巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、今、ホットケーキミックスや薄力粉・強力粉など小麦製品の品薄が続いています。マスクや消毒液が店頭から消えるのは理解できるにしても、なぜ、そしていつの間にホットケーキミックスが消えたの…?今回は「eMark+」を使って、”巣ごもりホットケーキミックス消費”の実態を探ります。


ホットケーキミックスはいつから品薄になったのか

ホットケーキミックスが品薄になり始めた時期、検索ワードでも「ホットケーキミックス」「小麦粉」が急上昇しました。下のグラフでもわかるように、コロナショックによるトイレットペーパー検索数のピークが過ぎ、それに続くようにこれらのキーワードが増えているのがわかります。3月には10万UU以下だったユーザー数が4月には倍以上の22万UUに。「ステイホーム」「おうち時間」のための材料になったのではないかと考えられますが、具体的にどんな料理が人気だったのでしょうか。さらに調べていきましょう。

ホットケーキミックス・小麦粉類検索ユーザー数

ホットケーキミックス・小麦粉類検索ユーザー数

デバイス:PC
期間:2019年12月〜2020年4月
※トイレットペーパーは右軸(2軸)を参照

ホットケーキミックスで何を作ったの?

ホットケーキミックスのレシピは「Nadia」が人気

まず、「ホットケーキミックス」検索後のランディングページから人気コンテンツを探ります。

流入ユーザー数1位は、レシピサイト「Nadia」の『誰でも失敗なし&簡単★ホットケーキミックスで作る人気おやつレシピ15選』でした。このページ自体は2018年作成と古いものですが、4月の1ヶ月で多くのユーザーを獲得しました。レシピ動画を配信するメディア「macaroni」も3位にランクインしています。

「ホットケーキミックス」LPランキング

「ホットケーキミックス」LPランキング

デバイス:PC
期間:2020年3月〜2020年4月

「ホットケーキミックス」LPランキング1位【Nadia】

ホットケーキミックスと炊飯器のかけあわせ!?

つぎに、「ホットケーキミックス」と同時に検索されたキーワードを調べます。
多かったのは「レシピ」でしたが、ホットケーキミックスで作ろうとした料理はクッキー、蒸しパン、ドーナツでした。

「ホットケーキミックス」同時検索キーワードランキング

「ホットケーキミックス」同時検索キーワードランキング

デバイス:PC
期間:2020年3月〜2020年4月
※パンケーキミックス含む

気になるのは上の表で上位に食い込んだ「炊飯器」。その先のランディングページを見てみましょう。

具体的に人気があった料理は「大きなホットケーキ」「バナナケーキ」でした。また、マヨネーズを加えたり、「牛乳なし」のレシピもよく見られました。

「ホットケーキミックス」×「炊飯器」かけあわせLPランキング

「ホットケーキミックス」×「炊飯器」かけあわせLPランキング

デバイス:PC
期間:2020年3月〜2020年4月

「ホットケーキミックス」×「炊飯器」かけあわせLPランキング1位【クックパッド】

いろいろな小麦粉でそれぞれの料理を楽しむ人も

つぎに、ホットケーキミックスとともに検索数が増加している「小麦粉」について、同時に検索されているキーワードからその用途を探ります。

小麦粉には、強力粉、薄力粉などいろいろな種類がありますが、代表的なものについて、2ヶ月間の検索状況を以下の表にまとめました。

小麦粉 …「シチュー」
強力粉 …「スコーン」「マフィン」
薄力粉 …「お菓子」「パン・ピザ」
全粒粉 …「パスタ」「パン」
中力粉 …「餃子」

これらの組み合わせでレシピを検索しているようです。クッキーやケーキ、ドーナツなどのいわゆる”おやつ”よりは、パンやパスタなど”食事”のキーワードが目立ちました。
検索数は「小麦粉」についで「強力粉」が多く、僅差で「薄力粉」が検索されました。

小麦粉類と同時に検索されるキーワード

小麦粉類と同時に検索されるキーワード

デバイス:PC
期間:2020年3月〜2020年4月

休校が影響?母親世代に人気を集める

最後に、「ホットケーキミックス」を検索したユーザーの属性を調べます。巣ごもり期間であることが影響するかどうかを知るため、前年同時期と比較します。

その結果、男女比は若干男性が増えたもののほぼ変化はなく、年代については20代から40代にシフトしていることがわかります。若者に人気だったホットケーキミックスですが、学校の休校が影響か、母親世代の絶大な支持を集めました。60代ユーザーも増えており、幅広い世代で注目されたことで、店頭での品薄状態を引き起こしたのではないかと考えられます。

「ホットケーキミックス」検索ユーザー属性(前年同時期比)

「ホットケーキミックス」検索ユーザー属性(前年同時期比)

デバイス:PC
期間:2020年3月〜2020年4月
※パンケーキミックス含む

まとめ

外出自粛が続く中、ホットケーキミックスや小麦製品の品薄が続いています。インターネットでの検索もこれらのキーワードが急増しており、拡大する”巣ごもり消費”の一部と言えるでしょう。

3月、4月によく見られたホットケーキミックスのレシピサイトは「Nadia」でした。また、かけあわせで検索されたキーワードの上位に「炊飯器」が入りました。

「ホットケーキミックス」同様、小麦粉類も検索数が増加しました。小麦粉の種類に応じてレシピなど検索され、その内容はお菓子よりもパン、シチュー、パスタ等の食事系に人気が集まりました。

最後に、2ヶ月でユーザー数を倍以上獲得した「ホットケーキミックス」ですが、その属性は、前年同時期に比べて40代の母親世代が増えていることがわかりました。また、前年と比較して幅広い世代の注目を集めたことが、店頭での品薄状態を引き起こしたのではないかと考えられます。

この記事で分析に使用したツール「eMark+」は、指定したサイトのユーザー数がわかる「ユーザー数推移」やサイト訪問者の性別、年代、職業などがわかる「ユーザー属性」など、PCのデータであれば無料で利用することができます。ぜひ登録して実際に体験してみてはいかがでしょうか。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

関連記事

ステイホームを「お取り寄せグルメ」で乗り切る人が急増!話題のお取り寄せサイト分析

https://manamina.valuesccg.com/articles/855

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全国的にステイホームが奨励されています。飲食店も臨時休業している店舗があり、外食もままならない状況。「巣ごもり消費」という新たなトレンドも生まれる中、じわじわ盛り上がってきたのがお取り寄せグルメ市場。今回はステイホーム期間中のお取り寄せグルメ市場の動向についてまとめます。

ファミマも売り始めたビーガン向け商品は今後の食トレンドとなるか?検索者は家庭で試せるレシピに興味

https://manamina.valuesccg.com/articles/886

ヨーロッパやアメリカで取り入れられているライフスタイル「ビーガン」について、健康志向の高まりやインバウンドの増加などの影響から、日本国内でも目にする機会が増えてきています。本稿では、ビーガンに対してどのように関心が寄せられているのか、検索キーワードや人気コンテンツから実態を調査しました。

新型コロナ影響で牛乳・乳製品の消費に懸念も、「免疫力」注目で乳酸菌飲料は好調

https://manamina.valuesccg.com/articles/839

緊急事態宣言の延長も発表され、先行き不透明な今日。依然コロナ収束の目処は立たないまま、不安な生活が続いています。その不安は感染への恐怖だけでなく、経済活動に対しても大きく、消費落ち込みの打撃を受けている業界も多数報じられています。 それらの中の一つとして、農林水産省からも「牛乳・乳製品」のさらなる消費を求める声も聞こえてきましたが、一方では乳酸菌飲料は需要増との見解も。そんな乳酸菌飲料についての現状を「eMark+」を使って調査しました。

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


コロナからの消費復活の兆しを探る アパレル各社のマスクや食材宅配は需要継続か

コロナからの消費復活の兆しを探る アパレル各社のマスクや食材宅配は需要継続か

緊急事態宣言下の「巣ごもり消費」で生まれた、ネット通販や宅配サービスを活用した新しい消費スタイルは今後どのように変化していくのでしょうか。今回は、コロナ禍の2020年4月から、緊急事態宣言が全国で解除されニューノーマル(新常態)での生活が始まりつつある6月10日までの間で、Webサイトやアプリの行動ログをもとに、消費者の行動変化とコロナからの復活、ウィズコロナ時代のニーズの兆しを探ります。


コロナ禍による失業解決策として屋台の出店が推奨された中国。「歩道で営業禁止」から一転。

コロナ禍による失業解決策として屋台の出店が推奨された中国。「歩道で営業禁止」から一転。

新型コロナウイルスの感染が収束しつつある中国で、地方政府が消費喚起策、失業解決策に相次いで動いています。具体的な施策の一つとして、中心部の歩道で屋台を出店することが推奨されました。これまで環境に悪影響を与えるため、禁止になっていた歩道での屋台出店は今、上海、済南、南寧を初めとした27以上の都市で解禁され、服や雑貨などを売る個人の出店や飲食の屋台が歩道で溢れています。さらに、中国の最大規模のSNS「Weiboウェイボー」で屋台経済が急上昇ワードとなり、新型コロナウイルスの影響で大幅に増加した失業者が屋台の経営者と一変し、一つの町だけで10万人ほどの雇用を生み出しました。屋台経済の復興は、コロナ後の景気回復に向けた奇策と言えます。


新型コロナでお酒の購買行動はどう変わったか?大手ECサイト「カクヤス」のデータから考察

新型コロナでお酒の購買行動はどう変わったか?大手ECサイト「カクヤス」のデータから考察

新型コロナウイルスの流行に伴い、お酒の個人消費が増えていると見られています。実際にどれほど進んでいるのでしょうか。本記事では市場分析サービス「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を用いて、お酒の大手ECサイト「カクヤス」の利用状況を調査し、消費マインド変化の考察を試みます。


イケア、ディズニーにマイナポータルAP…アプリでのEC開始や10万円オンライン申請でユーザー数を伸ばしたアプリとは【2020年5月】

イケア、ディズニーにマイナポータルAP…アプリでのEC開始や10万円オンライン申請でユーザー数を伸ばしたアプリとは【2020年5月】

2020年5月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回は<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。5月のトレンドを調査しました。


コロナ影響でエンタメへの「投げ銭」に注目? インスタやSHOWROOMなどライブ配信プラットフォームを調査

コロナ影響でエンタメへの「投げ銭」に注目? インスタやSHOWROOMなどライブ配信プラットフォームを調査

新型コロナの影響でリアルライブイベントの開催が困難となり、この春~夏にかけて開催予定だったアーティストライブは軒並み中止に。野外音楽フェスティバル「FUJI ROCK FESTIVAL」も中止が発表され、ファンから落胆の声が広がっています。そんな中、ミュージシャンやアイドルの収益機会となり、ファンとアーティストを繋ぐ方法として、エンタメ界が新たな可能性を見出しているのが「投げ銭」サービス。今話題の「投げ銭」は、実際にユーザーからどれほど注目され、浸透しているのか?その実態を調査しました。


最新の投稿


今日から始めるデータマーケティング!ツールや組織づくりの事例まとめ

今日から始めるデータマーケティング!ツールや組織づくりの事例まとめ

デジタルツールの普及により、質・量ともに豊富なデータを収集できるようになった昨今。これらのデータをマーケティングに活かす「データマーケティング」が広がっています。多くの企業がデータマーケティングに取り組んでいる理由は、データの収集・分析により目的達成のプロセスの可視化や課題を発見しやすいメリットがあるからです。そこで今回は、データマーケティングをスムーズに始めるために必要な基礎知識から事例をまとめて紹介します。


無印良品に「惚れた」のはどんな人なのか?ブランドの強みをデータ分析でマーケコンサルが考察

無印良品に「惚れた」のはどんな人なのか?ブランドの強みをデータ分析でマーケコンサルが考察

気になるブランドや商品についてヴァリューズのマーケティングコンサルタントが調査する企画。今回の調査は根強いファンを持ち、ブランドを確立している『無印良品』についてです。無印良品ファンにはいったいどんな特徴があるのか。他ブランドとの比較を交えながら考察していきます。


コロナからの消費復活の兆しを探る アパレル各社のマスクや食材宅配は需要継続か

コロナからの消費復活の兆しを探る アパレル各社のマスクや食材宅配は需要継続か

緊急事態宣言下の「巣ごもり消費」で生まれた、ネット通販や宅配サービスを活用した新しい消費スタイルは今後どのように変化していくのでしょうか。今回は、コロナ禍の2020年4月から、緊急事態宣言が全国で解除されニューノーマル(新常態)での生活が始まりつつある6月10日までの間で、Webサイトやアプリの行動ログをもとに、消費者の行動変化とコロナからの復活、ウィズコロナ時代のニーズの兆しを探ります。


【まとめ】データ活用やDX組織づくりを進めていくには?3ステップから学ぼう!

【まとめ】データ活用やDX組織づくりを進めていくには?3ステップから学ぼう!

DX組織づくりに困っている方に向けた3stepガイド。「そもそもDXとは何か?具体的にはどういうことなのか基本を理解したい」「DXの成功事例を知りたい」「データに強い組織はどのように作っていけばいいのか」そんな悩みに応えたブック型記事になっています。Step順に見ていけばDX組織づくりの基礎知識も身につき、自社で組織づくりを進める際の土台になるはずです。


コロナ禍による失業解決策として屋台の出店が推奨された中国。「歩道で営業禁止」から一転。

コロナ禍による失業解決策として屋台の出店が推奨された中国。「歩道で営業禁止」から一転。

新型コロナウイルスの感染が収束しつつある中国で、地方政府が消費喚起策、失業解決策に相次いで動いています。具体的な施策の一つとして、中心部の歩道で屋台を出店することが推奨されました。これまで環境に悪影響を与えるため、禁止になっていた歩道での屋台出店は今、上海、済南、南寧を初めとした27以上の都市で解禁され、服や雑貨などを売る個人の出店や飲食の屋台が歩道で溢れています。さらに、中国の最大規模のSNS「Weiboウェイボー」で屋台経済が急上昇ワードとなり、新型コロナウイルスの影響で大幅に増加した失業者が屋台の経営者と一変し、一つの町だけで10万人ほどの雇用を生み出しました。屋台経済の復興は、コロナ後の景気回復に向けた奇策と言えます。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら