経済圏確立へキャリアが向かう道|ペイだけじゃない、通信キャリアアプリの浸透

経済圏確立へキャリアが向かう道|ペイだけじゃない、通信キャリアアプリの浸透

2018年のPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」に端緒した決済アプリバトルはどうやら4月に本格参入した楽天を含む通信キャリア4社のサービスへ収れんしつつあります。マナミナではこれまでも色々とりあげてきましたが、この連載では通信キャリア各社が目指す市場囲い込み、「スーパーアプリ」へ向けた経済圏構築の動向を事業領域ごとにレポートしてみます。


まずは主要通信キャリア各社グループのアプリ利用状況から市場を概観してみましょう。

上位1000アプリユーザーの27%をキャリア系アプリが囲い込み

決済アプリやECサイトにおけるバトルからは相変わらず目が離せませんが、そもそも通信キャリアが提供するアプリはどのくらいあるのでしょうか。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天各社サイトに掲載されている「グループ会社」掲載企業(※1)が運営するアプリ(以下、キャリア系アプリ)をピックアップし、2020年3月のeMark+の「アプリランキング」(Gmail、YouTubeなどプリインストールアプリは対象外)におけるシェアを確認してみます。

5,600万人が利用するLINEをはじめ、上位1,000アプリののべユーザー数は約1.7億人。そのうちキャリア系アプリは117あり、合計利用ユーザーは27%に上りました。

利用上位1000アプリに占めるキャリア系アプリ数と利用ユーザー数

利用上位1000アプリに占めるキャリア系アプリ数と利用ユーザー数

※2020年3月
※メール、Chrome、YouTube、Googleマップ、Gmailなどプリインストールアプリは対象外

ドコモで一番利用が多いのは「dポイントクラブ」で2,050万人が利用。ついで決済「d払い」、携帯ユーザー向けサポートアプリ「My docomo」の順です。ゼンリンとの提携による「地図アプリ」も多く使われていました。

KDDIは決済「au PAY」にやはり携帯ユーザー向け「auサービスTOP」が続きました。KDDIはユーザー向けサービスに加えGunosy「グノシー」やカカクコム「食べログ」といったグループ企業アプリの利用も多く、自社ブランドにこだわらずコンテンツビジネスを拡充している印象です。

ソフトバンクと楽天の上位は、ほとんどが「Yahoo!」「PayPay」や「楽天」の自社ブランド名を冠したアプリ。ソフトバンク「Yahoo! Japan」は全アプリでも4位の2,700万人が利用するほか、「PayPay」は2,530万人と相変わらずユーザーを伸ばしています。ちなみにソフトバンクグループと経営統合予定のLINEと名のつくグループ会社提供のアプリは上位ランキング中22アプリのべ8,496万人が利用しています。

楽天は「楽天市場」が2,310万人と「楽天ポイントクラブ」1,290万人より1,000万人以上多くのユーザーを獲得。決済「楽天ペイ」はキャリア系アプリのうち唯一1,000万人を下回り、「楽天カード」や「楽天ポイントカード」の方が多く使われていました。

各キャリアの主要アプリ

各キャリアの主要アプリ

※2020年3月の月間ユーザー数が200万人以上

アプリのカテゴリ別にみると、いずれの通信キャリアも「ファイナンス」はトップ3に入り、注力領域と考えられます。「ショッピング」はやはり楽天が強く、6アプリのべ3,821万人が利用しましたが、ドコモとソフトバンクも2,000万人以上を確保しています。KDDIもWowma!やLUXAといったECブランドを展開していますが、3社に比べると苦戦している模様です。

「ニュース&雑誌」をはじめとするコンテンツ系アプリではYahoo!ブランドを擁するソフトバンクが圧倒的な存在感ですが、前述のとおりKDDIも実は注力しています。

アプリユーザー分布にみる経済圏

アプリユーザー分布にみる経済圏

※2020年3月、スマートフォン
※上位1000アプリの合計値
※太字は各グループのユーザー上位3領域。
 分類はGoogle Play Storeにより、携帯ユーザー向けサポートアプリを
 ドコモとソフトバンクは「ツール」、KDDIは「ニュース&雑誌」、
 楽天は「通信」に分類している

ニュースや地図アプリも通信キャリアの存在感

カテゴリ別には、「ファイナンス」「ショッピング」「ニュース&雑誌」でキャリア系アプリの寡占状況がみられます。これらジャンルはいつでもどこでも携行されるスマートフォンとの親和性が高く、外せない領域ということなのでしょう。「ソーシャルネットワーク」「ゲーム」「美容」といったジャンルは専門性が高いせいか、通信キャリアが闘うフィールドではなさそうです。

キャリア別には、全方位でアプリを展開するソフトバンクの強さが際立ちます。とくに「天気」74.2%、「スポーツ」59.2%、「地図&ナビ」45.1%はキャリア系に限らず圧倒的なシェアです。ほかにドコモは「健康&フィットネス」「写真」の記録系KDDIは「エンタメ」「音楽&オーディオ」のコンテンツ系でカテゴリ10%以上のユーザーを集めました。

利用上位1000アプリにおける主要カテゴリ別キャリア系アプリのユーザーシェア

利用上位1000アプリにおける主要カテゴリ別キャリア系アプリのユーザーシェア

※2020年3月、スマートフォン
※カテゴリユーザー合計数が多い順に500万人以上のカテゴリを掲載
※太字はシェア10%以上

10%以上のシェアをもつカテゴリ数はソフトバンクが最多で寡占率も高い一方、ドコモは最大シェアをもつ「健康&フィットネス」でも13.7%。ただしドコモの寡占率が高い「写真」「健康&フィットネス」といった記録系アプリは、ユーザーロックオン効果が高いと考えられます。


次回以降は、事業領域ごとに通信キャリアの取組みを概観していきます。まずは通信領域です。

※1 https://www.kddi.com/corporate/group/https://group.softbank/segments/group(LINE含まず)https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/about/group/https://corp.rakuten.co.jp/about/group.html

本記事では調査・分析ツールとして、市場・自社・競合の3C分析ができる「eMark+」を使用しました。
無料で利用できる機能もありますので、ぜひ登録されてみてはいかがでしょうか。



eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら


調査概要

全国のヴァリューズモニター(20歳以上男女)の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し分析しました。
※アプリのユーザー数は、Androidスマートフォンでの起動を集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。アプリのカテゴリはGoogle Playのアプリカテゴリより取得。メール、Google Chrome、YouTube、Googleマップ、Gmailなどプリインストールアプリは対象外とする。

関連記事

経済圏確立へキャリアが向かう道|通信領域編(1) 楽天本格参入の影響は?

https://manamina.valuesccg.com/articles/851

第1回に続き、キャッシュレス決済やEC、金融等の総合的な提供を通じた顧客LTV最大化へ向け、通信キャリア各社の動向を探ります。まずはソフトバンクによるボーダフォン買収以来14年ぶりに第4の通信キャリア・楽天を迎えたモバイル通信事業から概観してみましょう。

経済圏確立へキャリアが向かう道|EC編(1) コロナ禍がもたらした市場変化

https://manamina.valuesccg.com/articles/884

通信キャリアの経済圏確立へ向けた動向について、第4回ではEC領域を分析してみます。新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う外出自粛でさらに欠かせない存在となり、市場成長が見込まれるEC市場。米国では過去5週間に失業給付金申請が2,650万件を記録するなか、Amazonが3月に10万人、4月に7.5万人を採用するなど労働力の受け皿としても期待されています。

この記事のライター

法政大学院イノベーション・マネジメント専攻MBA、WACA上級ウェブ解析士。
CRMソフトのマーケティングや公共機関向けコンサルタント等を経て、現在は「データ流通市場の歩き方」やオープンデータ関連の活動を通じデータ流通の基盤整備、活性化を目指している。

関連する投稿


「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、プライムデー効果でAmazon関連アプリが複数上位に【2021年5月~2021年6月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、プライムデー効果でAmazon関連アプリが複数上位に【2021年5月~2021年6月】

スマートフォンアプリの最新インストール数ランキングTop5をまとめました。2021年6月はマイナポイントアプリが1位という結果に。プライムデー効果かAmazon関連アプリも複数上位にランクインしました。男女別の人気インストール数ランキングもまとめています。


「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、首位は2ヶ月連続でスマートニュースに【2021年4月~2021年5月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、首位は2ヶ月連続でスマートニュースに【2021年4月~2021年5月】

スマートフォンアプリの最新インストール数ランキングTop5をまとめました。2021年5月はスマートニュースが2ヶ月連続で1位という結果に。また、男女別の人気インストール数ランキングもまとめています。


競争加熱中のフードデリバリーアプリを最新データで調査。コロナ禍での利用実態とは

競争加熱中のフードデリバリーアプリを最新データで調査。コロナ禍での利用実態とは

コロナ禍の度重なる外出自粛を追い風に、ここ最近で生活に溶け込んだ「フードデリバリー」文化。日本でもUber Eatsや出前館を中心に、主に都市部で浸透しています。今回はそんなフードデリバリー業界の勢力図をアプリ利用データとWebサイト利用データを中心に分析してみました。


radikoやDiscord、Clubhouse〜音声コンテンツ市場3サービスのユーザー数や属性を調査

radikoやDiscord、Clubhouse〜音声コンテンツ市場3サービスのユーザー数や属性を調査

音声コンテンツ市場のサービス動向を調査しました。取り上げたのはradiko(ラジコ)、Discord(ディスコード)、Clubhouse(クラブハウス)の3サービス。それぞれのサービス概要に加え、ユーザー数推移、ユーザー属性について集計しています。音声コンテンツ市場の分析にお使いください。


ヨルシカ・YOASOBIなど「夜好性」アーティストのヒットの要因を検索データから分析

ヨルシカ・YOASOBIなど「夜好性」アーティストのヒットの要因を検索データから分析

「ヨルシカ」「YOASOBI」「ずっと真夜中でいいのに。」の3組のネットカルチャー発のアーティストについて、ヒットの理由を検索データから分析します。検索者数の推移を見ると、いずれも人気爆発とともに検索者数が急増していました。


最新の投稿


Zoom、GoogleMeetなどオンライン会議ツールの利用実態を調査。コロナ禍でリモート文化は定着したのか

Zoom、GoogleMeetなどオンライン会議ツールの利用実態を調査。コロナ禍でリモート文化は定着したのか

コロナ禍で大きく需要が伸びたオンライン会議ツールについて、新しい「働き方」へ与えた影響を探っていきます。Web行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて、Zoom、GoogleMeet、Skypeの3ツールのユーザー数や利用時間帯を調査。さらに、地方別のコロナ前後での伸び率や、年代別の比較も行っています。BtoBコミュニケーション施策を考える上での参考にしてみてください。


【トレンド調査】大豆ミートがじわじわ人気拡大中!検索者は「レシピ」にもっとも興味あり

【トレンド調査】大豆ミートがじわじわ人気拡大中!検索者は「レシピ」にもっとも興味あり

昨今、存在感を高める「大豆ミート」。健康や美容、環境への配慮から食生活を見直す人が増えている中、大豆ミートは新しい食の選択肢として注目を集める食材です。メディアでの露出や、飲食店や小売店で大豆ミートを使ったメニューを見かけることも増えてきました。じわじわと流行する大豆ミートについて、検索数推移や、検索者が知りたいことをWeb行動ログ分析ツールDockpitのデータで分析します。


白物家電購入時のネットの役割とは?「エアコン」「洗濯機」の購買検討行動を調査

白物家電購入時のネットの役割とは?「エアコン」「洗濯機」の購買検討行動を調査

夏の商戦期と言えば、ボーナスが支給される6月~7月。この時期は家電量販店のCMをよく耳にすることもあり、自然と家電の購入意欲も高まってくるのではないでしょうか。さらに猛暑に備えて、性能のいいエアコンをボーナスで購入する人も多いと言われています。今回は白物家電の中でも「エアコン」と「洗濯機」に注目して、購買検討行動の中でどのようなニーズが発生し、ネットがどんな使われ方をしているのか、Web行動ログ分析ツールの「Dockpit」を用いて検索データから調査しました。


「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、プライムデー効果でAmazon関連アプリが複数上位に【2021年5月~2021年6月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、プライムデー効果でAmazon関連アプリが複数上位に【2021年5月~2021年6月】

スマートフォンアプリの最新インストール数ランキングTop5をまとめました。2021年6月はマイナポイントアプリが1位という結果に。プライムデー効果かAmazon関連アプリも複数上位にランクインしました。男女別の人気インストール数ランキングもまとめています。


【調査リリース】 2021夏の旅行トレンド全国調査 ~ 高齢層を中心に20年より意欲減少、検討者は若者中心へ。温泉需要が減少、1~5万円までの費用帯が増加

【調査リリース】 2021夏の旅行トレンド全国調査 ~ 高齢層を中心に20年より意欲減少、検討者は若者中心へ。温泉需要が減少、1~5万円までの費用帯が増加

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女10,003人を対象に、今夏の旅行予定に関する消費者アンケート調査を実施しました。またヴァリューズが保有する約250万人の独自パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用して消費者の旅行動向を分析しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー