DXのカギは「AIによるデータの知識化」飲食やBtoB営業でも活用が進む

DXのカギは「AIによるデータの知識化」飲食やBtoB営業でも活用が進む

DX推進がなかなか進まない理由は、実はデータの集積や整備に問題があります。そして、解決のひとつの手段に「AIによるデータの知識化」があると語るのは、株式会社FUTURE VALUES INTELLIGENCE(FVI)代表の小浜勇人さん、AIREV株式会社CEOの林佑磨さん。データ分析とマーケティングコンサルに強みを持つ、株式会社ヴァリューズ・副社長の後藤が聞きました。


DXのボトルネックは意外にも「データの整備」

後藤賢治(以下、後藤):コロナ禍でデジタルの有効性・必要性が増し、「DX」についても急速にバズワード化しました。一方、トップダウンでDX推進の方針が打ち出されても、現場ではなかなか進まないという状況も耳にします。この要因として、データの整備が挙げられると思っています。

いろいろな方とお話しをするなかで「社内にデータは多くある。だからデータから顧客を理解したり、戦略を精緻化することができるはず」といった内容をよくお聞きします。しかし、データそのものが欠損していたり、意味のあるかたちでまとまっていなかったりする場合が多い印象です。

後藤 賢治 株式会社ヴァリューズ 取締役副社長
1992年株式会社リクルート入社。複数の事業企画を行い、ECサイトの責任者を行ったのちに株式会社マクロミルに執行役員として入社し、新サービスや新規事業開発などを手がける。2009年、元マクロミル代表の辻本と共に株式会社ヴァリューズを立ち上げ、データを活用し、自動車・不動産・日用品・金融など、様々な業界のマーケティング課題の解決を行っている。

小浜勇人さん(以下、小浜):データ自体が使えないというのがまず壁になりますよね。営業とマーケティングのデータがつながっておらず、トレースできない場合も多い。そのため、何が売上に影響を及ぼしていたかも一気通貫では分からない。

DXにおいてはデータを整備することが実は全体工程の7割ほどを占めると言っても過言ではありません。データを意味のあるかたちでまとめるために、データにどういうタグを貼ったりカテゴリに分類するのかも大事です。それが最終的な意思決定や価値創造につながります。

小浜 勇人さん 株式会社FUTURE VALUES INTELLIGENCE 代表取締役
慶應義塾大学理工学部電気工学科を卒業後に株式会社リクルートに入社。通信系の新規サービス事業の立ち上げに技術サイドから関わり(現ネクスウェイ社)、以降ブライダル事業(ゼクシィ)や進学事業(受験サプリ)などの事業運営を経験。2015年9月に株式会社FUTUREWOODSを起業。2018年にデータサイエンス 部門をFVIとして独立させ、2020年に代表就任。データ・AIを活用した様々なマーケティング・DXプロジェクトを推進中。

林佑磨さん(以下、林):大ざっぱに言ってしまえば、データが綺麗に整備されていれば、その後の分析は枯れた技術でも十分に価値を生み出すことが可能です。弊社が強みとするAIによる分析にしても、データのフォーマットは最適か、目的にあった情報が付与されているのか、といった視点がないままご相談をいただく場合も多いです。いくらAIとは言え、どんなデータからでも良い結果が得られるとは限らないのです。

林 佑磨さん AIREV株式会社 CEO
早稲田大学情報理工修士課程修了。学生時代から情報検索やデータマイニングの研究を行うなかで、ラベリングのための自然言語処理に興味を持つ。その後、同じ学科の仲間と会社を立ち上げ、人と同じように言葉を理解する人工知能づくりを進める。早稲田大学学部長賞受賞、IPA未踏クリエータ認定。明治大学客員研究員でもある。

後藤:手法論よりも目的の話から入ることが多いですよね。弊社ではマーケティング課題のご相談をお聞きすることも多いですが、実際に見てみると途方もなくデータの形式が揃っていなかったりする場合もあります。

また、データの欠損にもいろんな理由があります。たとえば、売上の最終的な評価が営業マンの手作業になっているために欠損があったり、ネットで集客しても売れたかどうかが分からない、など。DXと言う前に、そもそものデータの集積や整備に目を向ける必要があります。

「AIによるデータの知識化」とは何か

後藤:FVIの小浜さんとAIREVの林さんは、DXにとって「AIを使ったデータの知識化」が重要だと考えられていますよね。これは具体的にどのようなことなのでしょうか?

:まずデータの知識化についてですが、データに対して「こういう情報が付与されていたら便利」ということがあります。たとえば飲食店が自社の売上を把握する際に、メニュー名に「牛肉料理」といったメタ情報がついていれば、売上カテゴリの可視化につながります。このようなタグ付け、カテゴリ付けのことを「データの知識化」と呼んでいます。

データの知識化は、AIを活用することで自動的に行うことができます。飲食だけでなく、メディア運営時のコンテンツのタグ付けや、Web広告配信の際の適切なメディア選定等にも活用できます。バラバラのデータを適切に分類しまとめることで、データがビジネスやマーケティングに活用できるようになるのです。

飲食店のメニュー名につけるタグの例。適切なタグ付けにより統計を取ることが可能になる

後藤:なるほど。ただ、分類はこれまで人間が目検で行っていたこともあると思います。先ほどのWeb広告配信の例では、広告主が不適切な媒体に配信してしまえば風評被害にもつながります。AIによる分類はたしかに効率的ですが、こうした信頼性の問題もありそうですよね。

:閾値の問題は常につきまといます。人間の目検よりも正確な、100%正しい判断がAIで可能になるというわけではありません。ただし、AIの判断が「何%くらいの自信があるのか」という数字を出すことはできます。そこで、たとえばその基準が60%以下の場合にアラートを人間に送り、人間がチェックするオペレーションを組むといった仕組みを設けることが現実的な手立てかと思います。

後藤:では、実際にどのような企業で活用されているのですか。

小浜:タグ付けやカテゴリ分けという話なので、どんな業界の企業でも活用できます。たとえば保険業界だと、自動車事故が起こった場合の記録文書を知識化することで、保険金の見積もりを自動化する、といった活用法があります。

あるいは、BtoBビジネスにおける見込み顧客リストの作成にも使えます。Webサイトから従業員数や資本金、業種・業態やサービス内容などを取得、カテゴリ分けすることで、自社にとって最適な顧客リストを自動で導き出すこともできるでしょう。

データを適切に知識化することで、ビジネスの効率化やDXにつながる

「風が吹けば桶屋が儲かる」の「風」を知るために

後藤:AIによるデータの知識化は今後、どのような分野で活用が進むと思われますか?

:先ほどお話しした業界のほかに、出版業界や防災分野など、多領域で応用いただいています。データ次第で活用の方法は多彩。取り組みとしては最初の障壁が高いのではと思う方もいるかもしれませんが、高単価で大きなシステムを作っていく必要もなく、スモールスタートも可能です。オペレーション構築も込みで3ヶ月ほどのプロジェクトなので、気軽にトライしてみるのが良いですよ。

小浜:AIの活用という文脈では、工業や産業などではロボット化などが進み、自動運転の実用化も見えてきている段階です。ただ、より汎用的なマーケティングやセールスの分野、特にtoBビジネスではAIによるデータの知識化が進んでいない状況です。見込み法人顧客の発見以外にも、広く見ればM&Aなどのビジネスマッチングにも使える。新しい活用法も常に模索しています。

後藤:データやAIによって、「風が吹けば桶屋が儲かる」の「風」の発見につなげたいですよね。たとえば、弊社でよく引き合いに出す例に「犬を飼い始めた人は最初にどんな検索行動をするのか」という例があります。しつけについて調べるのか、あるいは病気のことを調べる、などいろいろと考えられます。ただ、実は最初のタイミングでそのような具体的な検索行動は実は起きていません。そうではなく、実は寂しくて悩んでいたり、暇つぶしでスマホゲームをしていたりする。人間の目では非論理的に見える兆候を可視化できることが、機械学習の強みなのではないかと思います。

犬を飼う人のカスタマージャーニーとは?アンケートとWeb行動ログのビッグデータで分かること

https://manamina.valuesccg.com/articles/522

マーケティングにおいて、ユーザーとのコミュニケーション施策を決めるために必要なのがカスタマージャーニー。カスタマーの心情理解のための調査としてはアンケートを用いることが多いですが、インターネット上の検討行動は分かりません。これを明らかにするのがWeb行動ログデータです。犬を飼育し始めた人の、飼育前と飼育後のカスタマージャーニーを例にセミナーが行われました。

後藤:ただし注意点もあります。機械は様々な風をレコメンドしてくれますが、最終的にビジネス上の判断を行うのは人間だということです。「風」なのかただの偶然なのかを見誤ると、無駄なところに意識が向けてしまうことになり、非効率です。重要なのは目的を明確化し、データに意味を持たせること。どこまでを機械が判断し、どこから人間が判断するのかをはっきりさせる必要があります。そして最終的に、機械の支援によって人間の未来予測の精度が上がればベストですね。

取材協力:株式会社FUTURE VALUES INTELLIGENCEAIREV株式会社

▼AIによるデータの知識化について興味を持たれた方は、ぜひお気軽に下記リンク先よりお問い合わせくださいませ。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナ編集部でデスクを担当しています。新卒でメディア系企業に入社後、フリーランスの編集者・ライターとして独立。マナミナでは主にデータを活用した取り組み事例の取材記事を執筆しています。

関連する投稿


2021年版!国内企業の最新DX事例15選

2021年版!国内企業の最新DX事例15選

DXでは、単なるIT化や部分的な効率化にとどまらず、デジタル技術で新たな価値を創造していくことが求められています。大企業においても、経産省がDXを推進する企業を選定するなどしています。今回は国内でも着実に成果を上げているDXの事例を紹介します。


ちば興銀がデータ活用でコンテンツマーケティングを強化。鍵は「お客様ニーズの理解」|地方銀行のDX事例

ちば興銀がデータ活用でコンテンツマーケティングを強化。鍵は「お客様ニーズの理解」|地方銀行のDX事例

県外の店舗は東京に2店舗、他の72店舗はすべて千葉県内にあり、地域に根ざした銀行として営業を続けてきた千葉興業銀行(以下、ちば興銀)。店舗チャネルを活用した丁寧な接客が強みですが、一方でオンラインチャネルでの施策を進め、データを活用したコンテンツマーケティングで成果を挙げています。ちば興銀がヴァリューズと進めた施策について、営業企画部 チャネル企画室の田中啓亮氏にヴァリューズの横井が聞きました。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoB編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


岩手銀行がデータ分析を軸に行う顧客接点強化の取り組みとは?|地方銀行のDX事例

岩手銀行がデータ分析を軸に行う顧客接点強化の取り組みとは?|地方銀行のDX事例

岩手銀行は2021年2月、DXへの取り組みを強化するための専門部署「DX Lab」を設立しました。3カ年のロードマップを掲げ、顧客接点の強化やデータ分析で得た知見をもとに新規事業開発を計画しています。データの収集からデジタルプロモーションまで一貫して行うDX Labの取り組みについて、ゼネラルマネージャーの石川氏、アソシエイトの小島氏に取材しました。


金融機関デジタルマーケティング向け ~ Web上の検索行動分析から消費者の「知りたいこと」を解き明かす|セミナーレポート

金融機関デジタルマーケティング向け ~ Web上の検索行動分析から消費者の「知りたいこと」を解き明かす|セミナーレポート

「消費者心理について知りたい」という悩みはいずれの業界も同様、金融機関のデジタルマーケティングにおいても例外ではありません。8月11日開催のセミナーでは、金融領域のDX・デジタルマーケティングご担当者様向けに、ヴァリューズの独自データを用いてWeb上の検索行動を分析することにより、消費者の意識・意図の把握を可能にする施策をご紹介しました。※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


最新の投稿


誰でも簡単に3C分析ができるツール「Dockpit」にGoogleアナリティクスとの連携機能が搭載!

誰でも簡単に3C分析ができるツール「Dockpit」にGoogleアナリティクスとの連携機能が搭載!

直感的なダッシュボードで、誰でも簡単に3C分析(自社・競合・市場)ができる「Dockpit」に、Googleアナリティクス連携機能が搭載されました。Dockpit上でスピーディーにGoogleアナリティクスのデータ分析もできます。自社Webサイトの効果検証から競合・市場の把握までをシームレスに1つのツールで確認することが可能です。


2021年版!国内企業の最新DX事例15選

2021年版!国内企業の最新DX事例15選

DXでは、単なるIT化や部分的な効率化にとどまらず、デジタル技術で新たな価値を創造していくことが求められています。大企業においても、経産省がDXを推進する企業を選定するなどしています。今回は国内でも着実に成果を上げているDXの事例を紹介します。


アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査 ~ 外食シーン・利用媒体・人の視点で分析

アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査 ~ 外食シーン・利用媒体・人の視点で分析

新型コロナウイルスの感染拡大により、大きなダメージを受けた飲食業界。外食市場規模は、2021年7月には2019年比で48.1%にまで減少したとも言われています。コロナによって外食への意識が大きく変わる中、飲食店はどのように選ばれているのでしょうか。アンケートとWeb行動ログを用いて、消費者の飲食店選びの現状について詳しく分析しました。(ページ数|30p)


成長市場のクラフトビール、大手メーカーのWeb集客戦略は?キリン「スプリングバレー」が人気か

成長市場のクラフトビール、大手メーカーのWeb集客戦略は?キリン「スプリングバレー」が人気か

マイナス基調にあるビール市場のなかで成長を続けるクラフトビール市場。近頃は大手メーカーの参入が続き、競争が激化しています。そんななかで各社はどのような戦略を取っているのか。本記事では、大手ビールメーカーのクラフトビールに加え、Amazonで人気の定番クラフトビールをピックアップ。各ブランドのWeb集客の特徴や強みを分析していきます。


不動産企業Webサイトのユーザー数ランキングを調査。集客のポイントは「自社の強みの打ち出し」

不動産企業Webサイトのユーザー数ランキングを調査。集客のポイントは「自社の強みの打ち出し」

不動産業界の企業について、各社のWebサイトの集客力をユーザー数ランキングで調査しました。上位には三井のリハウスや大和ハウス工業、三井住友トラスト不動産などがランクイン。Webでの集客に成功している不動産企業が、実施している施策も併せて分析します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー