いくつご存知ですか?日本でメジャーなサブスクリプションサービス事例

いくつご存知ですか?日本でメジャーなサブスクリプションサービス事例

生活に定着しつつある「サブスクリプション」型のサービス。代表的な動画配信サービスといったデジタル系だけではなく、住まいや自動車、食材といった「モノ」を提供するサブスクリプションサービスも増えています。今回はさまざまなジャンルの代表的なサブスクリプションサービスの事例を紹介します。


サブスクリプションとは?

サブスクリプション(subscription)は「定期購読」を意味する単語です。ビジネスモデルとしては、このような意味よりも商品やサービスの一定期間の「利用権」に対して定額料金を支払うサービスを指します。

もう少し砕いた表現をすれば「月額定額制」となりますが、サブスクリプションサービスの場合、増加傾向にある「モノを所有することに価値を見いださない」「モノを入手する際に失敗したくない」などのユーザー心理と、多様化するユーザーのニーズに応えやすいという両者の思惑の合致、これがサブスクリプションサービスの隆盛の理由として挙げられます。

サブスクリプションとは?

https://manamina.valuesccg.com/articles/732

最近、よく耳にするようになった「サブスクリプション」方式。定期購読に代表される定額で一定期間利用できるサービスです。この記事ではサブスクリプションの定義や、具体的なサービスの事例を紹介していきます。

サブスク事例1:Amazonプライム・ビデオ(動画定額制サービス)

2005年から始まった「Amazonプライム・ビデオ」。全世界で1億人の会員数を誇っています。日本でも600万人(2019年9月時点)もの会員が登録し、動画配信のサブスクリプションサービスとしては世界最大級といえます。

Amazonプライム・ビデオが人気の理由は、豊富な人気映像作品だけではなく、オリジナルの映像コンテンツを用意している点はもちろんですが、年間4,900円・月額500円で加入できる「Amazonプライム会員」の存在が見逃せません。

Amazonプライム会員になると、世界最大の通販サイトであるAmazonの配送料が無料になるといった特典が多く用意されています。

トータルでのコストを考えれば、ほかの動画配信サブスクリプションサービスとは一線を画す「お得感」がAmazonプライム・ビデオ人気の理由です。

Amazonプライム・ビデオの独走ぶりが明らかに

https://manamina.valuesccg.com/articles/686

音楽、自転車、車、家具やテレビにブランドバッグ、居酒屋やコーヒー、ラーメンまで、あっという間に生活へ入り込んだサブスクリプション(サブスク)モデル。なかでもサブスクの先駆者といっていい動画アプリのユーザーは、右肩上がりで増加中です。コンテンツ視聴がお茶の間のテレビからパーソナルでモバイル対応のスマホやタブレットへシフトするなか、動画サブスク市場はどう変化しているのでしょう。市場調査ツール「eMark+」のユーザーログから探ります。

Amazon.co.jp: プライム・ビデオ: Prime Video

https://www.amazon.co.jp/Prime-Video/b?ie=UTF8&node=3535604051

Amazon.co.jp:プライム・ビデオ 全品無料配送(一部を除く)。当日お急ぎ便なら注文当日にお届け。コンビニ、ATM、代引きでのお支払いもOK。豊富な品揃えから毎日お安くお買い求めいただけます。

サブスク事例2:Spotify(音楽定額制サービス)

2006年、スウェーデンから始まった音楽配信サービス「Spotify」は、いちはやくサブスクリプションサービスを導入しています。5,000万曲(記事執筆時点)という豊富な楽曲は、月額980円の「プレミアムプラン」だけではなく月額料金ゼロの「無料プラン」でも同じように提供されます。

無料プランは音声広告が入ったり、Spotifyの特徴「プレイリスト」を作れないなどの制限があります。

デジタル音楽配信はアーティストサイドに報酬が入らない、いわゆる「海賊版」の問題と表裏一体でしたが、早くからサブスクリプションサービスとしてこの問題の解決の道筋を示しています。なお、世界的にはプレミアムプランユーザーが多く、無料プランから得られる売り上げは全体の10%程度にしかすぎません。

月額980円で安心してたくさん音楽を聴けるほか、プレイリストというSpotifyが提供するおすすめ曲リストで意外な発見もでき、多くの支持を集めています。

みんなのための音楽。

https://www.spotify.com/jp/

あなたに必要な音楽は、Spotifyだけ。

サブスク事例3:OYO LIFE(住まいの賃貸サービス)

インド発のホテルベンチャーOYO(オヨ)とヤフー株式会社の合弁事業として、2019年3月から始まった賃貸サービスが「OYO LIFE」です。物件探しから入居契約、家賃の支払い、退去手続きまでがスマホ1つで完了するサービスです。

月額料金は物件によって変動するので定額制ではありませんが、光熱費がかからないほか、家具や家電、Wi-Fiといった基本的な生活必需品一式が用意されています。さらに、敷金・礼金も不要なので、トータルコストで考えれば割安となっています。

そして、OYO LIFEにはもうひとつのサブスクリプションサービス「OYO PASSPORT」も用意されています。こちらは、洋服や家具のレンタルのほか、家事代行サービスなど100以上のサービスが含まます。

まだ始まったばかりのサービスですが、スマホですべて完結でき、OYO PASSPORTというさらに生活を豊かにするサブスクリプションサービスとの組み合わせで、転勤族やミニマリスト、海外からの転入者など、現状の賃貸形態では満足できない人を中心に広がっています

サブスクリプション型の賃貸サービスOYO LIFE、日本上陸半年でユーザー数3倍! その理由やユーザー像を調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/585

スマホで物件探しから入居までできるサブスクリプション型の新賃貸サービスOYO LIFE(オヨライフ)。日本では2019年3月にサービスを開始して以来、不動産賃貸業の黒船として注目されています。今回は、OYO LIFEのユーザー数や属性、集客施策、認知率などをマーケティング分析サービス「eMark+」を使って、分析しました。

サブスク事例4:KINTO(自動車の定額レンタル)

トヨタ自動車が2019年2月から開始されたサブスクリプションサービス「KINTO」。自動車所有にかかる費用、税金、任意保険、メンテナンス・修理代を3年間、定額でまかなえるサービスです。「KINTO ONE」の月額料金は車種によって異なりますが、1台の車が月額およそ3万円から10万円、「KINTO SELECT」は3年間で月額19万4,400円で6台のレクサスブランドの車を利用できます。

自動車のサブスクリプションサービスはすでに各国で取り組まれており、失敗・成功いずれのケースもあり、実験段階といえます。そんな中、KINTOでは独自の取り組みとして車載専用通信モジュールを搭載し、各種データを採取。そのデータによってユーザーのドライビングのエコ度、安全度を判定し、結果によってボーナスポイントを付与するサービスをおこなっています。

獲得したポイントはKINTOの支払いに充てることもでき、トヨタ側はデータを収集し今後の開発やサービス向上に役立てられるというwin-winのメリットでサービス拡大を目指しています。

サブスク事例5:Oisix(食材の定期便)

2000年に始まったeコマースサイト「Oisix(オイシックス)」のサブスクリプションサービスは、毎週17品ほどの食材を自宅に配送します。本格的な料理を手早く調理できる食材セットを提供する「Kit Oisix」、Oisixが取り扱っている商品3,000点から旬の野菜や食材をセレクトする「おいしいものセレクトコース」、離乳食や乳幼児向けのKit Oisixや時短商品を提供する「プレママ&ママコース」という、3種類のコースが用意されています。

月額で5,000円以上(人数に応じて価格は変動)なので、場合によっては割高と感じられるかもしれませんが、買い物や調理の手間を省きたい、安心できる食材がほしいというさまざまなニーズに応えることで、20万人以上の会員数を獲得するサービスに成長しました。

食材に特徴があるだけではなく、スマホアプリを使った各種申し込みをおこなえるほか、LINEなどの外部サービスとの連携を充実させたこともユーザー増の一因です。

食材宅配サービス市場を調査。Oisixがユーザー数1位、パルシステム、コープデリが拮抗して続く

https://manamina.valuesccg.com/articles/675

自然派食材の「Oisix(オイシックス)」、生協が提供する「パルシステム」「コープデリ」など人気上位の食宅サービスを調査し、それぞれの月次ユーザー推移と、性別・年代別・子供有無といったユーザー属性を分析しました。

【Oisix公式】初めての方限定「おためしセット」はこちら

https://www.oisix.com/

オイシックスは有機野菜など安心安全でおいしい食材をご提供しています!初めてご利用される方限定で「おためしセット」 をご紹介!お得なキャンペーンはもちろん、オイシックスが自信を持って厳選した商品をお手頃価格で提供しています!

サブスク事例6:RAXY(コスメの定期便)

2016年、楽天が開始した化粧品・コスメのサブスクリプションサービスが「RAXY」です。月額1,980円で提供される化粧品やコスメは月に3~6点。RAXYのおすすめアイテムだけではなく、ユーザーが提出した「ビューティーカルテ」に沿ったおすすめのものも含まれます。

なにが届くかわからない「ワクワク感」がユーザー増の理由のひとつですが、もうひとつ重要なのが、月額料金の支払いに楽天ポイントを利用できる点にあります。このほか、届いたアイテムにハッシュタグをつけてSNSにアップすれば抽選でプレゼントがもらえるキャンペーンもおこない、ユーザーにお得感を持ってもらいつつ、SNSでのRAXYを拡散していることもユーザー増の一因です。

RAXY(ラクシー) | あなたに合ったコスメを毎月お届け

https://raxy.rakuten.co.jp/

RAXY(ラクシー)は楽天のコスメ定期購入サービス。あなた好みのスキンケア、メイクアップコスメが入ったボックスをお届けします。

サブスクリプション事例のまとめ

サブスクリプションサービスの普及は、ユーザーが「お得感」を抱く成功体験のみならず、より多彩なニーズを把握し、さらなる付加価値を乗せたサービス展開が鍵です。それをこれらの事例から読み取ることができます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


サブスクリプション

関連する投稿


既存顧客からの売上を維持・拡大する「LTV(ライフタイムバリュー)」の考え方とは?

既存顧客からの売上を維持・拡大する「LTV(ライフタイムバリュー)」の考え方とは?

顧客の行動を分析し、自社の商品やサービスの改善に役立てるデータマーケティングにおいて、重視されるようになってきたのが「ライフタイムバリュー(LTV)」という概念です。顧客の一定期間の売上貢献度を計るこの指標について、計算方法から活用方法まで解説します。


音楽サブスクリプションの代名詞「音楽配信」の有力サービスを比較

音楽サブスクリプションの代名詞「音楽配信」の有力サービスを比較

定額サービスのサブスクリプション(サブスク)の代表例である、動画や音楽のデジタル配信サービス。今回は音楽サブスクを代表するSpotify・Prime Music・Apple Music・LINE MUSICの4社を比較します。


「家電は買うだけじゃない」…人気急上昇中のカメラと最新家電のレンタルサービス『Rentio』を調査

「家電は買うだけじゃない」…人気急上昇中のカメラと最新家電のレンタルサービス『Rentio』を調査

カメラ・家電を中心に常時1500種類以上のレンタル商品を展開する「Rentio」(以下、レンティオ)。高額な家電をどんな敏腕家電販売員にすすめられても、やはり使ってみないとわからない。そんな家電購入選びの迷いを打ち消すかのようなレンティオの「レンタル」サービス。ひとくちに家電と言っても、カメラから育児用品までと幅広く、レンタル期間も短期から長期、買い取りまでと様々。はたして急増している利用者はどんな人物像なのか、レンティオのサービスも含めて調査しました。


サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

最近、よく耳にするようになった「サブスクリプション」方式。定期購読に代表される定額で一定期間利用できるサービスです。この記事ではサブスクリプションの定義や、具体的なサービスの事例を紹介していきます。


育児中の女性が動画アプリの成長をリード。気になる2強の「経済圏」~急速に浸透する動画サブスクの最新事情(2)

育児中の女性が動画アプリの成長をリード。気になる2強の「経済圏」~急速に浸透する動画サブスクの最新事情(2)

第1回では急速に浸透する動画アプリ利用動向を概観し、Amazon Prime Videoの独走ぶりとテレビからアプリへのコンテンツ視聴スタイルシフトを確認しました。第2回は、2年間のユーザー属性別利用傾向と2強Amazon Prime Video、GYAO!の関連アプリ併用状況から、今後の展望を探ってみます。


最新の投稿


スポーツウェアブランドの“withコロナ”成長戦略を探る ~ adidas, NIKE, MIZUNOを比較分析

スポーツウェアブランドの“withコロナ”成長戦略を探る ~ adidas, NIKE, MIZUNOを比較分析

新型コロナウイルスの影響により外行きの衣服の需要が激減したことから、アパレル業界は大打撃を受けています。多くのアパレルブランドが経営不振に陥る中、外出自粛期間はジムにも行けず、スポーツウェアブランドも例に漏れず人気が低迷...?しかしそういう訳でもないようです。コロナ禍において、成功の明暗を分けるものは何なのか。スポーツウェアブランド(アディダス、ナイキ、ミズノ)に注目して分析しました。(ページ数|20p)


【ショートセミナー動画】激変する証券業界の実態を紐解く~インターネット行動ログデータによるWeb上での証券業界動向調査(視聴時間20分)

【ショートセミナー動画】激変する証券業界の実態を紐解く~インターネット行動ログデータによるWeb上での証券業界動向調査(視聴時間20分)

マーケティングの最新情報を学びたいが、イベントに出かけたり、セミナーを聴く暇もない…そんな忙しいあなたに、いま知っておくべき情報を20分に要約した、ショートセミナー動画をご用意しました。業界調査、トレンド、消費者調査など、Web行動ログ分析によるマーケティング調査を提供するヴァリューズのコンサルタントが、簡潔に解説します。動画はYouTubeでの限定公開となりますので、あなたのご都合のいい時間に、お好きな場所で是非ご覧ください。<b><br>今回のテーマは「激変する証券業界の実態を紐解く~インターネット行動ログデータによるWeb上での証券業界動向調査」です。</b>


急上昇ワードに“国勢調査オンライン”“PS5”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/13~2020/9/19)

急上昇ワードに“国勢調査オンライン”“PS5”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/13~2020/9/19)

2020年9月13日~9月19日週の検索急上昇ワードでは、9月14日からスタートした5年に1度の「国勢調査」にインターネットで回答できる「国勢調査オンライン」や、11月12日に発売と発表された新型ゲーム機「PS5」の検索数が急増。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


中国女性の敏感肌に関する報告書|2020年 中国市場調査

中国女性の敏感肌に関する報告書|2020年 中国市場調査

中国市場調査サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国iResearchの自主調査結果を翻訳し、中国女性の敏感肌に関する報告書を日本語レポートにまとめました。(ページ数|33p)


コロナ禍で広島県観光連盟が実践したカスタマー理解のための「アンケート×行動ログ分析」とは|MarkeZine Day 2020セミナーレポート

コロナ禍で広島県観光連盟が実践したカスタマー理解のための「アンケート×行動ログ分析」とは|MarkeZine Day 2020セミナーレポート

広島県内およびその周辺県における観光事業の発展と振興・地域の活性化を図る、一般社団法人広島県観光連盟(HIT)。今回は2020年9月1日に開催されたMarkeZine Day 2020 Autumnで解説された、コロナ禍で広島県観光連盟が推進した、新たな商品開発における「圧倒的なカスタマー理解のための、ヴァリューズ独自保有のネット行動ログとアンケートを掛け合わせた分析手法」をご紹介します。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング