大阪府の健康活動記録アプリ「アスマイル」がユーザーを集める。12月急上昇アプリランキング

大阪府の健康活動記録アプリ「アスマイル」がユーザーを集める。12月急上昇アプリランキング

2019年12月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。12月のトレンドを調査しました。


12月の急上昇アプリランキングを調査

まず、アクティブユーザー数の前月比が高い順にアプリをランキングしました。以下のトップ10をご覧ください。

2019年12月の急上昇アプリランキング(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

トップ3はこのアプリ

それでは早速、ランキングの1位から3位までを詳しく見ていきましょう。

1位:アスマイル

1位は大阪府が提供している健康活動を記録する「アスマイル」でした。アプリの概要を以下にまとめます。

運営:大阪府
特徴:健康活動の記録/健康活動によりたまったポイントで抽選に参加できる
リリース:2019年1月

では次に、このアプリのユーザー数の推移を見ていきましょう。

「アスマイル」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

アスマイルのユーザー数は約32万人、前月比+約292%となっています。

10月に大阪府の全市町村で利用できるようになったことに加えて、12月7日から2020年3月31日までにアプリを本登録した先着33,333名にクオカード300円分をプレゼントするキャンペーンを行っていることが急上昇の要因かと思われます(参考:『アスマイルで300円分もらえるねんキャンペーン!』)。

またアスマイルには、健康活動を記録することでポイントが貯まり、貯まったポイントで抽選で電子マネーが当たるといった特典もあります。このように、最近話題になっているポイ活を上手に組み込んでいました。

2位:PIXUSかんたん年賀状

2位にランクインした「PIXUSかんたん年賀状」の概要は以下の通りです。

運営:キヤノン
特徴:スマホで年賀状制作が完結できる/宛名印刷無料

では次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「PIXUSかんたん年賀状」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

PIXUSかんたん年賀状のユーザー数は約33万人、前月比+約286%でした。

今月は年賀状アプリが多数ランクインしましたが、その中でもPIXUSかんたん年賀状は、年賀状に関するお役立ち情報なども見る事ができるようにしていました。また、アプリ名にも「かんたん」という単語を入れるなど、初心者でも使いやすいような印象を与えることでユーザー数の上昇に繋げたのではないでしょうか。

3位:年賀状アプリ つむぐ年賀2020

3位になった「年賀状アプリ つむぐ年賀状2020」の概要は以下の通りです。

運営:SALTWORKS
特徴:写真の切り抜きなど、各パーツの編集が自由自在
   問題点がある場合、印刷時に報告してくれるオプション付き
   宛名印刷無料

「年賀状アプリ つむぐ年賀状」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

「年賀状アプリ つむぐ年賀状2020」のユーザー数は約43万人、前月比+約267%でした。

このアプリの特徴は、写真の切り抜きができるなど、自由度が高いことです。また、有料ではあるものの、印刷前に問題点を発見したら報告してくれるというサービスも行っていました。それに加えて、アプリ累計100万DL記念で1名に1000万円が当たるという豪華なキャンペーンを行っていたこともユーザー数増加の一因と言えるかもしれません。

その他上位にはこんな年賀状アプリがランクイン

ここからは上位で他にランクインした年賀状アプリを紹介していきます。

4位:はがきデザインキット2020 | 年賀状アプリ

4位には日本郵便の「はがきデザインキット2020|年賀状アプリ」がランクインしました。アプリの概要は以下の通りです。

運営:日本郵便
特徴:セブンイレブンのマルチコピー機にも対応
   印刷注文後、宛名先へ直接とどけることも可能
   Twitterやメールで住所を知らない人にも送ることができる

「はがきデザインキット2020|年賀状アプリ」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

「はがきデザインキット2020|年賀状アプリ」のユーザー数は約102万人、前月比+約229%でした。

このアプリは、年賀状アプリの中では月間ユーザー数が最も多い結果になりました。同アプリは2019年11月の急上昇アプリランキングにもランクインしており、年賀状関連アプリの中でも人気の高さがうかがえます。

また、はがきデザインキットを通じて年賀はがきを50枚以上買うと、豪華賞品が当たるなどのキャンペーンも行われていました。

6位:無料年賀状作成 みんなの筆王

6位には翻訳機「ポケトーク」で有名なソースネクスト社の「無料年賀状作成 みんなの筆王」がランクインしました。概要は以下の通りです。

運営:ソースネクスト
特徴:はがきの購入から投函までの代行可能
   SNSへのシェア機能付き

「無料年賀状作成 みんなの筆王」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

「無料年賀状作成 みんなの筆王」のユーザー数は約30万人、前月比+約207%でした。

筆王は、1996年から販売されているロングセラー商品です。ソースネクスト社は2007年から筆王の取り扱いを開始しています。そういった歴史のあるサービスということもあり、年賀状のアプリでも一定のユーザー数を確保することができたのではないでしょうか。

9位:スマホでカラリオ年賀

9位には「スマホでカラリオ年賀」がランクインしました。アプリの概要は以下の通りです。

運営:エプソン
特徴:3ステップで手軽に作成可能
   手書き対応
   人気キャラクターを使用したデザインも使用可能

「スマホでカラリオ年賀」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

「スマホでカラリオ年賀」のユーザー数は約74万、前月比+約136%でした。

「スマホでカラリオ年賀」は、家庭用プリンタなどを販売しているエプソンからリリースされています。3ステップで作成できる手軽さや、エプソン社のプリンターとの相性の良さがユーザー数増加につながったのではないでしょうか。

まとめ

最後に12月の急上昇アプリと、アクティブユーザー増加の背景をまとめてみます。

1位の「アスマイル」は行政機関が運営しており、本登録者にQUOカードを先着順で配布するなどのキャンペーンを活用していました。さらに、ポイ活をアプリの機能にうまく取り入れ、ユーザー数増加に繋げたと言えるのではないでしょうか。

また、時期的に需要が増加したのが年賀状アプリ。トップ10のうち6つが年賀状関連アプリという結果となっていました。その中でも、3位「年賀状アプリ つむぐ年賀2020」と4位「はがきデザインキット2020|年賀状アプリ」は、それぞれキャンペーンを行っていました。こうしたアプリが上位にランクインしたことからも、キャンペーンが集客に一定の影響を与えたと言えるのではないでしょうか。

今月のトレンドをぜひ自社のマーケティングやビジネス設計に活かしてみてください。本記事では急上昇アプリを取り上げましたが、マナミナでは別記事にて毎月の急上昇サイトも定点観測しています。世の中の流れをチェックするためにもぜひご活用ください。

キリンのオンラインショップ「DRINX」がユーザー数を伸ばす。12月急上昇サイト調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/737

2019年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトをランキング化し、12月の急上昇サイトを調査しました。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

関連記事

イケア、ディズニーにマイナポータルAP…アプリでのEC開始や10万円オンライン申請でユーザー数を伸ばしたアプリとは【2020年5月】

https://manamina.valuesccg.com/articles/908

2020年5月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回は<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。5月のトレンドを調査しました。

ファミマも売り始めたビーガン向け商品は今後の食トレンドとなるか?検索者は家庭で試せるレシピに興味

https://manamina.valuesccg.com/articles/886

ヨーロッパやアメリカで取り入れられているライフスタイル「ビーガン」について、健康志向の高まりやインバウンドの増加などの影響から、日本国内でも目にする機会が増えてきています。本稿では、ビーガンに対してどのように関心が寄せられているのか、検索キーワードや人気コンテンツから実態を調査しました。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


推し活実態2024!「沼落ち」プロセスとは?推し活のインサイトとマーケティング活用

推し活実態2024!「沼落ち」プロセスとは?推し活のインサイトとマーケティング活用

日本の消費を活気づける「推し活」。実は10代の8~9割以上が「推し対象あり」と回答しているという結果も。本ホワイトペーパーでは、推し活市場の現状や、推し活にかける時間・金額などの行動実態、コラボ企画といったマーケティングとの接続について調査し、推し活への理解を深めていきます。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第16弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「猫ミーム」「Bluesky」「LYPプレミアム」の3テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。Z世代のSNSの使い方、猫ミームがバズった背景、LYPプレミアムの魅力とZ世代のサブスクの使い方など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


低価格ジムとして急成長したchocoZAPを早期に検索していたアーリーアダプターの特徴とは?

低価格ジムとして急成長したchocoZAPを早期に検索していたアーリーアダプターの特徴とは?

「コンビニジム」という呼び名としても知られるchocoZAPは、RIZAPが展開する24時間経営のジムです。2022年7月にサービスを開始してから、低価格かつ全国どこでも利用できることに加え、脱毛器やエステがセルフで利用できたり、入会で便利な機器がもらえたりと、多様なサービスによって多くの人の支持を集めています。急成長を続けるchocoZAPですが、サービス開始当初にはどのような人が興味を持っていたのでしょうか。chocoZAPというワードを早期に検索していた人を対象に、ユーザー属性を調査していきます。


「睡眠」ブームの裏にある悩みとは?現役サラリーマンの幅広いアプローチに注目

「睡眠」ブームの裏にある悩みとは?現役サラリーマンの幅広いアプローチに注目

三大欲求の一つにも数えられる「睡眠」ですが、日本人の平均睡眠時間は世界でもトップクラスに短いと言われています。ゲームアプリ「Pokémon Sleep」の人気もあり、睡眠への関心が高まっている昨今。「睡眠」検索者が知りたがっていることやその実態を、行動データから調査してみました。


The number of next-gen social media “Bluesky” users is rapidly growing. Is it the newest trend among Gen Z?

The number of next-gen social media “Bluesky” users is rapidly growing. Is it the newest trend among Gen Z?

When X’s (formerly Twitter) specs changes, Bluesky was seen as a potentional alternative to X, but it struggled to gain traction. However, after removing its invite-only system on February 7, 2024, user numbers surged as anyone was now allowed to make an account. We'll examine user demographics and usage of Bluesky.


最新の投稿


Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

株式会社電通は、2024年卒または2025年卒業予定の全国の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関する意識調査「Z世代就活生 まるわかり調査2024」を実施し、調査結果を公開しました。


データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、運営するデータマーケティング・メディア「マナミナ」にて公開した記事から厳選し、知っておきたい6つのマーケティング・フレームワーク、8つの事例、19の分析ツールを収録した「競合分析ガイドブック」を公開しました。


交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

さまざまなビジネスシーンで見られる「交渉」。よりスマートにお互いの利益を引き出す交渉を行うにはどのような知識とスキルが必要となるのでしょうか。また、現在持ち合わせているあなたの「交渉能力」をアップデートするためには、どのような「交渉術」を備えるべきなのでしょうか。本稿では広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が「交渉」概念の基礎から、さらに深い「交渉学」の世界まで解説します。


悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

「カウンセリング」と聞いて、どんな印象を持ちますか?専門家とともに自分のこころを見つめる経験は、その後の人生の糧にもなります。臨床心理士の東畑開人氏の著書「なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない」(新潮社)は、気付かないうちにあなたも染まっているかもしれない、孤独に陥りがちな現代社会の価値観に気づかせてくれます。「読むセラピー」と称された、カウンセラーとクライアント(依頼者)の夜の航海物語を、精神保健福祉士の森本康平氏が解説します。


Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio Japan合同会社は、「顧客エンゲージメント最新動向」の日本語版を発表しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

ページトップへ