ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

日々入れ替わるネットの「急上昇ワード」は、新たなトレンドや今何が流行っているかを表すシグナルです。Yahoo!やGoogleなど検索エンジンの「急上昇ワード」を確認する方法や、Twitterのリアルタイムトレンドの仕組みを確認しましょう。「急上昇ワード」は中長期の流行に先行して現れることがあり、マーケティング関係者であればアンテナを張っておきたい情報。本サイト「マナミナ|まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン」でも継続的に調査レポートを出しています。


「急上昇ワード」とは何か?

「急上昇ワード」は、Yahoo!やGoogleなど検索エンジンや、Twitterのリアルタイムトレンドが出しているキーワード群を指します。

「急上昇ワード」は、短期間のキーワードの上昇率を対象にしていることが特徴で、イベント関係などSNSで今盛り上がっている話題を把握したり、月間や年間のキーワードランキングには入らないような、トレンドの始まり的なキーワードを捉えるのに適しています。

「急上昇ワード」を調べる方法

まだつぶやかれているのに消える?Twitterトレンドの仕組み

Twitterのツイートはタイムライン形式で表示されるので、すぐ流れていってしまいます。紅白などTV番組や事件・事故、タレントの結婚など、日々瞬時に盛り上がって翌日には消えている話題が沢山あり、よりリアルタイムに近い特徴があります。

Twitterのトレンドは、文春の記事でTwitter Japanの社長が答えているように、ある集計時間内に、さまざまな要因を加味したアルゴリズムによってツイート量の多い話題を抽出していて、特定の話題が続かない仕組みになっています。

なお、過去のTwitterトレンドは公式サイトから消滅するため、独自に記録している第三者のサイトなどを参照する必要があります。

もしトレンド欄が「累積」だったら、過去に話題になったトピックがいつまでも残り続けることになってしまいます。よって、ある集計時間内に、さまざまな要因を加味したアルゴリズムによってツイート量の多い特定の話題をあぶり出します。ただご覧になっているとおり(そして操作しているのではないかと疑われた方がいますが)、トレンド欄はどんどん変わっていきます。それは瞬間風速で捉えている数字をリフレッシュしていくからです。すると当然その数字は、また新たに区切った時間内でカウントされた数が表示される。

Twitterのトレンドについてのよくある質問

https://help.twitter.com/ja/using-twitter/twitter-trending-faqs

Twitterのトレンドでは、世界で「いま」起きていることを知ることができます。トレンドの表示場所について説明し、よく寄せられる質問とその回答を紹介します。

Googleの「急上昇ワード」を確認するには、Google Trendsを使う

検索キーワードの中長期トレンドを調べるのに使っている方も多い「Google Trends」ですが、「急上昇ワード」画面で国別の「毎日のトレンド」「リアルタイムのトレンド」を提供しています。RSSやメール通知機能を設定すれば、定期的にレポートが来て便利です。

GoogleTrendsの「急上昇ワード」画面と、メール通知の設定画面

人気ツイートやツイート増減グラフが便利!「Yahoo!リアルタイム検索」

TwitterのトレンドやGoogleの「急上昇ワード」が基本的にそれ以上深堀りするツールが用意されていないのに対し、「Yahoo!リアルタイム検索」は任意のキーワードを指定して直近30日までツイートを遡れます。また、「Yahoo!リアルタイム検索」では数十件程度のツイート数でも取得できるので、自社サービスのリリースの反響を追うなど自社にとっては重要なトピックを調べることが可能です。

Yahoo!リアルタイム検索

https://search.yahoo.co.jp/realtime

Twitter(ツイッター)に投稿されたツイートをリアルタイムに検索できます。テレビを見ながらみんなの反応を見たり、電車遅延の復旧情報、台風など現場の様子を把握したいときに検索してみてください。

有料のリサーチツールを使う

ヴァリューズが提供する「Dockpit」は、消費者のWeb行動ログデータをもとに、市場調査・ユーザー理解を実現するツール。ヴァリューズが独自保有する、明確な使用許諾を得た行動ログモニター会員のパネルを使用し、検索トレンドや分析が可能です。

また、その調査や分析の結果を本サイト「マナミナ」にて継続的に公開しています。

急上昇ワードや検索キーワード分析に関する記事

https://manamina.valuesccg.com/keyword/9

ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードのランキングや検索キーワード調査結果をご紹介します。

ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたダッシュボード型のマーケティング分析ツール「Dockpit」を使用し、検索キーワードのランキングや検索キーワード調査結果をご紹介します。

「急上昇ワード」についてのまとめ

ネットの「急上昇ワード」は身近にある存在ですが、いざ仕事で調べようとすると、調べたいキーワードや期間のデータが既に消えていたりする難しさがあります。

Twitter・Google・Yahoo!のなかでは、「Yahoo!リアルタイム検索」は直近30日まで遡れて実際につぶやかれたツイートも追えるなど、 便利なツールです。また、検索やネット行動データを蓄積しているツール「Dockpit」も無料版も提供されていますので、利用をご検討ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


Z世代に今何が刺さっているのか?検索行動から顕在ニーズを分析し、トレンドを探る

Z世代に今何が刺さっているのか?検索行動から顕在ニーズを分析し、トレンドを探る

昨今マーケティングの文脈で注目度が大きく上昇している「Z世代」。1990年代中盤以降に生まれた世代を指し、幼少期からデジタルに触れて育ってきたデジタルネイティブであるという特徴から、それ以前の世代とは全く異なる価値観を持っているとされています。InstagramやTiktokを代表としたSNSの利用時間や、SNSを通じた購買も多いため、SNSきっかけでトレンドが生まれ消費が動くことも少なくありません。今回はそんなZ世代のトレンドとして、今後大きくなりそうなものの可能性を検索キーワードから調査します。


急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

2021年9月13日~9月19日の検索急上昇ワードでは、Appleのスペシャルオンラインイベント「California streaming.」で発表され、9月17日から販売予約の受付が始まった「iPhone13」に注目が集まり検索が急増。また同じくイベントの目玉となった新型の「iPad mini(第6世代)」も急上昇ワードにあがりました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


急上昇ワードに“月見バーガー”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/9/5~2021/9/11)

急上昇ワードに“月見バーガー”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/9/5~2021/9/11)

2021年9月5日~9月11日の検索急上昇ワードでは、9月8日から期間限定で発売されたマクドナルドで毎年恒例の「月見バーガー」の検索が急増。今年で30周年を迎えたとのことで、発売開始日はTwitterで「#月見バーガー」がトレンド入りするほどの盛り上がりを見せました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


急上昇ワードに“デジタル庁”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/8/29~2021/9/4)

急上昇ワードに“デジタル庁”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/8/29~2021/9/4)

2021年8月29日~9月4日の検索急上昇ワードでは、9月1日から始動した「デジタル庁」の検索が急増。また、自民党総裁選へ出馬の可能性があると報道された「河野太郎」「石破茂」「野田聖子」「高市早苗」ら各候補者の名前の検索数も急上昇しました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


「カーボンニュートラル」検索者が1年で約13倍に増加!世間の関心をWeb行動ログで分析

「カーボンニュートラル」検索者が1年で約13倍に増加!世間の関心をWeb行動ログで分析

ここ最近、各種メディアでよく目にするようになった「カーボンニュートラル」という言葉。国を挙げての取り組みも多く始まっており、企業を経営する方や、どこへ資産を投じるか悩む方にとっては無視できないキーワードなのではないでしょうか。本記事では、カーボンニュートラルへの関心がどのように伸びてきており、興味を持つ背景にはどういったものがあるのかを調査・分析します。ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を用い、カーボンニュートラルの情報を求めているユーザー像を探っていきます。


最新の投稿


増えるリノべ需要。withコロナで変化する住まいのニーズを調査

増えるリノべ需要。withコロナで変化する住まいのニーズを調査

withコロナでリモートワークやオンライン授業が普及する中、住まいのリノベーションに注目が集まっています。仕事や勉強スペースのために壁や間仕切りを設けたり、廊下をなくしてリビングを広げたりなど、引っ越すのではなく、今の住まいの見直しを検討する人が増えているようです。今回はリノベーションの需要の変化とそのニーズについて探ります。


Z世代に今何が刺さっているのか?検索行動から顕在ニーズを分析し、トレンドを探る

Z世代に今何が刺さっているのか?検索行動から顕在ニーズを分析し、トレンドを探る

昨今マーケティングの文脈で注目度が大きく上昇している「Z世代」。1990年代中盤以降に生まれた世代を指し、幼少期からデジタルに触れて育ってきたデジタルネイティブであるという特徴から、それ以前の世代とは全く異なる価値観を持っているとされています。InstagramやTiktokを代表としたSNSの利用時間や、SNSを通じた購買も多いため、SNSきっかけでトレンドが生まれ消費が動くことも少なくありません。今回はそんなZ世代のトレンドとして、今後大きくなりそうなものの可能性を検索キーワードから調査します。


本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

マナミナにてマーケティング戦略についての記事を各種紹介しています。これらの記事は実践的な内容が多いため、もう少し初歩からマーケティング戦略について学びたいというケースもあるかと思います。そこで今回は、マーケティング戦略の基本から、かなり込み入った内容までを学べる書籍を15冊紹介します。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoB編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

2021年9月13日~9月19日の検索急上昇ワードでは、Appleのスペシャルオンラインイベント「California streaming.」で発表され、9月17日から販売予約の受付が始まった「iPhone13」に注目が集まり検索が急増。また同じくイベントの目玉となった新型の「iPad mini(第6世代)」も急上昇ワードにあがりました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング