カレンダー共有の「タイムツリー」、夫婦共演のテレビCMで月間ユーザー数が約1.6倍に。F1層の心を掴む?

カレンダー共有の「タイムツリー」、夫婦共演のテレビCMで月間ユーザー数が約1.6倍に。F1層の心を掴む?

中尾明慶さんと仲里依紗さんの夫婦共演CMが印象的な「タイムツリー」。アプリ内でコミュニケーションが取れるスケジュール管理アプリとして注目を集めるサービスです。本稿では、そんなタイムツリーを調査。サービスの特徴やユーザー傾向、マネタイズ方法など、サービスの実態を調べていきます。


中尾明慶さんと仲里依紗さんの夫婦共演CMが印象的な「TimeTree(タイムツリー)」。CMのストーリーを見ていても、夫婦のコミュニケーションを円滑にし、円満な家庭を支えてくれるサービスなんだろう、というイメージが伝わってきます。本稿では、そんなタイムツリーを調査。サービスの特徴やユーザー傾向、マネタイズ方法など、サービスの実態を調べていきます。

タイムツリーとは?

タイムツリーは、「共有とコミュニケーション」をテーマに作られたスケジュール管理アプリ。壁掛けカレンダーに家族みんなの予定を書き込んでいくように、スマートフォンの中のカレンダーで予定を共有でき、アプリ内でコミュニケーションを交わせることが特徴です。

家族や仕事など、相手に応じてカレンダーを共有できるほか、各予定にはコミュニケーションスペースが用意されており、共有相手へのコメントが可能。予定の相談や、記録に活用できる仕組みです。

これまで個別に相談していたスケジュール調整の手間を考えると、アプリ上で完結させられるのはとても便利です。明るく可愛らしいデザインも、ユーザーをワクワクさせ、スケジュール登録を"楽しい"と感じさせてくれる特長のひとつと言えるでしょう。

サービスサイトに掲載されているユーザーの感想には、タイムツリーの手軽なスケジュール共有とコミュニケーションの機能により「言った言わないがなくなった」「スケジュールの食い違いがなくなり、効率化された」などの声が寄せられています。

また、スケジュールの調整だけでなく、家族の思い出の記録として活用している事例もあるといいます。サービスの機能を活用し、ユーザー各々のアイデアでカスタマイズして使えるのがタイムツリーの魅力でもあるのでしょう。

過去1年のアプリのユーザー数をチェック

次に、ヴァリューズのWebサイト・アプリ分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使って、タイムツリーアプリの月別のユーザー数推移を見ていきます。

集計期間:2019年3月~2020年2月、デバイス:スマートフォン

こちらは、過去1年間のアプリユーザー数の推移です。タイムツリーとカレンダーアプリの「ジョルテ」を比較しました。

1年前(2019年3月)時点ではジョルテが大きく上回っていますが、徐々にタイムツリーがジョルテに迫り、11月にはタイムツリーが逆転。以降、ジョルテがほとんど横這いな一方で、タイムツリーはグンとユーザーを増やし、2020年2月にはMAUで100万人以上の差がついています。

実はタイムツリーのユーザー数が大きく伸びた2019年11月は、中尾明慶さんと仲里依紗さんの夫婦共演テレビCMの放送が始まった月です。CMが効果的に認知を広め、サービス飛躍のきっかけになったと言えるでしょう。

タイムツリーの認知度を調査

次に、タイムツリーの認知度を見てみましょう。

※2020年1月に株式会社ヴァリューズが実施したアンケート調査より

アンケート対象者のうち、タイムツリーを知っていた人は23.2%、実際にスケジュール共有した人は3.6%という結果となりました。

では、どのような人がタイムツリーに興味を持っているのでしょうか。内訳を調べるため、性・年代別の認知度も見てみます。

※2020年1月に株式会社ヴァリューズが実施したアンケート調査より

性年代別では女性・20代の認知度がもっとも高いという結果になりました。その次に高いのは女性・30代です。これらのことから、タイムツリーは若年層の女性に支持されていることがうかがえます。

これはサービスのターゲットとも一致しているように思われます。例えば、仲里依紗さんを起用したCMも、20〜30代女性の心に寄り添うようなクリエイティブになっています。さらに、サービスサイトにはユーザーインタビューが掲載されており、トップに登場するのは「新社会人の帆奈美さん」。普段のライフスタイルや、恋人や家族とのタイムツリーの利用シーンが紹介されています。

オフラインのテレビCMとデジタルコンテンツ、マルチチャネルで行うタイムツリーのブランディング活動にあるのは、一貫した世界観です。サービスの機能が伝わるだけでなく、共感してもらい、見る人に好奇心を抱かせるようなコンテンツに仕上がっています。ここにはポジショニングづくりや、STP戦略の巧みさを感じます。

「新社会人の帆奈美さん」のタイムツリーのユースケースを伝えるコンテンツ。その他にも夫婦や家族の利用シーンがユーザーに寄り添う形で記事化されている。

もうひとつ興味深い点は、タイムツリーの広告ビジネスです。タイムツリーでは、ユーザーが登録するスケジュールを学習し、ユーザーのこれからの行動に合わせたターゲティングができる広告ソリューションを提供しています。

過去のデータではなく、未来の予定に基づいた広告を配信できるのは予定管理アプリならではの特性。育児、ヘルスケア、レジャーなどカテゴリ設定できるUIになっており、適切なセグメントに広告配信されることが期待されます。

「未来にターゲティングできる唯一の広告ソリューション」というキャッチコピーでも語られているように、特性を活かした独自のマネタイズが成立しており、ビジネス設計も含めてサービスの一貫性を感じます。

まとめ

最後に分析内容をまとめましょう。タイムツリーは、

効果的なCMや巧みなデジタルコンテンツでターゲットユーザーをうまく取り込んでいる
サービスの特性を活かした広告モデルで優位性を生み出している

と言えます。そして、これらがうまく連動して成り立っているのは、土台となるターゲット設定とブランディングの一貫性があってこそでしょう。ユーザーが日常的に使うアプリとして浸透することで、今後のビジネスも広がっていきます。どのように展開していくのか、タイムツリーのサービス動向に注目です。

<分析概要>
ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2019年3月~2020年2月のネット行動ログデータを分析しました。
※ユーザー数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

関連記事

「SDGs」検索数は過去1年で2倍に。企業の担当者がロゴのDLページや取り組み事例を調査か

https://manamina.valuesccg.com/articles/750

「持続可能な開発目標」、SDGsに対して、世の中ではどのような形で関心が寄せられているのでしょうか。検索ワード等をカギに分析していきます。

2019年に注目を集めた広告キャンペーンは? PayPayやコカコーラなどの事例まとめ

https://manamina.valuesccg.com/articles/691

2019年に集客に成功した広告キャンペーンをまとめました。サイト分析ツール「eMark+」を使い、訪問ユーザー数が前月比で急上昇したものをピックアップしています。広告キャンペーン設計に活かしてみてください。

この記事のライター

フリーランスPRおよびライターとして活動中。二児の母。

関連する投稿


【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

2022年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


ページの評価指標「EAT」が「EEAT」に!「経験」追加の影響や対策を解説|「2023年1月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

ページの評価指標「EAT」が「EEAT」に!「経験」追加の影響や対策を解説|「2023年1月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

2022年12月、ページ品質を評価するための基準「EAT」に「Experience = 経験」が追加され、「EEAT(ダブル・イー・エー・ティー)」へ変更されました。SEOに携わっているマーケターの中には、影響が気になっている人もいるのではないでしょうか。今回は、ヴァリューズのマーケティングコンサルタントがEEATについて解説。起こりうる影響や対策を解説していきます!


2023年に押さえるべき、SNSマーケティングのトレンドは?|「2023年1月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

2023年に押さえるべき、SNSマーケティングのトレンドは?|「2023年1月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

ヴァリューズのマーケターが、コンテンツマーケティングの今をお届けする本連載。2023年第1弾は、SNSマーケティング先進国における動きなど、2022年の主要SNSの動向を振り返り。今後の予測や対策すべきポイントについて解説します。押さえておくべきは、「ワンストップ送客」「短尺動画」「インフルエンサー収益化強化」の3点です。


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年1月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年1月版)|ホワイトペーパー

国内外のSNSトレンドやSEO対策など、コンテンツマーケティングに関する最新情報を毎月まとめてご紹介。SNS編では、①SNS上で認知~購買のワンストップ総客 ②短尺動画の盛り上がり ③インフルエンサー支援施策 といった、2022年のSNS動向の振り返りで新年をスタートします。SEO編では、Googleが質の高いコンテンツとして評価する指標が、従来のEAT(専門性・権威性・信頼性)からEEATに変更され、「経験」の要素が加わったというトピックについて解説しました。


2022年の象徴的なリサーチ・トレンドを総まとめ。リサーチャー菅原大介さんと考える

2022年の象徴的なリサーチ・トレンドを総まとめ。リサーチャー菅原大介さんと考える

2022年、withコロナが日常生活に定着する中、消費者の動きやZ世代による新しい消費スタイルなど、多様なトレンドの兆しが見られました。2022年12月に開催したセミナーでは、象徴的なトピックスとマーケティング・リサーチ業界の新潮流について、リサーチャーの菅原大介さんと共に振り返り、2023年へと繋がるトレンドを考察。本稿では、そのレポートをお届けします。 ※詳細なセミナー資料は、記事末尾のフォームから無料でダウンロードできます。


最新の投稿


【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

近年動画配信サービスが普及し、時間や場所にとらわれず様々なジャンルの動画を手軽に視聴できるようになりました。テレビ離れが幅広い年代で囁かれている時代、話題になるテレビドラマとは、どのようなものなのでしょうか。今回は、2022年10月~12月に放送されたドラマについて、認知度や視聴方法、満足度、満足理由などをランキング化。その実態を探りました。


Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

The Gen Z data analysts at VALUES, Inc. analyzed behavioral data regarding the online shopping consumption among Generation Z. It is said that Gen Z prefers “e-commerce apps” over “e-commerce websites,” but what is true? We will dig deeper, incorporating the honest voices of the Gen Zers.


検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

競合サイト分析に使える無料ツール「SEOチェキ!」「SEOTOOLS」について。知名度がありキーワードの検索順位などもチェックできますが、ツールとしての世代が古い感は否めません。SEOチェキ!とSEOTOOLSの特徴や使いどころ、検索順位が競合分析にどう役立つかを解説します。


Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

2023年、マーケターが押さえておきたいトピックのひとつに、Instagramを活用した「クリエイターマーケティング」が挙げられます。今回は、クリエイターマーケティングをテーマに、Facebook Japanの相原氏と、ヴァリューズの岩間と蒋が対談。期待される効果や施策を行う際のポイント、企業活用事例などをお届けします。


地産地消 ~ 道の駅と食育から

地産地消 ~ 道の駅と食育から

近年注目されつつある「地産地消」。この裏には、人気のお出かけスポットとしての「道の駅」が一役買っています。単なる観光客向けの食品・工芸品の販売だけではなく、地元の生活者の糧としても活用され、そして何より子供たちの「食育」にも繋がることで、「地産地消」の循環の輪は広がっているようです。そのような「地産地消」のメリット・デメリットを含めた実情を、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら