コンテンツのサブスク「cakes」を調査。noteとの併用状況を考察すると…

コンテンツのサブスク「cakes」を調査。noteとの併用状況を考察すると…

デジタルコンテンツプラットフォーム「cakes」とは一体どのようなサービスなのか、また同様のサービスである「note」との違い、共通点、そしてつながりは何なのか。ユーザー数、ユーザーの流入元、コンテンツランキングを調べ、サービスの特徴を考察しました。


コンテンツプラットフォーム・cakesとは?

群雄割拠のデジタルコンテンツ配信サービス業界ですが、コンテンツプラットフォーム「cakes」は早くから月額課金のサブスクリプションモデルを採用した、先駆け的なサービスです。購読料は週150円あるいは月500円。プロのライターの上質な記事を読めるのが強みとなっています。

2020年1月15日現在、購読可能な記事数は25000本以上にも上るcakes。近年勢いを失っている出版業界に代わり、クリエイターと読者の架け橋として機能するプラットフォームをつくりたいという理念が根底にあります。

本記事ではcakesのユーザー数推移、属性や流入元、サイト内人気コンテンツについて、サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使用して分析し、サブスクリプション型コンテンツ配信サービスの実態を探りました。

cakesのMAU推移は

ではまず、eMark+を使用してcakesの過去1年の月間ユーザー数の推移を見てみます。

上図がユーザー数の推移状況です。過去1年では平均して月間40万人〜50万人がcakesを訪れていました。2019年10月には訪問者数が約73万人と伸びていますが、コンテンツやアクセス流入元からはその理由を見出せませんでした。

noteとの併用状況は

cakesを運営するピースオブケイク社のもうひとつの主要サービスは、個人が自由にコンテンツを制作・配信し、ファンと交流できるプラットフォーム「note」です。誰もがコンテンツを作って公開できる手軽さから、2019年9月にはMAUが2000万人を突破。マーケティングに携わる業界の界隈でも、コンテンツマーケティングとしてnoteを利用する方が増えているように思います。

両サービスともに、クリエイターの受け皿となり読者との懸け橋となることを理念としています。違いは、プロのクリエイターによるコンテンツを、読者がお金を出して読むcakesに対して、noteはだれでも自由に好きな内容を投稿できるという点です。

そのため、noteはcakesへの登竜門として機能している側面もあります。noteで人気を集めたり、頻繁に行われている各種コンテストなどで入賞するなどして実力を示したライターが、cakesでの投稿権、連載権を獲得し、プロデビューするのです。

ここで、cakesとnoteの棲み分けは実際にどのようになっているのか、両サービスの併用状況を見てみました。

※分析対象期間は19年7月から12月、対象デバイスはPCのみ

まずは、cakesを使用している人のうちどれくらいの人がnoteも使っているかを見てみましょう。

118万人のcakesユーザー全体のうち、76.4%がnoteを利用していることが分かりました。およそ4分の3のcakes読者が、noteも利用していることがうかがえます。

では一方、note利用者のcakesの併用状況はどのようになっているのでしょうか。

※分析対象期間は19年7月から12月、対象デバイスはPCのみ

こちらの棒グラフを見ると、1,070万人のnoteユーザーのうち、cakesも併用しているユーザーは約8%に過ぎないことが分かります。

まとめると、「cakes利用者の多くはnoteも利用しているが、note利用者の大部分はcakesを利用していない」ということになります。ここから、noteというサービスの間口の広さと、そこから興味が発展してcakesに移行していくユーザーの様子がうかがえるのではないでしょうか。

cakesの流入元

次に、cakesのアクセス獲得経路について調べてみましょう。

※分析対象期間は19年7月から12月、対象デバイスはPCのみ

上のグラフを見ると、外部サイトからの流入が主であることがわかります。どのようなサイトから流入しているのでしょうか。具体的な流入元のサイトを見てみましょう。

※分析対象期間は19年7月から12月、対象デバイスはPCのみ

上の流入元サイトランキングを見ると、twitterからの流入が圧倒的に多いことがわかります。また二番目に多い流入元はFacebookであり、SNS上での拡散がアクセス獲得につながっているようです。また4番目はnoteとなっており、やはりnoteとの結びつきも垣間見える結果となりました。

次に、自然検索ではどのようなキーワードでユーザーが検索しているのかも見てみましょう。

※分析対象期間は19年7月から12月、対象デバイスはPCのみ

最も多い検索ワードは「CAKES」で、このプラットフォーム自体を目当てに検索する人々の存在が感じられます。また、2位のHSCは「Highly Sensitive Children」の頭文字であり、cakes上に自己診断リストなどの人気記事があるためヒットしたものと思われます。

3位の「稲垣えみ子」、9位の「幡野広志」はともにcakesの人気作家です。4位の「ワックスエステル」は、ある種の魚に含まれる特殊な油で、この魚についてのブログ記事を書いていたライターがcakesへも同様の記事を投稿し始めたため、cakesへの流入につながったのではないでしょうか。

cakesで人気のコンテンツとは

最後にユーザー数でのコンテンツランキングを見てみましょう。cakes内ではどのような記事が人気を集めているのでしょうか。

※分析対象期間は19年7月から12月、対象デバイスはPCのみ

1位:『相談者は読まないほうがいい回答』

トップページを除いて圧倒的にユーザー数を集めているのが『相談者は読まないほうがいい回答』という記事でした。

内容は子育てに苦悩する母親からの相談に対して、ライターの幡野広志氏が回答するというもの。逆説的なタイトルがキャッチーで、内容も非常に興味を掻き立てるものとなっています。肝心の回答部分は、有料会員のみ閲覧可能となっています。

2位:『ぼくの言葉なんかよりずっといい言葉があなたにはある』

ログインページを除くと、訪問ユーザー数で2位の記事も幡野広志氏の同じ連載、『幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう』の記事でした。タイトルは『ぼくの言葉なんかよりずっといい言葉があなたにはある』というもの。幡野広志氏の記事はコンテンツランキングに複数ランクインしており、人気を集めていることがわかります。

その他

先ほど自然検索のキーワードでも出てきた「HSC」についての記事が7位にランクインしています。この記事には、HSCについての解説と、実際に我が子がHSCであるかをチェックできる質問リストが載せられていました。

興味深い記事が目白押しのcakes。今回の分析でnoteとの併用状況も明らかになりました。noteではtoB、toCを問わずコンテンツが投稿されており、今後もますます成長を続けそうです。そしてnoteのユーザーが増えるほど、cakesのプレゼンスも上がっていくのではないでしょうか。

クリエイターと読者の新しい関係の構築に貢献する、cakesとnoteの今後に注目です。

分析概要

全国のモニター会員(20代以上)の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2019年1月~2019年12月におけるユーザーの行動を分析しました。
※ユーザー数はPC、スマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

関連記事

note利用動向調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/17

SNSとの親和性でユーザーを集めるメディア・プラットフォーム

いくつご存知ですか?日本でメジャーなサブスクリプションサービス事例

https://manamina.valuesccg.com/articles/769

生活に定着しつつある「サブスクリプション」型のサービス。代表的な動画配信サービスといったデジタル系だけではなく、住まいや自動車、食材といった「モノ」を提供するサブスクリプションサービスも増えています。今回はさまざまなジャンルの代表的なサブスクリプションサービスの事例を紹介します。

サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

https://manamina.valuesccg.com/articles/732

最近、よく耳にするようになった「サブスクリプション」方式。定期購読に代表される定額で一定期間利用できるサービスです。この記事ではサブスクリプションの定義や、具体的なサービスの事例を紹介していきます。

この記事のライター

ウィーン大学への留学を経て京都大学文学部卒業。
外資系大手ITコンサルティング会社に勤務後、フリーランスライターに転向。

関連する投稿


【2021年トレンド予測】マイクロD2Cでスモールブランドの影響が拡大?プラットフォームが成長を支える

【2021年トレンド予測】マイクロD2Cでスモールブランドの影響が拡大?プラットフォームが成長を支える

2021年に話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2021年トレンド予測」。今回のテーマは「マイクロD2C」です。生産者が自社のECショップを通じて消費者へ直接販売するビジネスモデルD2Cは近年急速に浸透し、アパレルや食品など、様々なブランドが生み出されています。また、新型コロナの影響でEC需要が高まる一方で、店舗での対面接客の機会は減少。ウィズコロナでD2Cは一層注目されると予想します。そこで今回は、今年も勢いを増すであろうマイクロD2Cを2021年のトレンドトピックとしてピックアップ。話題のブランドを紹介するとともに、D2Cプラットフォームのユーザー傾向をDockpitを使って調査していきます。


12月の急上昇サイトは?LINEヘルスケアの「感染対策を見据えた受診方法」コンテンツにユーザー集まる

12月の急上昇サイトは?LINEヘルスケアの「感染対策を見据えた受診方法」コンテンツにユーザー集まる

2020年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit(ドックピット)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はDockpitを使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


2021年トレンド予測!オンライン化が進む中スポーツLIVE配信サービスが伸びるか

2021年トレンド予測!オンライン化が進む中スポーツLIVE配信サービスが伸びるか

2021年に話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2021年トレンド予測」。今回のテーマは「ライブ配信サービス」です。新型コロナの影響で2021年夏に延期が決まった東京オリンピック。しかし、今もなお感染拡大が止まらない中、異例の開催方針になると予想されます。大幅な入場制限や無観客となった場合、テレビ中継やLIVE配信での観戦が主流になるかもしれません。また、昨年は多くのスポーツ試合が無観客となり、スポーツLIVE配信の需要が拡大しました。そこで今回は、ここ最近興隆が目立つ「スポーツLIVE配信」を、2021年トレンドトピックとして着目。eMark+、Dockpitを使って調査し、2021年の展開を予想します。


次世代自動車は電気自動車(EV)に注目!キーワードは「小型化」|2021年トレンド予測

次世代自動車は電気自動車(EV)に注目!キーワードは「小型化」|2021年トレンド予測

2021年に話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2021年トレンド予測」。今回のテーマは「電気自動車(EV)」です。自動車業界は今、100年に1度の変革期にあると言われています。自動車メーカー各社は電気自動車(EV)など次世代自動車を次々に発表。街にはEV充電スポットも増え、時代の流れを実感するようになりました。2020年12月初頭に、経済産業省から「2030年代半ばを目標に国内の新車からガソリン車をなくし、すべてをハイブリッド車や電気自動車にする」という方針が発表されたばかり。今回はそんな自動車業界の動向に注目し、主に電気自動車(EV)に関するユーザー動向を分析していきます。


ユーザー数急上昇アプリランキング〜日本生命など保険系アプリが急伸!ポケモンHOMEも上位に【20年11月】

ユーザー数急上昇アプリランキング〜日本生命など保険系アプリが急伸!ポケモンHOMEも上位に【20年11月】

2020年11月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。11月のトレンドを調査しました。


最新の投稿


コロナ影響下での2021年大型消費動向を調査。昨年買い控え層が予算減少ながらもリベンジ購入予定

コロナ影響下での2021年大型消費動向を調査。昨年買い控え層が予算減少ながらもリベンジ購入予定

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女9,998人を対象に、住宅・旅行・家電といった高額商品の2021年の購入意向および予算・購入時期をアンケートにて調査しました。また、ヴァリューズが保有する約250万人の独自パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>(ドックピット)」を用いて、旅行や家電などに関する消費者の年間検索動向も分析しました。


【2021年トレンド予測】マイクロD2Cでスモールブランドの影響が拡大?プラットフォームが成長を支える

【2021年トレンド予測】マイクロD2Cでスモールブランドの影響が拡大?プラットフォームが成長を支える

2021年に話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2021年トレンド予測」。今回のテーマは「マイクロD2C」です。生産者が自社のECショップを通じて消費者へ直接販売するビジネスモデルD2Cは近年急速に浸透し、アパレルや食品など、様々なブランドが生み出されています。また、新型コロナの影響でEC需要が高まる一方で、店舗での対面接客の機会は減少。ウィズコロナでD2Cは一層注目されると予想します。そこで今回は、今年も勢いを増すであろうマイクロD2Cを2021年のトレンドトピックとしてピックアップ。話題のブランドを紹介するとともに、D2Cプラットフォームのユーザー傾向をDockpitを使って調査していきます。


急上昇ワードに“年賀ハガキ 当選 2021”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/1/17~2021/1/23)

急上昇ワードに“年賀ハガキ 当選 2021”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/1/17~2021/1/23)

2021年1月17日~1月23日週の検索急上昇ワードでは、1月17日に『2021年用 お年玉付年賀はがき』抽選会が行われ当選番号が決まったことを受けて、「年賀ハガキ 当選 2021」など年賀はがき関連の検索が急増しました。全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


Cookieとは?マーケティング担当者も知っておくべき基礎知識

Cookieとは?マーケティング担当者も知っておくべき基礎知識

ブラウザでのユーザー行動や広告の効果測定に欠かせない「Cookie(クッキー)」。Cookieの仕組みとプライバシーの関係は?マーケティング担当者が知っておくべきCookieの基礎知識を紹介します。


Amazon Payを導入しているのはどんな企業か。楽天ペイとの比較も

Amazon Payを導入しているのはどんな企業か。楽天ペイとの比較も

Amazonが提供するID決済サービス『Amazon Pay』。Amazonでのショッピングにはもちろん、Amazonのアカウントを利用してAmazon以外の提携サイトでも決済できるサービスです。ID決済はファッションブランドや食料品などのオンラインストア、ネットコミックなどのデジタルコンテンツなどで導入が進み、身近な決済手段となってきました。今回はそんな『Amazon Pay』の利用状況や導入企業、楽天ペイとの比較などについて「Dockpit」を用いて分析します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング