「少年ジャンプ」はどこまでジャンプできるのか。集英社のマンガアプリ戦略とは

「少年ジャンプ」はどこまでジャンプできるのか。集英社のマンガアプリ戦略とは

『週刊少年ジャンプ』や『鬼滅の刃』でおなじみの集英社が今、マンガアプリ・サイトで躍進中です。新型コロナウイルス感染拡大防止のための学校休校を受け、マンガアプリ「少年ジャンプ+」「ゼブラック」や「ジャンプBOOKストア!」などでコンテンツの一部を無料公開したことでも話題になりました。他社に先駆けてデジタル化を推進していた同社。ユーザーの動向から人気の秘密を探ります。


出版社系マンガアプリを比較

まずはマーケティング分析サービス「eMark+」を使って、出版社が運営するマンガアプリの利用ユーザーについて調べます。

出版社系マンガアプリの特徴と利用ユーザー数(4月実績)

出版社系マンガアプリの特徴と利用ユーザー数(4月実績)

出版社が運営するマンガアプリ(特定の作品の公式アプリを除く)
●「ゼブラック」はジャンプ、ヤングジャンプ、りぼんマスコット、マーガレットなど集英社のコミック雑誌の総合電子書籍としてリリース

新型コロナ影響でユーザー獲得に成功した集英社

下のグラフのように、2月までは集英社「少年ジャンプ+」と小学館「マンガワン」が首位を競っていましたが、3月以降は「少年ジャンプ+」の利用ユーザーが急増しました。これは外出自粛、学校休校といった情勢に、大人気コンテンツの無料提供という形でいち早く対応したことが理由の一つと考えられます。

出版社系マンガアプリ利用ユーザー数推移

出版社系マンガアプリ利用ユーザー数推移

期間:2019年11月〜2020年4月
出版社が運営するマンガアプリ(特定の作品公式アプリを除く)TOP10
グラフ内%は【2019年12月〜2月】と【2020年3月〜4月】の
月次ユーザー平均を比較した伸び率(TOP3)

これらのアプリが3月〜4月中におこなった、自粛支援のためのコンテンツ無料提供状況をまとめると以下のとおりです(一部)。

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」「ジャンプBOOKストア!」(集英社)
・『週刊少年ジャンプ」の16~19号(〜5/10)
・『ONE PIECE』(〜4/20)『ハイキュー!』『NARUTO-ナルト-』『BORUTO』(〜5/6)

「マンガmee」(集英社)
・『紳士同盟+』『メイちゃんの執事』『センセイ君主』(〜3/11)

「マンガワン」「サンデーうぇぶり」(小学館)
・『ケンガンアシュラ』『アイアムヒーロー』など1日1話ずつ無料閲覧可。『名探偵コナン』一部無料など。

「マガポケ」(講談社)
・『さよなら絶望先生』全巻無料(〜4/30)

「マンガPark」(白泉社)
・『ハチミツとクローバー』全巻無料(〜3/13)

すべてのアプリが3月、4月にかけて利用ユーザー数を増やしました。中でも、集英社の「ゼブラック」は外出自粛要請が出て以降、4倍以上のユーザーを獲得しました。

「少年ジャンプ+」と「ゼブラック」の人気

次に、集英社マンガアプリを牽引する「少年ジャンプ+」と、ユーザー数が急成長中の「ゼブラック」について詳しく分析していきます。

「少年ジャンプ+」は少年ジャンプに特化しているアプリですが、「ゼブラック」はジャンプ、ヤングジャンプ、りぼんマスコット、マーガレットなど集英社のコミック雑誌の総合電子書籍として、2019年12月にリリースされました。『鬼滅の刃』や『約束のネバーランド』などの人気作品が毎日1話無料(作品によって異なる)で読むことができます。今回のユーザーの増加によって広く認知されれば、今後ますますの伸びが期待できるでしょう。

少年ジャンプ+

ゼブラック

「少年ジャンプ+」は会社員、「ゼブラック」は学生にウケている

「少年ジャンプ+」と「ゼブラック」の併用率は5.5%と低く、それぞれ別のユーザーであることがわかります。

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」併用率

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」併用率

期間:2020年3月〜4月
デバイス:スマホ

ユーザー属性を比較すると、下グラフのように「少年ジャンプ+」は「ゼブラック」に比べて30代、会社員が多く、「ゼブラック」は20代、学生が多いようです。

また、ユーザーの年代を推移をみると、3月に入って「少年ジャンプ+」は20代、30代が1.4倍、40代が1.5倍増、「ゼブラック」は20代が2.1倍、30代が2.4倍、40代が2.7倍増でした。同社のマンガアプリは新型コロナの影響で多くの若年層ユーザーを獲得したことがわかります。

「少年ジャンプ+」でジャンプファンを掴みながら、「ゼブラック」で新しいユーザーを広く獲得していくことに成功していると考えられるでしょう。

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」ユーザー属性比較【性別】

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」ユーザー属性比較【性別】

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」ユーザー属性比較【年代】

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」ユーザー属性比較【年代】

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」ユーザー属性比較【職業】

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」ユーザー属性比較【職業】

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」ユーザーの年代の推移

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」ユーザーの年代の推移

期間:2019年12月〜2020年4月

集英社コミック公式サイトの動き

アプリのユーザー動向に続いて、同社が運営するコミック雑誌公式サイトのユーザー動向を確認します。

サイトも「ジャンプ」ブランドがユーザー増の快進撃

以下のとおり、公式サイトでも「少年ジャンプ」が好調。コミックス電子版が読める「ジャンプBOOKストア!」は3月にユーザー数が急上昇、前月の2倍以上のユーザーを獲得しました。

集英社メディア公式サイトユーザー数推移

集英社メディア公式サイトユーザー数推移

期間:2019年11月〜2020年4月
デバイス:PCおよびスマートフォン

ユーザー属性を比較すると以下のとおりとなりました。女性コミックを扱う「りぼんわくわくステーション」を除くと、すべてのサイト男性が過半数を占めます。雑誌の想定ターゲットは年齢順にすると

「少年ジャンプ」→「ジャンプSQ」→「ヤングジャンプ」

であると考えられますが、このデータでみるとジャンプSQが20代、30代に受けており、少年ジャンプはむしろ40代に支持されているようです。

集英社メディア公式サイトユーザー属性

集英社メディア公式サイトユーザー属性

期間:2019年11月〜2020年4月
デバイス:PCおよびスマートフォン

少年ジャンプ公式サイト

まとめ

集英社のマンガアプリは「少年ジャンプ+」を筆頭に好調に利用ユーザーを増やしています。また、2019年12月にリリースされた「ゼブラック」によって、ジャンプ、ヤングジャンプ、りぼんマスコット、マーガレットなど集英社の人気コミック雑誌をフックに、急速に新規ユーザーの獲得が進んでいます。

今回、新型コロナウイルス感染拡大防止のための支援策をおこなったことがきっかけで、「少年ジャンプ+」「ゼブラック」とも多くの若者ユーザーを獲得しました。今後、彼らに支持され、拡散されることで、さらなるユーザーの増加も期待できるでしょう。

分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+(イーマークプラス)」を使用し出版社系マンガアプリおよび集英社運営サイトについて、ユーザー推移、属性などを調査分析しました。
※対象期間:2019年11月〜2020年4月
※ユーザー数やセッション数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

この記事でご紹介した「ユーザー数推移」「ユーザー属性」は、PCデータであれば無料で利用することができます。ぜひ、eMark+の無料版にご登録ください。



  eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

関連記事

「Switchソフト『あつ森』リリース後に見られたスマホアプリ『どう森 ポケットキャンプ』ユーザー数拡大を探る」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/925

なかなか気軽に外出ができない今、自宅で楽しめるゲームの需要が高まっているようです。中でも子供から大人まで幅広い世代の関心を集めたのが「あつまれ どうぶつの森」。Switchソフトの発売は、スマホアプリ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」にも影響があったのでしょうか。ユーザー数の推移やユーザー属性を基に考察してみました。(ページ数|9p)

Shopifyが伸びている。ネットショップ開設サービスの最新動向を調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/893

2017年にカナダから日本に参入したECプラットフォーム「Shopify」。Amazonや楽天市場といった大手プラットフォームを使うよりも費用は格段に安く、更新作業もまるでSNSにアップするかのような手軽さで、特に中小企業の支持を集めています。日本では同様のサービス「BASE」「STORES」も人気です。それらとの違いは?今回はそんな「Shopify」の動向を探ります。

待ちわびたライブスポーツ再開でDAZNやスポナビのMAUが急上昇…!ロイホやポケモンのアプリも【急上昇アプリ調査・20年6月】

https://manamina.valuesccg.com/articles/955

2020年6月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。6月のトレンドを調査しました。

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連するキーワード


トレンド調査 コロナ影響

関連する投稿


戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

新型コロナの影響によるステイホームやリモートワークの広がりが、住宅事情にも変化を及ぼしています。夫婦で在宅勤務できるスペース、子どもがストレスなく過ごせる空間など、家で過ごす時間が増えたことによって、今までとは違った視点で住宅について考えるきっかけができました。今回は戸建て、土地、リフォームなど、住宅に関する消費者意識の最新動向を分析していきます。


2020年の検索キーワードのトレンドを総まとめ!『鬼滅の刃』『コロナウイルス』『GOTOトラベル』など。流行語大賞の『3密』は?

2020年の検索キーワードのトレンドを総まとめ!『鬼滅の刃』『コロナウイルス』『GOTOトラベル』など。流行語大賞の『3密』は?

ヴァリューズでは、保有するモニターパネルのWeb行動ログを分析し毎週、急上昇している検索キーワードを調査してきました。今回は2020年1月~10月の週間検索キーワードで検索が急上昇した特徴的なワードに加え、2020年新語・流行語大賞をもとに、今年の流行を振り返ります。


withコロナ時代、新たに根づく“自粛ポジティブ消費”とは?アンケートと検索ログによる調査レポート

withコロナ時代、新たに根づく“自粛ポジティブ消費”とは?アンケートと検索ログによる調査レポート

新型コロナウイルスの“第3波”到来ともいわれる今、マーケターにおいては、冬の巣ごもりシーズンに向けwithコロナの消費行動をつかむニーズが再び高まっています。 そこでヴァリューズでは、消費者が2020年春の自粛期間を有意義に過ごすために行った新たな行動=“自粛ポジティブ消費”に関するアンケート調査を実施しました。その結果、意外にも早い段階で消費者の“ポジティブ転換”が起きていたことや、その継続意向の高さ、情報収集行動・消費傾向について新たな特徴がみられることがわかりました。(ページ数|51p)


Web行動ログから読み解く!ECサイトの動向と今後の戦略について ~ECサイトの現状・顧客獲得に繋がる施策とは?

Web行動ログから読み解く!ECサイトの動向と今後の戦略について ~ECサイトの現状・顧客獲得に繋がる施策とは?

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、商品売買の場はオフラインからオンラインへの移行がさらに加速しました。このような状況下で、新たに自社ECサイトを開設したり、または既存サイトを強化したりという施策を打ち出す企業が増えてきています。11月にヴァリューズで行われたオンラインセミナーでは、新型コロナ流行から半年以上経過した今、ECサイトの現状がどうなっているのか、顧客獲得に繋げる施策にはどのようなものがあるのか、という点を解説しました。本稿では、そのレポートをお届けします。


キャッシュレス決済のポイント還元高を自動で最適化してくれるアプリが急伸…!GoToEat影響も【20年10月急上昇アプリ】

キャッシュレス決済のポイント還元高を自動で最適化してくれるアプリが急伸…!GoToEat影響も【20年10月急上昇アプリ】

2020年10月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。10月のトレンドを調査しました。


最新の投稿


戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

新型コロナの影響によるステイホームやリモートワークの広がりが、住宅事情にも変化を及ぼしています。夫婦で在宅勤務できるスペース、子どもがストレスなく過ごせる空間など、家で過ごす時間が増えたことによって、今までとは違った視点で住宅について考えるきっかけができました。今回は戸建て、土地、リフォームなど、住宅に関する消費者意識の最新動向を分析していきます。


中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

「小姐姐」は中国語で「姉」を意味する一方で、近年、「お姉さん経済」と呼ばれる社会現象が女性の社会進出によって現れました。20代〜40代、高学歴、都市部在住などの属性に分類できる、いわゆる「小姐姐」はモノ消費と、経験を楽しむコト消費を同時に重視しており、ECショッピング、スキンケア・化粧品から観光、美容医療、娯楽サービス領域まで、「お姉さん経済」によるインパクトが増大しています。このような消費者行動の特徴を理解することは中国女性消費者向けのマーケティング戦略を立てる時に不可欠であり、中国人女性のライフステージの多様化に伴う消費ニーズを見出すこともできます。


マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

新型コロナウイルスの影響でマスクの着用が常態化している昨今。長時間のマスク着用などで自分の口臭が気になっている人が増えているのではないでしょうか。最近では、マスク着用という新生活様式に伴い、エチケットの一環としてマウスウォッシュなどの口臭ケア用品を取り入れている人も多いようです。そこで今回は「口臭」に関連するキーワードに着目して調査・分析をしてみました。


Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、2020年1月~10月のWebサイトのアクセス数、スマートフォンのアプリの起動数を調査し、ランキングを作成。前年との比較や、年代別での利用傾向に関しても分析をおこないました。


【動画レポート】ネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析 ~ヘアケア及びオーラルケアの消費者調査

【動画レポート】ネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析 ~ヘアケア及びオーラルケアの消費者調査

いま知っておくべき情報を20分に要約した、ショートセミナー動画によるレポートです。業界調査、トレンド、消費者調査など、Web行動ログ分析によるマーケティング調査を提供するヴァリューズのコンサルタントが、簡潔に解説します。動画はYouTubeでの限定公開となりますので、ご都合のいい時間に、ぜひご覧ください。 <br><b>今回のテーマは「インターネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析~ヘアケア及びオーラルケアについて情報収集するユーザーを理解し、Web上での訴求を考える」です。</b>


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング