化粧品のアーリーアダプターは意外と雑誌から情報を集めていた【アンケート×行動ログ調査】

化粧品のアーリーアダプターは意外と雑誌から情報を集めていた【アンケート×行動ログ調査】

新商品に敏感で、オピニオンリーダーとしての役割も果たすと言われる「アーリーアダプター」の人たち。今回は化粧品のアーリーアダプターに関する調査結果をお届けします。生活者が普段の購入の際に意識している点や、情報収集の媒体などをまとめました。


時代に合わせて多様なアイテムが登場する化粧品業界。新しさ、品質、価格、デザインなど購入にいたる要因は様々です。生活者は、どんな情報収集をして、どのような点を意識して購入を決めているのでしょうか?

そこで今回は、いち早く新しい化粧品を購入している「アーリーアダプター」に関する調査結果をお届けします!

株式会社ヴァリューズがモニターに対して行った商品の購買に関する意識調査から、化粧品のアーリーアダプターの特徴をまとめました。購入に際して意識している点、情報収集のツールなど、マーケティングに役立てていただける情報が満載です。

化粧品「アーリーアダプター」の年代と性別は?

まず、今回の調査対象である「化粧品のアーリーアダプター」の定義をご説明します。

アンケートで「化粧品を購入する際の行動や考え方で、もっとも当てはまるものはどれですか」という質問を実施しました。選択肢は次の5つです。

①発売されたら真っ先に購入するタイプ
②発売直後である必要はないが、割と早い段階で購入するタイプ
③ある程度多くの人が所有するまで待ってから購入するタイプ
④この商品が完全に主流になってから購入するタイプ
⑤この商品は買わない

これらのうち、「①発売されたら真っ先に購入するタイプ」を選んだ回答者を化粧品のアーリーアダプターと定義しました。

では結果を見ていきましょう。まず、化粧品のアーリーアダプターはどのような年代の男女だったのでしょうか。次のグラフをご覧ください。

アンケート回答者全体と比較し、化粧品のアーリーアダプターは7割が女性であることがわかりました。逆に言えば、化粧品に関しても『新商品を真っ先に購入する』アーリーアダプターに、3割程度男性が含まれていることになります。近年の美容意識の高まりが現れているのかもしれません。

化粧品アーリーアダプターはどのSNSをどのくらい見ている?

続いては、化粧品のアーリーアダプターは各SNSをどのくらい閲覧しているのかについて、アンケート回答者全体と比較しながら調査しました。

LINE利用時間

化粧品のアーリーアダプターがLINEを利用する時間は、1日平均34.2分という結果でした。全体と比べ、1時間以上の利用者割合と、30分〜1時間未満の割合が多くなっています。

Twitter利用時間

Twitterも同様に、利用時間は全体と比べ多いという結果に。1日平均の利用時間は16.3分でした。

Instagram利用時間

Instagramの1日平均利用時間は8.5分でした。同じように、利用しているユーザーの割合、30分未満・30分〜1時間未満の割合が全体よりも多くなっています。

アーリーアダプターは新商品の情報をどこで入手している?

いち早く化粧品を買いたいと思っているアーリーアダプターは、普段どこで新商品の情報を入手しているのでしょうか?

情報入手先を探るべく、媒体別に比較をしてみました。

※「化粧品のアーリーアダプター」が、化粧品に関わらず新商品の情報を入手する際の媒体を聴取

グラフでは、アンケート回答者全体の回答と化粧品のアーリーアダプターの回答を比較し、青色は「アーリーアダプターの利用が少ない」媒体、オレンジと赤色は「アーリーアダプターの利用が多い」媒体となっています。

注目したいのは、「テレビCM」や「テレビ番組」ではあまり新商品の情報を入手していないということ。アンケート回答者全体の回答と比べ、10ポイント以上少ない結果となっています。

一方、もっとも全体の回答と差をつけていたのは「雑誌記事」。アーリーアダプターは雑誌から新商品の情報を取り入れているのではないかと考えられます。

また、オレンジ色の「インターネットの公式サイト」、「SNS」、「交通広告」なども新商品の入手先としているケースが多いと予想できました。

アーリーアダプターは「品質」や「デザイン」が良ければ買う傾向が

続いて見ていくのは、化粧品のアーリーアダプターが購入時に意識していること。

アンケート回答者全体と比較し、どのような特徴が見られるのかについて、特徴的な項目をまとめてみました。

※「化粧品のアーリーアダプター」が、化粧品に関わらず商品を購買する際に意識していることを聴取

まず、「①品質が高ければ価格が高くても買う」という項目に対し、全体に比べて同意している割合が高くなっています。多少価格が高くても、いいものであれば購入したいというアーリーアダプターが多いのかもしれません。

また、「③高価なものを買うときには事前によく調べる」という項目に対しては、意外にも全体より意識をしているアーリーアダプターが少ないということがわかります。新商品ゆえに情報が少ないという点もあるかもしれませんが、気になったものは試してみたいという気持ちがあるのかもしれませんね。

さらに、「④デザインよりも機能を重視する」という項目に対しても全体と比べ割合が低く、デザイン性もある程度気にしているということが予想できます。

最後に、「⑧自分が良いと思ったことを人に伝える」という項目は全体と比べ圧倒的に多くなっており、アーリーアダプターとインフルエンサーの関連も示唆される回答となりました。

意外なところに意識を向けているのがわかる、興味深い結果です。

アーリーアダプターがよく使っているアプリは?

最後に見ていくのは、アンケート回答者全体と比較し、化粧品のアーリーアダプターがよく使うアプリランキングです。

※スコアは全体との利用率の差分。特徴的によく見ているほどスコアが大きくなります。
※赤色が濃くなるほどボリューム(全体のユーザー数)が大きいことを示しています。

1位にInstagram、2位にスターバックスジャパン公式モバイルアプリ、3位にヘア&ビューティーサロン検索/ホットペッパービューティーがランクインしています。

また、10位にはビューティー効果&メイク機能付き自撮りカメラ「SNOW」が入っていました。

これらの特徴は、美容やキレイに関わるアプリだと考えられ、最新の化粧品に敏感なアーリーアダプター特有の傾向と予想できます。

まとめ

今回はアンケートの結果から、化粧品のアーリーアダプターの特徴を調査してみました。情報収集の仕方や使っているアプリなど、特有の傾向が多く見られたかと思います。本調査結果をぜひ今後のマーケティング施策に役立ててみてください。

また、化粧品以外のジャンルでもアーリーアダプター調査は可能です。調査にご興味のある方は以下よりお気軽にお問い合わせください。

調査データのお問い合わせはこちら

【調査概要】
全国のヴァリューズモニター(20歳以上男女)を対象として、2019年6月7日~6月20日に「購買意識に関するアンケート」調査を実施しました。(回答者数:9,560人)
※アンケート調査は性年代別人口とネット利用率に合わせたウェイトバック集計を行っています。
※行動ログ分析対象期間:2019年6月(対象デバイス:スマートフォン)

photo by :Photo AC

関連する記事

いま化粧品市場では何が起きている?新型コロナの影響を検索データからマーケコンサルが読み解く

https://manamina.valuesccg.com/articles/799

化粧品のトレンドについて調査する新企画。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントである私、伊東茉冬が気になる話題について調査していきます。今回の調査は新型コロナウイルスの影響について。感染拡大により百貨店などが営業自粛となっている中、化粧品業界へはどのような影響が及んでいるのか。消費者の化粧品への関心度合の変化や、化粧品の中でもアイテムによって違いがあるのか、Web行動データを基に分析します。

「中国人女性の日韓化粧品ブランド認知・購入状況調査」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/432

中国本土でインターネットリサーチを実施し、中国人女性の日本と韓国の化粧品ブランド認知状況について調査。(ページ数|32p)

インフルエンサーってどんな人?SNSで拡散力あるユーザーにリーチするには

https://manamina.valuesccg.com/articles/601

アンケートと実際のネット行動ログからインフルエンサーの消費やネット行動の実態を調査し、どのようにすれば彼らにリーチできるのかを考察します。

この記事のライター

フリーランスの編集ライター。食べ物、暮らし、旅のことを中心に執筆。夏はパリとオレゴン、冬はサンディエゴに住む暮らしを夢見ています。

関連する投稿


Investigating how new BTS fans evolve into hardcore fans based on behavioral data

Investigating how new BTS fans evolve into hardcore fans based on behavioral data

BTS debuted in 2013 and took the world by storm from 2019 to 2021. So how do people grow to become hardcore BTS fans? In this article, we will infer how fandoms are formed by analyzing online behavior over the next three years.


アットコスメWebサイトでのライブコマース、閲覧ユーザーにはどんな特徴が?ログデータで分析

アットコスメWebサイトでのライブコマース、閲覧ユーザーにはどんな特徴が?ログデータで分析

日本国内でも徐々に注目を集めている、ライブコマース。販売側と視聴者の双方向性を強みとして、業界問わず採用する企業が増えています。今回はコスメ・美容の総合サイト、アットコスメが取り入れているライブコマースサービスに焦点をあて、ライブコマースを利用するユーザー層にどんな特徴があるのか、調査してみます。


BTS初心者が「推し活ファン」に定着する過程を行動ログデータから調査してみた

BTS初心者が「推し活ファン」に定着する過程を行動ログデータから調査してみた

2013年にデビューし、2019年頃から2021年にかけて日本国内のみならず世界中を席巻したBTS。 では、BTSに関心を持ち始めた人はどのようにして推し活をするようなコアファンとして定着していくのか?今回は、2019年の時点でBTS初心者と思われるユーザーを検索行動から類推し、その後3年間のWeb行動分析から、ファン定着のシナリオを推察します。


「化粧品のブランドスイッチはどのようにして起きるのか?Web行動ログから分析」レポート

「化粧品のブランドスイッチはどのようにして起きるのか?Web行動ログから分析」レポート

化粧品が選ばれる過程においては、もともと使用しているアイテムからのスイッチングで商品が選ばれる場合が多いと考えられます。 スイッチングのタイミングでどうしたら自社ブランドを選んでもらえるのか、Web行動ログデータを用いて分析・考察します。


【学びたい人へ】リサーチの基本〜応用まで網羅!リサーチャー・菅原大介さんの寄稿&取材記事まとめ

【学びたい人へ】リサーチの基本〜応用まで網羅!リサーチャー・菅原大介さんの寄稿&取材記事まとめ

本記事では、マナミナでこれまで公開してきたリサーチャーの菅原大介さんによる寄稿・取材記事を一覧にまとめました。業界別にリサーチで気をつける観点や、マーケティングアクションと併用するリサーチの枠組みなど、リサーチの手法や考え方を複数のテーマにわたって菅原さんが伝授。いずれも濃い内容となっていますので、本記事をブックマークなどして、じっくりとご自身の学びに役立ててみてはいかがでしょうか。


最新の投稿


Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

The "SIM lock ban" has been mandated since October 1, 2021. Now, all smartphones must be "SIM-free." We investigate and analyze OPPO, which entered the Japan market in January 2018, along with Huawei and ASUS, two top-ranking overseas manufacturers that offer affordable products.


気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

昨今、原油高の影響でガソリン価格が高騰しており、物流に影響を及ぼしているほか、家計も圧迫されるなどで省エネ意識が格段に高まっているのではないでしょうか。そこで今回は、自動車選びの中でも消費者が気になるポイントのひとつである「燃費」について、関心を持っているユーザーをクラスタ分析し、その人物像を調査しました。分析ツールはヴァリューズが提供する消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いています。


「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

2019年に問題になった「老後資産2,000万円」が記憶に新しいなか、政府によって「資産所得倍増計画」が発表されました。「貯蓄から投資へ」とも謳われている現在。「お金」に関して、漠然とした不安と戸惑いを抱えている人も多いのではないでしょうか。「人生100年時代」とも言われる長い人生のために、どのように資産を作り守って行くか。「貯金」と「貯蓄」という2つのワードを検索する消費者のWeb行動に着目し、調査・分析しました。


「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング、今月は「旅行・地域」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「楽天トラベル」、2位「じゃらん」、3位「ANA」…という結果に。トップ20まで掲載しています。


【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

利用率9割という圧倒的な浸透率を誇るYouTube。生活の中での位置づけや、実際の使われ方、よく見られるコンテンツとはどのようなものなのでしょうか。またそれらは、性年代で切ったときにどのような違いが出てくるのでしょうか。アンケートとWeb行動ログデータから、YouTubeの利用動向を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら