私たちは1ヶ月にいくつのアプリを使っているのか?実際の行動ログから調べてみた

私たちは1ヶ月にいくつのアプリを使っているのか?実際の行動ログから調べてみた

日常生活や仕事に欠かせない便利なツールとなったスマートフォンのアプリ。私たちは無意識のうちに、色々な種類のアプリを使い分けしていますが、1ヶ月にいくつのアプリを使っているのでしょうか。その実態が行動ログを調査することによって、明らかになりました。アプリヘビーユーザーの特徴も分析しました。


朝、目覚めてから、夜、ベッドの中で眠りにつくまで、もはや一日中と言っても過言ではないほど、スマホに触れている人も多いかもしれません。

実際のところ、私たちは1ヶ月にいくつのアプリを使っているのでしょうか。また、アプリをたくさん使っている人に、何か特徴はあるのでしょうか。アプリ行動ログとアンケート調査を用いて、分析しました。

起動したアプリ数の月の平均は?

まず、1ヶ月間に起動したアプリ数の平均値を集計したところ、平均は35.6個(プリインストールアプリ除く)という結果でした。意外と多く感じるかもしれません。

さらに、女性の方が、若い人ほどたくさんのアプリを使う傾向が見られました。女性20代だと平均39個に対し、女性60歳以上は平均29個になっています。

性年代別の平均起動アプリ数

性年代別の平均起動アプリ数

アプリをたくさん使うのはどんな人?

次に、1ヶ月に数多くのアプリを利用する人たちの特徴を見ていきましょう。

1ヶ月のアプリ起動数が50個以上の人たちをセグメントし、アンケート調査やWeb行動ログをユーザー全体と比較してみたところ、以下のような特徴があることがわかりました。

【デモグラフィック】男性がやや多い

下図のグラフの通り、月の起動アプリ50個以上の人たちは、男性が約6割と女性よりもやや多くなっていました。

性年代の比較

性年代

【インターネット利用時間】ブラウザの利用時間も長い

下図はスマートフォンでのWebブラウザの時間別利用推移ですが、平日、休日ともに月の起動アプリ50個以上の人たちの方が利用時間が長くなっています。アプリを使うからブラウザを使わないというわけではなく、総じてスマートフォン利用が多いことが考えられます。

ネット行動時間

ネット行動時間

※スマートフォン標準ブラウザ
※行動ログデータより

【購買情報収集意識】新しいものが好き

アンケート調査では、「新しい商品やサービスが出たら積極的に試している」や「新しい商品やサービスに関する情報を積極的に集めている」の回答率が高く、アプリを数多く使う人は新商品や新サービスに対しても積極的であることがある様子がうかがえます。

購買情報収集意識

購買情報収集意識

【平均支出】外食や旅行、ライブ、スポーツ観戦など趣味にお金をかける

1ヶ月あたりの平均支出を全体と比べると、月の起動アプリ50個以上の人たちは、外食、国内・海外旅行、ライブ、イベント・グッズ購入、スポーツ観戦などの支出額が高い一方で、食費や教育費は支出額が低い傾向にあり、生活費よりも自分の趣味にお金をかける傾向が垣間見えます。

1ヶ月あたりの平均支出

1ヶ月あたりの平均支出

趣味のジャンルも多様で、マップ化すると、スマートフォン・PCなどのデジタル系、カメラ、マネー・投資、レジャー施設・テーマパークなどが特徴的な興味関心であることがわかりました。

月の起動アプリ50個以上の人たちの興味関心マップ

月の起動アプリ50個以上の人たちの興味関心マップ

※縦軸「回答率」はアンケートで「関心あり」と回答した割合、
横軸「特徴値」は全体回答率との差分

【利用アプリ】PayPay、Amazon、楽天、Twitter、コンビニアプリもよく使う

月の起動アプリ50個以上の人たちは、実際にはどのようなアプリをよく使っているのでしょうか。まず、下図は利用率をランキングにしたものです。

1位はLINE、2位のYouTubeも利用率は90%を超えています。

SNSではFacebookよりもTwitterやInstagramが上位にきています。

月の起動アプリ50個以上の人たちのアプリランキング【利用率順】

月の起動アプリ50個以上の人たちのアプリランキング【利用率順】

ユーザー特徴を浮き彫りにするため、全体と比較した特徴値順のランキングも出してみました。PayPay、楽天ペイなどスマホ決済アプリ、Amazon、楽天市場などのショッピングアプリをよく利用しており、オンライン、オフラインの両方の購買でスマホを活用しているようです。

セブンイレブン、ローソンなどコンビニアプリの利用度も一般の人よりも高く、お得になるアプリを日常的に使うことが当然なのかもしれません。

月の起動アプリ50個以上の人たちのアプリランキング【特徴値順】

月の起動アプリ50個以上の人たちのアプリランキング【特徴値順】

※「特徴値」は全体利用率との差分

普段あまり意識されないアプリ起動の数ですが、こうして複数のアプリ横断でアプリヘビーユーザー層の特徴を見てみると、私も当てはまりそう...という方も多いのではないでしょうか。

今回の分析でご紹介した内容の他にも、アプリをたくさん使う人は、どのようなWebサイトによく訪れるのか、Amazonや楽天市場などのECモールでどんなジャンルの商品をよく見ているか...などのデータもあります。また、逆にアプリをあまり使わない人の分析も可能です。

ご興味のある方は、以下よりぜひお問い合わせください。

調査データのお問い合わせはこちら

調査概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国モニター会員の協力により得られたネット行動ログより1ヶ月のアプリ起動回数を調査。起動回数によりユーザーセグメントを作成し、Webログ、アプリログ、ユーザー属性情報を紐付けたデータと、アンケート調査で分析を行いました。
※アプリユーザー数は、Androidスマートフォンでの起動を集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※アプリ名、カテゴリはGooglePlayのアプリカテゴリに準拠。
※メール、Google Chrome、Googleマップ、Gmailなどプリインストールアプリは除く。
※集計期間: 2019年10月

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


ユーザー調査 アプリ分析

関連する投稿


「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

人に聞きづらい脱毛事情。露出の増える夏に向け、その関心は高まるのではないでしょうか。今回はネット上での「脱毛」に関する人々の行動を調査し、人々の悩みを明らかにしました。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年3月~2020年4月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年3月~2020年4月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


新概念バタフライ・サーキットで捉えるデジタル時代の購買検討行動とは?|宣伝会議主催セミナーレポート

新概念バタフライ・サーキットで捉えるデジタル時代の購買検討行動とは?|宣伝会議主催セミナーレポート

「一人1デバイス」が当たり前となったデジタル時代。今、マーケティングにおける購買行動のセオリーが変わりつつあります。デジタル化によって何がどう変わったのか。私たちを取り巻く膨大な情報により変化した購買検討行動。それらを新しい概念で紐解こうと共同研究された「バタフライ・サーキット」が、宣伝会議主催のデータマーケティングカンファレンス2020で紹介されました。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年2月~2020年3月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年2月~2020年3月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


“ファン”の消費実態をデータで分析「芸能人・スポーツ選手ファンの消費実態調査」レポート

“ファン”の消費実態をデータで分析「芸能人・スポーツ選手ファンの消費実態調査」レポート

好きな芸能人やスポーツ選手ごとに、ファン層の人物像や嗜好はどのように異なるのでしょうか。また、芸能人・スポーツ選手は広告に起用されることも多いですが、出演している広告の商品購買にどれぐらい影響を与えているのでしょうか。アンケート調査とネット行動ログを掛け合わせて分析し、「嵐」「大谷翔平」「羽生結弦」など各ファンのユーザー像と消費実態を明らかにしました。


最新の投稿


「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

人に聞きづらい脱毛事情。露出の増える夏に向け、その関心は高まるのではないでしょうか。今回はネット上での「脱毛」に関する人々の行動を調査し、人々の悩みを明らかにしました。


コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

新型コロナの影響で外出自粛が叫ばれ、多くの業界が打撃を受ける一方、一部のサービスは需要を伸ばしています。その一つとして今回着目したのが、ネットスーパー。感染予防のために店頭での買い物を控え、ネットスーパーの利用者が増えているのではないかと予想し、eMark+を使ってその実態を調査しました。


外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

コロナによる外出自粛の影響を受け、需要が増加しているYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2020年3月のデータから動画共有サービス「YouTube」について調査・分析しました。


急上昇ワードに“ファクトフルネス”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/5/17~2020/5/23)

急上昇ワードに“ファクトフルネス”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/5/17~2020/5/23)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、今、ホットケーキミックスや薄力粉・強力粉など小麦製品の品薄が続いています。マスクや消毒液が店頭から消えるのは理解できるにしても、なぜ、そしていつの間にホットケーキミックスが消えたの…?今回は「eMark+」を使って、”巣ごもりホットケーキミックス消費”の実態を探ります。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら