食材宅配サービス市場を調査。Oisixがユーザー数1位、パルシステム、コープデリが拮抗して続く

食材宅配サービス市場を調査。Oisixがユーザー数1位、パルシステム、コープデリが拮抗して続く

自然派食材の「Oisix」、生協が提供する「パルシステム」「コープデリ」など人気上位の食宅サービスを調査し、それぞれの月次ユーザー推移と、性別・年代別・子供有無といったユーザー属性を分析しました。


食宅業界の人気上位3サービスとは

安心・安全の自然派食材のニーズや、調理いらずのミールキットの人気などから、日本家庭に定着しつつある食宅サービス。健康志向や共働き家庭の増加、高齢化など、現代社会の傾向・志向にマッチし、今や無くてはならないサービスとして存在感を高めています。元祖食材宅配サービスである生協が提供するパルシステムやコープデリ、自然派野菜を扱うことで定評のあるOisixなど、同じ食宅サービスでも、様々なコンセプトのサービスが登場。本稿では、人気上位の食宅サービスを調査し、サービスの特長、傾向を分析していきます。

まずはじめに、Webサイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使い、ネットショッピングの食品・飲料分野における人気サイトランキングを調査しました。ユーザー数のランキング一覧がこちらです。

eMark+画面より(集計期間:2019年10月、デバイス:PC&スマートフォン合算)

この中から、食宅サービスに該当するものをピックアップすると、1位が「Oisix」、2位が「パルシステム」、3位は「コープデリ」となっていました。

では、これら3サービスの特徴を見ていきましょう。

Oisix、パルシステム、コープデリの3サービス紹介

Oisix

1位のOisixは、"生産者が自分の子どもに食べさせられる食材のみを扱う"とし、安心安全の厳選食材をお届けする食宅サービスです。

バイヤーがおすすめする商品から、毎週カスタマイズできる仕組み。自然派野菜の宅配サービスとして始まり、現在は肉や魚、たまごのほか、調理に必要な食材が揃ったミールキットの販売なども行っています。

展開地域は日本全国で、配送できないのはヤマト運輸での配送ができない地域のみ。高品質なラインナップはもちろん、広域展開、入金や年会費がかからない手軽さなども人気の理由なのではないでしょうか。

またOisixを運営する食品宅配大手、オイシックス・ラ・大地株式会社は、2019年3月期における連結売上高が前期比60.1%増の640億2600万円と発表。主力ブランド「オイシックス」の会員数の増加と、らでぃっしゅぼーやを子会社化した影響から、売上高と営業利益は過去最高を更新したといいます。

パルシステム

2位は、生協が提供する「パルシステム」。東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、福島、山梨、静岡、新潟の1都10県で展開しています。

パルシステムは、食宅サービスの歴史を築いてきた生協が運営しているからこその豊富な品揃えと、商品へのこだわりが特長的です。人気のPB商品や多彩なミールキット、アレルギー対応食材など、食品だけでも充実のラインナップ。さらに、農産物は「産直」にこだわり、減農薬や有機食材を多数取り揃えています。

また、食材に限らず、飲料や日用品、保険、電気など、食品に限らず暮らしにまつわるあらゆる商品・サービスを提供。利用者の"ほしい"に応えられる多彩かつ高品質な商品力が、パルシステムの魅力でしょう。

コープデリ

3位の「コープデリ」も、パルシステムと同じく生協の食宅サービスです。加入する団体とブランドが異なるだけで、母体は同じです。そのため、品揃えの豊富さはコープデリにも共通する魅力と言えます。

食品においては定番人気のコープオリジナルのほか、市販品も全て、生協の基準に合わせた原材料で展開。業務用の大容量パックなども販売しています。対象エリアは東京、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、長野、新潟の1都7県に限られますが、関西や九州・四国などここに該当しない地域では、生協による別の食宅サービスが展開されています。

また、コープデリは「子育て世帯の応援」を強く打ち出しており、宅配料金の割引や、離乳食など子ども向け商品の充実など、子育て支援の独自の取り組みを推進。これにより、子育て世帯から多くの支持を集めています。

上位3サービスのユーザー数推移を比較

次に、3サービスのWebサイトにおけるユーザー数(UU)を調査しました。グラフはeMark+を使って3サイトのユーザー数推移を表したものです。次の図をご覧ください。

(集計期間:2017年10月~2019年10月、デバイス:PC&スマートフォン合算)

最新月(2019年10月)のユーザー数は【Oisix:198万UU、パルシステム:135万UU、コープデリ:85万UU】でした。Oisixが約200万UUで1位と、2年間通してトップを走っています。

また、Oisixが月ごとのユーザー推移が大きく変動しているのに比べて、コープデリはほとんど動きがありません。LTV(Life Time Value)が長く、定着ユーザーがいることが分かります。Oisixは、年会費、入会費無料という入りやすさが魅力である一方、お試し感覚で気軽に利用される人が一定数いるのかもしれません。

続いて、ユーザー層の比較です。まずは性別のユーザー割合を3サービスで比較しました。

3サービスの中でもっとも女性割合が高かったのはコープデリでした。比率は約8割を占めており、女性人気がうかがえます。

次に年代別でも比較してみましょう。

年代で見ると、Oisixとパルシステムが40代以上の割合が高いのに比べ、コープデリは20代・30代の利用者が多いという結果になりました。

また、eMark+では「子供有無」でのユーザー割合も調べることができます。次の図をご覧ください。

子どもの有無でも、コープデリが圧倒的に割合が高い結果となりました。

先述の性別・年代別の比率も踏まえると、コープデリは子育て中の20代・30代女性ユーザーが多いといえるでしょう。ママ同士の口コミからの広がりも考えられます。

まとめ

最後に今回の調査結果をまとめます。

ユーザー数ではOisixが毎月200万〜300万人を集客しており、食品宅配サービスの中で1位となっていました。一方コープデリは3サービスの中で子育て世代割合がもっとも高く、20代・30代のママさん層の人気を集めていたことがうかがえます。

安心安全、こだわりのオリジナル商品、時短ミールキットなど、高品質かつ時代の潮流に合わせた商品開発には、どのサービスも力を入れていました。そこに入会の手軽さや豊富な品揃え、子育て応援など、それぞれの魅力が加わることで、各々にマッチしたファンを獲得していると言えるでしょう。

高品質なサービスが拮抗する食宅サービス。それらが切磋琢磨することで、業界全体が活性化され、より便利に、より美味しく、日本家庭の食卓をサポートくしてれることを期待します。

この記事でご紹介した「サイトランキング」や「ユーザー数推移」、サイト訪問者の性別、年代などがわかる「ユーザー属性」は、PCデータであれば無料で利用することができます。ぜひeMark+の無料版にご登録ください。




eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら


分析概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2017年10月~2019年10月のネット行動ログデータを分析しました。

【対象サイト】
Oisix Webサイト
パルシステムWebサイト
コープデリWebサイト
※ユーザー数やセッション数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

この記事のライター

フリーランスPRおよびライターとして活動中。一児の母。

関連するキーワード


市場調査 食品・飲料 eMark+

関連する投稿


アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

スマホやタブレットで欲しい商品を検索し、その場ですぐに購入できる時代になりました。 このようなライフスタイルの変化に伴い、特にアパレル業界のオムニチャネル戦略(ネットや店舗などあらゆるチャネルで顧客との接点をもつ販売戦略のこと)が求められています。アパレル業界はトレンドの移り変わりが激しく、商品をどれだけユーザーの目に触れさせるかが命運を分けることになるからです。 今回は、アパレル業界のオムニチャネル戦略について、いくつかのブランドを例に挙げて傾向とトレンドを分析します。


急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

今年話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2020年トレンド予測」。今回のテーマは「今春原宿にオープンする都市型イケア」です。今春オープンのIKEA原宿は日本初の都市型店舗。従来店舗との違いを考察し、トレンドを探ります。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年11月~2019年12月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年11月~2019年12月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


PayPayフリマ、11月のMAUは300万人超え。ユーザー数急上昇アプリ調査

PayPayフリマ、11月のMAUは300万人超え。ユーザー数急上昇アプリ調査

2019年11月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。11月のトレンドを調査しました。


最新の投稿


Googleマイビジネスに勝手に登録された!すぐできる対策は?

Googleマイビジネスに勝手に登録された!すぐできる対策は?

Googleマップのスポット情報が勝手に登録されていて、しかも間違っている!という例を見かけます。Googleのスポット情報は誰でも登録できるのが原因です。対策として、スポット情報を管理できる「Googleマイビジネス」にオーナー登録して正確な情報を管理する方法があります。


アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

スマホやタブレットで欲しい商品を検索し、その場ですぐに購入できる時代になりました。 このようなライフスタイルの変化に伴い、特にアパレル業界のオムニチャネル戦略(ネットや店舗などあらゆるチャネルで顧客との接点をもつ販売戦略のこと)が求められています。アパレル業界はトレンドの移り変わりが激しく、商品をどれだけユーザーの目に触れさせるかが命運を分けることになるからです。 今回は、アパレル業界のオムニチャネル戦略について、いくつかのブランドを例に挙げて傾向とトレンドを分析します。


急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

「Googleマイビジネス」のスポットで自分が運営者(オーナー)であることを証明する方法を解説します。多くの場合、スポット情報自体は登録されていて、そのオーナーであることを証明するプロセスになります。


都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

今年話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2020年トレンド予測」。今回のテーマは「今春原宿にオープンする都市型イケア」です。今春オープンのIKEA原宿は日本初の都市型店舗。従来店舗との違いを考察し、トレンドを探ります。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら