塾の検討は11月から本格化!中学受験と塾選びの検索動向を調査

塾の検討は11月から本格化!中学受験と塾選びの検索動向を調査

大手学習塾の四谷大塚によると、首都圏の中学受験者数は年々増加し、一都三県で約5万人とのこと。中学受験の人気に伴い、塾選びも注目を集めています。多くの塾は2月に新年度が始まりますが、それに合わせ「塾」を検索して調べるユーザー数はどのように増えているのか、また、どんなサイトを見ているのか。マーケティング分析サービス「eMark+」を使って分析しました。


「塾」の検討は2月にピーク。塾検索サイト「塾ナビ」ほかYahoo!知恵袋も参考に。

まず、「塾」検索者数の推移を確認します。中学受験のための学習塾の多くが2月に新年度のクラスが開講し、それに合わせてさまざまなプロモーションが行われるため、「塾」検索者も2月に向けて純増していることがわかります。

「塾」検索ユーザー数 月別推移

「塾」検索ユーザー数 月別推移

集計期間:2018年11月〜2019年10月
デバイス:PC

また、「塾」を検索後に流入したサイトのランキングを確認すると、1位は小中高校と幅広いターゲットに向けた塾検索サイト「塾ナビ」。リスティング広告の効果もあるようです。

続いて、「Yahoo!知恵袋」や「インターエデュ・ドットコム」などのクチコミサイトや、アメーバブログが多くのユーザーを集めています。塾の公式サイトに直接アクセスする前に、クチコミをしっかりチェックしているのでしょうか。

塾の公式サイトでランクインしたのは、小中高全学年をターゲットとする大手学習塾。中でも「個別指導の明光義塾」「武田塾」は自然検索で多くのユーザーを獲得し、「東京個別指導学院」「森塾」はリスティング広告による効果が現れていました。

「塾」検索ユーザーの流入先サイト(流入ホスト)

「塾」検索ユーザーの流入先サイト(流入ホスト)

集計期間:2018年11月〜2019年10月
デバイス:PC

「塾ナビ」TOPページ

中学受験のための「塾」検索、11月から本格準備スタート

続いて、「塾」と同時に検索されているキーワードからユーザーの属性やニーズを確認したところ、同時検索キーワードは「小学生」「中学受験」が多いことがわかりました。

「塾」同時検索ワード

「塾」の同時検索ワード

集計期間:2018年11月〜2019年10月
デバイス:PC

また「中学受験」の検索ユーザー数は「塾」よりも特徴が顕著で、試験本番となる2月のピーク以降、ユーザー数は半数以下に。中学受験を意識するユーザーは11月から増え出し、2月の新年度開講に合わせて環境を整えている様子もうかがえます。

「中学受験」検索ユーザー数 月別推移

「中学受験」検索ユーザー数 月別推移

集計期間:2018年11月〜2019年10月
デバイス:PC

「中学受験」検索しているのは誰?

次に、「中学受験」検索ユーザーの属性を確認します。

以下のグラフのように、女性が半数以上、年代は40代が56.1%でした。居住地域は中学受験率および小学生の通塾率の高いとされる関東に集中しています。

「中学受験」検索ユーザー属性(性別・年代・地域)

「中学受験」検索ユーザー属性(性別・年代・地域)

集計期間:2018年11月〜2019年10月
デバイス:PC

男性は偏差値が気になる?!

「中学受験」と同時に検索されるキーワードは「偏差値」「塾」「日程」「理科」。それぞれの検索ユーザーの性別を調べてみると、「偏差値」のみ、男性が半数以上であることがわかりました。目標や結果を数値で見ている点が父親の特徴と言えるかもしれません。

「中学受験」同時検索ワード(TOP5)のユーザー男女比

「中学受験」同時検索ワード(TOP5)の検索ユーザー男女比

集計期間:2018年11月〜2019年10月
デバイス:PC

まとめ

「塾」の検索ユーザーは11月以降純増し2月にピークを迎えます。検索後は比較サイトやクチコミサイトへ流入していることがわかりました。

また、「塾」検索者の多くが「中学受験」に関心がある層であり、「中学受験」だけでみると、2月の受験本番、及び塾の新年度開始に合わせてユーザー数が急増していました。


そして、「中学受験」検索者は40代の女性が多く占め、地域は関東が最多となっていました。

分析で使用した「eMark+」は調べたい検索キーワードを入力するだけで、アクセス数やユーザー属性を簡単に把握することができます。eMark+の一部機能は無料となっていますので、ぜひ使ってみてください。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査 教育

関連する投稿


Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

広告代理店の新人プランナーが競合サイト分析ツール「eMark+」を使いながら、市場・競合調査の考え方と方法を学んでいく「データマーケティング成長記」企画です。第2回となる今回は、特定サイトを分析する際に必要な視点を学び、実際にファッションEC主要3サイトの調査を行います。坂山華さんが一歩ずつ学んでいく様子を見守りましょう。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年10月~2019年11月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年10月~2019年11月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


スター・ウォーズ 完結編『スカイウォーカーの夜明け』の最新動向を検索データから探る

スター・ウォーズ 完結編『スカイウォーカーの夜明け』の最新動向を検索データから探る

前作の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から2年、シリーズ第9作品目である『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開が2019年12月20日に迫りました。1977年公開の『新たなる希望』から40年以上に渡り愛されてきたスター・ウォーズシリーズの完結編と言われている『スカイウォーカーの夜明け』について、世の中の関心度や前作『最後のジェダイ』との比較、ファン層の属性などを、検索キーワードツールeMark+を用いて探ります。


食材宅配サービス市場を調査。Oisixがユーザー数1位、パルシステム、コープデリが拮抗して続く

食材宅配サービス市場を調査。Oisixがユーザー数1位、パルシステム、コープデリが拮抗して続く

自然派食材の「Oisix」、生協が提供する「パルシステム」「コープデリ」など人気上位の食宅サービスを調査し、それぞれの月次ユーザー推移と、性別・年代別・子供有無といったユーザー属性を分析しました。


急上昇ワードに“流行語大賞”“年賀状”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/12/1~2019/12/7)

急上昇ワードに“流行語大賞”“年賀状”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/12/1~2019/12/7)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


最新の投稿


発展要因や業界モデルを解説!「中国におけるソーシャルコマース業界調査」レポート

発展要因や業界モデルを解説!「中国におけるソーシャルコマース業界調査」レポート

拡大を続ける中国のソーシャルコマース業界。その発展要因と市場動向、代表的企業や業界モデルなどを調査レポートにまとめました。(ページ数|20p)


Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

広告代理店の新人プランナーが競合サイト分析ツール「eMark+」を使いながら、市場・競合調査の考え方と方法を学んでいく「データマーケティング成長記」企画です。第2回となる今回は、特定サイトを分析する際に必要な視点を学び、実際にファッションEC主要3サイトの調査を行います。坂山華さんが一歩ずつ学んでいく様子を見守りましょう。


「業界別」アプリランキング - パズルゲーム編 -

「業界別」アプリランキング - パズルゲーム編 -

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、アプリランキングを作成しました。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年10月~2019年11月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年10月~2019年11月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


スター・ウォーズ 完結編『スカイウォーカーの夜明け』の最新動向を検索データから探る

スター・ウォーズ 完結編『スカイウォーカーの夜明け』の最新動向を検索データから探る

前作の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から2年、シリーズ第9作品目である『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開が2019年12月20日に迫りました。1977年公開の『新たなる希望』から40年以上に渡り愛されてきたスター・ウォーズシリーズの完結編と言われている『スカイウォーカーの夜明け』について、世の中の関心度や前作『最後のジェダイ』との比較、ファン層の属性などを、検索キーワードツールeMark+を用いて探ります。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら