PayPayフリマ、11月のMAUは300万人超え。ユーザー数急上昇アプリ調査

PayPayフリマ、11月のMAUは300万人超え。ユーザー数急上昇アプリ調査

2019年11月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。11月のトレンドを調査しました。


11月の急上昇アプリランキングを調査

まず、アクティブユーザー数の前月比が高い順にアプリをランキングしました。以下のトップ10をご覧ください。

11月の急上昇アプリランキング(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

トップ3はこのアプリ

それでは早速、ランキングの1位から3位までを詳しく見ていきましょう。

1位:アークオーダー

1位は中国最大の動画プラットフォームを提供しているビリビリ社の「アークオーダー」でした。アプリの概要を以下にまとめます。

運営:ビリビリ
特徴:美少女育成シミュレーションRPG
リリース:2019年10月

では次に、このアプリのユーザー数の推移を見ていきましょう。

「アークオーダー」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

アークオーダーのユーザー数は約68万人、前月比+約3656%となっています。

アークオーダーは2018年に中国をはじめ世界各国でリリースが開始されていて、すでに高評価を得ていました。そのため、今回の日本版のリリースへの期待も高く、ユーザー数の急増につながったのではないでしょうか。

2位:アッシュアームズ-灰燼戦線-

2位にランクインした「アッシュアームズ」の概要は以下の通りです。

運営:Cydonia
特徴:戦車、戦闘機等を擬人化した美少女が登場するミリタリーシミュレーションRPG
リリース:2019年10月

では次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「アッシュアームズ」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

アッシュアームズのユーザー数は約73万人、前月比+約2061%でした。

アッシュアームズは、実在する兵器を美少女に擬人化し、それを使って人類をおびやかす生命体に立ち向かうという世界観になっています。同時期にリリースされたアークオーダーと比べると、アクティブユーザー数ではややアッシュアームズの方が上回ったという結果になりました。

3位:PayPayフリマ

3位は、ヤフー社のフリマアプリであるPayPayフリマでした。概要は以下の通りです。

運営:ヤフー
特徴:PayPayをつかって決済できる
   PayPayフリマの売上金をPayPay残高にできる
リリース:2019年10月

では次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「PayPayフリマ」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

PayPayフリマのユーザー数は約308万人、前月比+約879%でした。

11月のユーザー数急上昇サイトでもランクインしていましたが、アプリでも3位にランクインしたPaypayフリマ。利用で最大20%が還元されるキャンペーンを行い、テレビCMでも認知を訴求することで、アプリのインストール・アクティブユーザー数の獲得に成功したのではないでしょうか。

その他上位にはこんなアプリがランクイン

ここからは上位で興味深いアプリを紹介していきます。

5位:PayPayモール

5位にも、ヤフー社のPayPayモールがランクインしました。アプリの概要は以下の通りです。

運営:ヤフー
特徴:出店基準を満たしたストアのみ出店できる
   「PayPay残高」をお得にためることができる
リリース:2019年10月

それでは、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「PayPayモール」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

PayPayモールのユーザー数は約119万人、前月比+約1035%でした。

こちらでも「PayPayモールで100億円相当あげちゃうキャンペーン」を行っていました。PayPayおなじみのこのキャンペーンに加えて、2020年6月までの経産省のキャッシュレス・消費者還元事業によるポイント獲得がさらにお得感を生み、ユーザー数増加の一因となっていると考えられます。

今回ランクインしていたPayPayフリマとPayPayモールの運営元はYahoo!です。同社はECプラットフォームYahoo!ショッピングも運営していますが、違いはどういった点なのでしょうか。

まず、PayPayモールは出店店舗が約600店舗しかないという点で、約51万店が出店しているYahoo!ショッピングと異なっています。店舗数の違いは出店に必要な審査基準の違いからきており、厳選された店舗のみが集約されているECプラットフォームと言えるでしょう。

そして、急上昇アプリで3位だったPayPayフリマとの違いは、PayPayフリマがメルカリのようにユーズド商品を個人間で売買する「フリマ」であるのに対して、PayPayモールでは出店企業が新品を扱っている点にあります。

いまやキャッシュレス決済市場の覇権を握りつつあるPayPay。関連のECプラットフォームは、Yahoo!ショッピングを超える次の打ち手となるのでしょうか。今後も注目です。

6位:Francfranc Rewards

6位には、インテリアや雑貨、コーディネートなどを幅広く手がけるFrancfrancのアプリ「Francfranc Rewards」がランクインしました。概要は以下の通りです。

運営:Francfranc
特徴:「Fun!」ポイントを貯めることで会員ステージが上がり、ステージに応じた特典がもらえる
   Francfrancおすすめコーディネートや、ユーザーの投稿したコーディネートを見られる
リリース:2019年11月リニューアルアップデート

「Francfranc Rewards」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

Francfranc Rewardsのユーザー数は約37万人、利用前月比+約275%でした。

Francfranc Rewardsは、11月のリニューアルアップデートによって、オンラインショップとの連携などが行われました。また、店舗やオンライン共通のポイントである「Fun!」を貯めることでお得なサービスを利用できるなど、先月の急上昇アプリ記事でも紹介したポイ活も背景にあるのではないでしょうか。

他には、全商品10%オフのキャンペーンが期間中何度でも利用できる点も、アプリユーザー増加に貢献したと考えられます。

7位:はがきデザインキット2020

7位には、日本郵便のはがきデザインキット2020がランクインしました。概要は以下の通りです。

運営:日本郵便
特徴:約400種類の豊富なデザインテンプレート
   ネット印刷にも対応している
   セブンイレブンでのマルチコピー機のプリントにも対応している

次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「はがきデザインキット2020」のユーザー数推移(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

はがきデザインキット2020のユーザー数は約31万人、前月比+約248%でした。

1年前の11月のMAUは約26万人と、昨年よりも利用者数は増加傾向にあります。ネット印刷からそのまま年賀状を送ることができたり、セブンイレブンでのマルチコピー機に対応している点が特徴。年始の年賀状準備のためにアプリを使う人は増えてきているのかもしれません。

まとめ

最後に11月の急上昇アプリと、アクティブユーザー増加の背景をまとめてみます。

1位の「アークオーダー」や2位の「アッシュアームズ-灰燼戦線-」は、ゲームに対する期待値がそのままユーザー数の増加に繋がったといえるのではないでしょうか。特に「アークオーダー」は、元々諸外国での評判も高かったことから急上昇ランキング1位という形で反映されたと考えられます。

また、3位「PayPayフリマ」や5位「PayPayモール」、6位「Francfranc Rewards」は、新リリースに伴ったキャンペーンを行っていました。お得に購買ができるようなキャンペーンは、集客に一定の影響を与えられると言えるでしょう。

そして7位の「はがきデザインキット2020」は、年賀状を書く時期に差し掛かったこともあり需要が増えたことと、ネット印刷からそのまま年賀状を送ることができる等の便利な機能が、ユーザー数増加の大きな理由と言えそうです。

今月のトレンドをぜひ自社のマーケティングやビジネス設計に活かしてください。本記事では急上昇アプリを取り上げましたが、マナミナでは別記事にて毎月の急上昇サイトも定点観測しています。世の中の流れをチェックするためにもぜひご活用ください。

ガンダム活用キャンペーンでEnekeyが1位。 11月のユーザー数急上昇サイト調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/688

2019年11月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトをランキング化し、11月の急上昇サイトを調査しました。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

マナミナを運営する株式会社ヴァリューズの競合サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」の事例記事をまとめます。eMark+には機能がたくさんあり、利用シーンも企業や担当者によってそれぞれ違います。実際何ができるのか、どんなシーンに使えるのかを一望できるようにしました。本記事をブックマークなどしてお使いください。


ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機...家電量販店サイトを比較調査!

ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機...家電量販店サイトを比較調査!

AmazonなどECモールを活用したメーカー直販が台頭する中、大手家電量販店は脱家電に舵をきりはじめ、例えばヤマダ電機が家具メーカーの大塚家具と組んで住宅産業に進出したり、ビックカメラが薬や日用品、自転車などの異業種マーケットに挑戦したりと、各社それぞれ戦略を打ち出しています。そこで今回は、大手家電量販店5社の公式サイトを比較し、ユーザーの利用実態や集客などについて分析しました。


広がるオンラインでの確定申告。新型コロナ拡大前の今年1月のユーザー数急上昇サイトを振り返る

広がるオンラインでの確定申告。新型コロナ拡大前の今年1月のユーザー数急上昇サイトを振り返る

2020年1月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


「レシピ」と一緒に検索されているキーワードは?ユーザーの検索動向を過去1年間で調べてみました

「レシピ」と一緒に検索されているキーワードは?ユーザーの検索動向を過去1年間で調べてみました

忙しい日々を送る中でご飯の献立を考えるのは本当に大変ですよね。そんな中でも自分や家族のために美味しい料理を作りたい、できれば時短で作りたい、旬な野菜を使った料理を作りたい、などなど作り手の気持ちは様々です。そこで、今回は「レシピ」と一緒に検索されているキーワードはどんなものが多いのか?また、どのようなコンテンツを見ているのかなど、ネット行動分析ツールの「eMark+」を使って、過去1年間を調査・分析しました。


検索キーワードから読み解く「投資」のいま。ポイント投資やNISA、iDeCoなど多様化する投資方法に若年層も注目。

検索キーワードから読み解く「投資」のいま。ポイント投資やNISA、iDeCoなど多様化する投資方法に若年層も注目。

欧米諸国に比べ、日本では資産を運用せずに貯蓄する人の割合が多いとされています。しかしながら最近では少子高齢化の進展による老後資金への不安や、恒常化する預金の低金利化などから、資産形成を目的として投資を始める人が増えてきています。今回はそんな「投資」に焦点を当て、eMark+の検索キーワード分析機能「Keyword Finder」を用いて調査を行いました。


最新の投稿


なぜあの企業はスポンサーに?スポーツマーケティングに取り組む目的とメリット

なぜあの企業はスポンサーに?スポーツマーケティングに取り組む目的とメリット

企業がスポーツにお金を出す形には、大会やスポーツイベントへの協賛にスタジアムの命名権獲得、クラブや選手へのスポンサードなど色々な形があります。企業はスポーツマーケティングにより認知度の向上、ブランディングや販売促進などの目的を達成し、クラブや選手は資金源としてのメリットを得ます。企業がスポーツマーケティングに取り組む目的とメリット、具体的な事例を見ていきましょう。


ECマーケティングの特徴と集客・購入・再訪戦略に使われる手法まとめ

ECマーケティングの特徴と集客・購入・再訪戦略に使われる手法まとめ

ECサイトのマーケティングは、ネット比重が高く、数字で効果計測できる施策が多い点で、実店舗ベースのマーケティングと異なる特徴があります。ECサイトの代表的な施策について、集客・購入・再訪の3つの対策ごとにご紹介します。


急上昇ワードに“Zoom”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/3/29~2020/4/4)

急上昇ワードに“Zoom”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/3/29~2020/4/4)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

マナミナを運営する株式会社ヴァリューズの競合サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」の事例記事をまとめます。eMark+には機能がたくさんあり、利用シーンも企業や担当者によってそれぞれ違います。実際何ができるのか、どんなシーンに使えるのかを一望できるようにしました。本記事をブックマークなどしてお使いください。


ローカル5Gは普通の5Gと何が違う?山間部や工場での活用を想定

ローカル5Gは普通の5Gと何が違う?山間部や工場での活用を想定

2019年は5G元年といわれ、2020年には国内でのサービス提供が始まります。5Gでは基地局整備に時間がかかるため、山間部などでは行政が通信業者に代わり独自の5Gネットワークを整備する「ローカル5G」、あるいは5Gの低遅延・多数接続の特徴を生かして、プライベートな5Gネットワークを構築し、工場で多数のセンサーを接続する「ローカル5G」などの活用方法が考えられています。この記事では、ローカル5Gの特徴や具体的な活用方法を解説していきます。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら