変容する消費者トレンドを捉えて実践するプロモーション戦略とは|MarkeMedia Daysセミナーレポート

変容する消費者トレンドを捉えて実践するプロモーション戦略とは|MarkeMedia Daysセミナーレポート

国内最大規模の消費者パネルを活用したデータマーケティングと、データとファクトに基づいたデジタルプロモーションのプロフェッショナルとして、2020年12月3日に開催された「MarkeMedia Days」にヴァリューズが登壇。コロナ禍でより捉えにくくなった消費者行動の中で、CVに至る「刺激」と「情報」を行動ログから解析し、より質の高い施策に繋げるプロモーション戦略について、株式会社ヴァリューズ ゼネラルマネジャーの齋藤義晃が解説しました。 ※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


セミナー内容

Agenda

変容する消費者トレンドを捉えて実践するプロモーション戦略とは
~データで消費者を捉え、施策を実行するプロセスのご紹介~

⚫︎新型コロナは、消費者のメディア接触にどのような影響をもたらしたか

⚫︎業界全体/競合/ユーザー属性分析におけるヴァリューズのWeb行動ログデータ活用の事例

⚫︎ユーザー理解における解像度をもう一段階高めるアプローチのご紹介

⚫︎実行を支えるヴァリューズのプロモーション運用体制

⚫︎顧客データを活用したプロモーションの発展

スピーカー紹介

図:スピーカー紹介

図:スピーカー紹介

新型コロナは、消費者のメディア接触にどのような影響をもたらしたか

ユーザー動向の変化

株式会社ヴァリューズ 齋藤義晃(以下、齋藤):まず、コロナ禍における消費者のメディア接触の変化を見ていきます。

新型コロナ影響拡大前後のメディア利用時間の変化として、テレビやネットに触れる時間が増えており、ネットはPCとスマートフォンともに増大傾向にあります。これらのことからも媒体価値の相対的な変化も捉えなければならない重要な潮流だと考えます。

図:ユーザー動向の変化

図:ユーザー動向の変化

ネット行動の変化

齋藤:続いて2020年1月から3月の、年代別のセッション変化を見てみましょう。
2020年3月になり全年代ともにセッションが増えているのですが、中でも、50〜60代などシニア層でネット行動の増加が著しく現れています。

図:コロナウィルス発生前後でのネット行動の変化

図:コロナウィルス発生前後でのネット行動の変化

ECサイト利用の伸び

齋藤:ECサイトの利用状況を見てみると、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングといった大手ECサイトも、3月から4月は利用回数が大幅に伸びていることが確認できます。

一方、ネットスーパーも急激にユーザー数を伸ばしています。
着目する点としては、今までは実店舗に来店していた顧客が一度ネット上に置き換えられていると考えられる点です。今まで利用していなかった層のユーザーの取り込みに成功していると言えるでしょう。

図:ECサイト利用の伸び

図:ECサイト利用の伸び

コロナによるインターネット消費者行動の変化

齋藤:メディア接触量の変化や、幅広い世代のネット普及、コロナ禍でのEC購買増加などによって、以下のようなことがポイントとして言えると思います。

いずれも、消費者のインターネット行動の変化を捉えて施策を打つことが重要と考えます。

図:コロナによる消費者のインターネット行動の変化

図:コロナによる消費者のインターネット行動の変化

業界全体/競合/ユーザー属性分析におけるヴァリューズのWeb行動ログデータ活用の事例

マーケティングのスタートラインとなるデータ

齋藤:ヴァリューズの行動ログデータを使って、どのように業界全体、競合ユーザーを見ていくか解説したいと思います。

まず前提として、コロナ禍の影響が続く中、自社の昨対比の数字だけでは現状を捉えられないと考えられます。そのような状況の中、どのようなデータに注目すべきかを図にまとめました。

① 市場全体のサイズの変化
② 市場シェアの変化
③ ユーザーの属性/動向の変化

図:マーケティングのスタートラインとなるデータ

図:マーケティングのスタートラインとなるデータ

マーケティングのよくある失敗

齋藤:ここでマーケティングによくある失敗として触れておくと、環境の変化を施策に落とし込めないまま施策を進めてしまうということが挙げられます。また、施策は同じなのに、成果が落ちてきているその要因も掴めていない、ということも見受けられます。

これらに関しては、①ユーザーの変化、②競合カテゴリの変化、という2つの差異が大きく影響していると考えられます。

図:マーケティングの失敗あるある

図:マーケティングの失敗あるある

ヴァリューズのデータを用いて、業界/競合/ユーザーを分析

齋藤:それでは具体的な分析方法について次の図のようにまとめてみました。ポイントとしては4つとなります。

① 業界全体のコンバージョン(以下、CV)数の変化を捉える
② 業界内個社のCVシェアの変化を捉える
③ 競合が行っている施策のうち、 CVに繋がっている施策を特定する
④ CVに至ったユーザーの属性を分析する

図:ヴァリューズのデータを用いて業界/競合/ユーザーを分析

図:ヴァリューズのデータを用いて業界/競合/ユーザーを分析

ユーザー理解における解像度をもう一段階高めるアプローチのご紹介

データプロモーションに必要な2つのキーワード

齋藤:我々が考えるデータプロモーションの形において、「刺激・情報」と「実行」の2つ、どちらが欠けても成果につながりにくく、これらが必須条件と言えます。

図:ヴァリューズが考えるデータプロモーションのカタチ

図:ヴァリューズが考えるデータプロモーションのカタチ

おさえるべき「真実の瞬間」

齋藤:ここで「真実の瞬間“Moment of Truth”」という言葉をご紹介します。スカンジナビア航空CEOヤン・カールソンが1987年に提言した「1回のフライトで航空会社のスタッフが顧客に対応する時間、約15秒。その15秒間の体験で、ユーザーは企業の価値を決定する」というものです。

この「真実の瞬間」は時代と共にアップデートしています。

2005年には、米国P&Gの元CEO アラン・ラフリーが、「ユーザーと売り手が接触する店頭が「最初の真実の瞬間」となり、サービスの体験が「2番目の真実の瞬間」となる」と提言しています。このように「真実の瞬間」は時代と共に進化を遂げていることが分かります。

そして特に私が重要であると考えている言葉が、2011年の「米国における消費者のうち88%のユーザーは、店頭でプロダクトに触れる前にオンライン上の情報を閲覧しているとして、それが「0番目の真実の瞬間“ZMOT”」である」というGoogleの提言です

まさに今、我々はこのオンライン上の接点を重要視し、しっかりとこの「0番目(0段階)」を捉えていくことが必要であると考えます。

図:時代と共にアップデートされる真実の瞬間 “FMoT, SMoT” そして “ZMOT”

図:時代と共にアップデートされる真実の瞬間 “FMoT, SMoT” そして “ZMOT”

実行を支えるヴァリューズのプロモーション運用体制

齋藤:次に「実行」についてですが、プランニングをしてPDCAをしっかりと回していくことが重要です。そしてそのPDCAは3つの要素で構成されていると考えます。

① 進捗/結果の把握
② 要因を分析し仮説を立てる
③ (仮設に対して)打ち手を打っていく

この手順を実行するための体制があって初めてPDCAが回ると言えるでしょう。

図:実行にこだわりPDCAをしっかりと回す

図:実行にこだわりPDCAをしっかりと回す

顧客データを活用したプロモーションの発展

個人情報保護に基づく、データ規制の流れ

齋藤:最後に顧客データを活用したプロモーションに関するお話しをさせて頂きます。

こちらは各国のプライバシー関連規制の動きをまとめた表です。
大枠としては、Cookieを個人情報として保護・規制する流れが明確に進んでいるということがわかります。
ヨーロッパでいうと有名なところでGDPR、そして米国ではカリフォルニア州、そういったところでの対応がこの数年、顕著に進んでいることが分かります。それに呼応するような形で、プラットフォーマーも制限を狭めており、Googleのサードパーティーの廃止やアップルのITPの件など、Cookieによるトラッキングが今後ますます活用出来なくなっていく流れにあります。

このような時流の中で、Cookieに頼らず消費者行動を理解し、プロモーションに役立てていく手法が非常に重要だと考えます。

図:個人情報保護に基づくデータ規制の流れ

図:個人情報保護に基づくデータ規制の流れ

まとめ

齋藤:ヴァリューズはクライアントのビジネスをしっかりと理解し、独自データだけでなく、クライアントの独自データを活用するプラットフォームや、様々なデジタルマーケティング施策のご提案と実行力で、調査会社の領域を超えたマーケティング支援が可能となっております。ぜひお気軽にご相談ください。

図:まとめ

図:まとめ

セミナー資料ダウンロード【無料】

変容する消費者トレンドを捉えて実践するプロモーション戦略とは|MarkeMedia Daysセミナーレポート

セミナー資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはヴァリューズからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

マナミナ 編集部 ライター。
金融、通信、メディアなどを経てリサーチ業界へ。
趣味は食と旅行。

関連する投稿


【1/21(木)】2021年は中国の地方都市に注目!中国下沈市場・徹底解説セミナー|オンラインセミナー

【1/21(木)】2021年は中国の地方都市に注目!中国下沈市場・徹底解説セミナー|オンラインセミナー

本セミナーでは、中国の下沈市場の消費者実態について、特に家電・自動車・化粧品・食品を中心に中国人リサーチャーが最新の調査結果を徹底解説いたします。


デジタルネイティブ世代向けのテレビCM「KINTO」「ほけんの窓口」を検索データから調査

デジタルネイティブ世代向けのテレビCM「KINTO」「ほけんの窓口」を検索データから調査

現代の若者は、幼少期からインターネットに慣れ親しんできたデジタルネイティブ世代と呼ばれ、テレビ離れが進んでいると言われています。テレビを持たないという選択が支持を得てきている中で、若年層をターゲットにしたテレビCMは効果が期待できないと言われますが、実際のところどうなのでしょうか。今回は、若者向けテレビCMを2つ取り上げ、ブランドサイトへの流入との相関関係を調査することで、若者向けのテレビCM施策の効果を紐解いていきます。


DX推進の第一歩~Tableauを用いた手元のデータ活用が意識を変える|セミナーレポート

DX推進の第一歩~Tableauを用いた手元のデータ活用が意識を変える|セミナーレポート

リモートワークが主流となった昨今、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が一層望まれるようになってきました。そこでよく聞かれるのが、実際にどのように推進していけば良いのかわからない、推進力のある人材が不足している、などの悩みです。大規模なシステムを導入する前に、既に手元にあるデータをいかに活用するか、それが円滑かつ着実なDXの方法です。「正しい一歩目とは、まずは現場に小さくデジタル化・データ活用の文化を根付かせ大きく広げていくことだ」と、ヴァリューズでデータアナリストとして活躍する髙木は述べます。12/3のセミナーではセルフ型BIツールTableauを用いた事例を交えながら、DXを進めていく方法を解説しました。


コンテンツマーケティングに求められるDXの観点とは|VALUES×イノーバ共催セミナー

コンテンツマーケティングに求められるDXの観点とは|VALUES×イノーバ共催セミナー

マーケティングにもDXが必須と言われる時代。オンライン施策をはじめてみたものの、変わりゆく顧客ニーズの把握、施策の調整など、仕組み化できていないという状況にある方も多いのではないでしょうか。今回、2020年12月9日に開催された共催セミナーでは、株式会社ヴァリューズが、データ分析を通してユーザー理解を進めデジタルマーケティング施策を成功させるポイントを、そして株式会社イノーバが、実際にデータ分析を用いたコンテンツマーケティング施策への取り組み方を事例解説しました。本稿ではヴァリューズ登壇部分を抜粋してご紹介します。<b><br>※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。下記フォームよりお申し込みください。</b>


Web行動ログから読み取く!withコロナ期における消費者の「おうち時間」の過ごし方の変化とは|セミナーレポート

Web行動ログから読み取く!withコロナ期における消費者の「おうち時間」の過ごし方の変化とは|セミナーレポート

withコロナ期における消費者の「おうち時間」の過ごし方の変化をWeb行動ログから考察したオンラインセミナーが開催されました。今回は、コロナ禍の「おうち時間」における消費者の意識変化・行動変化を「食」「運動」「家電」という3つの切り口から分析し、消費者の動向をアンケート調査とWeb行動ログから読み解きます。


最新の投稿


Cookieとは?マーケティング担当者も知っておくべき基礎知識

Cookieとは?マーケティング担当者も知っておくべき基礎知識

ブラウザでのユーザー行動や広告の効果測定に欠かせない「Cookie(クッキー)」。Cookieの仕組みとプライバシーの関係は?マーケティング担当者が知っておくべきCookieの基礎知識を紹介します。


Amazon Payを導入しているのはどんな企業か。楽天ペイとの比較も

Amazon Payを導入しているのはどんな企業か。楽天ペイとの比較も

Amazonが提供するID決済サービス『Amazon Pay』。Amazonでのショッピングにはもちろん、Amazonのアカウントを利用してAmazon以外の提携サイトでも決済できるサービスです。ID決済はファッションブランドや食料品などのオンラインストア、ネットコミックなどのデジタルコンテンツなどで導入が進み、身近な決済手段となってきました。今回はそんな『Amazon Pay』の利用状況や導入企業、楽天ペイとの比較などについて「Dockpit」を用いて分析します。


12月の急上昇サイトは?LINEヘルスケアの「感染対策を見据えた受診方法」コンテンツにユーザー集まる

12月の急上昇サイトは?LINEヘルスケアの「感染対策を見据えた受診方法」コンテンツにユーザー集まる

2020年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit(ドックピット)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はDockpitを使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


マーケティングの基礎知識「イノベーター理論」とは?

マーケティングの基礎知識「イノベーター理論」とは?

新しいモノやサービスが市場に普及する過程を分析する際に、「アーリーアダプター」「キャズム」などの用語は聞いたことがあるはず。これらは消費者を5つのグループに分類して分析した「イノベーター理論」の一部です。5つのグループや普及の分岐点など、イノベーター理論について解説します。


コロナ禍での「乳酸菌」への関心調査レポート

コロナ禍での「乳酸菌」への関心調査レポート

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、消費者の健康へのニーズは日に日に高まっています。今回は「乳酸菌」に着目し、インターネット行動ログデータの分析から「乳酸菌」への関心の変化を探ります。(ページ数|16p)


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング