家具ECサービス市場を調査。イケア、ニトリ、LOWYAのカートページでの中間CVRを比較しました!

家具ECサービス市場を調査。イケア、ニトリ、LOWYAのカートページでの中間CVRを比較しました!

IKEAの売り上げは全世界合わせて前年度比4割増。今回は、株式会社ヴァリューズの市場・競合分析ツール「eMark+」を使い、イケア、ニトリ、LOWYAの3つのECサイトの特徴を比較しながら、3つのサービスの中間CVRを分析します!


イケアのグローバルEC売上が伸びている

最近はamazonだけでなくインテリアや家具などもオンラインショップで探すことが増えてきたと思っていた矢先、こんな記事を見つけました。

BUSINESSINSIDER JAPAN(https://www.businessinsider.jp/post-199509

記事によると、イケアの売り上げは全世界合わせて前年度比4割増とのこと。日本ではどうなのか、気になるところです。

今回は、株式会社ヴァリューズの市場・競合分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使い、イケア、ニトリ、LOWYAの3つのECサイトの特徴を比較しながら、3つのサービスの中間CVRを分析します!

国内ユーザー数ランキングではダントツでニトリ

まずは、どのサイトにユーザーが集まっているのかを分析するため、eMark+のサイトランキング機能を使って、家具・雑貨のショッピングサイトのユーザー数ランキングを見てみましょう。

赤い四角で囲ってあるのが、ニトリ、イケア、LOWYA(ロウヤ)。2019年10月には、ユーザー数で圧倒的にニトリが他2つとの差をつけ、サイトには月におよそ493万人ものユーザーが訪問しています。

また7位にイケア、14位にLOWYAがランクインしていました。

イケア、ニトリ、LOWYA、それぞれどんな特徴が?

次に、3つのブランドがどのような特徴があり、どのようなサービスを持っているのかを比較してみましょう。

まずはイケアから。

イケアと言えば、スウェーデン発祥のインテリアや家具、雑貨などを取り揃えているブランド。他の3つと比べるとデザインにもこだわりを持っていて、北欧テイストなデザインが好みなユーザーが多く買い求めているようなイメージがあります。

イケアのスマートフォンアプリは、商品の購入ができる「IKEA Store」の他に、商品カタログのアプリやARで家具を配置できるアプリなどの種類があり、それぞれ分かれています。

「IKEA Store」では、商品の情報を入手したり、近くの店舗の営業時間などをチェックできる機能があります。今回の調査では「IKEA Store」アプリを対象としました。

続いては、ニトリ。

ニトリは「お、ねだん以上。」のキャッチコピーで知られているブランドで、シンプルで求めやすい値段の商品が多いイメージ。日本発祥のブランドだけに、布団やこたつなどの日本独特の文化に合わせた商品も展開しています。

ニトリのスマートフォンアプリでは、ニトリメンバーズ会員証として使用するほか、ネットショッピングや店舗検索の機能がついているようです。

最後にLOWYAは、他2つに比べるとトレンドを取り入れているデザインの商品が多く、コンセプトやテーマを持ってお部屋づくりをしたい人に合うサービスと言えそうです。

LOWYAの公式アプリでは、LOWYAのアイテムで作られたインテリアコーディネート実例集などがあり、アイテムからではなく好きな部屋の雰囲気から商品を探すことができます。

3つのサービスそれぞれ、雰囲気や商品の提供の仕方に特徴があることがわかりました。

過去2年でどのくらいユーザー数が増えている?

続いては、各サービスにおいて実際どのくらいユーザー数がいるのかを見てみたいと思います。上記のサイトとアプリ合計の月間ユーザー数推移を、eMark+を用いて調べました。次の図をご覧ください。

一番上の濃いブルーの線がニトリ、赤がイケア、水色がLOWYAを表しています。まず上のグラフからわかることは、ニトリがユーザー数で他2サービスを圧倒していることです。

2019年10月のサイト・アプリ合算のユニークユーザー数は770万人と、日本ではニトリが非常に多く使われていることがわかります。

続いてはイケアのユーザー数推移をみてみましょう。

150万UU〜200万UUを推移しており、2019年10月は150万UUほどになっています。グラフから、ややダウントレンドであることが分かりました。

LOWYAのグラフを見てみると、月間40万UU〜50万UUほど。ニトリやイケアと比べるとUU数に大きな開きがあります。

しかし、この1年でユーザー数は微増している状況です。

3サービスのユーザー属性を比較する

ユニークユーザー数の次に気になるのは、ユーザーの属性。ここでは、男女比や性別を見てみましょう。

グラフから、3つのサービスとも女性の方が少しだけ多い割合になっており、大きな差はないようです。

年代別の割合では、LOWYAの20代〜30代の多さが目立つ結果となりました。

ニトリやイケアに比べてデザイン性も高く、値段もリーズナブルな商品が多いため、若い年代のユーザーから支持されていると考えられます。

コンテンツランキングから中間CVRを見る

最後に、eMark+のコンテンツランキングを使ってURL単位の訪問ユーザー数を出し、ショッピングカートの中間CVRを推計してみました。次の図をご覧ください。

中間CVRは、サイト全体の訪問ユーザー数のうち、ショッピングカートページを訪問したユーザーの割合としています。この推計の結果、ニトリが9.18%、イケアが12.3%、LOWYAが5.53%だったことが分かりました。

CVRがもっとも高かったのはイケアです。サイト訪問者の約10人に1人が商品をショッピングカートに入れているという結果で、CVR12%は驚きの数字と言えるのではないでしょうか。

一方、ニトリ、LOWYAもCVRとしては高い数字となっていました。家具ECサイトを訪れるユーザーは購入の意欲が高い状態で訪問しているため、全体としてCVRが高くなっていると考えられます。

まとめ

1:イケア
イケアで特徴的だったのは、ショッピングカートページの中間CVRの高さ。日本国内でユーザー数をもっとも多く持つニトリにも、中間CVRでは3ポイントほども差をつけていました。ユーザー数はややダウントレンドですが、サイトを訪れたユーザーが購入まで至る割合が高いことがわかります。

2:ニトリ
国内の家具ECサービスでは圧倒的にユーザー数を持っているのがニトリ。サイト・アプリ合算のユニークユーザー数はおよそ770万人と、日本国内のユーザーの熱い支持がうかがえます。ニトリはシンプルなデザイン性からか、他2つに比べて20代〜60代までの幅広い年齢層が使っていることがわかりました。どんな世代にも使ってもらえる家具を取り扱っていることが、ユーザー数の多さの理由かもしれません。

3:LOWYA
他2つに比べて、20代・30代の割合が高かったのがLOWYAです。トレンドを取り入れたデザインが、若者の心を掴んでいると言えるでしょう。また、インテリアコーディネートなどのコンテンツを配信しているLOWYAのアプリは、ここ最近ユーザー数も伸びているようでした。


今回は、家具ECサービスのイケア・ニトリ・LOWYAの3つのサービスを比較し、中間CVRを分析してみました。分析に使用したのは市場・競合調査サービス「eMark+(イーマークプラス)」。eMark+の無料機能では、ユーザー数やデモグラフィック属性といった基本指標を簡単にチェックできます。

今後のマーケティング施策の参考になれば幸いです。




eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら


関連記事

都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

https://manamina.valuesccg.com/articles/711

今年話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2020年トレンド予測」。今回のテーマは「今春原宿にオープンする都市型イケア」です。今春オープンのIKEA原宿は日本初の都市型店舗。従来店舗との違いを考察し、トレンドを探ります。

経済圏確立へキャリアが向かう道|EC編(1) コロナ禍がもたらした市場変化

https://manamina.valuesccg.com/articles/884

通信キャリアの経済圏確立へ向けた動向について、第4回ではEC領域を分析してみます。新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う外出自粛でさらに欠かせない存在となり、市場成長が見込まれるEC市場。米国では過去5週間に失業給付金申請が2,650万件を記録するなか、Amazonが3月に10万人、4月に7.5万人を採用するなど労働力の受け皿としても期待されています。

この記事のライター

フリーランスの編集ライター。食べ物、暮らし、旅のことを中心に執筆。夏はパリとオレゴン、冬はサンディエゴに住む暮らしを夢見ています。

関連するキーワード


市場調査 eMark+ インテリア

関連する投稿


「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

月間2000万人以上の読者を集める国内最大規模の生活総合情報サイト「All About」を中心とし、多様なメディアを運営する株式会社オールアバウト。同社ではWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を活用し、市場ニーズの分析や新規事業の戦略策定につなげていると言います。メディアビジネス部のジェネラルマネジャー・徳永さんに、All Aboutの戦略設計やデータ活用をお聞きしました。


Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

2020年9月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


ふるさと納税サイトを徹底調査。「さとふる」「ふるさとチョイス」の一騎打ち?!

ふるさと納税サイトを徹底調査。「さとふる」「ふるさとチョイス」の一騎打ち?!

年々規模が拡大する「ふるさと納税」。好きな自治体を応援したり、近年では被災地を支援する目的などで利用者が急増し、自治体のサイトやポータルサイトなど申し込みサイトも盛り上がりを見せています。 そこで今回は「ふるさと納税サイト」10社を徹底調査。ユーザー数の季節変動やユーザー属性比較、人気サイトランキングなどから、ふるさと納税人気の実態にせまります。 <br> ※分析にはヴァリューズの新サービスであるDashboard型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』を使用しました。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年8月~2020年9月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年8月~2020年9月)

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2020年9月のアプリインストール数1位は、総務省が出しているマイナポイントの予約・申込を行うことができるアプリ「マイナポイント」でした。


「Web検索データに基づく タイの消費者金融・ローン市場における 消費者動向調査」レポート

「Web検索データに基づく タイの消費者金融・ローン市場における 消費者動向調査」レポート

「ローン(สินเชื่อ)」「カードローン( สินเชื่อ บัตร )」「借金( สินเชื่อ บัตร )」検索者をGoogle社の提供する検索キーワード可視化ツール『Google Trends』『Google Keyword Planner』を使って分析し、タイの人々の消費者金融やローンに関する関心を調査しました。(ページ数|8p)


最新の投稿


「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

月間2000万人以上の読者を集める国内最大規模の生活総合情報サイト「All About」を中心とし、多様なメディアを運営する株式会社オールアバウト。同社ではWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を活用し、市場ニーズの分析や新規事業の戦略策定につなげていると言います。メディアビジネス部のジェネラルマネジャー・徳永さんに、All Aboutの戦略設計やデータ活用をお聞きしました。


Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

2020年9月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

ヴァリューズが開発し2020年10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回は「競合分析」に着目し、Webサイトの競合分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。


中国でもミニマリストが増加。その理由とは|中国トレンド調査

中国でもミニマリストが増加。その理由とは|中国トレンド調査

「ミニマリスト」とは最小限(ミニマル)の物で暮らす人を意味しますが、アートトレンドの一つとして、必要不可欠な要素も含め全てを剥ぎ取る「ミニマリストデザイン」と呼ばれるものが存在します。禅と簡素さに満ちた日本のデザインやホワイトインテリアが有名な北欧がその代表例として挙げられます。中国でも、日本と北欧からの影響を受け、シンプルなデザインに憧れ、「モノを手放そう」というミニマリスト志向を持つ人が増えてきています。ここでは、衣食住の観点から中国の「ミニマリスト」について考察していきたいと思います。


急上昇ワードに“鬼滅の刃 映画”“IPHONE12”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/11~2020/10/17)

急上昇ワードに“鬼滅の刃 映画”“IPHONE12”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/11~2020/10/17)

2020年10月11日~10月17日週の検索急上昇ワードでは、10月16日に公開され初日から観客動員数91万人と大ヒットで注目を集める「鬼滅の刃 映画」や、Appleが10月16日に予約を開始した「iPhone12」などの検索が急増。「全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング