2019年に注目を集めた広告キャンペーンは? PayPayやコカコーラなどの事例まとめ

2019年に注目を集めた広告キャンペーンは? PayPayやコカコーラなどの事例まとめ

2019年に集客に成功した広告キャンペーンをまとめました。サイト分析ツール「eMark+」を使い、訪問ユーザー数が前月比で急上昇したものをピックアップしています。広告キャンペーン設計に活かしてみてください。


2019年、注目を集めたキャンペーンは?

2019年に注目を集めた広告キャンペーンをまとめてみました。サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使い、前月比で訪問ユーザー数が急上昇した広告キャンペーンサイトをピックアップしています。

それでは早速、集客に成功した広告キャンペーンを見ていきましょう。

1月:ダノン

1月はヨーグルトで有名なダノンジャパン公式サイトが人気を集めました。

ユーザー数推移は以下の通りです。

「ダノン」のユーザー数推移(対象デバイスはスマートフォン、「eMark+」画面より)

2019年1月のユーザー数は約164万人、前月比約1001%の上昇となりました。これほどまでに注目を集めたのは、この期間に行われた2種類のキャンペーンが関係しているようです。

1つはパッケージに「くまのプーさん」がデザインされたダノンの商品「oikos」が期間限定で発売されたキャンペーンです。

「おしゃれなクッキングアイテムやグラノーラボール&マグが当たるかも?」とあり、景品をインセンティブにしたキャンペーンだったことがうかがえます。

またもうひとつ、キャンペーンサイトでくじをひき、当日中に対象商品を買うと必ずTポイントがもらえるキャンペーンも開催されました。

2月:PayPay

2月はQRコード決済アプリで有名なペイペイが再び注目をあつめました。

2月の訪問ユーザー数は約271万人、前月比で約67%の上昇となっています。PayPayでは、2月12日から、100億円キャンペーンの第2弾が行われました。その影響で、既に一定数のユーザーを獲得していたPayPayが再び注目を集めたのではないでしょうか。

3月:Sony Reader Store

3月に急上昇したサイトはSony Reader Store でした。このサイトは、ソニーミュージックエンタテインメントが運営する電子書籍・電子コミックストアであり、国内最大級の10万冊以上の書籍数を誇っています。

3月のユーザー数は約169万人 、前月比で約160%上昇となっています。そんなSony Reader Storeでは、以下のようなキャンペーンが開催されていました。

このキャンペーンは、Xperiaユーザー限定で99%オフのクーポンを新規入会者にプレゼントするというものです。金銭をインセンティブに、Xperiaユーザーにお得なキャンペーンを展開することで注目を集めたものと思われます。

4月:日比谷花壇母の日コム

4月は日比谷花壇母の日コムが注目を集めました。このサイトは母の日のプレゼント専用のオンラインショップです。4月の訪問ユーザー数は約113万、前月比で約7690%の上昇となりました。

メルマガ登録をすると抽選でプレゼントが当たるキャンペーンが行われました。5月12日の母の日に向けてプレゼントへの関心や需要が高まり、そうしたユーザーに向けてのキャンペーンが上手くマッチしたとみることができるでしょう。

5月:東京2020公式チケット販売サイト

5月は、東京2020公式チケット販売サイトが人気でした。訪問ユーザー数は約597万、前月比で約894%の上昇でした。東京オリンピックの各チケットの第一次申し込み期間が5月9日から28日ということもあり、その影響でサイトへのアクセスが増加したと考えられます。

6月:dグルメ

6月には、ドコモが運営するdグルメに注目が集まりました。dグルメは、レストランやレシピの情報など、食の総合的な情報を扱っているサイトです。

こちらは、6月のユーザー数が約115万、前月比で約136%上昇しています。dグルメでは、以下のようなキャンペーンが開催されていました。

dグルメの4周年を記念して、アクセスするとdポイントがたまるキャンペーンを期間中毎日実施しており、これがUU数の増加に寄与したのではないでしょうか。

7月:ポケットモンスター

7月に注目を集めたサイトはポケットモンスターでした。ユーザー数約196万 、前月比約170%上昇しています。

株式会社ポケモンセンターの採用コンテンツとして、ポケモン自己分析という一風変わったコンテンツが展開されていました。ポケモン自己分析は、質問に回答することで診断結果をポケモンに例えて教えてくれるというもの。就活生なら誰もが試みたことのある自己分析をポケモンに例える、というキャッチーさが受けて注目を集めたと言えるでしょう。

8月:ハウス食品

8月はハウス食品へのアクセスが急上昇しました。こちらではユーザー数約113万人、前月比で約208%の上昇となっています。ハウス食品では以下のようなキャンペーンが開催されていました。

ハウス食品では、東京ディズニーリゾートのハロウィーンプレミアムパーティーが当たるキャンペーンを行っていました。ディズニーのキャラクターは「バーモントカレー」などのファミリー向け商品との相性が良く、注目が集まったのではないでしょうか。

9月:Coca-Cola Park

9月に急上昇したのは、コカ・コーラの会員サイトであるCoca-Cola Park。ここでは 、ユーザー数約261万人、前月比で約123%上昇していました。

9月には次のようなキャンペーンが行われていました。

これは、対象商品を購入するとドバイ旅行が当たるキャンペーンです。合わせて同時期にテレビCMを打ち、キャンペーンをうまく拡散したことによってサイトへのアクセスを増加させたと考えられます。

10月:モンスターストライク

10月にはモンスターストライクが注目を集めました。こちらのサイトではユーザー数135万人 、前月比で約215%上昇しています。

モンスターストライクでは外食産業5社と手を組んだ超肉祭キャンペーンを行っていました。この超肉祭では実際に店舗で使えるクーポンが手に入るキャンペーンということもあり、注目が集まったと考えられます。

11月:EneKey

11月はEnekeyが急上昇しました。Enekeyとは、ENEOSセルフで使える新スピード決済ツールです。
このサイトではユーザー数173万人、前月比で881%上昇となっています。

ツール自体は2019年7月からリリースしていましたが、11月に急上昇した理由としては下記のようなキャンペーンを行っていたことが考えられます。

このキャンペーンは、EneKeyを利用してガソリンまたは軽油を購入するとオリジナルガンダムグッズやAmazonギフト券が当たるというキャンペーンでした。ガンダムを絡めたことで、車に乗るユーザーに上手く訴求できたのではないでしょうか。

まとめ

最後に今回取り上げた広告キャンペーンをまとめます。

サイト訪問者数が増加し、集客がうまくいったキャンペーンは、インセンティブで分けて考えれば大きく次の3つだと言えるでしょう。

1.ポイントやクーポンのような金銭インセンティブ
ダノンやPayPay、Sony Reader Store、dクラブなど

2.キャラクターを活用
ダノンやポケモン、ハウス食品、モンスト、Enekey

3.ターゲットユーザーの興味を惹く景品をインセンティブに
ダノンや母の日コム、ハウス食品、Coca-Cola Parkなど

これら複数の要素を組み合わせたキャンペーン設計のものもあり、各社とも工夫が見られます。自社のことを知ってもらいたいユーザーに、どのようなキャラクターや景品がマッチするかを考えたインセンティブが設計が重要でしょう。

今回のまとめを用いて、ぜひ今後の広告キャンペーン設計に活かしてみてください。

調査概要

全国のヴァリューズモニター(20歳以上男女)の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、2019年1月~11月のネット行動ログを分析しました。

※Webサイトのユーザー数はPC及びスマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

関連記事

コロナ禍で集客に成功した5サービスの共通点とは? 食や通信、栄養ドリンクから手作りマスクまで

https://manamina.valuesccg.com/articles/901

新型コロナで社会が大きく変貌を遂げた2020年春。この期間にプロモーション施策で集客に成功したサービスとは?コロナ禍で話題になった5つのサービスをピックアップし、市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使ってユーザー数の推移を調査。それぞれの成功要因となったプロモーション施策を分析します。

中国マーケティングの最新トレンドと有効なプロモーションとは?|セミナーレポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/744

2019年の訪日中国人数は959.4万人。この膨大な窓口の先にある未知数の市場、中国市場。そんな中国市場向けにプロモーションを行なってみたものの、上手く成果に結びつかないという方も多いのではないでしょうか?1月28日に開催された「ヴァリューズ×バイドゥ×フルスピード共催セミナー」では、中国での豊富な調査データをもとにした分析に強みを持つ株式会社ヴァリューズが、最新のインバウンド事情と成功に必要なマーケティング手法を紹介しました。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

2020年8月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ(TCC)の初代会長、上野壮夫(うえのそうふ)氏が1966年に創立したクリエイティブハウス、ユー・ピイ・アール。心を動かすクリエイティブが伝統でもある同社では、競合分析ツール「eMark+」を使い、データによる提案も行なっているといいます。それはなぜなのか?また、その実態はどんなものなのでしょうか。マナミナ編集部がユー・ピイ・アールの田地さんにお聞きしました。


ファストファッション業界、新型コロナの影響は…?EC注力でユーザー増のユニクロや、H&M、ZARAの集客動向を調査

ファストファッション業界、新型コロナの影響は…?EC注力でユーザー増のユニクロや、H&M、ZARAの集客動向を調査

2020年前半から世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響によって、ファストファッション業界はどのような影響を受けているのでしょうか? 今回は、ファストファッションの有名ブランドであるユニクロとZARA、H&Mの3ブランドについて、2020年2月~7月までの半年間のWeb集客の状況と、そこから窺い知れる販売戦略について調査した結果を紹介していきます。


大手ラジオ局のファン層はどう違うのか?Webサイトのユーザー属性からポジショニングの違いを考察

大手ラジオ局のファン層はどう違うのか?Webサイトのユーザー属性からポジショニングの違いを考察

最近注目が集まる音声コンテンツ市場。「耳の暇」の解消という切り口が以前から指摘されていましたが、新型コロナによる社会変化の影響もあいまって、ラジオもじわじわと人気が高まってきています。本記事では、市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を使用し、大手ラジオ局のWebサイトユーザー数やその属性から、各社のファン層を分析しました。


楽天の「歩いてポイントが貯まる」シニア世代向けアプリのMAUが急上昇…前月比で約2倍に【20年7月急上昇アプリ】

楽天の「歩いてポイントが貯まる」シニア世代向けアプリのMAUが急上昇…前月比で約2倍に【20年7月急上昇アプリ】

2020年7月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。7月のトレンドを調査しました。


最新の投稿


スポーツウェアブランドの“withコロナ”成長戦略を探る ~ adidas, NIKE, MIZUNOを比較分析

スポーツウェアブランドの“withコロナ”成長戦略を探る ~ adidas, NIKE, MIZUNOを比較分析

新型コロナウイルスの影響により外行きの衣服の需要が激減したことから、アパレル業界は大打撃を受けています。多くのアパレルブランドが経営不振に陥る中、外出自粛期間はジムにも行けず、スポーツウェアブランドも例に漏れず人気が低迷...?しかしそういう訳でもないようです。コロナ禍において、成功の明暗を分けるものは何なのか。スポーツウェアブランド(アディダス、ナイキ、ミズノ)に注目して分析しました。(ページ数|20p)


【ショートセミナー動画】激変する証券業界の実態を紐解く~インターネット行動ログデータによるWeb上での証券業界動向調査(視聴時間20分)

【ショートセミナー動画】激変する証券業界の実態を紐解く~インターネット行動ログデータによるWeb上での証券業界動向調査(視聴時間20分)

マーケティングの最新情報を学びたいが、イベントに出かけたり、セミナーを聴く暇もない…そんな忙しいあなたに、いま知っておくべき情報を20分に要約した、ショートセミナー動画をご用意しました。業界調査、トレンド、消費者調査など、Web行動ログ分析によるマーケティング調査を提供するヴァリューズのコンサルタントが、簡潔に解説します。動画はYouTubeでの限定公開となりますので、あなたのご都合のいい時間に、お好きな場所で是非ご覧ください。<b><br>今回のテーマは「激変する証券業界の実態を紐解く~インターネット行動ログデータによるWeb上での証券業界動向調査」です。</b>


急上昇ワードに“国勢調査オンライン”“PS5”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/13~2020/9/19)

急上昇ワードに“国勢調査オンライン”“PS5”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/13~2020/9/19)

2020年9月13日~9月19日週の検索急上昇ワードでは、9月14日からスタートした5年に1度の「国勢調査」にインターネットで回答できる「国勢調査オンライン」や、11月12日に発売と発表された新型ゲーム機「PS5」の検索数が急増。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


中国女性の敏感肌に関する報告書|2020年 中国市場調査

中国女性の敏感肌に関する報告書|2020年 中国市場調査

中国市場調査サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国iResearchの自主調査結果を翻訳し、中国女性の敏感肌に関する報告書を日本語レポートにまとめました。(ページ数|33p)


コロナ禍で広島県観光連盟が実践したカスタマー理解のための「アンケート×行動ログ分析」とは|MarkeZine Day 2020セミナーレポート

コロナ禍で広島県観光連盟が実践したカスタマー理解のための「アンケート×行動ログ分析」とは|MarkeZine Day 2020セミナーレポート

広島県内およびその周辺県における観光事業の発展と振興・地域の活性化を図る、一般社団法人広島県観光連盟(HIT)。今回は2020年9月1日に開催されたMarkeZine Day 2020 Autumnで解説された、コロナ禍で広島県観光連盟が推進した、新たな商品開発における「圧倒的なカスタマー理解のための、ヴァリューズ独自保有のネット行動ログとアンケートを掛け合わせた分析手法」をご紹介します。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング