化粧品のアーリーアダプターは意外と雑誌から情報を集めていた【アンケート×行動ログ調査】

化粧品のアーリーアダプターは意外と雑誌から情報を集めていた【アンケート×行動ログ調査】

新商品に敏感で、オピニオンリーダーとしての役割も果たすと言われる「アーリーアダプター」の人たち。今回は化粧品のアーリーアダプターに関する調査結果をお届けします。生活者が普段の購入の際に意識している点や、情報収集の媒体などをまとめました。


時代に合わせて多様なアイテムが登場する化粧品業界。新しさ、品質、価格、デザインなど購入にいたる要因は様々です。生活者は、どんな情報収集をして、どのような点を意識して購入を決めているのでしょうか?

そこで今回は、いち早く新しい化粧品を購入している「アーリーアダプター」に関する調査結果をお届けします!

株式会社ヴァリューズがモニターに対して行った商品の購買に関する意識調査から、化粧品のアーリーアダプターの特徴をまとめました。購入に際して意識している点、情報収集のツールなど、マーケティングに役立てていただける情報が満載です。

化粧品「アーリーアダプター」の年代と性別は?

まず、今回の調査対象である「化粧品のアーリーアダプター」の定義をご説明します。

アンケートで「化粧品を購入する際の行動や考え方で、もっとも当てはまるものはどれですか」という質問を実施しました。選択肢は次の5つです。

①発売されたら真っ先に購入するタイプ
②発売直後である必要はないが、割と早い段階で購入するタイプ
③ある程度多くの人が所有するまで待ってから購入するタイプ
④この商品が完全に主流になってから購入するタイプ
⑤この商品は買わない

これらのうち、「①発売されたら真っ先に購入するタイプ」を選んだ回答者を化粧品のアーリーアダプターと定義しました。

では結果を見ていきましょう。まず、化粧品のアーリーアダプターはどのような年代の男女だったのでしょうか。次のグラフをご覧ください。

アンケート回答者全体と比較し、化粧品のアーリーアダプターは7割が女性であることがわかりました。逆に言えば、化粧品に関しても『新商品を真っ先に購入する』アーリーアダプターに、3割程度男性が含まれていることになります。近年の美容意識の高まりが現れているのかもしれません。

化粧品アーリーアダプターはどのSNSをどのくらい見ている?

続いては、化粧品のアーリーアダプターは各SNSをどのくらい閲覧しているのかについて、アンケート回答者全体と比較しながら調査しました。

LINE利用時間

化粧品のアーリーアダプターがLINEを利用する時間は、1日平均34.2分という結果でした。全体と比べ、1時間以上の利用者割合と、30分〜1時間未満の割合が多くなっています。

Twitter利用時間

Twitterも同様に、利用時間は全体と比べ多いという結果に。1日平均の利用時間は16.3分でした。

Instagram利用時間

Instagramの1日平均利用時間は8.5分でした。同じように、利用しているユーザーの割合、30分未満・30分〜1時間未満の割合が全体よりも多くなっています。

アーリーアダプターは新商品の情報をどこで入手している?

いち早く化粧品を買いたいと思っているアーリーアダプターは、普段どこで新商品の情報を入手しているのでしょうか?

情報入手先を探るべく、媒体別に比較をしてみました。

※「化粧品のアーリーアダプター」が、化粧品に関わらず新商品の情報を入手する際の媒体を聴取

グラフでは、アンケート回答者全体の回答と化粧品のアーリーアダプターの回答を比較し、青色は「アーリーアダプターの利用が少ない」媒体、オレンジと赤色は「アーリーアダプターの利用が多い」媒体となっています。

注目したいのは、「テレビCM」や「テレビ番組」ではあまり新商品の情報を入手していないということ。アンケート回答者全体の回答と比べ、10ポイント以上少ない結果となっています。

一方、もっとも全体の回答と差をつけていたのは「雑誌記事」。アーリーアダプターは雑誌から新商品の情報を取り入れているのではないかと考えられます。

また、オレンジ色の「インターネットの公式サイト」、「SNS」、「交通広告」なども新商品の入手先としているケースが多いと予想できました。

アーリーアダプターは「品質」や「デザイン」が良ければ買う傾向が

続いて見ていくのは、化粧品のアーリーアダプターが購入時に意識していること。

アンケート回答者全体と比較し、どのような特徴が見られるのかについて、特徴的な項目をまとめてみました。

※「化粧品のアーリーアダプター」が、化粧品に関わらず商品を購買する際に意識していることを聴取

まず、「①品質が高ければ価格が高くても買う」という項目に対し、全体に比べて同意している割合が高くなっています。多少価格が高くても、いいものであれば購入したいというアーリーアダプターが多いのかもしれません。

また、「③高価なものを買うときには事前によく調べる」という項目に対しては、意外にも全体より意識をしているアーリーアダプターが少ないということがわかります。新商品ゆえに情報が少ないという点もあるかもしれませんが、気になったものは試してみたいという気持ちがあるのかもしれませんね。

さらに、「④デザインよりも機能を重視する」という項目に対しても全体と比べ割合が低く、デザイン性もある程度気にしているということが予想できます。

最後に、「⑧自分が良いと思ったことを人に伝える」という項目は全体と比べ圧倒的に多くなっており、アーリーアダプターとインフルエンサーの関連も示唆される回答となりました。

意外なところに意識を向けているのがわかる、興味深い結果です。

アーリーアダプターがよく使っているアプリは?

最後に見ていくのは、アンケート回答者全体と比較し、化粧品のアーリーアダプターがよく使うアプリランキングです。

※スコアは全体との利用率の差分。特徴的によく見ているほどスコアが大きくなります。
※赤色が濃くなるほどボリューム(全体のユーザー数)が大きいことを示しています。

1位にInstagram、2位にスターバックスジャパン公式モバイルアプリ、3位にヘア&ビューティーサロン検索/ホットペッパービューティーがランクインしています。

また、10位にはビューティー効果&メイク機能付き自撮りカメラ「SNOW」が入っていました。

これらの特徴は、美容やキレイに関わるアプリだと考えられ、最新の化粧品に敏感なアーリーアダプター特有の傾向と予想できます。

まとめ

今回はアンケートの結果から、化粧品のアーリーアダプターの特徴を調査してみました。情報収集の仕方や使っているアプリなど、特有の傾向が多く見られたかと思います。本調査結果をぜひ今後のマーケティング施策に役立ててみてください。

また、化粧品以外のジャンルでもアーリーアダプター調査は可能です。調査にご興味のある方は以下よりお気軽にお問い合わせください。

調査データのお問い合わせはこちら

【調査概要】
全国のヴァリューズモニター(20歳以上男女)を対象として、2019年6月7日~6月20日に「購買意識に関するアンケート」調査を実施しました。(回答者数:9,560人)
※アンケート調査は性年代別人口とネット利用率に合わせたウェイトバック集計を行っています。
※行動ログ分析対象期間:2019年6月(対象デバイス:スマートフォン)

photo by :Photo AC

関連する記事

いま化粧品市場では何が起きている?新型コロナの影響を検索データからマーケコンサルが読み解く

https://manamina.valuesccg.com/articles/799

化粧品のトレンドについて調査する新企画。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントである私、伊東茉冬が気になる話題について調査していきます。今回の調査は新型コロナウイルスの影響について。感染拡大により百貨店などが営業自粛となっている中、化粧品業界へはどのような影響が及んでいるのか。消費者の化粧品への関心度合の変化や、化粧品の中でもアイテムによって違いがあるのか、Web行動データを基に分析します。

「中国人女性の日韓化粧品ブランド認知・購入状況調査」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/432

中国本土でインターネットリサーチを実施し、中国人女性の日本と韓国の化粧品ブランド認知状況について調査。(ページ数|32p)

インフルエンサーってどんな人?SNSで拡散力あるユーザーにリーチするには

https://manamina.valuesccg.com/articles/601

アンケートと実際のネット行動ログからインフルエンサーの消費やネット行動の実態を調査し、どのようにすれば彼らにリーチできるのかを考察します。

この記事のライター

フリーランスの編集ライター。食べ物、暮らし、旅のことを中心に執筆。夏はパリとオレゴン、冬はサンディエゴに住む暮らしを夢見ています。

関連する投稿


D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

2020年はコロナ禍における巣ごもり消費も追い風となり、物販分野のBtoC EC市場は、伸長率20%超えという大幅な拡大が見られました。そんな中、メーカーが新たに注力を始めているのがD2C。D2Cとは「Direct to Consumer」の略であり、メーカーが商品を直接消費者に販売するビジネスを指します。今回は特に化粧品・家電業界に注目し、ECと比べた際のD2Cの使われ方や使い手について、その実態を調査しました。(ページ数|29ページ)


人気の美容成分「レチノール」の検索者が急増中!「シカ」に関心がある人との違いは?

人気の美容成分「レチノール」の検索者が急増中!「シカ」に関心がある人との違いは?

「しわ改善に」などのフレーズで、「レチノール」という成分の名前を広告やTVCMで見かけるようになりました。レチノールはかつて化粧品への配合が難しい成分とされていましたが、ここ数年で、日本の大手化粧品メーカーや韓国コスメでも使われるようになっています。レチノールにいち早く反応している人は、どのような気になりごとを持っているのでしょう。ここ数年で人気が爆発した成分「シカ」と比較して、調査しました。


【2022年ヒット商品】SHEIN、YOLU、Y2Kなど...生活者アンケートと行動データで見るヒットの理由 -「美容・ファッション」編

【2022年ヒット商品】SHEIN、YOLU、Y2Kなど...生活者アンケートと行動データで見るヒットの理由 -「美容・ファッション」編

「ヤクルト1000」が流行語大賞にノミネートするなど、様々なヒット商品が生まれた2022年。そこで今回は、ヒット商品が人々の心を捉えた理由と、どのような軌跡で盛り上がりを見せていったのか、Web行動ログデータとアンケート調査結果を用いて分析しました。「食編」「美容・ファッション編」「ライフスタイル編」の3カテゴリに分けて、レポートしていきます。


外資に負けない強い化粧品ブランドを作るには?海外ブランドの戦略に見る日本の課題

外資に負けない強い化粧品ブランドを作るには?海外ブランドの戦略に見る日本の課題

韓国コスメや中国メイクがトレンドになる昨今。海外勢がめきめきと認知を上げる中、日本の化粧品ブランドはどう対抗していくべきなのでしょうか。各国の戦略と日本の現状とは。シャネルパリ本社でエグゼクティブメイクアップアーティストを務め、化粧品開発からコンサルティングに至るまで、世界を股にかけて活動する東風上尚江さんにお話を伺いました。


みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

さまざまなものが値上がりしている2022年。いま、世間ではリーズナブルな価格をコンセプトとする「プチプラ」商品への関心が高まっています。今回は1年を通してどのような「プチプラ」へのニーズがあるのか、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」のデータをもとに検証しました。


最新の投稿


トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2023年1月22日~1月28日は、カメラアプリ「SNOW」の新機能「AIアバター」や、日本列島が大寒波に見舞われる中、各地の道路状況を確認できる「ライブカメラ」といった検索が急増していました。


【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

世界を震撼させたウクライナ侵攻や、まだ出口の見えないコロナ禍もそのままに明けた2023年。本稿では、2022年を振り返り、引き続き憂慮される国際社会の動向や、日本にとって特に注視すべき対中関係とそれらに準ずる日本企業のあり方を、大学研究者としてだけでなく、セキュリティコンサルティング会社アドバイザーとして地政学リスク分野で企業へ助言を行っている和田大樹氏が解説します。


D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

2020年はコロナ禍における巣ごもり消費も追い風となり、物販分野のBtoC EC市場は、伸長率20%超えという大幅な拡大が見られました。そんな中、メーカーが新たに注力を始めているのがD2C。D2Cとは「Direct to Consumer」の略であり、メーカーが商品を直接消費者に販売するビジネスを指します。今回は特に化粧品・家電業界に注目し、ECと比べた際のD2Cの使われ方や使い手について、その実態を調査しました。(ページ数|29ページ)


【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

2022年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら