身近なサービスからDXの本質・ビジネスプロセスの変革に迫る

身近なサービスからDXの本質・ビジネスプロセスの変革に迫る

DX(デジタルトランスフォーメーション)が注目されるようになった理由のひとつに、経産省のDXレポートがあります。今後、多くの企業でDXの推進されるなか、実際に自社の発展につなげるために必要なこととは?まずは、DXの本質である「ビジネスプロセスの変革」を明確に理解することです。


DXを実現できないと年間最大12兆円の損失!?

経産省は2018年に「DXレポート」を発表し、旧態依然のシステムによる改修の遅れや今後到来するIT人材の不足などといった課題を克服できない場合、2025年以降、年間最大12兆円の経済損失が生じる可能性がある、と試算しました。

この課題を解消するため、経産省は「DX推進ガイドライン」を出し、DXを推進するための経営のあり方や仕組み、実行プロセスを明らかにしました。

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

https://manamina.valuesccg.com/articles/730

デジタル技術の進化にともない、ビジネス環境にも変化がみられます。ここ数年注目を集めている概念「デジタルトランスフォーメーション(DX)」もそのひとつです。 デジタルトランスフォーメーションの定義や意味、日本の現状を解説します。具体的な企業事例も紹介しながら、DXの効果や単なるIT化にとどまらず、革新的な変化を起こす点を理解しましょう。

DXの本質は「ビジネスプロセス」の変革にある

企業におけるDXの基本概念は、市場環境のデジタル化に対応し、従来の権益を保つために競争力の維持・強化を図るべく、組織の制度や文化までもを変革する取り組み、となります。この中では「組織の制度や文化までも変革」がとくに重要です。

DX=デジタル化という連想から、部分的なIT化や業務効率化にとどまると、DXとは呼べません。DX推進にあたっては、経営やビジネスプロセスを変革しなければならないというマインドセットが必要になります。

マインドセットをスムーズにするひとつの例として、モノを買う、つまり「買い物」について考えてみましょう。

実店舗で商品の検索のためのパソコンや電子マネー決済といったITツールを導入。これはDXになるのでしょうか?答えはNOです。店鋪が商品を仕入れて消費者がその場で購入するという「プロセス」自体は旧態依然のままです。

一方、ECサイトでの買い物はどうでしょうか。消費者はインターネット上にある商品のデジタルデータを見て商品購入を決めます。購入した商品は宅配業者が消費者の手元に届けます。

消費者が商品を入手するまでのプロセスが実店舗での買い物と変化している、プロセスの変革をイメージできるのではないでしょうか。とはいえ、これだけではイメージがわきづらいので、以下、DXで従来のプロセスを変えた事例を紹介します。

DXによるビジネスプロセス変革事例:Amazon

買い物、ECという例を出したので、まずはその事例としてAmazonを紹介します。

Amazonはもともとは「インターネット経由で本を販売する」ところから事業をスタートしています。なお、創業時にはネットで本を売る、というビジネスモデルはまだ定着していませんでした。

つまりAmazonは「本を売る」プロセスを変えた、と言えます。さらに、DX推進により、カスタマーレビューやレコメンデーション機能を搭載したり、使いやすいWebサイト設計を行いました。そのほか、注文履歴を顧客単位で機械学習による分析を行い配達先に近い倉庫へあらかじめ商品を置いて短期間納品を可能にするなど、徹底した「ユーザーファースト」で世界を席巻するECサービスに成長しました。

同社はECのみならず、AWSでクラウドサービスの大手に成長するなど、継続的なビジネス改革に成功しています。

DXによるビジネスプロセス変革事例:メルカリ

「インターネットオークション」のプロセスをDXで変えたのがメルカリです。

PCがメインだったインターネットオークションを、スマホアプリで展開して成功しています。従来のインターネットオークションとは異なり、スマホ専用アプリから出品、匿名で発送という一連の流れ、ユーザーの個人情報を知られたくないという懸念を払拭し、ネット上ですべてを完結させられる点が変革ポイントです。

また、売上金を「メルペイ」にチャージし、電子マネーとして実店舗でも使えるようにするなど、個人間での商品売買のプロセスをDXによって変えています。

DXによるビジネスプロセス変革事例:Uber

「Uber」というと、フードデリバリーサービスの「Uber Eats」が思い浮かぶかもしれませんが、ここで紹介するのはUber本来のサービス、一般人が自分の空き時間と自家用車を使って他人を運ぶ「ライドシェア」を紹介します。

Uber創業地アメリカで展開されているこのサービス、配車から料金決済までをすべてアプリを経由して行われます。サービスの安全性などに関しては、オークションサイトの出品者評価のように、利用者がドライバーの評価できます。これにより、Uberが不相応と判断したドライバーを排除でき、サービス品質を確保しています。なお、利用者もドライバーから評価されるので、好ましくない利用者もシャットアウトできるようになっています。

こうした仕組みはスマホ、デジタル技術の活用が前提のDXです。つまり、Uberは「移動」のプロセスを変革した、と結論付けられます。

まとめ

DX推進にあたって、今回紹介した事例のように、経営やビジネスプロセスをデジタルによって変えることを大前提にする必要があります。さらに、AmazonやUberで見られるように、ビジネスの変革を継続的にできる文化を持った企業が、DX時代の勝者となっています。

今回紹介した事例を参考に、自社ではどのような変革ができるかを考えることが、DX推進の第一歩になります。

コロナが変えた消費者行動を検索から深掘る Googleが提唱したバタフライ・サーキットを活用【NewsPicksウェビナー】

https://manamina.valuesccg.com/articles/826

DX時代に求められるマーケティング戦略について、NewsPicks主催のイベントが4月14日、YouTube Liveで開催されました。登壇者は株式会社Kaizen PlatformのCEO・須藤憲司さん、ヴァリューズの副社長・後藤賢治と執行役員・子安亜紀子の3人。新型コロナの影響によって変化した消費者の行動を、データからディスカッションした内容をお伝えします。

【DX事例集】これでデジタルトランスフォーメーションを理解しよう!

https://manamina.valuesccg.com/articles/762

デジタル技術でビジネスに変革をもたらすDX(デジタルトランスフォーメーション)。概念はわかるものの海外の華々しい事例のほかに、日本ではどのようなDX事例があるでしょうか?身近な企業の取り組み事例を元に、デジタルトランスフォーメーションを理解していきましょう。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


「シニアマーケティング」「バタフライ・サーキット」など...ベスト記事「セミナー・イベント」編

「シニアマーケティング」「バタフライ・サーキット」など...ベスト記事「セミナー・イベント」編

今年で3周年を迎えるマナミナ。特別企画として、カテゴリごとのPV数トップ5の記事をご紹介します。 今回の記事では、第4弾として「セミナー・イベント編」をお届け。世間の関心が高いテーマについて、振り返ってみましょう。


広島県の新たな観光構造の構築と、組織の自走化を目指したデータ活用とは|「VALUES Marketing Dive」レポート

広島県の新たな観光構造の構築と、組織の自走化を目指したデータ活用とは|「VALUES Marketing Dive」レポート

“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込めて2022年に誕生したマーケティングイベント「VALUES Marketing Dive」。「Update Your Marketing ~ 顧客理解の新潮流」を今回のテーマに掲げ、広島県観光連盟の新たなDMP構想や自走するデータ活用組織の構築など、DX推進にてヴァリューズが伴走支援を行った事例をレポートします。


DX推進に潜むギャップと落とし穴。高まる「Demand」の重要性とは? | 「VALUES Marketing Dive」レポート

DX推進に潜むギャップと落とし穴。高まる「Demand」の重要性とは? | 「VALUES Marketing Dive」レポート

ヴァリューズは、“データを通じて顧客のことを深く考える”“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込め、新しいマーケティングイベント「VALUES Marketing Dive」を5月26日に開催しました。本セミナー全体のテーマは「Update Your Marketing」。Withコロナ時代、生活者には新たな価値観や消費行動が生まれ、マーケティング戦略や施策においては、さらなるアップデートが求められています。本講演では、『DX推進に潜むギャップと落とし穴。高まる「Demand」の重要性とは』と題し、キーノートをお届けしました。


物流戦略から読み解くAmazonの強みと日本企業の対抗策

物流戦略から読み解くAmazonの強みと日本企業の対抗策

新型コロナの影響もあり普及が加速したEC市場の急成長の裏に、自動化技術やロボット導入などが進む物流DXがあります。「実は物流の搬送・自動化分野に関しては日本企業が大きな影響力を持っている」と語るのは、産業用ロボットの知能化を手掛ける株式会社Mujinのシステムエンジニア、湊真司さん。寄稿初回となる本稿では、ECの雄、Amazonを取り上げ、同社の物流の強みと、それに対抗する楽天、ヨドバシカメラ等日本企業の戦略について紐解いていきます。


花王流・データによる顧客理解の実践とは。点ではなく線でストーリーを理解する分析の裏側

花王流・データによる顧客理解の実践とは。点ではなく線でストーリーを理解する分析の裏側

花王のDX戦略推進センターでは、商品を認知する前の生活者データからLTV向上のための購買体験データまで、あらゆるデータを集約し、事業プロセス全体に活かしています。鍵となるのは「点ではなく線で、顧客ストーリー全体を理解するデータ分析」。どのように実践しているのか、DX戦略推進センターの稲葉里実さん、有地拓也さん、瀧柳七海さんにお話を聞きました。


最新の投稿


Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

The "SIM lock ban" has been mandated since October 1, 2021. Now, all smartphones must be "SIM-free." We investigate and analyze OPPO, which entered the Japan market in January 2018, along with Huawei and ASUS, two top-ranking overseas manufacturers that offer affordable products.


気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

昨今、原油高の影響でガソリン価格が高騰しており、物流に影響を及ぼしているほか、家計も圧迫されるなどで省エネ意識が格段に高まっているのではないでしょうか。そこで今回は、自動車選びの中でも消費者が気になるポイントのひとつである「燃費」について、関心を持っているユーザーをクラスタ分析し、その人物像を調査しました。分析ツールはヴァリューズが提供する消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いています。


「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

2019年に問題になった「老後資産2,000万円」が記憶に新しいなか、政府によって「資産所得倍増計画」が発表されました。「貯蓄から投資へ」とも謳われている現在。「お金」に関して、漠然とした不安と戸惑いを抱えている人も多いのではないでしょうか。「人生100年時代」とも言われる長い人生のために、どのように資産を作り守って行くか。「貯金」と「貯蓄」という2つのワードを検索する消費者のWeb行動に着目し、調査・分析しました。


「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング、今月は「旅行・地域」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「楽天トラベル」、2位「じゃらん」、3位「ANA」…という結果に。トップ20まで掲載しています。


【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

利用率9割という圧倒的な浸透率を誇るYouTube。生活の中での位置づけや、実際の使われ方、よく見られるコンテンツとはどのようなものなのでしょうか。またそれらは、性年代で切ったときにどのような違いが出てくるのでしょうか。アンケートとWeb行動ログデータから、YouTubeの利用動向を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら