インフルエンサーってどんな人?SNSで拡散力あるユーザーにリーチするには

インフルエンサーってどんな人?SNSで拡散力あるユーザーにリーチするには

今やSNSなどを通じて大きな影響力を持つ「インフルエンサー」。有名人やタレントといった知名度が高い人だけでなく、一般人でもInstagramやTwitterで多数のフォロワーを獲得し、共通の趣味や関心を持つ人たちに大きな影響力を及ぼすケースが増えてきました。企業側もこうしたインフルエンサーにいち早く着目し、SNSやクチコミで商品やサービスを話題にして貰おうとするインフルエンサーマーケティングへの期待が高まっています。今回は、アンケートと実際のネット行動ログからインフルエンサーの消費やネット行動の実態を調査し、どのようにすれば彼らにリーチできるのかを考察します。


SNSで拡散力の高い「インフルエンサー」とはどのような人たちなのでしょうか。

今回は、ヴァリューズの保有するSNS(Twitter、Facebook、Instagram)の利用データを基にヴァリューズ独自の拡散力スコアを定義。拡散力スコアが60以上の人たちを「インフルエンサー」と定義し、消費やネット行動の実態を探っていきます。
※拡散力スコアは全体平均値が50になるように算出しています。

インフルエンサーが普段よく買い物するのはスーパーよりもAmazonとコンビニ

まず「インフルエンサー」と区分された人たちのデモグラから見ていきましょう。

男女比率は半々ですが、全体と比べると、男女とも20代の割合が高く、若年層の方がSNSでの拡散力は高い傾向が出ています。

性年代

世帯年収を見たところ、世帯年収1000万円以上の割合が全体は12.4%に対し、インフルエンサーでは16.1%と、3.7pt高くなっていました。

世帯年収

また、インフルエンサーは可処分所得も高め。1ヶ月あたりの可処分所得は平均で約5万円、3人に1人は月5万円以上、自由に使えるようです。

可処分所得

1ヶ月の平均支出は、外食、服飾費、旅行、お酒、イベント・ライブ・コンサート、スポーツ用品などが高めの金額となり、アクティブ派。20代の割合が高いことも関係していそうですが、外食を除く食費や、教育費などの支出額は低い傾向が出ています。

1ヶ月あたりの平均支出

普段よく買い物をする場所も、顕著な差が出ました。全体だとスーパーやドラッグストアの割合が高いのですが、インフルエンサーではAmazonコンビニが上回り、他にもショッピングモール、デパート、フリマアプリなどの利用度も高くなっています。

普段よく買い物をする場所

インフルエンサーは、自らも積極的に外出したり、消費をしつつ、時にはAmazonやフリマサービスも効率的に使いこなしている様子がうかがえます。

“季節限定”、“エリア限定”、“新商品”に弱い。“増量”も魅力。

消費意欲旺盛な「インフルエンサー」の人たち。日常的にはどのような商品に惹かれて購入しているのでしょうか。

“スーパーやコンビニでよく購入するもの”の特徴を全体と比較すると、「季節限定やエリア限定商品」「新商品」「増量」などの点がスコアが高くなっています。

スーパーやコンビニでよく購入するもの

また、魅力的に感じる施策も全体と比較してみたところ、最も差が開いたのは「SNS公式アカウントフォローで10%割引」の施策。インフルエンサーならではの感があります。

さらに、5000円など一定金額以上の購入で「送料無料」になったり、「抽選で半額」になるなど、ドキドキ感のある施策が購入を後押しできそうです。

魅力的な施策

拡散力の高い人ほど、実はテレビを観ていない?!

拡散力の高いインフルエンサーの人たちは、どのようなメディアで新しい情報を仕入れているのでしょうか。

新しい情報の入手先についてたずねたところ、全体と比べて、テレビのCM、テレビ番組などはスコアが低く、一方で、SNS、インターネットの情報サイト、インターネット広告、ブログの書き込みなどのスコアが高くなっていました。

コンビニの広告や陳列も全体よりもスコアが高めになっており、コンビニの棚も有力な情報源の1つになっていそうです。

新しい情報の入手先

拡散力の高い人ほど、Twitterやゲームアプリ、動画アプリをヘビー利用

ネットからの情報収集がさかんなインフルエンサー。具体的によく使っているサイトやアプリを調べてみました。マーケター側から考えると、これらのメディアが彼らにリーチしやすい媒体、と言えるでしょう。

全体との差がわかるように、特徴値順でランキングしてみました。特徴的に良く利用しているほどスコアが大きくなります。

よく使うサイトはGoogle、livedoorブログ、じゃらん、イープラス、Twitter、スタバ

まず、サイトから見てみると、Google、livedoorブログが上位に。チケットのe+、旅行サイトだと国内旅行のじゃらんnetが上位です。

サイトランキング

(スコアはインフルエンサーと全体とのリーチ率の差分を示す)

※特徴的によく見ているほどスコアが大きくなり、濃い赤になるほどボリュームが大きい

よく使うアプリはTwitter、インスタ、Facebook、メルカリ、Yahoo!乗換案内、Amazon

よく使うアプリでは、やはりTwitter、インスタ、FacebookとSNS系が上位。メルカリ、Amazon、そしてWebサイト同様にスターバックスのアプリもランクインしました。

アプリランキング

(スコアはインフルエンサーと全体とのリーチ率の差分を示す)

※特徴的によく見ているほどスコアが大きくなり、濃い赤になるほどボリュームが大きい

まとめ

SNSで拡散力を持つインフルエンサーにはSNS上でリーチすることはもちろん、Amazonの活用や、コンビニなどリアルの場でのプロモーションも鍵を握りそうです。

その際、単純な値下げ販促ではなく、SNSと連動したキャンペーン施策や、一定金額以上の購入者だけの特別オファー抽選で得するラッキーチャンス企画など限定感、スペシャル感のある施策が、彼らに刺激を与え、アクションを促すきっかけとなることが考えられます。

インフルエンサーの消費者像理解と彼らへの有効なマーケティングを考えることを目的とした本調査。今回はその一部を公開しましたが、他にもネット行動の時間帯や意識的に貯めているポイントサービス、商品ジャンル別イノベーター度合い、興味関心マップなど、豊富な分析データをご用意しています。また、データはダッシュボードで可視化されており、お手元で簡単に分析することができます。

ご興味のある方はぜひ以下よりお問い合わせください。

調査データのお問い合わせはこちら

調査概要

ヴァリューズの保有するSNS(Twitter、Facebook、Instagram)の利用データを基にヴァリューズ独自の拡散力スコアを定義。拡散力スコアの高い人たち(スコア60以上、平均値は50)を「インフルエンサー」と設定し、対象者についてヴァリューズで定期的に行っているアンケート調査結果とネット行動ログを分析した。
※行動ログは、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用。
※サイトやアプリのユーザー数はヴァリューズ保有モニター(20歳以上男女)での出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※アプリは、Androidスマートフォンでのインストールおよび起動を集計している。

関連記事

「インスタ女子とTwitter女子のユーザープロファイリング」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/420

過去のヴァリューズメルマガで、人気No.1の調査レポートです。(ページ数|16p)

なぜあのコスメはSNSでバズったのか?化粧品好きマーケコンサルが検索データから理由を探ります

https://manamina.valuesccg.com/articles/797

化粧品のトレンドについて調査する新企画。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントである私、伊東茉冬が気になる話題について調査していきます。初回のテーマは「バズコスメ」。SNSでバズることで人気が広がるような化粧品に関して、バズの実態や人々に受け入れられた理由をデータから考察しました。

SNS女子のユーザープロファイル調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/9

インスタ女子・Twitter女子の属性/消費/インターネット利用を深堀り

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


中国のガールズクラッシュ文化|中国トレンド調査

中国のガールズクラッシュ文化|中国トレンド調査

「ガールズクラッシュ」や「ジェンダーレス」の魅力を重ね備えたアイドルが中国で爆発的な人気を得ています。例えば、2020年iQIYIが制作を務め、合計18億の再生回数を獲得したアイドルサバイバル番組『⻘春有你2』では、中性的なメンバーである刘雨昕(リュウ・ユーシン)さんが最後に1位を獲得しました。ここ数年、可愛さだけでなく、個性的で独特の雰囲気を強みにするガールズクラッシュなアイドルとインフルエンサーの急増から中国人の「女性らしさ」に対する感覚の変化が反映されており、「ガールズクラッシュ」の時代に商機を逃さないため、様々なブランドが中国向けのマーケティング戦略に工夫を凝らしています。


職種別のサイト訪問傾向を分析!BtoBのWebコミュニケーション設計に使える【データアナリストが語る現場のデータ分析】

職種別のサイト訪問傾向を分析!BtoBのWebコミュニケーション設計に使える【データアナリストが語る現場のデータ分析】

本連載「データアナリストが語る現場のデータ分析」では、ヴァリューズのデータ分析チームが実際に行なったプロジェクト内容を語り、そこから得られた知見や分析の手法などを解説していきます。今回のテーマは、オンライン上で法人ユーザーにアプローチする方法です。コロナ禍でオンライン営業の必要に迫られる中、コロナ前後でWEB行動がどう変わったのか、どうアプローチすれば効果的なのか、職種別に分析していきます。


スマートフォンの通信事業者別ユーザー調査 ~ 携帯キャリアの乗り換え意向、サブブランドの選定理由は?

スマートフォンの通信事業者別ユーザー調査 ~ 携帯キャリアの乗り換え意向、サブブランドの選定理由は?

楽天モバイルの新規参入や政府による大手キャリアへの料金引き下げ要請など、既存の体制に風穴が開き始めた携帯電話市場。今回はそんな携帯電話市場に着目し、携帯電話会社の見直し・乗り換えの実態について調査・分析しました。(ページ数|23p)


Web行動ログから顧客理解を深化させるパナソニックの戦略とは|日経クロストレンドFORUM 2020レポート

Web行動ログから顧客理解を深化させるパナソニックの戦略とは|日経クロストレンドFORUM 2020レポート

「パナソニック」が、ヴァリューズ独自のWeb行動ログを分析することで推進した、マーケティング戦略における顧客理解深化とは。2020年11月に開催された「日経クロストレンドFORUM 2020」において、パナソニック株式会社アプライアンス社の富岡氏と、株式会社ヴァリューズ執行役員の子安が登壇し、データと向き合うことで、マーケティング部のメンバー全体により深く消費者インサイトを浸透させていくという、パナソニックのデータ組織構築事例を解説しました。本稿ではそのレポートをお届けします。


コロナ前後で変化したシニア市場を理解する|ヴァリューズ×リクシス共催セミナーレポート

コロナ前後で変化したシニア市場を理解する|ヴァリューズ×リクシス共催セミナーレポート

増加する日本の65歳以上の人口は既に3568万人と、シニアマーケットはその存在感を大きく増しています。しかしながら、実際のシニアがどのような生活を送っているのか、コロナ禍でどのような生活の変化があったのかといった実態を的確に知ることはなかなかできません。そこで消費者のインターネット行動データ分析に強みをもつヴァリューズと、シニア市場のマーケティングプラットフォームサービスを提供するリクシスで協力し、ウェブ行動ログ分析と定性調査の手法を駆使して調査。コロナ前後のシニアの生活実態に着目した調査結果をオンラインセミナーにて紹介・解説しました。


最新の投稿


「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、最新1位はメルカリ【2020年12月~2021年1月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、最新1位はメルカリ【2020年12月~2021年1月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2021年1月のアプリインストール数1位は「メルカリ」でした。本記事では最新のアプリインストール数ランキングTop5を掲載。また、男女別の人気インストール数ランキングもまとめています。


「人口が多いから売れるだろう」で中国越境ECを捉えてはいけない理由をBaidu Japanの國井氏に聞く

「人口が多いから売れるだろう」で中国越境ECを捉えてはいけない理由をBaidu Japanの國井氏に聞く

新型コロナの影響でインバウンド観光客が停止した今、「第3次越境ECブーム」とも言われ中国越境ECに取り組む日本企業が増えています。しかし、「中国現地のメーカーも商品のクオリティを上げたいま、生半可な気持ちで勝つことは難しい」とBaidu Japanの國井雅史さんは語ります。その理由はなぜでしょうか。同社と共に中国向けマーケティングのプロジェクトを行ってきたヴァリューズの中国人リサーチャー、姜茹楠が國井さんに取材しました。


国・自治体がTableauでわかりやすくデータを可視化しているって知ってた?市場調査やマーケティングに使えるオープンデータまとめ

国・自治体がTableauでわかりやすくデータを可視化しているって知ってた?市場調査やマーケティングに使えるオープンデータまとめ

Tableauを学ぶシリーズの番外編となる本稿では、国や自治体が公開しているサイトからTableauの活用事例を学びます!国・自治体が提供している、市場調査やマーケティングにも使えるオープンデータをまとめました。Tableau活用事例の参考にもなるでしょう。


【3/8(月)】製薬業界向け|WEB行動ログデータから読み解く患者の情報収集の実態|オンラインセミナー

【3/8(月)】製薬業界向け|WEB行動ログデータから読み解く患者の情報収集の実態|オンラインセミナー

コロナ禍によりWEBの利用時間が伸びている今、消費行動・情報収集行動もWEBで行われることが活発になり、ターゲットにオンライン上でアプローチする必要性が高まっています。しかし一方で、よく聞く課題として「病気に悩む人がオンライン上でどういった情報収集行動を起こしているのか不明瞭で、どうアプローチしていいか分からない」といった声を多くお聞きします。 本セミナーではWEB行動ログデータを活用して、オンライン上で患者は実際どのように情報収集しているのか、実際のデータをご覧いただきながらご紹介します。


【2021年上半期】売上をアップさせるのに重要な3つのSEOトレンド

【2021年上半期】売上をアップさせるのに重要な3つのSEOトレンド

2021年上半期にWebサイト担当者が抑えておくべきポイントとは? 2020年12月のコアアルゴリズムアップデート、UXの重要指標である「core web vitals(コアウェブバイタル)」、「Google Analytics4(GA4)」の3つの最新トレンドを踏まえ、SEO担当者がやるべきこと/意識すべき点について、ヴァリューズの岩間が初心者にも分かりやすく解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング