構造を把握したり、自社との差分を洗い出して改善施策に活かした例など、具体的な事例をご紹介していきます


「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

米国の起業家でありテスラ最高経営責任者のイーロン・マスク氏の日本に対するツイートが話題になり、改めて浮き彫りになった日本の少子化問題。また、新型コロナウイルスの予防対策の1つであるマスク着用をめぐっては、世論でも様々な意見が見られます。2つの「マスク」をめぐって、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が考察します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら