「少年ジャンプ」はどこまでジャンプできるのか。集英社のマンガアプリ戦略とは

「少年ジャンプ」はどこまでジャンプできるのか。集英社のマンガアプリ戦略とは

『週刊少年ジャンプ』や『鬼滅の刃』でおなじみの集英社が今、マンガアプリ・サイトで躍進中です。新型コロナウイルス感染拡大防止のための学校休校を受け、マンガアプリ「少年ジャンプ+」「ゼブラック」や「ジャンプBOOKストア!」などでコンテンツの一部を無料公開したことでも話題になりました。他社に先駆けてデジタル化を推進していた同社。ユーザーの動向から人気の秘密を探ります。


出版社系マンガアプリを比較

まずはマーケティング分析サービス「eMark+」を使って、出版社が運営するマンガアプリの利用ユーザーについて調べます。

出版社系マンガアプリの特徴と利用ユーザー数(4月実績)

出版社系マンガアプリの特徴と利用ユーザー数(4月実績)

出版社が運営するマンガアプリ(特定の作品の公式アプリを除く)
●「ゼブラック」はジャンプ、ヤングジャンプ、りぼんマスコット、マーガレットなど集英社のコミック雑誌の総合電子書籍としてリリース

新型コロナ影響でユーザー獲得に成功した集英社

下のグラフのように、2月までは集英社「少年ジャンプ+」と小学館「マンガワン」が首位を競っていましたが、3月以降は「少年ジャンプ+」の利用ユーザーが急増しました。これは外出自粛、学校休校といった情勢に、大人気コンテンツの無料提供という形でいち早く対応したことが理由の一つと考えられます。

出版社系マンガアプリ利用ユーザー数推移

出版社系マンガアプリ利用ユーザー数推移

期間:2019年11月〜2020年4月
出版社が運営するマンガアプリ(特定の作品公式アプリを除く)TOP10
グラフ内%は【2019年12月〜2月】と【2020年3月〜4月】の
月次ユーザー平均を比較した伸び率(TOP3)

これらのアプリが3月〜4月中におこなった、自粛支援のためのコンテンツ無料提供状況をまとめると以下のとおりです(一部)。

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」「ジャンプBOOKストア!」(集英社)
・『週刊少年ジャンプ」の16~19号(〜5/10)
・『ONE PIECE』(〜4/20)『ハイキュー!』『NARUTO-ナルト-』『BORUTO』(〜5/6)

「マンガmee」(集英社)
・『紳士同盟+』『メイちゃんの執事』『センセイ君主』(〜3/11)

「マンガワン」「サンデーうぇぶり」(小学館)
・『ケンガンアシュラ』『アイアムヒーロー』など1日1話ずつ無料閲覧可。『名探偵コナン』一部無料など。

「マガポケ」(講談社)
・『さよなら絶望先生』全巻無料(〜4/30)

「マンガPark」(白泉社)
・『ハチミツとクローバー』全巻無料(〜3/13)

すべてのアプリが3月、4月にかけて利用ユーザー数を増やしました。中でも、集英社の「ゼブラック」は外出自粛要請が出て以降、4倍以上のユーザーを獲得しました。

「少年ジャンプ+」と「ゼブラック」の人気

次に、集英社マンガアプリを牽引する「少年ジャンプ+」と、ユーザー数が急成長中の「ゼブラック」について詳しく分析していきます。

「少年ジャンプ+」は少年ジャンプに特化しているアプリですが、「ゼブラック」はジャンプ、ヤングジャンプ、りぼんマスコット、マーガレットなど集英社のコミック雑誌の総合電子書籍として、2019年12月にリリースされました。『鬼滅の刃』や『約束のネバーランド』などの人気作品が毎日1話無料(作品によって異なる)で読むことができます。今回のユーザーの増加によって広く認知されれば、今後ますますの伸びが期待できるでしょう。

少年ジャンプ+

ゼブラック

「少年ジャンプ+」は会社員、「ゼブラック」は学生にウケている

「少年ジャンプ+」と「ゼブラック」の併用率は5.5%と低く、それぞれ別のユーザーであることがわかります。

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」併用率

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」併用率

期間:2020年3月〜4月
デバイス:スマホ

ユーザー属性を比較すると、下グラフのように「少年ジャンプ+」は「ゼブラック」に比べて30代、会社員が多く、「ゼブラック」は20代、学生が多いようです。

また、ユーザーの年代を推移をみると、3月に入って「少年ジャンプ+」は20代、30代が1.4倍、40代が1.5倍増、「ゼブラック」は20代が2.1倍、30代が2.4倍、40代が2.7倍増でした。同社のマンガアプリは新型コロナの影響で多くの若年層ユーザーを獲得したことがわかります。

「少年ジャンプ+」でジャンプファンを掴みながら、「ゼブラック」で新しいユーザーを広く獲得していくことに成功していると考えられるでしょう。

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」ユーザー属性比較【性別】

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」ユーザー属性比較【性別】

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」ユーザー属性比較【年代】

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」ユーザー属性比較【年代】

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」ユーザー属性比較【職業】

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」ユーザー属性比較【職業】

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」ユーザーの年代の推移

「少年ジャンプ+」「ゼブラック」ユーザーの年代の推移

期間:2019年12月〜2020年4月

集英社コミック公式サイトの動き

アプリのユーザー動向に続いて、同社が運営するコミック雑誌公式サイトのユーザー動向を確認します。

サイトも「ジャンプ」ブランドがユーザー増の快進撃

以下のとおり、公式サイトでも「少年ジャンプ」が好調。コミックス電子版が読める「ジャンプBOOKストア!」は3月にユーザー数が急上昇、前月の2倍以上のユーザーを獲得しました。

集英社メディア公式サイトユーザー数推移

集英社メディア公式サイトユーザー数推移

期間:2019年11月〜2020年4月
デバイス:PCおよびスマートフォン

ユーザー属性を比較すると以下のとおりとなりました。女性コミックを扱う「りぼんわくわくステーション」を除くと、すべてのサイト男性が過半数を占めます。雑誌の想定ターゲットは年齢順にすると

「少年ジャンプ」→「ジャンプSQ」→「ヤングジャンプ」

であると考えられますが、このデータでみるとジャンプSQが20代、30代に受けており、少年ジャンプはむしろ40代に支持されているようです。

集英社メディア公式サイトユーザー属性

集英社メディア公式サイトユーザー属性

期間:2019年11月〜2020年4月
デバイス:PCおよびスマートフォン

少年ジャンプ公式サイト

まとめ

集英社のマンガアプリは「少年ジャンプ+」を筆頭に好調に利用ユーザーを増やしています。また、2019年12月にリリースされた「ゼブラック」によって、ジャンプ、ヤングジャンプ、りぼんマスコット、マーガレットなど集英社の人気コミック雑誌をフックに、急速に新規ユーザーの獲得が進んでいます。

今回、新型コロナウイルス感染拡大防止のための支援策をおこなったことがきっかけで、「少年ジャンプ+」「ゼブラック」とも多くの若者ユーザーを獲得しました。今後、彼らに支持され、拡散されることで、さらなるユーザーの増加も期待できるでしょう。

分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+(イーマークプラス)」を使用し出版社系マンガアプリおよび集英社運営サイトについて、ユーザー推移、属性などを調査分析しました。
※対象期間:2019年11月〜2020年4月
※ユーザー数やセッション数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

本記事ではeMark+を用いて調査を行いましたが、eMark+の機能がパワーアップした新ツール「Dockpit(ドックピット)」が2020年10月にリリースされました。まずは無料版に登録して、実際にDockpitを体験してみてくださいね。



dockpit 無料版の登録はこちら


関連記事

「Switchソフト『あつ森』リリース後に見られたスマホアプリ『どう森 ポケットキャンプ』ユーザー数拡大を探る」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/925

なかなか気軽に外出ができない今、自宅で楽しめるゲームの需要が高まっているようです。中でも子供から大人まで幅広い世代の関心を集めたのが「あつまれ どうぶつの森」。Switchソフトの発売は、スマホアプリ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」にも影響があったのでしょうか。ユーザー数の推移やユーザー属性を基に考察してみました。(ページ数|9p)

Shopifyが伸びている。ネットショップ開設サービスの最新動向を調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/893

2017年にカナダから日本に参入したECプラットフォーム「Shopify」。Amazonや楽天市場といった大手プラットフォームを使うよりも費用は格段に安く、更新作業もまるでSNSにアップするかのような手軽さで、特に中小企業の支持を集めています。日本では同様のサービス「BASE」「STORES」も人気です。それらとの違いは?今回はそんな「Shopify」の動向を探ります。

待ちわびたライブスポーツ再開でDAZNやスポナビのMAUが急上昇…!ロイホやポケモンのアプリも【急上昇アプリ調査・20年6月】

https://manamina.valuesccg.com/articles/955

2020年6月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。6月のトレンドを調査しました。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連するキーワード


トレンド調査 コロナ影響

関連する投稿


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「名探偵コナン」「MBTI診断」はなぜ人気?「GW」の過ごし方は(2024年4月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「名探偵コナン」「MBTI診断」はなぜ人気?「GW」の過ごし方は(2024年4月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第18弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「名探偵コナン」「ゴールデンウィーク」「MBTI診断」の3テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 登場キャラクターや企業とのタイアップで話題を呼んだ劇場版「名探偵コナン」、Z世代の過ごし方が気になる「ゴールデンウィーク」、Z世代の出会いの場で活用される「MBTI診断」など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


若者は海外旅行に積極的?最新の旅行需要を調査。航空会社大手、LCCの集客動向は

若者は海外旅行に積極的?最新の旅行需要を調査。航空会社大手、LCCの集客動向は

全国旅行支援や新型コロナウイルスの5類移行の影響もあり、徐々に人の移動が活発になってきました。今回は、昨今高まっている旅行需要に注目し、検索データを通じて旅行や観光への人々の関心を調査します。また、各航空会社の集客層の違いについても比較していきます。


最新スポットの成否を握るアーリーアダプターの特徴とは ~ イマーシブ・フォート東京から豊洲千客万来まで

最新スポットの成否を握るアーリーアダプターの特徴とは ~ イマーシブ・フォート東京から豊洲千客万来まで

人流がコロナ前に戻り、ここ1、2年は各地で色々な施設がオープンしています。そんな最新のスポットで重要になってくるのは、今後の評判を左右する「アーリーアダプター」による評価や影響ではないでしょうか。今回は、最近話題の施設から「イマーシブ・フォート東京」「豊洲千客万来」「麻布台ヒルズ」の3つをピックアップして、各施設の公式Webサイト訪問者からアーリーアダプターの特徴を深掘り調査していきます。


「○○とは」検索に見るトレンドや生活者の気になりごとは?「インボイス」「NISA」「猫ミーム」など

「○○とは」検索に見るトレンドや生活者の気になりごとは?「インボイス」「NISA」「猫ミーム」など

検索エンジンで調べ物をするときによく使われる「〇〇とは」検索。今回は、直近1年間で検索数が多かった注目ワードや、時期によって急上昇したトレンドワードをご紹介します。「とは」検索から見えてくる最新の流行りやみんなの関心事を読み解いていきます。


Supportive fans are willing to spend money? “Oshikatsu” insights & applying it to marketing strategy

Supportive fans are willing to spend money? “Oshikatsu” insights & applying it to marketing strategy

“Oshikatsu” stimulates consumption in Japan. In fact, more than 80-90% of teens answered that they have an “Oshi.” We will deepen our understanding by investigating the current state of the “Oshikatsu” market, behaviors like time and money spent on “Oshikatsu,” and its connection with collaborations, etc. in marketing.


最新の投稿


Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

In recent years, there have been lots of “analysis” content, especially popular among young people. They cover a range of subjects, and platforms for expressing insights and “analysis” in writing is gaining popularity. Let's look at data to understand its popularity, different from that of “spoilers” or “synopsis”!


Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

株式会社MERYは、Z世代の男女を対象に「Z世代の推し活事情」について調査を実施し、結果を公開しました。


ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、ケーススタディ(環境分析のアウトプット)について寄稿いただきました。


約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

株式会社グローバルプロデュースは、大企業(1,000名以上)に勤務する社内イベントの企画に携わる会社員を対象に、リアルイベントの効果に関する実態調査を実施し、結果を公開しました。


10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

株式会社Utakataは、10〜50代の男女を対象に、「TikTokを閲覧する時間帯」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ